胃炎・肝臓病治療薬

胃炎・肝臓病治療薬とは

胃炎には急性のものと慢性のものがあり、肝臓病にも生活習慣性のものやウィルス性のものなど様々な種類があります。

この記事では胃炎・肝臓病治療薬の効果や副作用、具体的な治療薬を詳しくご紹介していきます。

胃炎・肝臓病治療薬の効果

この項目では、胃炎・肝臓病治療薬の効果をそれぞれ解説していきます。

胃炎治療薬の効果

胃炎の治療に用いられる薬は主に以下のようになります。


  • 胃酸分泌抑制薬
  • 制酸薬
  • 抗菌薬

胃酸分泌抑制薬にはプロトンポンプ阻害薬ヒスタミンH2受容体拮抗薬の2種類があります。

プロトンポンプ阻害薬は胃酸の分泌を最も強く抑制してくれます。
胃潰瘍などを短期間で治療することが可能な薬です。
この薬は強力な効果が必要な治療の場合に用いられます。

ヒスタミンH2受容体拮抗薬は胃酸の分泌を抑制し、胃潰瘍などを治療することができます。
重篤な副作用を起こすことは通常の場合はないですが、下痢や発疹、男性の乳房肥大や勃起障害を引き起こすこともあります。

次に制酸薬は、胃酸を中和させる効果のある治療薬です。
胃潰瘍の治療に効果的ではありませんが症状の緩和に用いることができます。
制酸薬には炭酸水素ナトリウム、水酸化マグネシウム、水酸化アルミニウムの3種類があり、左から順に効果が強い薬となります。

また、ピロリ菌感染によって胃炎が起きている場合、抗菌薬も上記の薬と併せて処方されます。

胃炎治療薬の効果

肝臓病の治療に用いられる薬は主に以下のようになります。


  • アルコール性肝疾患→アルコール依存症治療薬
  • 自己免疫性肝炎→プレドニゾロン
  • B型肝炎ウイルス→抗ウイルス薬
  • C型肝炎ウイルス→DAAs製剤

アルコール性肝疾患の場合、まずは断酒が治療の基本であることからノックビン(リンク先はノックビンのジェネリックです。)といったアルコール依存症治療薬を治療に用いることがあります。
アルコール依存症の方がアルコール性肝炎になってしまった場合は栄養療法を用いてアルコールによって失われた栄養素を補充する治療法が用いられます。
また、重度のアルコール性肝炎の患者に対してはステロイド剤を投与する場合もあります。

次に難病である自己免疫性肝炎の場合、発症時にプレドニゾロンといった副腎皮質ステロイドを投与します。
また、ステロイド剤を減量する場合にウルソデオキシコール酸を併用することがあります。

その他、B型肝炎ウイルスの場合、エンテカビルといった抗ウィルス薬を投与し、C型肝炎ウイルスではDAAs製剤やインターフェロンフリーの経口剤などを投与して治療を行います。

胃炎・肝臓病治療薬の副作用

この項目では、胃炎・肝臓病治療薬の副作用をそれぞれ解説していきます。

胃炎治療薬の副作用

胃酸分泌抑制薬の副作用は以下のようになります。

・プロトンポンプ阻害薬
過敏症や肝機能障害が稀に起こることがあります。
その他、便秘、下痢、吐き気などの消化器症状が現れることがあります。

・ヒスタミンH2受容体拮抗薬
薬の作用で心筋にあるヒスタミンH2受容体に影響が及び、不整脈といった心臓系の異常を引き起こしてしまう場合があり、その他に、下痢、めまい、頭痛、低血圧、発赤といった症状が起きることがあります。

次に制酸薬の主な副作用には下痢や便秘があり、胃酸の殺菌効果を弱める作用によって細菌性食中毒のリスクが上昇します。
また、アルミニウム含有製剤は制酸薬のなかでも副作用が少ないことが特徴ですが、甲状腺障害を起こす可能性があります。

最後にヘリコバクター・ピロリ除菌製剤といった抗菌薬の主な副作用として、下痢や吐き気などの消化器症状、発疹、かゆみなどの皮膚症状、AST・ALT・γ-GTPなどの上昇などを伴う肝機能障害などが現れることがあります。

肝臓病治療薬の副作用

アルコール性肝疾患に用いるアルコール依存症治療薬として代表的なノックビンの主な副作用として、頭痛、めまい、発疹、幻覚、抑うつ、下痢、腹痛などがあり、また稀ですが重篤な脳機能障害や肝機能障害・黄疸が起きることがあります。

次に自己免疫性肝炎の治療に用いられるプレドニゾロンの主な副作用ですが、消化管損傷、発疹、抑うつ、ムーンフェイス、糖尿病緑内障むくみ不眠などがあります。
その他にも、ショック、アナフィラキシーなど重い副作用が多くあり、長期治療においては副作用の起きやすいステロイド剤です。

三つ目にB型肝炎ウイルスに用いる抗ウィルス薬の副作用ですが、頭痛や倦怠感が主になります。
代表的な抗ウィルス薬であるエンテカビルの場合、肝機能障害やアナフィラキシー、乳酸アシドーシスといった重い副作用が現れることがあります。

最後にC型肝炎ウイルス治療に用いられるDAAs製剤の副作用は以下のようになります。

・ハーボニー配合錠
主な副作用として頭痛、便秘、口内炎、貧血、鼻咽頭炎、腹部不快感、徐脈などがあり、脳梗塞や脳出血のような脳血管障害や高血圧といった重い副作用が起きることもあります。

・ヴィキラックス配合錠
主な副作用として頭痛、悪心、便秘、胃炎、皮膚そう痒、動悸、脱毛症などがあり、肝機能障害や低血圧、ヘモグロビン量減少、ビリルビン上昇といった重い副作用が起きることもあります。

胃炎・肝臓病治療薬の一覧

この項目では、さまざまな種類の胃炎・肝臓病治療薬をご紹介していきます。

ウルソデオキシコール酸

ウルソデオキシコール酸とは、胆汁酸の一種でUDCAと略されることもあります。
民間薬として有名な熊の胆(くまのい)の主成分に用いられている成分で、ヒグマやツキノワグマの胆のうを乾燥させてつくります。

主な効果は、健胃作用、胆汁の分泌促進、胆石を溶かす、痙攣を鎮める、解毒などです。
このような作用があることから古来より東洋医学では”胃と肝臓の万能薬”として使用されてきました。

また、近年では肝機能を回復させる効果があることから、慢性肝疾患やC型肝炎などの肝疾患の治療薬として用いられる機会も多くなっています。

ウルソコール(ウルソジェネリック)

ウルソコールとは、サンファーマ社が開発したウルソのジェネリック医薬品です。
有効成分は先ほどご説明したウルソデオキシコール酸で、胆汁の流れをよくすることで胆石を溶かすことができ、胆石症などを治療することができる成分です。
特に小さいコレステロール系胆石を溶かすことに向いています。

また、胆汁の滞りが原因の慢性肝疾患などの肝臓病の改善に向いている医薬品で、2007年にはC型慢性肝炎への適応が承認されており、ますます使用機会が増えると考えられます。
加えて消化吸収を助ける作用があることから胃腸薬として用いることもできます。

消化性潰瘍治療薬

消化性潰瘍治療薬とは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、食道潰瘍などの消化性潰瘍を改善する治療薬群のことです。
これらの症状に対する治療薬は攻撃因子抑制薬・防御因子増強薬・H.pylori除菌治療薬と様々な種類があり、患者の症状・タイプなどによって使い分けます。

この項目ではお薬110番(以下当サイト)で取り扱っている消化性潰瘍治療薬をご紹介していきます。

レバゲン(ムコスタジェネリック)

レバケンは、マクレオーズ社が開発したムコスタのジェネリック医薬品で、防御因子増強薬という分類のお薬です。

有効成分はレバミピドで、プロスタグランジンの生成を促進させ、胃液を守る粘液を増加させる作用を持ちます。
この作用によって胃粘膜の血流が促され、胃酸に対する防御機能が高まり、胃炎や胃潰瘍を治療することができます。

また、副作用がほとんどないため処方機会の多いお薬です。

肝機能改善薬

肝機能改善薬とは、活性酸素のはたらきを抑制・肝細胞の損傷を防ぐ・肝細胞を再生させるといった効能を持つ薬剤のことです。

この項目では、当サイトで取り扱っている肝機能改善薬をご紹介していきます。

ファーマリン

ファーマリンとは、ファーマランド社が開発した肝機能を改善するためのお薬です。
有効成分シリマリン肝臓に悪影響を及ぼす活性酸素のはたらきを抑制し、肝細胞の損傷を防いだり、細胞の再生を促します。

また、解毒作用を持つ抗酸化物質であるグルタチオンの生成を促す作用もあるため、アルコールの過剰摂取のよる悪酔いや二日酔いを予防することができます。

C型肝炎治療薬

近年のC型肝炎治療はインターフェロン治療の代替治療法としてインターフェロンフリー治療法が用いられるようになっています。
つまり、注射薬を用いない飲み薬のみの治療ということになり、代表的なインターフェロンフリー治療薬としてハーボニーソバルディが挙げられ、ジメンシーヴィキラックスグラジナ・エレルサといった薬剤を患者の病態によって併用します。

このような療法を抗ウィルス療法といいますが、C型肝炎治療にはもう一つ肝庇護療法というものがあります。
この療法は抗ウィルス療法が行えない方に用いられる療法で、ウィルスを排除する薬剤ではなく、肝機能を改善する薬剤や注射を施すことでC型肝炎の進行を遅らせる療法です。

B型肝炎ウイルス治療薬

B型肝炎ウイルスはHBVに感染することによって引き起こされるヴィキラックスの一種ですが、慢性化すると肝硬変や肝臓がんを引き起こす大変危険な病です。
治療の際には核酸アナログ製剤というB型肝炎ウイルス治療薬が用いられます。
この核酸アナログ製剤とは、HBVの増殖に必要なDNAポリメラーゼを阻害する作用を持つ薬剤のことを指し、ラミブジン製剤・エンテカビル製剤・アデホビル ピボキシル製剤・テノホビル ジソプロキシルフマル酸塩(TDF)製剤・テノホビル アラフェナミドフマル酸塩(TAF)製剤といった製剤が該当します。

また、肝臓を保護する肝庇護療法やインターフェロン治療法を用いて治療を行う場合もあります。

免疫抑制剤

指定難病である自己免疫性肝炎の治療の際に、免疫抑制剤の一種であるプレドニゾロン(※リンク先はクリーム剤となります)といった副腎皮質ステロイドを用いるのが一般的です。
プレドニゾロンの服用を中止するとほとんどの場合、再発してしまうので肝機能を維持するために適宜増減しながら長期間内服しながら治療を行います。
減量する際には上記でもご紹介したウルソデオキシコール酸を併用することがあります。

胃炎に効くサプリメント

この項目では、胃炎に効くサプリメントをご紹介します。

トリカツ

トリカツは、ヒマラヤハーバルズ社が開発した胃腸の調子を整えてくれる健康サプリメントです。
生姜黒コショウインドナガコショウといったインド医学伝統の天然ハーブを配合しており、血行促進効果や抗酸化作用、胃腸の調子を整える作用があるため、胃炎の症状を緩和します。

また、天然成分しか配合されていないため副作用の心配もいらず、価格もリーズナブルなので胃の調子を整えたい方にオススメの商品です。

トリカツの詳細はこちら

シリマリン

シリマリンは、ライフエクステンション社が開発した肝機能を改善してくれるサプリメントです。
シリマリンは植物から抽出した成分で強い抗酸化作用を持ちます。
抗酸化作用によって肝機能を低下させる原因である脂質過酸化反応を抑制し、健康な肝細胞の生成を助けます。

肝機能の弱まりを感じている方にオススメの商品です。

バエル

バエルは、ヒマラヤハーバルズ社が開発した胃腸障害改善サプリメントです。
有効成分はバエル・ヤシ・カルダモンといった天然ハーブで、胃腸のダメージを回復して便秘の改善をサポートしてくれます。

また、天然成分のみ配合のサプリメントのため副作用の心配はいらず、安心して使用していただくことができます。

Liv.52 DS

Liv.52DSは、ヒマラヤハーバルズ社が開発した肝機能の改善をサポートしてくれるサプリメントです。
ケッパー・アルジュナ・イヌホオヅキ・ヤロウ・タマリスク・ハブソウ・チコリといった有効成分を配合しており、肝細胞のはたらきを活発にしてくれ、肝機能の低下によって起こる諸症状を改善してくれます。

アルコールや食事のとりすぎの方にオススメの商品です。

検査キット

この項目では、胃炎・肝臓病に関する検査キットをご紹介します。

ピロリ菌検査キット

ピロリ菌検査キットは、Liming Bio Products社が開発したピロリ菌検査を自宅で簡単に行える検査薬です。
ピロリ菌は一度感染してしまうと体内の免疫力で殺菌することはできず、除菌を行わなければ殺菌することはできません。

また、胃潰瘍や胃がんなどの原因にもなるので早期に発見し、治療することが肝要になります。
ピロリ菌検査は様々な方法がありますが、病院検査や検査キットを専門機関に送付するなどの手段は手間がかかります。
ですがこの検査キットであれば10分ほどで検査結果がわかるので手間をかけたくない方にオススメの商品です。

B型肝炎セルフテストキット

B型肝炎セルフテストキットは、Boson Biotech社が開発したB型肝炎の検査を簡単に行うことのできる検査キットです。
B型肝炎は、進行すると肝硬変や肝臓がんなどの重大な肝疾患に発展する恐れのある病です。
そのため早期発見が肝要となり、感染が疑わしい方は検査が必要になります。

病院へ行く暇がない方や手間がかかるのがお嫌いな方は、このキットを使えばたった20分で感染しているかどうかが判明するため非常にオススメです。

胃炎・肝臓病治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ