ジクロフェナクAL(ボルタレン)
ジクロフェナクAL(ボルタレン) ジクロフェナクAL(ボルタレン) ジクロフェナクAL(ボルタレン) ジクロフェナクAL(ボルタレン)
商品名 ジクロフェナクAL(ボルタレン)
有効成分 ジクロフェナクナトリウム
メーカー Aliud Pharma
対応症状 生活習慣病(成人病)  痛風  頭痛  
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
50㎎ × 100錠 ¥35 ¥3,500 ¥31 ¥3,150 94pt 購入する

ジクロフェナクAL(ボルタレン)の商品説明

ジクロフェナクAL(ボルタレン)

商品詳細

ジクロフェナクAL(ボルタレン)は、NSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛剤)に分類される解熱鎮痛剤です。
ボルタレンを先発薬とするジェネリック医薬品となるため、ボルタレンとほぼ同等の効果を持ちながらも、安価で購入することができます。
強い解熱鎮痛作用を持つため、発熱や痛みを起こす、様々な病気に対して有効です。
ただし、痛みなどの症状を抑えるための対症療法であり、病気そのものを治療する効果はありません

ジクロフェナクAL(ボルタレン)の特徴ジクロフェナクには、3つの特徴があります。

■NSAIDsの中でトップクラスの解熱鎮痛効果
■即効性にも十分に優れる
■効果が強い分、強い副作用が現れることもある

ジクロフェナクAL(ボルタレン)が持つ解熱鎮痛効果は強力であり、一般的にはNSAIDsの中では最も強いとされています。
また、強い効き目だけではなく即効性もあり、服用してから約30分ほどで効果が現れます。
その反面、副作用も強力であり、中でも胃炎や胃潰瘍などの胃腸障害が現れやすいため、長期間の服用は推奨されていません。

ジクロフェナクAL(ボルタレン)の効果・効能からだに起こる"痛み"には、「PG(プロスタグランジン)」という物質が関わっています。
PGは痛みを作る物質であり、例えば炎症を起こした時などに痛みを感じるのは、その部位でPGが生成されているためです。
他にも、風邪をひいた時などには、体温を調節する器官に体温を上げるように命令し、発熱させてしまうこともあります。

PGは、からだの中にある「アラキドン酸」という物質に「COX(シクロオキシゲナーゼ)」という酵素が結合することで生成されます。

PG = アラキドン酸 + COX

そこでジクロフェナクAL(ボルタレン)は、COXの働きを阻害することで、PGが作られるのを抑制します。
そうすることでPGの数を減らし、痛みを抑えたり、熱を下げるなどの効果が現れるのです。

使用方法

ジクロフェナクAL(ボルタレン)の服用方法は、症状によって異なります。

■鎮痛・消炎

1日の服用量75~100mg原則として、1日3回の服用

また頓用(症状に応じての服用)する場合、25~50mgを1日の服用量とします。
尚、空腹での服用は避けることが望ましいとされています。

■風邪などの解熱・鎮痛

1回の服用量25~50mgを頓用

尚、年齢や症状などによっても用量は適宜増減します。
ただし、1日の服用回数は原則2回までとし、1日最大量は100mgとします。
また、空腹での服用は控えることが望ましいとされています。

ジクロフェナクAL(ボルタレン)の注意点■症状の根本的な治療にはならない
ジクロフェナクAL(ボルタレン)による治療は、症状の原因を治す訳ではなく、あくまでも対処療法であることには注意して下さい。
■重い肝機能障害に注意
ジクロフェナクAL(ボルタレン)の服用によって、重い肝機能障害が現れることがあります。
特に連用する際は、定期的に病院で検査を行うようにして下さい。
■感染症に用いる場合
ジクロフェナクAL(ボルタレン)の服用によって感染症が不顕性化(感染しているのに症状が現れない)させることがあります。
感染症の炎症に対してジクロフェナクAL(ボルタレン)を用いる際は、適切な感染症治療薬と併用して下さい。
■他の解熱鎮痛剤との併用
他の解熱鎮痛剤との併用は避けることが望ましいとされています。
■危険な作業は控える
ジクロフェナクAL(ボルタレン)の服用によって、めまいや眠気、霧視が現れることがあります。
症状が出ている方の自動車の運転や、危険を伴う作業は行わせないようにして下さい。

副作用

ジクロフェナクAL(ボルタレン)の副作用として多いのが、次のような症状です。
など
その他の症状は、次の通りになります。
消化器頻度0.1~5%未満食欲不振、悪心や嘔吐、胃の痛み、腹痛、下痢、口内炎
頻度0.1%未満消化性潰瘍、胃腸出血、口の渇き、便秘、吐血、下血
頻度不明小腸や大腸の潰瘍、出血性大腸炎、クローン病または潰瘍性大腸炎の悪化、膵炎(すいえん)、食道障害、胃炎
血液頻度0.1%未満貧血、出血傾向
頻度不明血小板機能低下(出血時間の延長)
肝臓頻度0.1%未満黄疸、肝障害、AST(GOT)・ALT(GPT)上昇
皮膚頻度0.1%未満そう痒症
頻度不明光線過敏症、多形紅斑、紫斑
過敏症頻度0.1~5%未満発疹
頻度0.1%未満蕁麻疹(じんましん)、顔面浮腫
頻度不明喘息発作、アレルギー性紫斑、血管のむくみ(浮腫)
精神神経頻度0.1%未満頭痛、眠気、めまい、不眠、しびれ
頻度不明神経過敏、振戦(ふるえ)、錯乱、幻覚、痙攣(けいれん)、抑うつ、不安、記憶障害
感覚器頻度0.1%未満視覚異常(霧視など)、耳鳴、味覚障害
頻度不明聴覚障害
循環器頻度0.1%未満血圧の上昇、血圧の低下、動悸
頻度不明頻脈
その他頻度0.1~5%未満むくみ(浮腫)
頻度0.1%全身のけん怠感、発汗
頻度不明脱毛、発熱、血管炎


重い副作用症状
ショック、アナフィラキシー胸内苦悶、冷汗、呼吸困難、四肢の冷却、血圧低下、意識障害、蕁麻疹(じんましん)、血管浮腫、呼吸困難
出血性ショック、穿孔を伴う消化管潰瘍胃の痛み、激しい腹痛、持続する腹痛、吐き気、嘔吐、お腹が張る、便秘、吐血(コーヒー色のものを吐く)、下血(血液便、黒いタール状の便)
再生不良性貧血、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少発熱、ノドの痛み、口内炎、からだがだるい、皮下出血(血豆や青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向
中毒性表皮壊死融解症発疹、発赤、水ぶくれ、膿(うみ)、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口の中のただれ、ノドの痛み、目の充血、発熱、全身の倦怠感
急性腎不全(間質性腎炎、腎乳頭壊死など)尿が少ないあるいは出ない、尿の濁りや泡立ち、血尿、むくみ、からだがだるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹
重症喘息発作(アスピリン喘息)咳き込む、ゼイゼイと息をする、息をするときヒューヒュー音がする、息切れ、呼吸しにくい
間質性肺炎から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱
うっ血性心不全、心筋梗塞息苦しい、動悸、むくみ、締め付けられるような胸の痛み、冷汗
無菌性髄膜炎項部硬直、発熱、頭痛、悪心や嘔吐あるいは意識混濁など
重篤な肝障害(劇症肝炎、広範な肝壊死など)だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿の色が茶褐色
急性脳症風邪に似た症状が続き、激しい嘔吐、意識障害、痙攣(けいれん)など
横紋筋融解症筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中および尿中ミオグロビン上昇
脳血管障害ろれつが回らない、失語症、顔に歪み、視野が狭くなるなど

注意点(併用禁忌薬)

ジクロフェナクAL(ボルタレン)の併用禁忌薬は、次のようになります。

併用禁止■トリテレン
ジクロフェナクAL(ボルタレン)の作用によって、トリテレンの腎障害が増大し急性腎不全が現れたとの報告があります。

ジクロフェナクAL(ボルタレン)を服用できない方■消化性の潰瘍がある患者さん
■重い血液の異常がある患者さん
■重い肝障害がある患者さん
■重い腎障害がある患者さん
■重い高血圧症の患者さん
■重い心機能不全がある患者さん
■ジクロフェナクAL(ボルタレン)成分ジクロフェナクに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
■アスピリン喘息または、その既往歴がある患者さん
■インフルエンザ脳炎や脳症の患者さん
■妊娠または妊娠している可能性がある、あるいは授乳中の方
■トリテレンを服用している方

ジクロフェナクAL(ボルタレン)との併用に注意が必要な薬■CYP2C9を阻害する作用がある薬
併用することによって、ジクロフェナクAL(ボルタレン)の最高血中濃度やAUCが増加することがあります。
AUC
AUCとは、薬が「どのくらいの濃度で」「どのくらいの時間」「からだの中で作用を発揮」したのかを示す面積グラフです。
AUCが増加することで、効き目が強くなることや副作用が現れやすくなることがあります。
  • ブイフェンド
など
■ニューキノロン系抗菌剤
ジクロフェナクAL(ボルタレン)との併用によって、痙攣(けいれん)を起こす恐れがあります。
など
■リチウム
ジクロフェナクAL(ボルタレン)と次の薬を併用することによって、作用を強める恐れがあります。
併用する際は、必要に応じて薬の用量を調整するようにして下さい。
  • リウマトレックス、メトレート
  • ジゴシン、ジゴキシン
など
■アスピリン
ジクロフェナクAL(ボルタレン)とアスピリンとの併用によって、お互いの作用を弱めてしまうことがあります。
■NSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛剤)
ジクロフェナクAL(ボルタレン)との併用によって、お互いに胃腸障害などの副作用を強める恐れがあります。
など
■副腎皮質ステロイド剤
ジクロフェナクAL(ボルタレン)との併用によって相互に副作用を強めることがあり、特に胃腸障害などが強まる恐れがあります。
■高血圧治療薬
ジクロフェナクAL(ボルタレン)との併用によって、次の高血圧治療薬作用を弱める恐れがあります。
  • β遮断薬
  • ACE阻害剤
  • アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤
など
■利尿剤
ジクロフェナクAL(ボルタレン)との併用によって、利尿剤利尿作用を弱める恐れがあります。
など
■カリウム保持性利尿剤・抗アルドステロン剤
ジクロフェナクAL(ボルタレン)との併用によって、次の薬の作用を弱めることがあります。
また、腎機能障害がある患者さんの場合、重い高カリウム血症が現れる恐れがあります。
など
■抗凝血剤・抗血小板薬
ジクロフェナクAL(ボルタレン)との併用によって、出血の危険性が増大するとの報告があります。
  • ワーファリン
  • レビパリン
  • プラビックス
  • クレキサン
など
■サンディミュン
ジクロフェナクAL(ボルタレン)との併用によって、サンディミュンの腎障害を強める恐れがあります。
また高カリウム血症が現れることもあるので、併用する際は定期的な検査を受けるようにして下さい。
■ヤーズ
ジクロフェナクAL(ボルタレン)とヤーズの併用によって、高カリウム血症の副作用がお互いに強める恐れがあります。
■クエストラン
クエストランとの併用によって、ジクロフェナクAL(ボルタレン)の血中濃度が低下させることがあります。
■SSRI系抗うつ剤
ジクロフェナクAL(ボルタレン)との併用によって、消化管出血が現れることがあります。
など

ジクロフェナクAL(ボルタレン)の口コミ

口コミを投稿する

商品名
満足度
口コミ
ページの先頭へ