エラ(エラワン)
エラ(エラワン) エラ(エラワン) エラ(エラワン) エラ(エラワン)
商品名 エラ(エラワン)
有効成分 ウリプリスタール酢酸エステル
メーカー Abdi ibrahim
対応症状 避妊  
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
1錠 × 1箱 ¥5,500 ¥5,500 ¥4,950 ¥4,950 148pt 購入する
1錠 × 2箱 ¥5,500 ¥11,000 ¥4,455 ¥8,910 267pt 購入する
1錠 × 3箱 ¥5,500 ¥16,500 ¥3,960 ¥11,880 356pt 購入する

エラ(エラワン)の商品説明

エラ(エラワン)

商品詳細

エラ(エラワン)とは、万が一避妊に失敗した時に用いるアフターピルです。
海外では広く用いられているエラワンと同一商品になります。
危険行為があったときから5日以内(約120時間以内)であれば、避妊効果を発揮できるとされ、更にその期間内であれば避妊効果が低下することもありません。
ただし国内では未承認薬となり入手が難しいため、個人輸入代行サイトでの購入をオススメします。

エラ(エラワン)成分:ウリプリスタール酢酸エステルエラ(エラワン)の成分「ウリプリスタール酢酸エステル」は、抗黄体ホルモン剤の一種となります。
妊娠を成立させるために必要となる黄体ホルモンの働きを抑えることで、避妊効果を発揮します。

エラ(エラワン)の効果・効能エラ(エラワン)は不安な性行為があった後に服用することで効果を発揮します。
性行為を終えてから妊娠が成立するためには排卵が必要となりますが、エラ(エラワン)には"排卵がすでに起こっている"とからだに錯覚させる作用があります。
これにより排卵が抑えられるため、卵子と精子が出会って受精卵となることを防ぐことができます。
このような作用を「排卵抑制作用」と言います。
また仮に排卵後であっても、エラ(エラワン)には子宮内膜の増殖を抑える作用もあります。
これにより受精卵が着床しにくい状態が作り出されるため、妊娠が成立できなくなることで避妊効果を発揮します。

使用方法

エラ(エラワン)の服用方法は、次のようになっています。

危険行為があってから120時間以内に1回1錠の服用

また、服用後3時間以内に嘔吐した場合は、再度服用する必要があります。
その他の注意点などは、国内では未承認薬となるため付属の添付文書でご確認下さい。

副作用

エラ(エラワン)の副作用に関しては、国内では未承認薬となるため付属の添付文書でご確認下さい。

注意点(併用禁忌薬)

国内では未承認薬となるため付属の添付文書でご確認の上、エラ(エラワン)の服用を開始して下さい。

エラ(エラワン)の口コミ

口コミを投稿する

商品名
満足度
口コミ
ページの先頭へ