白内障治療薬

並び替え
並び替え

白内障治療薬とは

白内障の治療法の1つに、薬物療法があります。
目の病気である白内障は年齢を重ねる毎に患者数は増えていき、特に80代を超えるとほぼ全ての人が発症すると言われています。
カメラに例えるとレンズの働きをしている"水晶体"という部分が徐々に濁っていき、目も見えにくくなっていくのです。

そこで白内障の進行を抑えるために使用されるのが白内障治療薬です。
白内障治療薬は水晶体の濁りを食い止める作用があるため、白内障の患者さんに有効だとされています。
以下では白内障治療薬について、さらに詳しく解説します。

白内障治療薬の種類

国内で使用されている白内障治療薬には次のような種類があります。

■点眼薬

■内服薬

  • チオラ
  • パロチン

これらの薬は作用こそ異なるものの、どれも白内障の予防目的に用いられています。
ただし内服薬が使われる機会は少なく、現在ではほぼ点眼薬のみが使用されているという状況です。

また海外には「クララスティル」という白内障治療薬もあります。
点眼薬(目薬)タイプの薬となりヨーロッパやロシア、東南アジアなどの地域ではすでに使用され始めています。
しかし国内では認可されておらず、入手するには海外通販を利用しなくてはなりません。

白内障治療薬の必要性

国内では2003年に、「白内障治療薬の効果に科学的根拠がない」というニュースが発表されたことがあります。
薬を開発する時には"治験"をおこない、その効果や安全性などを確かめてから認可されることがほとんどです。
ですが白内障治療薬の場合は十分な治験がおこなわれなかったため、化学的根拠がないと言われました。

ここまでだと、白内障治療薬を使っても意味がないと思われるかもしれません。
しかし近年では動物の白内障に対して、カタリンなどの薬が進行を遅らせたという報告もあります。

白内障は「からだの老化」も原因の1つであり、誰にでもいつかは起こりうる病気です。
そのため少しでも健康でいられる時間を増やしたい、できることは試したいというのであれば白内障治療薬の使用は十分有効だと言われています。

目薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ