ED治療薬

ED治療薬の商品カテゴリーをお選びください
ED治療薬一覧

ED治療薬とは

男性の勃起に障害が起きた時にサポートしてくれるのが、男性専用治療薬である各種のED治療薬です。
その種類はいくつかあり、海外医薬品も含めると次のようになっています。

それぞれに独特な特徴があり、作用に関しては同じとなっています。
ステンドラは海外医薬品となることから病院での処方は行われていませんが、海外通販個人輸入代行)を利用することで国内でも服用することができます。
ちなみに国内で処方が行われている「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類に共通して言えることは、健康保険の適用範囲外ということです。
この記事ではED治療薬について詳細に解説していきます。

ED治療薬の種類

ED治療薬と一口に言っても様々な種類があります。
それぞれ男性器の勃起を促すという点においては作用が同じですが、即効性や持続時間、副作用の発生頻度などに違いが存在しています。

この項目では、代表的なED治療薬について簡単にご説明していきます。

バイアグラ

バイアグラとは、世界ではじめて認可されたED治療薬で、元々は狭心症治療薬として開発されていましたが、EDに効果を発揮することがわかり、転用されたことで誕生しました。
有効成分にシルデナフィルクエン酸塩を含んでおり、ペニスの血流を改善し、勃起を阻害する酵素のはたらきを抑えることでEDを改善に導き、力強い勃起を実現します。

また、バイアグラは市販では販売されておらず、取り扱いのある医院を受診し、処方してもらうか、お薬110番(以下当サイト)のような海外医薬品の通販サイトをご利用していただくことで購入が可能となります。

バイアグラの詳細はこちら

レビトラ

レビトラとは、世界で2番目に認可されたED治療薬で、バイアグラと同じようにEDを改善する作用を持ちます。
有効成分にバルデナフィル塩酸塩を含んでおり、この成分は水に溶けやすいという特質を持つため、他のED治療薬に比べて即効性に優れています。

急な性行為の予定が入ったときなどに用いるのがオススメです。
また、食事の影響を受けづらく、タイミングを選ばないのもメリットの一つです。

レビトラの詳細はこちら

シアリス

シアリスとは、世界で3番目に認可されたED治療薬で、バイアグラとレビトラの特徴を併せ持つ新しい薬剤です。
有効成分にタダラフィルを含んでおり、勃起を促す作用はもちろんのこと、最大36時間も続く長時間作用と食事の影響を受けづらい点、さらに副作用の発現率が低めであるという特徴を持っており、現在世界中で大人気のED治療薬となっております。

また、その長時間作用から別名で”ウィークエンドピル”とも呼ばれており、週末に服用することで日曜のお昼まで楽しむことができ、夫婦の営みをゆったりと休日に楽しみたい方にオススメです。

シアリスの詳細はこちら

ステンドラ

ステンドラとは、最新のED治療薬で近年注目を浴びている薬剤でもあります。
有効成分にアバナフィルを含んでおり、これまでにご紹介した3つのED治療薬のすべての特徴を併せ持ったED治療薬で、海外では人気急上昇中の商品です。
バイアグラの力強い効き目と、レビトラの即効性、シアリスの食事の影響を受けにくい特性を持っており、既存のED治療薬で効き目がイマイチだった方にオススメです。

また、日本ではまだ認可の下りていないED治療薬なので、当サイトのような海外医薬品の通販サイトを利用していただくことでご購入が可能となります。

ステンドラの詳細はこちら

ED治療薬のジェネリック医薬品

国内のED患者さんがジェネリック医薬品に切り替えるのには、理由があります。
同じ成分が同じ量で含まれているにもかかわらず価格は先発薬の1/5~1/10となり、ED治療にかかる大きな負担を軽減できるからです。

それぞれの先発ED治療薬のジェネリック医薬品には、次のような薬があります。

先発ED治療薬のジェネリック医薬品
先発薬 ジェネリック医薬品(後発薬)
バイアグラ カマグラ(カマグラ・ゴールド)/ハードオンなど
レビトラ バリフ/ジェビトラなど
シアリス タダシップ/メガリスなど
ステンドラ アバナ/スーパーアバナなど

各種先発薬からジェネリック医薬品は登場しており、種類によっては剤形がゼリータイプ、発泡剤タイプ、チュアブルタイプなどに異なることがあります。
剤形が錠剤以外にもあるので、錠剤の服用が苦手な方でも無理なく服用することが可能となっています。
ED治療薬のジェネリック医薬品は1錠あたりの価格が大幅に下がるだけでなく、"飲みやすさ"にも工夫が凝らされていることも、多くの男性が先発薬から切り替える理由となっています。

ED治療薬を個人輸入で通販する

ED治療薬を使ってED治療を行おうと思ったとき、まずEDクリニックなどの専門の病院で処方してもらおうと思う人が多いのではないでしょうか。
ですが、病院で処方してもらう場合、ED治療は自由診療のため健康保険が適用されず、全額負担での治療となってしまい、費用は高額になりがちです。

一方、個人輸入の通販サイトであれば、診察代や検査費なども不要で病院処方と比べ格段に安くED治療薬を手に入れることができます。
さらにジェネリック医薬品も豊富に販売されているため、先発薬を病院で処方してもらうより遥かに治療費を安く抑えることができます。

ED治療薬は市販されている?

ED治療薬は市販で販売されているのでしょうか?答えはノーです。
ED治療薬は処方箋医薬品のため、取り扱いのある医院を受診して処方してもらう必要があります。
国内で処方されているED治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類ですが、いずれも健康保険が適用されない医薬品となっております。

ですが市販されていないからといって購入できないわけではありません。
当サイトのような個人輸入の通販サイトをご利用していだければスマホで簡単にご購入していただくことが可能です。

病院での処方

一般的な風邪などは病院に受診して保険証を提出すれば、3割負担で治療を受けることができますが、ED治療薬はそうはいきません。
ED(勃起不全・勃起障害)の治療に必要な薬の代金はもちろん、必要に応じて行われる検査なども全て自費での負担となります。
病院によって多少の誤差はありますが、ED治療薬1錠あたりの相場は1,300~2,000円ほどになります。
1錠あたりの相場に対して、1ヶ月の性行為の頻度を乗じると大体の薬だけにかかる費用はわかるはずです。

(例)Aさんの性行為の頻度(1ヶ月あたり)10回×1,300~2,000円13,000~20,000円

病院処方の場合、薬代だけでも1万円以上かかる計算になります。
これらに「初診料(再診料)」や「検査費用」などが加算されるので、男性にとっては大きな負担となります。
そこで国内でも切り替える方が増えてきている、ED治療薬のジェネリック医薬品がお勧めです。

ED治療薬の効果・効能

ED治療薬の効果・効能として、まず血流を改善するというのが一つのポイントです。
EDは加齢や生活習慣の乱れなどによる血管障害が原因となることが多い疾患ですが、代表的なED治療薬に共通するのが血管を拡張するという作用です。
EDになってしまうと血管を勃起に必要な分だけ拡張することができなくなり、それによって中折れなどが起きてしまいます。

この血流不足を改善し、さらに持続作用もあるのがED治療薬というわけです。
また、ED治療薬はこのような血管拡張作用しか持たないため、媚薬や精力剤などと異なり、性欲向上作用や、興奮作用はないことには留意してください。

ED治療薬の服用方法・飲み方

ED治療薬の服用方法や飲み方にはいくつか注意するべき点があります。
この項目では、ED治療薬の用法用量、注意点を詳しく解説していきます。

用法用量

ED治療薬の用法用量として、基本的に性行為の1時間前に服用するのがベストです。
即効性の高いステンドラであれば30分前でも効果が発揮されることが多いですが、目安としては1時間前なのでこの時間をしっかり覚えておきましょう。

用量ははじめての服用の場合、通常の量より半分ぐらいで試してみるのがベストです。
欧米人の体格を基にED治療薬は開発されているため、小柄な日本人には少なめでも効き目があることが多いからです。
購入したED治療薬の1錠あたりの用量が服用したい量より多い場合、ピルカッターで割るなどして用量を調節しましょう。

その他、注意点として食事の影響があり、それぞれのED治療薬によって影響に差異があるため、自分が服用するED治療薬の用法用量をチェックしておくことが大切です。
また、すべてのED治療薬に共通することですが、めまいや視覚障害などの副作用が起きる可能性があるため、服用後の自動車の運転など危険を伴う作業は控えてください。

食後・お酒の後は効果が弱まることも

バイアグラは食事の影響を受け、レビトラは700kcalまでの食事であれば影響を受けづらく、シアリスは800kcalまで、ステンドラは影響を受けにくいとされていますが、基本的にどのED治療薬を服用する際も服用前は食事をしないのがベストとなります。
やはり成分は腸から吸収されるため、食べすぎてしまうと吸収が遅れ、効果に影響を及ぼしてしまうからです。

また、お酒類の服用ですが性行為前にリラックスするために少量飲む程度であれば問題ありませんが、飲みすぎてしまうとED治療薬の血管拡張作用によって酔いが回りやすくなり、神経伝達を悪くし、勃起力を低下させる恐れがあるため飲みすぎには注意です。

ED治療薬の有効性

先発薬やジェネリック医薬品を購入したものの、効き目がなかったらと思う男性は少なくありません。
こういった不安や焦りはEDの症状を悪い方向に向かわせるだけでなく、性行為そのものに集中することができなくなります。
特にはじめてED治療をはじめようと考える男性は、尚更のことだと思います。
しかし不安に思ったり、焦りやプレッシャーを感じることはありません。
ED治療薬は多くのED患者さんに有効であることが証明されています。

各種ED治療薬の有効性 ・・・ 80%以上

この数字は非常に高いものであり、多くの男性の性の悩みを解消してくれます。
しかもこの数字の中には、重度の勃起不全を患っている方も含まれることから、軽症~重度のED患者さんにまで効果を発揮してくれます。
また、からだが健康な方へのED治療薬の有効性はより高く、95%以上にもなるとされていることから「勃起できない」という悩みを解消することができます。
60歳を超える高齢の方でも「思春期のころに戻ったようだ」とおっしゃる方もいるくらいなので、ED治療薬の効き目は間違いないものとなっています。

ただし、ED治療薬はあくまでも医薬品となるので、媚薬や精力剤ではないことには注意してください。
ED治療薬を服用したからといって、何らかの性的刺激や興奮を受けない限りは勃起状態を起こすことはできません。
また性欲UPなどの効果もないので、EDを患っていない方の服用は控えてください。

ED治療薬の安全性

勃起不全を解消できるといっても、やはりはじめて服用する薬の安全性は気になるところだと思います。
インターネットなどで検索してみると、次のような書き込みなどもあります。

  • 心臓に大きな負担がかかる
  • 危険薬物といっしょで、一度飲んだらやめられない
  • 1回でも服用したら勃起が治まらない

はっきり言えることとしては、これらの書き込みには何ら医学的な根拠がないということです。
ED治療薬は脳に作用する薬ではないことから依存してしまうことはなく、また性的な刺激や興奮がなければ普段通りの状態です。

また心臓への負担ですが、ED治療薬を服用してからの性行為で心臓にかかる負担は、早歩きで1~3階くらいまでを早歩きで上った程度になることから、普段の生活で支障がなければ問題ありません。
ED治療薬は、からだの血行を良くして、ペニスに血液を集まりやすくするだけの薬になるので、安全性は高いと言えます。
ただし、いっしょに併用してはいけない併用禁忌薬などがあるので服用前に確認するようにしてください。
安全な薬でも用法用量を守らなければ、重い副作用症状を助長することになります。

ED治療薬の作用機序

ED治療薬は正式には「PDE-5阻害剤」となります。 少し難しい話になってしまいますが、次の2つの物質のはたらきに注目しながら読んでみてください。

  • PDE-5
  • サイクリックGMP(cGMP)

男性のペニスを構成する組織に、海綿体というスポンジ状の血管が集まった組織があります。
この中にPDE-5という酵素が存在しています。
PDE-5には、平滑筋を緩めるサイクリックGMPを分解するはたらきがあります。

またサイクリックGMPは、平滑筋を緩めることで血管を拡張するはたらきがあります。
EDの原因は血流の不足にあり、PDE-5が活発に活動してしまうとサイクリックGMPが分解されすぎてしまい、血液の通り道である血管を十分に拡げることができなくなります。
ペニスに血液が集まらないと、ペニスが大きくなることも硬くなることもできなくなり、性行為に支障がでます。

ED治療薬は、血流不足を起こすPDE-5を阻害することでペニスへの血流を改善する作用があります。
PDE-5を阻害することでサイクリックGMPの濃度が上昇するので、血行が良くなり正常な勃起状態へと導いてくれます。

ED治療薬の併用禁忌薬

ED治療薬には一緒に用いることができない薬剤があり、そういった薬剤のことを併用禁忌薬と呼びます。
代表的なED治療薬の共通する併用禁忌薬は硝酸剤・NO供与剤アミオダロン塩酸塩を含んだ薬剤です。
硝酸剤・NO供与剤とED治療薬を併用すると降圧作用を強めてしまう恐れがあるため併用できません。

また、アミオダロン塩酸塩を含んだアンカロン錠とED治療薬を併用するとQTc延長作用が強まる恐れがあるため併用することができません。
その他にも併用できない薬剤はありますので使用の前に添付文書をご確認のうえで服用を開始してください。

ED治療薬の併用注意薬

ED治療薬には一緒に併用して用いる際に注意が必要な併用注意薬と呼ばれる薬剤があります。
代表的なED治療薬に共通する併用注意薬はCYP3A4阻害薬・誘導薬降圧剤です。
CYP3A4阻害薬・誘導薬にはサキナビル、リトナビル、ダルナビルといった薬剤がありますが、これらとED治療薬を併用する際には医師の判断が必要になります。

また、降圧剤と併用するとED治療薬が持つ血圧降下作用が重なり、低血圧状態となって立ちくらみやふらつきなどの症状が起きる恐れがあるため併用する際には注意が必要です。

ED治療薬の注意点

ED治療薬を用いる際には様々な注意点があります。
この項目では、ED治療薬を服用する前に知っておくべき注意点を詳しく解説していきます。

催淫効果はない

ED治療薬でよく誤解されがちなことが催淫効果です。
催淫効果とは性欲を向上させたり、興奮させたりする作用のある媚薬などが持つ効果ですが、ED治療薬にそのような効果は一切ありません。
ED治療薬には血管を拡張させ、勃起をスムーズにさせる効果を持つ医薬品なので、勃起のトリガーとなる性的興奮には別の手段が必要です。

性的刺激があって効果が得られる

ED治療薬を飲んだからといって何もしなくても勃起するわけではなく、性的刺激や性的興奮があってはじめて効果が得られ、勃起することができます。
この勃起するときの硬さや持続力を血流を拡張させることによってサポートするのが本来のED治療薬の役割なので、性的興奮が必要な際はパートナーの援助や媚薬などを別途使って行ってください。

ずっと勃起しているわけではない

ED治療薬を用いてもずっと勃起しているわけでなく、性的興奮が鎮まれば、自然にペニスは萎んでいきます。
なぜならあくまで勃起をしやすくしたり、持続力をアップさせるための医薬品であるからです。
もし勃起状態が4時間継続して通常の大きさに戻らない場合、持続勃起症(プリアピズム)の恐れがあるため、直ちに医師の診察を受けましょう。

グレープフルーツに注意

ED治療薬とグレープフルーツを併用する際には注意が必要です。
グレープフルーツにはフラノクマリンという成分が含まれており、体内の代謝酵素のはたらきを阻害する作用があることから、ED治療薬の成分を分解するのが遅れ、薬の成分がからだに余分に吸収されてしまうため、効果や副作用が強く出てしまう恐れがあるためです。

乳製品に注意

乳製品をED治療薬と併用すると、乳製品の成分が腸に壁を作ってしまうことで成分の吸収を阻害してしまう恐れがあるため、あまり相性がよくありません。
ですからED治療薬を服用する数時間前は乳製品を摂取することはできるだけ避けた方がいいでしょう。

ED治療薬の偽物

ED治療薬には偽物が存在しています。
悪質なEDクリニックや個人輸入の通販サイトで偽物を販売する業者が存在しており、見た目もそっくりに真似ているものも多く、素人目では見分けがつかない偽物も多くあります。

通販サイトで販売されているED治療薬のうち、約4割が偽物とされており、健康被害がでるような偽物もあり、購入に際しては信頼できる通販サイトを見極めるなど注意が必要です。
信頼できるサイトを見極めるポイントは以下のようになります。

  • 特定商法取引の記載があるか
  • 利用規約や個人情報保護方針がしっかり記載されているか
  • 発送保証があるか
  • 口コミ情報が多いか


ED治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ