解熱鎮痛剤
(痛み止め)

解熱鎮痛剤とは

解熱鎮痛剤とは、「痛み止め」のことになります。
その多くが「NSAIDs」に含まれる非ステロイド性抗炎症薬と呼ばれる薬になります。
聞き覚えはないかも知れませんが、市販薬として販売されている痛み止めのロキソニンもこのNSAIDsに含まれます。

あらゆる痛みに解熱鎮痛剤が効くのかといえば、決してそのようなことはありません。
というのも、痛みにも種類があるからです。
たとえば、ぶつけたり、つねられたりすれば痛みを感じるはずです。

また、ストレスなど心が原因になることや、神経のはたらきによってからだに痛みを感じることもあります。
解熱鎮痛剤はすべての痛みに効くという訳ではなく、痛みに応じて適した薬を使用することが大切になります。

痛み止めの種類

痛み止めの種類は、次のようになります。

  • 解熱鎮痛剤(NSAIDs)
  • 神経障害性疼痛治療薬
  • オピオイド
  • 鎮痛補助薬
  • その他の治療薬

以下に、それぞれの薬の効果と特徴ついてご紹介していきます。

解熱鎮痛剤(NSAIDs)の効果と特徴

解熱鎮痛剤(NSAIDs)はステロイド以外で次の3つの作用をもつ薬の総称となります。

  • 抗炎症作用
  • 鎮痛作用
  • 解熱作用

ステロイドではないことから、非ステロイド抗炎症薬とも呼ばれます。
簡単にいえば痛み止めのことになり、主に炎症が原因となっている痛みに効果を発揮してくれます。

解熱鎮痛剤は「COX(シクロオキシゲナーゼ)」という酵素のはたらきを抑え込むことによって、痛みを発生させる原因の物質PG(プロスタグランジン)がつくられるのを防ぎ痛みを鎮めます。
鎮痛効果はとても高く、科領域を問わず広く用いられています。
副作用には胃腸障害や腎障害などがありますが、現在ではこういった副作用が少ないタイプの薬も普及していることから安全性にも優れています。

解熱鎮痛剤(NSAIDs)には、いくつかの種類があります。

このうち、ボルタレンにはジクロフェナクAL、アスリピンにはエコスプリン、セレコックスにはコビックス、ナイキサンにナプロシンなどのジェネリック医薬品があります。

ジェネリック医薬品の概要についてはこちらをご覧下さい。

神経障害性疼痛治療薬の効果と特徴

神経障害性疼痛治療薬とは、神経の痛みに対して用いられる治療薬になります。
神経に起こる痛みは、痛みを伝える神経伝達物質が過剰に分泌されることによって起こります。

神経障害性疼痛治療薬は神経伝達物質の過剰な分泌を抑えることにより、痛みを和らげることができます。
国内外を問わず、神経の痛みに対しての治療は、神経障害性疼痛治療薬のリリカが第一選択薬となります。

オピオイドの効果と特徴

オピオイドとは、強力な鎮痛作用をもつ医療用の麻酔薬になります。
脊髄と脳に存在している「オピオイド受容体」に結びつくことによって、痛みの伝達をブロックします。
ガンの治療による痛みや、他の痛み止めでは対処できない時にも使用が認められています。

オピオイドには、モルヒネ、オキシコドン、フェンタニル、コデインなどの薬があります。

鎮痛補助薬の効果と特徴

鎮痛補助薬とは、本来は痛みを抑える目的で開発された治療薬ではありません。
神経障害性疼痛や慢性化した痛み、または激痛などの場合に、解熱鎮痛剤(NSAIDs)などでも痛みが取り切れない時に用いられます。

もともとは鎮痛剤ではないので、鎮痛効果はそれぞれの薬で異なります。
また、一部を除いて痛みに対しての処方は保険適用外となります。

■抗うつ剤
抗うつ剤は、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の再取り込みを阻害することで痛みを感じにくくする経路(下行性疼痛抑制系)を活性化させ鎮痛効果を発揮します。

■抗てんかん薬
抗てんかん薬は、神経細胞の中にあるイオンチャネルや神経伝達物質の受容体に作用し、神経細胞の過剰な興奮を抑えることで痛みを和らげます。

■筋緊張弛緩薬
筋緊張弛緩薬は、痛みに対して筋肉の緊張が認められる場合、痛みを和らげる効果を発揮してくれます。

■抗不整脈薬
抗不整脈薬は、神経の興奮を抑えることで、痛みを和らげる効果を発揮します。

その他の治療薬の効果と特徴

その他の治療薬は、次のようなものがあります。

■ステロイド
ステロイドは、からだの中にある副腎皮質ホルモンを人工的に合成した薬になり、強い抗炎症作用と鎮痛作用、免疫抑制作用などがあります。
痛みを発生させている物質をつくる酵素を阻害することによって、痛みを鎮めることができます。

■局所麻酔薬
局所麻酔薬は、痛みを伴う治療(虫歯を削る時など)に用いられる薬です。
神経細胞内にあるイオンチャネルや神経伝達物質の受容体に作用し、痛みの伝達を抑えることで鎮痛作用を発揮します。
鎮痛薬や抗うつ薬、抗てんかん薬などを服用しても痛みを抑えることができない時に使用します。

■トリプタン系の薬
トリプタン系の薬は、偏頭痛の治療に用いられる薬です。
脳の拡張された血管を収縮させ血管の周囲の炎症を抑えることで頭痛の発作を抑え、痛みを和らげることができます。

解熱鎮痛剤
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ