シアリス
(シアリスジェネリック)

並び替え
並び替え
ED治療薬 一覧はこちら

シアリスとは

シアリスとは、国内では最後に登場した最新のED治療薬になります。
バイアグラレビトラの良いとこどりした薬とも言われ、その特徴からは「ウィークエンドピル」の愛称で親しまれています。

世界中のED(勃起不全・勃起障害)に悩む男性に人気があり、2013年には世界でもっとも売れたED治療薬となっています。
シアリスが承認されている国は100ヶ国以上、愛用している方は1,000万人以上にもなります。
国内では2007年より販売がスタートしており、「シアリス10mg」と「シアリス20mg」の2種類があります。

シアリスは全国各地の病院やクリニックなどで処方してもらうことができますが、その費用はすべて自費での負担となります。
つまり保険適用外の治療となり、一般的な風邪など3割負担での治療という訳にはいきません。

シアリス1錠あたりの価格は、次のようになります。

  • シアリス10mg ・・・ 1,700円
  • シアリス20mg ・・・ 2,000円

国内最新のED治療薬ということもあって、1錠あたりの価格は非常に高いです。
男性の性行為の頻度にもよるところですが、1回1錠が必要になるので「性行為の頻度=1錠の価格」で薬代だけで月にどのくらいの費用がかかるのか計算することができます。
薬代に診察料や、人によっては検査料などが加算されるので、頻度が少なくてもやはりED治療の費用は高騰しがちです。
継続したシアリスの服用を考えるのであれば、価格的にも抑えられたシアリスジェネリックがオススメになります。

シアリスのジェネリック医薬品

シアリスの成分タダラフィルを含んだジェネリック医薬品には、次のような種類があります。

先発薬の約1/5ほどの価格で1錠を購入できることから、高騰しがちなED治療費を抑えることができます。
海外通販個人輸入代行)を利用することで誰でも簡単に購入することができ、通院いらずでED治療を行うことができます。

またタダライズという製品は先発薬の倍の用量にあたる40mgというのもあり、そのまま服用することはもちろん、半分にカットして20mgとして服用することで更に低価格で服用することができます。
もちろんシアリスジェネリックを輸入することは、日本の薬の法律である薬事法でも認められています。
負担を少なく最新のED治療薬を使って治療を考えている方には、シアリスのジェネリック医薬品がオススメです。

早漏改善効果もあるシアリスジェネリック

シアリスジェネリックのなかには早漏改善効果を兼ね備えている治療薬もあります。
シアリスの成分であるタダラフィルと世界初の早漏防止薬であるプリリジーの成分”ダポキセチン”の二つの成分を配合した薬で様々な製薬会社から販売されています。

お薬110番(以下当サイト)では以下のような商品を取り扱っております。

早漏とEDにお悩みで、なおかつ治療代を安く抑えたい方にオススメする商品です。

シアリスの特徴

シアリスの特徴は、3つあります。

  • 長時間作用
  • 食事の影響をほとんど受けない
  • 副作用が少ない

シアリスの特徴のなかでも特筆すべきなのはその効果の長さです。
最大36時間も作用が持続するため、ウィークエンドピルとも呼ばれています。
また、成分がゆっくり体内に吸収されることから他のED治療薬と比較して、副作用が抑えられており、使いやすいED治療薬であるといえます。

シアリスの効果・効能

シアリスがウィークエンドピルの愛称で親しまれるのは、長時間作用に由来します。
シアリスはED治療薬の中でもっとも作用時間が長く、効果持続時間は最大で36時間にもなります。
約1日半効果が持続することから、週末の金曜の夜に服用すれば日曜の昼まで効果が持続し、週末の強い味方としてウィークエンドピルと呼ばれています。
効き目切れの心配はもちろん、焦りなどもなく性行為に集中できることから、精神的な負担も軽くすることができます。

他にもシアリスは約800kcalまでの食事であれば、服用前でも効果を安定して発揮させることができます。
レビトラは約700kcalかつ脂質23.3gという制限でしたが、シアリスに限っては脂質の影響はありません。
好き放題食べられるとまでは言いませんが、ある程度の食べ物は服用前でも口にすることができるはずです。

またシアリスは、他のED治療薬に比べて成分が溶けない性質をもっています。
服用してから溶け出すまでに時間を要し、早い方で1時間、遅いと4時間効き目が現れるまでに時間がかかります。
効き始めまでの時間に大きな個人差があることは欠点でもありますが、ゆっくりと溶けることで急な血管拡張が起こりません。
なので、作用に付随して起こるほてりや目の充血、鼻づまりなどの副作用である症状を少なく抑えることができます。

これら3つのシアリスの特徴が、はじめてED治療薬を服用する方から服用経験がある方まで、誰もが扱いやすいED治療薬となっています。

シアリスの作用

男性の勃起は体の脳、神経、血管、海綿体の4つが正常に機能することで起こる生理現象です。
何かしらのきっかけで4つうち、どこか1つでも正常に機能しなくなることでEDに陥るようになります。
EDの症状である勃起できない、あるいは中折れしてしまうなどは、体の機能の不具合によって血流が不足することが原因となって起こります。

シアリス成分タダラフィルには、血流不足を改善する血管拡張作用があります。
血管が拡張される仕組みを少し詳しく解説すると、次の2つの物質のはたらきが関係しています。

  • cGMP(サイクリックGMP) → 性的な刺激や興奮によって、体の中で自然発生する天然の血管拡張物質
  • PDE-5 → 射精後の勃起解消や、日常的に勃起することを抑える勃起抑制酵素

シアリスは2つの物質のうち、PDE-5を阻害するはたらきがあります。
本来、正常に勃起状態を起こすことができる方は、性的刺激や興奮を受けるとcGMPが優位な状態となります。

しかしED患者さんは、PDE-5が優位な状態となりcGMPを分解してしまうので、血液の通り道となる血管の拡がりが不十分になり血流不足の状態によってEDを起こします。
シアリスの成分タダラフィルがPDE-5を阻害することで、cGMPの分解を防ぎ十分に血管を拡張することができるようになります。
この作用によって多くの血液がペニスの海綿体へと送り届けられ、再び勃起力を取り戻すことができます。

シアリスは、バイアグラやレビトラなど他のED治療薬同様にその有効性は高く、重度のED患者さんを含めても70%以上の方に勃起不全改善効果を期待することができます。
重度のED患者さんも含まれている数字になり、非常に高い有効性を誇ります。
ED(勃起不全)は高い確率で治せる病気になるので、諦めてしまう前にシアリスの服用を検討することをオススメします。

最後にシアリスを服用したからといって、勝手に勃起状態となることはありません。
また、性欲がUPするような作用もありません。
あくまでも性的に刺激を受けたり、興奮することによってシアリスの効果は発揮されます。
媚薬や精力剤といったものと誤解をしている方もいますが、血管拡張作用のみがある医薬品となります。

シアリスの飲み方

シアリスを服用する前に正しい飲み方を知っておく必要があります。
この項目では、用法用量と食事やお酒の影響について詳しく解説していきます。

用法用量

シアリスの用法用量は性行為の約1時間前に1回10mgを服用するのが基本となります。
服用開始時は体への影響が未知数のため、10mgから服用を開始するのが基本ですが、なかには10mgでは効き目が弱いと感じられる方もいらっしゃいます。
そういった場合で、なおかつ10mgを服用しても副作用が軽度であれば20mgに増量することができます。

また、軽度から中度の肝障害をお持ちの方は服用上限用量が10mgまでとなり、中度から重度の腎障害をお持ちの方は5mgからの服用開始が必須で、中度の方の場合は服用上限用量が10mgまでとなり、重度の方は5mgまでとなります。

食事・お酒の影響はほとんど受けない

シアリスは食事やお酒の影響をほとんど受けないED治療薬です。
シアリスを開発したイーライリリー社の公式資料によれば800kcalまでの食事であれば効果への影響はないとされています。
食事で例えると、CoCo壱番屋のポークカレー1杯分程度でちょうど摂取カロリーの上限となります。

ですが、空腹時の方がより即効性が高いことは確かなので、確実に効果を発揮したい方は空腹時に摂取することをオススメします。
また、食事の前にシアリスを服用し、成分が吸収される1時間後に食事をしても問題なく効果が発揮されるためこの服用方法がオススメです。
加えてシアリスはお酒を併用しても相互に影響しないというデータがあるため、ある程度までならアルコールを摂取することが可能となっております。

シアリスの副作用

シアリスの主な副作用として頭痛とほてりがあります。
発生割合は頭痛が約13%、ほてり・潮紅が約9%となっており、他のED治療薬に比べ、発生率が低くなっています。
血管が拡張することによって起こる副作用なので、作用時間が切れるとともに自然に治まることがほとんどです。
作用時間を過ぎても治まらない場合は医師の診察を受けてください。

また、発生頻度は極めて低いですが持続勃起症(プリアピズム)非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)といった重い副作用が起きることがあります。
4時間以上の痛みのある勃起が継続したり、著しい視力の低下などの症状が出た場合はすぐに医師の診察を受けてください。

シアリスの併用禁忌薬

シアリスの併用禁忌薬は以下のようになります。

■アデムパス―併用してしまうと細胞内のcGMP濃度が高まってしまい、血圧低下を引き起こす恐れがあります。
■硝酸剤・NO供与剤(硝酸イソソルビド、ニトログリセリン、亜硝酸アミル)―併用してしまうと降圧作用をさらに強めてしまうことになり、血圧を過度に低下させてしまう恐れがあります。

シアリスの併用注意薬

シアリスの併用注意薬は以下のようになります。

■降圧剤ノルバスクなど)―併用してしまうと降圧作用が強まる危険性があります。
■CYP3A4阻害剤・HIVプロアテーゼ阻害剤ニゾラールイトリゾールクラリスなど)―併用してしまうと血中濃度やAUCの増加により、半減期が延長する恐れがあります。
■カルペリチド―併用してしまうと降圧作用が強まる危険性があります。
■CYP3A4誘導剤―併用してしまうと血中濃度の低下により、作用が弱まる恐れがあります。
■α遮断薬―併用してしまうと降圧作用が強まる危険性があります。

シアリスを服用できない方

シアリスを服用できない方は以下のようになります。

■網膜色素変性症・重度肝障害・心臓や血管の障害・不安定狭心症・コントロール不能の不整脈・低血圧・高血圧をお持ちの方
■成分に過敏症の既往歴をお持ちの方
■3ヶ月以内に心筋梗塞の既往歴をお持ちの方
■6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血の既往歴をお持ちの方
■硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤を現在服用中の方

シアリスの偽物に注意

ED治療薬は保険適用外となるため、病院で治療を行うと治療費が高額になりがちです。
安く治療費を済ませたい方は個人輸入代行の通販サイトを使って購入される方も多いですが、そういったサイトのなかには悪質な業者もおり、偽物を売っている場合があります。

ネット上で流通しているED治療薬の約40%が偽物であるといわれており、厚生労働省も注意喚起を行っています。
個人輸入代行の通販サイト自体は違法でなく、信頼のおける人気の通販サイトではしっかり本物を購入することができます。
偽物を掴まないために、信頼のおける通販サイトの特徴をいくつかご紹介いたします。

■サイトの運営年数が長い
■サイト内の口コミ件数が多く、インターネット掲示板に専用スレッドがある
■特定商取引法に関する記載がある
■会員登録の前に利用規約の確認がある
■個人情報の取扱いに関する記載がある
■運営会社の情報がしっかり記載されている
■電話番号やメールアドレスなどの連絡手段が明記してある

ED治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ