アイピル(ノルレボ)
アイピル(ノルレボ) アイピル(ノルレボ) アイピル(ノルレボ) アイピル(ノルレボ)
商品名 アイピル(ノルレボ)
有効成分 レボノルゲストレル
メーカー Piramal Healthcare
対応症状 避妊  
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
1錠 × 1箱 ¥1,500 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,200 36pt 購入する
1錠 × 3箱 ¥1,500 ¥4,500 ¥1,170 ¥3,510 105pt 購入する
1錠 × 6箱 ¥1,500 ¥9,000 ¥1,140 ¥6,840 205pt 購入する
1錠 × 10箱 ¥1,500 ¥15,000 ¥960 ¥9,600 288pt 購入する
1錠 × 30箱 ¥1,500 ¥45,000 ¥840 ¥25,200 756pt 購入する
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
2箱 ¥1,100 ¥2,200 ¥990 ¥1,980 59pt 購入する

アイピル(ノルレボ)の商品説明

アイピル(ノルレボ)

商品詳細

アイピル(ノルレボ)とは、緊急避妊薬であるノルレボジェネリック医薬品となります。
WHO(世界保健機構)からは必須薬(エッセンシャルドラッグ)に指定もされ、世界的にも標準的な緊急避妊の方法となります。
アイピル(ノルレボ)の中身の成分は「レボノルゲストレル(LNG)」と呼ばれる黄体ホルモン薬です。
100%の確率で妊娠を阻止することはできませんが、妊娠阻止率の高さは国内外の臨床試験結果からも証明されています。

日本
63人が性行為後にアイピル(ノルレボ)を服用し、妊娠した方は1人だけでした。
月経周期ごとで妊娠率を考慮しても、その阻止率は81%にもなることが分かっています。

海外
1198人が性行為後にアイピル(ノルレボ)を服用し、妊娠した方は16人(妊娠率1.34%)でした。
妊娠阻止率は84%です。

アイピル(ノルレボ)は72時間以内の服用で、高い避妊効果を発揮してくれます。

アイピル(ノルレボ)成分:レボノルゲストレルアイピル(ノルレボ)の成分は「レボノルゲストレル」となっています。
この成分は第2世代の黄体ホルモン薬になり、低用量ピルであるトリキュラーなどにも含まれている成分です。
作用はやや強く、弱いですが男性ホルモン様作用もあるとされています。

ジェネリック医薬品であるアイピル(ノルレボ)アイピル(ノルレボ)は、ノルレボのジェネリック医薬品になります。

ジェネリック医薬品とは、新薬(先発薬)の特許期間が終わったあとに、新薬と同じ有効成分でつくられる後発医薬品です。
同じ成分なので、新薬と同じ効果を得られます。
製造方法も同じで、研究や開発に費用がかからないため、安い価格で手に入れることができます。

日本では特許が切れるまで製造できませんが、アイピル(ノルレボ)の製造会社があるインドでは、成分特許が認められていないので同じ成分のジェネリック医薬品が販売できます。
そのため、アイピル(ノルレボ)は、ノルレボと同じ効果を持ちつつ、低価格で購入できるのです。

アイピル(ノルレボ)の効果・効能アイピル(ノルレボ)の成分は「ノボノルゲストレル」です。
先発薬であるノルレボと同じ成分となっています。

アイピル(ノルレボ)は不安な性行為があった後に服用することで効果を発揮します。
作用としては「排卵抑制作用」になります。
排卵を抑えることによって、精子と卵子が結合して受精卵となることを防ぐことができます
また仮に排卵後であっても、子宮内膜の増殖を抑えることができるので受精卵が着床しにくい状態を作り出してくれます。

「排卵抑制」と「受精卵の着床阻止」の2つの効果が妊娠を防いでくれます。
また、排卵日と排卵日後(危険日)でアイピル(ノルレボ)による避妊の成功率に差はないとされています。

使用方法

アイピル(ノルレボ)の服用方法は、次のようになっています。

不安行為があってから72時間以内に1回1錠の服用

アイピル(ノルレボ)の添付文書にも記載がありますが、72時間以内とは言わず、出来る限り早めに服用することを推奨しています。
アイピル(ノルレボ)の服用タイミングが遅れてしまうと、避妊の成功率に影響がでる恐れがあります。
理想のアイピル(ノルレボ)服用タイミングは24時間以内となっています。

アイピル(ノルレボ)の時間別の妊娠率を目安にしてみて下さい。
時間別妊娠率
不安行為(性行為)後の時間妊娠率
12時間以内0.5%
13~24時間以内1.5%
25~36時間以内1.8%
37~48時間以内2.6%
49~60時間以内3.1%
61~71時間以内4.1%
不安行為があってから直ぐに服用することで、高い確率で妊娠を防ぐことができます。

アイピル(ノルレボ)の注意点服用に注意が必要な方
重い肝臓病を抱えている方のアイピル(ノルレボ)服用はできません。
服用によって肝臓への負担を避けるためです。
また妊娠している方がアイピル(ノルレボ)を服用することもできません。
他にも心臓病や肝臓病、あるいは腎臓病などを抱えている方はアイピル(ノルレボ)服用には注意が必要です。
副作用(嘔吐)の対処
アイピル(ノルレボ)の副作用によって嘔吐してしまった場合、避妊を失敗する可能性があります。
成分がしっかり吸収されるまでの2~3時間以内に吐き出してしまうと効果が不十分になります。
また下痢によって排泄した場合にも避妊の失敗につながることもあります。
もし2時間以内にアイピル(ノルレボ)を嘔吐あるいは排泄した場合は、再服用が勧められます。
アイピル(ノルレボ)の連続使用
アイピル(ノルレボ)はあくまでも緊急時に用いる避妊薬になります。
1回の服用でもホルモンバランスを大きく変化させ、からだにも負担がかかります。
連続での使用は避け、できる限りはコンドームなどの避妊具に頼るようにしてください。
計画的に避妊をしたい場合には、低用量ピルであるマーベロンやトリキュラーの定期的な服用がお勧めです。

副作用

アイピル(ノルレボ)の副作用症状は、次のようになっています。
精神神経系頻度5%以上頭痛、傾眠
頻度0.1~5%未満浮動性めまい、体位性めまい、不安
生殖器頻度5%以上消退出血、不正子宮出血
頻度0.1~5%未満月経過多
頻度不明月経遅延
消化器頻度5%以上悪心
頻度0.1~5%未満下腹部痛、下痢、腹痛
頻度不明嘔吐
血液頻度0.1~5%未満貧血
その他頻度5%以上けん怠感
頻度0.1~5%未満異常感、口の渇き、熱感、疲労、末梢性浮腫
頻度不明乳房圧痛

注意点(併用禁忌薬)

アイピル(ノルレボ)との併用禁忌薬は、特にありません。

アイピル(ノルレボ)との併用に注意が必要な薬■アイピル(ノルレボ)の作用を弱める薬
これらの薬との併用により、アイピル(ノルレボ)の作用が弱まる恐れがあります。
  • 抗てんかん薬(フェノバール、アレビアチン/ヒダントール、プリミドン、テグレトール)
  • HIVプロアテーゼ阻害剤(ノービア)
  • 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(ストックリン、ミコブティン、リファジン)
■セイヨウオトギリソウ含有食品
併用によりアイピル(ノルレボ)の作用が弱まる恐れがあります。
服用中はセイヨウオトギリソウが含有された食品を摂取しないように注意して下さい。

アイピル(ノルレボ)の口コミ

口コミを投稿する

商品名
満足度
口コミ
ページの先頭へ