フォーカン(ジフルカン)
フォーカン(ジフルカン) フォーカン(ジフルカン) フォーカン(ジフルカン) フォーカン(ジフルカン)
商品名 フォーカン(ジフルカン)
有効成分 フルコナゾール
メーカー シプラ
対応症状 カンジタ症  皮膚真菌症  
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
150mg × 20錠 ¥150 ¥3,000 ¥135 ¥2,700 81pt 購入する
150mg × 40錠 ¥150 ¥6,000 ¥128 ¥5,130 153pt 購入する
150mg × 60錠 ¥150 ¥9,000 ¥121 ¥7,290 218pt 購入する
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
200mg × 12錠 ¥266 ¥3,200 ¥240 ¥2,880 86pt 購入する
200mg × 24錠 ¥266 ¥6,400 ¥228 ¥5,480 164pt 購入する
200mg × 36錠 ¥266 ¥9,600 ¥216 ¥7,780 233pt 購入する

フォーカン(ジフルカン)の商品説明

フォーカン(ジフルカン)

商品詳細

フォーカン(ジフルカン)とは、真菌(カビ)を殺菌するアゾール系の抗真菌薬になります。
水虫・たむしまたは癜風など皮膚の表面に感染した病気ではなく、からだの奥に感染したカンジタ症などの深在性真菌症に効果を発揮してくれます。

ちなみに女性の不感症を改善する不感症治療薬として販売している個人輸入業者がいるようですが、先発薬の製造元であるファイザーは不感症への効果を一切認めていません
1999年には、ファイザーから不感症治療薬として販売する個人輸入業者に警告文書が送られています。
不感症治療のために服用しようと考えている方は、あくまでもカンジタ症などの真菌による感染にのみ効果がある皮膚真菌症治療薬になるので購入は控えるようにして下さい。

フォーカン(ジフルカン)の特徴フォーカン(ジフルカン)の特徴は、3つあります。

■長時間作用
■剤形が豊富(病院の場合)
■副作用が比較的少ない

フォーカン(ジフルカン)は作用時間がとても長く、1回の服用で約30時間効果を持続します。
そのため1日に何度も服用する必要はなく、1日1回の服用で済みます。
また病院であれば、カプレスやドライシロップ、静注射など症状に合わせた選択が可能になっています。
他にも、フォーカン(ジフルカン)は新生児や小児でも服用できる薬になるので、安全性にも優れていると言えるはずです。

フォーカン(ジフルカン)の効果・効能真菌(カビ)には、細胞を内と外にわける細胞膜があります。
この細胞膜があることで、細胞内のものが流出するのを防いでいます。
また真菌の細胞膜は「エルゴステロール」と呼ばれる物質でつくられています。

フォーカン(ジフルカン)は、このエルゴステロールが合成されるのを阻害する作用があります。
これによって細胞膜をつくることができなくなり、結果として抗菌作用を発揮します。

使用方法

フォーカン(ジフルカン)の服用方法は、次のようになります。

■成人

1回50~100mgとして1日1回の服用

■小児

1回3mg/kgとして1日1回の服用

■新生児

  • 生後14日までの新生児 … 小児と同じ用量を72時間以内に投与
  • 生後15日以降の新生児 … 小児と同じ用量を48時間以内に投与

フォーカン(ジフルカン)の注意点■腎障害がある患者さん
腎障害がある患者さんの場合、服用前に病院で検査を受け服用量や服用間隔に注意して服用を行うようにして下さい。
■ワーファリンと併用する場合
フォーカン(ジフルカン)との併用によってワーファリンの作用が強まることや、血液凝固時間が延長するなどが報告されています。
併用する際は、慎重な服用が望まれます。
■適宜に検査
フォーカン(ジフルカン)の服用の際は、適宜に血液検査や肝機能検査などを受けることが望ましいとされています。

副作用

フォーカン(ジフルカン)の副作用は、次の通りになります。
肝臓頻度1%以上AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇
頻度0.1~1%未満AI-P、LDH、ビリルビンの上昇
頻度不明黄疸
皮膚頻度0.1~1%未満発疹
頻度不明剥脱性皮膚炎
消化器頻度0.1~1%未満悪心、しゃっくり、食欲不振、下痢、腹部に不快感、腹痛
頻度不明口の渇き、嘔吐、消化不良、鼓腸放屁
精神神経頻度0.1~1%未満頭痛、手や指のこわばり
頻度不明めまい、傾眠、振戦(ふるえ)
腎臓頻度0.1~1%未満BUN、クレアチニンの上昇、乏尿
代謝異常頻度0.1~1%未満低カリウム血症
頻度不明脂質異常症、高トリグリセライド血症、高血糖
血液頻度0.1~1%未満好酸球増多、好中球減少
その他頻度0.1~1%未満むくみ(浮腫)発熱、倦怠感
頻度不明熱感、脱毛、味覚倒錯、副腎機能不全

※赤文字の症状が現れた場合、フォーカン(ジフルカン)の服用を中止するようにして下さい。

重い副作用症状
ショック、アナフィラキシー気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手や足の冷え・しびれ、蕁麻疹(じんましん)、全身の発赤、顔やノドの腫れ、ゼーゼーと息苦しい、めまい、血圧の低下、目の前が暗くなり意識が薄れる
中毒性表皮壊死融解症発疹、発赤、水ぶくれ、膿(うみ)、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口の中のただれ、ノドの痛み、目の充血、発熱、全身のけん怠感
薬剤性過敏症症候群38℃以上の高熱、ノドの痛み、全身のだるさ、食欲不振、リンパ節が腫れる、皮膚の広い範囲が赤くなる
血液障害発熱、ノドの痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆や青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向
急性腎不全むくみ、尿の濁り、血尿、尿が少ない・出ない、だるい、吐き気、頭痛、ノドが渇く、痙攣(けいれん)、血圧の上昇
肝障害だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿の色が茶褐色
意識障害や痙攣(けいれん)混乱・もうろう状態、筋肉のぴくつき、けいれん
高カリウム血症だるい、息切れ、脈が乱れる、手や足のしびれ、不安感、取り乱す、痙攣(けいれん)
心室頻拍、QT延長、不整脈動悸、頻脈(120/分以上)、徐脈(50/分以下)、胸の痛みや違和感、胸苦しい、だるい、めまい、立ちくらみ、気が遠くなる、失神
間質性肺炎から咳、息苦しさ、少し動いただけで息切れ、発熱
偽膜性大腸炎激しい腹痛、下痢、発熱、血液便、下血

注意点(併用禁忌薬)

フォーカン(ジフルカン)の併用禁忌薬は、次のようになります。

併用禁止■ハルシオン
フォーカン(ジフルカン)とハルシオンを併用してしまうと、ハルシオンの代謝が遅れてしまいます。
それに伴って、血中濃度が上昇し作用が強まる恐れや作用時間が延長されるとの報告があります。
■クリアミン配合錠、ジヒデルゴット
クリアミン配合錠やジヒデルゴットなどとの併用によって、フォーカン(ジフルカン)の血中濃度が上昇し血管痙縮などの副作用を起こす恐れがあります。
■硫酸キニジン、オーラップ
フォーカン(ジフルカン)との併用によって硫酸キニジンやオーラップの血中濃度が上昇してしまい、QT延長や不整脈などが現れる恐れがあります。
■スンベプラ、ダクルインザ、ジメンシー配合錠
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、スンベプラ、ダクルインザ、ジメンシー配合錠などの血中濃度が上昇し、肝胆道系の副作用が現れ悪化する恐れがあります。

フォーカン(ジフルカン)を服用できない方■併用禁忌薬に含まれている薬を服用中の方
■フォーカン(ジフルカン)成分フルコナゾールに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
■妊娠または妊娠している可能性がある方

フォーカン(ジフルカン)との併用に注意が必要な薬■ワーファリン
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、血液凝固時間や出血傾向(挫傷、鼻出血、消化管出血、血尿、下血など)の報告があります。
■アレビアチン、ブルフェン、フロベン
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、アレビアチン、ブルフェン、フロベンの血中濃度が上昇するとの報告があります。
■セレコックス
併用によって、セレコックス血中濃度が上昇することがあります。
フォーカン(ジフルカン)を服用中の方で併用する場合、セレコックスは低用量から服用を開始することとしています。
■ニューロタン
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、ニューロタンの血中濃度が上昇するとの報告があります。
■HMG-CoA還元酵素阻害薬
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、以下の薬の血中濃度が上昇することがあります。
など
■テグレトール
フォーカン(ジフルカン)との併用によってテグレトールの血中濃度が上昇し、悪心や嘔吐、めまい、複視などの症状が現れたとの報告があります。
■ドルミカム、セララ、メサペイン
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、ドルミカム、セララ、メサペインの血中濃度が上昇したとの報告があります。
■カルシウム拮抗薬、ビンカアルカロイド系抗悪性腫瘍薬、エリスロマイシン
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、以下の薬の血中濃度が上昇する恐れがあります。
  • アダラート
  • オンコビン
  • エクザール
  • エリスロマイシン
など
■タクロリムス、サンデュミン
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、血中濃度の上昇や腎障害が現れるとの報告があります。
■ミコブティン
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、ミコブティンのAUC(濃度、時間、効果を発揮したかを示す面積グラフ)上昇により作用が強まる恐れがあります。
■ノービア、インビラーゼ、オキシコンチン
これらの薬をフォーカン(ジフルカン)と併用すると、AUCが上昇するとの報告があります。
■フェンタニル
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、フェンタニルの血中濃度が上昇する恐れがあります。
■イグザレルト
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、イグザレルトの血中濃度が上昇したとの報告があります。
■テオドール
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、テオドールの血中濃度が上昇したとの報告があります。
■避妊薬
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、避妊薬血中濃度が上昇したとの報告があります。
■スルホニル尿素薬(SU薬)
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、スルホニル尿素薬の血中濃度が上昇し、低血糖が現れたとの報告があります。
など
■スターシス
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、AUC上昇と半減期(薬が効いている時間)が延長したとの報告があります。
■トレチノインを含んだ薬
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、中枢神経系の副作用が現れる恐れがあります。
など
■セルシン
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、セルシンのAUC上昇および半減期が延長したとの報告があります。
■ゼルヤンツ
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、AUCが79%増加し最高血中濃度の最大値が27%増加したとの報告があります。
■エンドキサン
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、エンドキサンの血中濃度が上昇したとの報告があります。
■三環系抗うつ剤
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、三環系抗うつ剤の作用が強まる恐れがあります。
  • トリプタノール
  • ノリトレン
など
■レトロビル
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、レトロビルの血中濃度が上昇したとの報告があります。
■リファジン
リファジンとの併用によって、フォーカン(ジフルカン)の半減期が短くなったとの報告があります。
■三酸化ヒ素
フォーカン(ジフルカン)との併用によって、QT延長や心室頻拍などを起こす恐れがあります。

フォーカン(ジフルカン)の口コミ

満足度 ★★★★
転職をして、これから頑張ろうと思った矢先にカンジタ発症。 環境の変化に弱すぎw てっとり早く治したかったので通販で薬を買うことにしました。 海外通販って届くまでに時間が掛かりそうだけど、でも意外と早く届くからありがたいですね。
満足度 ★★★★★
カンジタがしつこく再発してしまい、病院に何度も足を運ぶのも億劫なので通販でフォーカンを購入しました。 効き目にも問題ないので、今度からここでお世話になろうと思います。
満足度 ★★★★★
生まれて初めて、かな・・・? カンジタになってしまいました。 性病じゃないのはわかってるけど、でも病院に行くのはなんだか恥ずかしくて…。 でも放置するわけにもいかないし、と悶々としていたら通販でも薬が買えることが分かり、お薬110番を見てみたらフォーカンがあったので購入しました! ホント、助かります!!!

口コミを投稿する

商品名
満足度
口コミ
ページの先頭へ