喘息治療薬

並び替え
並び替え

喘息治療薬とは

喘息治療薬とは、息苦しさや咳き込み、あるいは「ゼーゼー」と呼吸の時に音がなる喘鳴(ぜんめい)など、喘息の症状を治療することができる薬になります。
喘息の患者さんの気道は、炎症に加え、気道が狭くなり空気の通りが悪くなってしまっています。
つまり、気道の炎症と狭窄を改善することで喘息の症状を良くすることができます。

喘息治療薬としてよく使われるのが、「吸入器」です。
吸入器には喘息発作の予防と、発作を和らげる2つの治療薬があります。
特に発作を予防する薬は長期的な使用が必要になることから、管理をしっかり行わなければなりません。

また、喘息の発作が起こってしまうと、呼吸困難に陥り、最悪のケースでは意識障害を起こすことや死に至ることもあります。
なので、発作を和らげる吸入器を使うことが必要になります。

喘息治療薬の種類

喘息治療薬の種類は、大きく2つに分けることができます。

炎症を抑える喘息治療薬には以下の薬があります。

  • ステロイド薬
  • 抗アレルギー薬(抗ロイコトリエン薬など)

気道を拡げる喘息治療薬は次のような薬になります。

  • β2刺激薬
  • テオフィリン製剤
  • 抗コリン薬

続いて、これらの喘息治療薬の特徴を1つ1つご紹介していきます。

ステロイド薬の特徴

喘息の治療を考える中で、特に重要となるのがステロイド薬です。
経口ステロイド(飲み薬)では副作用が大きいものの、喘息治療では吸入薬を通して使用することがほとんどです。
吸入薬の使用によって、気管支や肺にのみステロイドを作用させ気管支の炎症を抑えることができます。

また、飲み薬に比べても1/100~1/1,000ほどの量で吸入薬なら効果を得ることができます。
なので副作用も少なく抑えることができ、安全に喘息治療を行うことが可能となります。

ステロイド吸入薬には、フルタイドやキュバールのような薬があります。
ステロイドの副作用の1つに感染症があげられます。
より副作用を軽減させるためには、使用後にうがいをすることをお勧めします。

抗アレルギー薬の特徴

アレルギーを起こす物質でもある「ロイコトリエン」は、気道の収縮や炎症にも関わっている物質になります。
そのため、ロイコトリエンのはたらきを抑えることで、気管支の炎症を抑えることができます。

抗アレルギー薬には、シングレアや、キプレス、インタールなどの薬があります。
抗アレルギー薬は長期的に使用する場合にのみ用いられます。

β2刺激薬の特徴

運動などをすると、興奮する神経に交感神経があります。
交感神経には2種類の受容体が存在します。

  • α受容体
  • β受容体

中でも気管支の拡張に関わっているのが「β2受容体」になります。
β2刺激薬によってβ2受容体を刺激することによって気管支を拡張することができ、空気の通り道を拡げることができます。

また、β2刺激薬は発作を予防する薬発作を治療する薬の2種類にわけることができます。

■LABA(長時間作用性吸入β2刺激薬)
長時間作用が持続し、喘息の発作を予防する薬です。
セレベントやシムビコート、ホクナリンテープが代表的なLABAです。

■SABA(短時間作用性吸入刺激薬)
短い時間で素早く効き目を発揮し、喘息の発作を和らげる薬です。
サルタノールやベネトリン、メプチンが代表的なSABAになります。

このようにβ2遮断薬は、症状によって使い分けられます。

テオフィリン製剤の特徴

テオフィリン製剤は、かつて喘息治療の中心となっていた薬でした。
中心となっていた理由には、気管支拡張作用と抗炎症作用のどちらの作用も併せ持っていたためです。
ですが、気管支が狭くなっていたり、薬の代謝の個人差が大きいなど、デメリットもありました。
なので現在は徐放性テオフィリン製剤として、ゆっくりと成分が溶け出すことで喘息発作を予防する薬として用いられています。

テオフィリン製剤には、テオドールやテオロングなどの薬があります。

抗コリン薬の特徴

交感神経は気管支の拡張に関わっていますが、反対に気管支の収縮に関わっているのが副交感神経になります。
副交感神経が興奮してしまうと、気道が狭くなってしまいます。
この興奮に関わる物質が「アセチルコリン」と呼ばれる物質です。

抗コリン薬は、アセチルコリンのはたらきを阻害する作用があります。
すると副交感神経の興奮を鎮め、気管支を拡張させる効果が得られます。

抗コリン薬には、スピリーバやシーブリなどの薬があります。

ステロイド薬+β2刺激薬

喘息治療で発作の予防はとても重要なことになります。
発作を予防することができるのが、ステロイド薬やβ2刺激薬になります。

この2種類の薬を配合した吸入薬も存在し、ステロイド薬の抗炎症作用とβ2刺激薬の気管支拡張作用を同時に得ることができます。
2つの薬が配合されたものが、アドエアやシムビコートのような薬になります。

またアドエアにはジェネリック医薬品も存在し、セロフロがアドエアジェネリックになります。

ジェネリック医薬品の概要についてはこちらをご覧下さい。

アレルギー治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ