痛風治療薬

並び替え
並び替え
生活習慣病治療薬 一覧はこちら

痛風治療薬とは

痛風は、尿酸が原因になって起こる病気になります。
血液の中で、尿酸の値が高い状態が続いてしまうことで「高尿酸血症」となります。
高尿酸血症によって関節炎が起こるようになり、炎症によって激しい痛みを伴うのが痛風になります。

尿酸の元になるのは、核酸(DNAとRNA)になります。
からだの中では核酸を元に、次のようにして尿酸が作られていきます。

核酸(DNA・RNA) → プリン体 → ヒポキサンチン → キサンチン → 尿酸

「ヒポキサチン → キサンチン」と「キサンチン → 尿酸」へと変化していく過程では「キサンチンオキシターゼ」という酵素が関わっています。

尿酸の多くは尿によってからだの外へと排泄されますが、一部は腎臓にある尿細管で再び吸収されてしまいます。
尿酸そのものに毒性はないですが、これが結晶化してしまうことが問題になります。 尿酸結晶は、身体の中では異物と判断され白血球の一種である「好中球」が排除しようと集まってきます。
しかし、好中球には尿酸結晶を分解することはできないので、破壊されてしまい炎症を起こすようになります。

痛風治療薬は、尿酸がつくられるのを阻害することや、痛みの発作が起こった時に発作を抑える薬などがあります。
いくつかの種類があるので、それぞれについて解説していきます。

尿酸合成阻害薬の特徴

尿酸がからだの中に溜まってしまい、結晶化することで痛風を発症します。
尿酸合成阻害薬は、痛風の原因になっている尿酸がつくられるのを阻害する作用があります。
尿酸がつくられる過程に関わる酵素「キサンチンオキシダーゼ」の働きを阻害することで、尿酸が作られるのを防ぐことができます。
酵素の働きを阻害することで、血液中や尿中の尿酸値を低下させることができます。

尿酸合成阻害薬には、次のような薬があります。

どちらの薬にもジェネリック医薬品があり、ザイロリックはアロプリノール、フェブリクはフェブシップになります。
先発薬と変わらない成分が含まれていることから、尿酸をつくる酵素を阻害し尿酸ができにくくしてくれます。

尿酸排泄促進薬の特徴

尿酸のほとんどが尿といっしょに排泄されますが、一部は再び腎臓にある尿細管で吸収されてしまいます。
排尿排泄促進薬には、次のような薬があります。

  • ベネシッド
  • ユリノーム

尿酸排泄促進薬は、尿細管での尿酸の再吸収を抑える作用があります。
再吸収を抑えることで、尿酸の排泄量を増やすことができます。

痛風発生停止薬の特徴

尿酸結晶を異物とみなし、好中球が集まることで炎症が起こります。
痛風発生停止薬は、好中球が集まることを抑制する作用があります。
好中球が集まらなくなることで、炎症を抑える効果を発揮します。

痛風発生停止薬には、コルヒチンという薬があります。

NSAIDs(非ステロイド抗炎症薬)

NSAIDs(非ステロイド抗炎症薬)は、解熱鎮痛作用がある薬です。
痛風の痛みの発作がおきている時に、痛みを鎮めるのに有効となります。

NSAIDsには、次のような薬があります。

セレコックス、ボルタレン、アスピリンには、それぞれジェネリック医薬品があります。
セレコックスはコビックス、ボルタレンはジクロフェナクALなど、アスピリンはエコスプリンになります。

生活習慣病治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ