ジネット35(ダイアン35)
ジネット35(ダイアン35) ジネット35(ダイアン35) ジネット35(ダイアン35) ジネット35(ダイアン35)
商品名 ジネット35(ダイアン35)
有効成分 エチニルエストラジオール、酢酸シプロテロン
メーカー シプラ
対応症状 避妊  
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
21錠 × 1箱 ¥2,000 ¥2,000 ¥1,500 ¥1,500 45pt 購入する
21錠 × 3箱 ¥2,000 ¥6,000 ¥1,350 ¥4,050 121pt 購入する
21錠 × 6箱 ¥2,000 ¥12,000 ¥1,200 ¥7,200 216pt 購入する

ジネット35(ダイアン35)の商品説明

ジネット35(ダイアン35)

商品詳細

ジネット35(ダイアン35)は、少量の卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれている低用量ピルです。
アジア人向けに開発された低用量ピルであるダイアン35のジェネリック医薬品となります。
そのため先発薬と同様に、服用することでニキビの改善や避妊などの効果が現れます。
また男性が服用することで、からだが女性化するなどの効果もあります。
ただし、国内では未承認薬となることから、購入するには個人輸入代行サイトを利用する必要があります

ジネット35(ダイアン)の特徴ジネット35(ダイアン)には、3つの特徴があります。

■高い避妊効果が期待できる
■強い女性化作用
■血栓症に注意が必要

ジネット35(ダイアン)には、強い女性化効果がある「エチニルエストラジオール」と、男性ホルモンの働きを強く抑える「酢酸シプロテン」が含まれています。
女性が服用した場合は、これらの成分が脳や子宮などに作用するため、他の低用量ピルと同等の高い避妊効果が期待できます。
それと同時に強い女性化作用も生じるため、性同一性障害に悩む男性の方が"女性化目的"で服用をすることもあります。
ただし女性が服用する場合とは異なり、男性が服用する場合はホルモンバランスが大きく崩れてしまうことになり、予期せぬ副作用が現れることも考えられるので、極めて慎重に判断する必要があります。
また、ジネット35(ダイアン)の成分である酢酸シプロテンは「血栓症」のリスクが高いことが指摘されており、ピルを使っていない女性と比べると約4倍になるとも言われています。
そのため、ふくらはぎの痛みや息切れなどのような血栓症の初期症状には、注意が必要です。

ジネット35(ダイアン)の効果・効能ジネット35(ダイアン)には、3つの効果があります。

■脳に働きかけることで、排卵を抑制
■受精卵の着床を妨げる
■精子が子宮内に侵入することを防ぐ

まず妊娠は、排卵が起こった後に卵子と精子が出会って受精卵となり、その受精卵が子宮内膜に着床することで起こります。

こうした妊娠の仕組みに着目して開発されたのが、ジネット35(ダイアン)になります。
ジネット35(ダイアン)は、まず脳に女性ホルモンが作用することで"妊娠をした"と錯覚をさせます。
すると排卵が起こらなくなるため、妊娠を防ぐことができます。
また、ジネット35(ダイアン)には受精卵の着床に必要な子宮内膜の増殖を抑える効果もあります。
これにより、万が一受精卵ができてしまっても着床をすることが無いため、妊娠は成立しません
さらに、子宮の入り口にある子宮頚管粘液の粘度を高めることで、精子が子宮内に入り込みにくくします。

これらの相乗効果により、99.9%、妊娠を防いでくれます

使用方法

ジネット35(ダイアン35)の服用方法は、次のようになっています。

1日1錠、21日間の服用

22日~28日の7日間は休薬期間となります。
休薬期間を含めた28日間が1周期になり、繰り返し服用を行っていきます。
また、毎日一定の時刻に服用することが大切です。

その他の注意点などは、国内では未承認薬となるため、付属している添付文書でご確認下さい。

副作用

ジネット35(ダイアン35)の重い副作用として、「血栓症」を引き起こす可能性があります。

詳しい副作用に関しては、国内では未承認薬のため添付文書でご確認下さい。

注意点(併用禁忌薬)

国内では未承認薬となることから添付文書をご確認の上、ジネット35(ダイアン)の服用を開始して下さい。

ジネット35(ダイアン35)の口コミ

口コミを投稿する

商品名
満足度
口コミ
ページの先頭へ