アナフラニール
アナフラニール アナフラニール アナフラニール アナフラニール
商品名 アナフラニール
有効成分 クロミプラミン塩酸塩
メーカー ノバルティス
対応症状 メンタルヘルス  うつ病  
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
25mg × 50錠 ¥70 ¥3,500 ¥63 ¥3,150 94pt 売切れ
25mg × 100錠 ¥70 ¥7,000 ¥59 ¥5,980 179pt 売切れ
25mg × 150錠 ¥70 ¥10,500 ¥56 ¥8,500 255pt 売切れ

アナフラニールの商品説明

アナフラニール

商品詳細

アナフラニールとは、代表的な抗うつ剤になります。
第一世代の三環系抗うつ剤で、日本では1973年から認可されています。
最近では「SSRI」や「SNRI」、「NaSSA」など新しい抗うつ剤が登場していますが、長年にわたって使われてきただけあって、確かな薬の効果が確立され現在でも病院で処方されています。
意欲を高めたり、憂鬱な気分を改善してくれる効果を発揮し、うつ病の症状を和らげてくれます。
またパニック障害や強迫性障害といった不安障害など他の精神疾患や、遺尿症や夜尿症、頭痛、神経痛といった症状にも応用して用いられることがあります。

アナフラニールの特徴アナフラニールの特徴は、3つあります。

他の抗うつ剤にはない、強力な抗うつ効果
三環系の抗うつ剤の中では、セロトニンを増やす作用に優れる
内服ができな方でも、点滴で投与することが可能(病院のみ)

強力な作用をもつアナフラニールですが、その反面で副作用が多いことが欠点です。
ハイリスク・ハイリターン」、これは三環系抗うつ剤のどれもに共通する特徴となっています。

アナフラニールの効果・効能アナフラニールの作用は、脳内のモノアミンを増やすことになります。

モノアミンとは総称になり、特にうつ病と関係しているのが、次のような物質です。
  • セロトニン
  • ノルアドレナリン
  • ドーパミン
どの物質も人の"気分"にかかわるものとなっています。

アナフラニール以外の三環系抗うつ剤はノルアドレナリンを増やすものが多いです。
これは悪いことではありませんが、セロトニンが不足している場合には十分な効果を期待できない可能性があります。

アナフラニールはモノアミンの中でも特にセロトニンを優位に増やすはたらきがあり、これは他の三環系抗うつ剤にはない独特の特徴となります。
セロトニンが増加することによって、気分を楽にしたり、不安感を和らげる効果を発揮します。

使用方法

アナフラニールの服用方法は、次のようになっています。

1日50~100mgを1~3回に分けての服用

ただし、年齢や症状の状態によっても用量が適宜増減するとしています。
また、1日の最高容量は225mgまでとなっています。

アナフラニール服用の注意点アナフラニールが効きはじめるまで
アナフラニールの服用量は個人差が大きいとされています。
一般的には少量から服用を開始し、良い効果が現れるまで徐々に服用量を増やしていきます。
人によっては良く効くまでに2~3週間かかることがあります。
アナフラニール服用によって体調が悪くなる場合
アナフラニールを飲みはじめた時や用量を増やした時に、かえって気分が不安定になってしまうことがあります。
気分が安定しないと感じた際は、早めに医師に相談するようにして下さい。
自己判断での服用中止
急に服用することを止めてしまうと、その反動でうつ症状が悪化することや、からだの具合が悪くなることがあります。
服用をやめる際は、医師に相談するようにして下さい。
うつ病がよくなってからも服用を続ける
アナフラニールの服用はうつ病の症状が良くなってからも少量で服用続けるケースが多いです。
これは「揺りもどし」といって、うつ病の再発を予防するためです。
症状や環境などによっても異なりますが、アナフラニールは6ヶ月~2年くらいが服用期間になります。

副作用

アナフラニールの副作用症状は、次のようになっています。
循環器頻度5%以上または頻度不明起立性低血圧、心電図異常(QT延長など)、頻脈、不整脈、心ブロック、血圧の上昇
頻度0.1~5%未満血圧降下、動悸
精神神経系頻度5%以上または頻度不明眠気、知覚障害、幻覚、せん妄、精神錯乱、攻撃的反応、激越、悪夢、抑うつ悪化、記憶障害、離人症、ミオクロヌス、意識障害
頻度0.1~5%未満パーキンソン症状・振戦・アカシジアなどの錐体外路障害、躁状態、不眠、あくび、性機能障害
頻度0.1%未満言語障害、不安、集中力の欠如、運動失調
抗コリン作用頻度5%以上または頻度不明口の渇き、眼内圧亢進、緑内障、尿閉
頻度0.1~5%未満排尿困難、視調節障害(散瞳など)、便秘
皮膚頻度5%以上または頻度不明光線過敏症脱毛
過敏症頻度0.1~5%未満発疹そう痒感
血液頻度5%以上または頻度不明白血球減少、血小板減少、紫斑、点状出血、好酸球増多
肝臓頻度5%以上または頻度不明AST(GOT)・ALT(GPT)の上昇
消化器頻度5%以上または頻度不明味覚異常
頻度0.1~5%未満悪心・嘔吐、食欲不振
頻度0.1%未満下痢
内分泌頻度5%以上または頻度不明プロラクチンの分泌促進、乳房肥大、乳汁漏出、体重の増加
長期投与頻度5%以上または頻度不明口周部などの不随意運動
その他頻度5%以上または頻度不明ふらつき・目まい、食欲亢進、むくみ(浮腫)
頻度0.1~5%未満けん怠感、脱力感、頭痛、発汗、異常高熱、熱感

※赤文字の症状が現れた場合、アナフラニールの服用を中止するようにして下さい。

重い副作用症状
悪性症候群動かずに黙り込む、からだの硬直、飲み込みにくい、急激な体温の上昇、発汗、頻脈、ふるえ、精神変調、意識障害
セロトニン症候群落ち着かない、不安、興奮、混乱、不眠、体の震えやぴくつき、めまい、発熱、発汗、頻脈、下痢、血圧上昇
幻覚、せん妄、錯乱、けいれん誰も聞こえない声や音が聞こえる、実在しない虫・動物・人などが見える、非現実な体験、もうろう状態、混乱、興奮、取り乱す、痙攣(けいれん)
横紋筋融解症手や足のしびれ、痙攣(けいれん)、からだに力が入らない、筋肉痛、歩行困難、尿の色が赤褐色
重い不整脈動悸、頻脈(120/分以上)、徐脈(50/分以下)、胸の痛みや違和感、胸苦しい、だるい、めまい、立ちくらみ、気が遠くなる、失神
重い血液成分の異常発熱、ノドの痛み、口内炎、からだがだるい、皮下出血(血豆/青あざ)、鼻血、歯肉出血など出血傾向
麻痺性イレウス食欲不振、吐き気、吐く、激しい腹痛、ひどい便秘、お腹がふくれる
間質性肺炎から咳、息苦しさ、少し動いただけで息切れ、発熱
抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)からだがだるい、ノドが渇く、頭痛、吐き気、痙攣(けいれん)、意識がもうろう、気を失う
肝臓の重い症状からだがだるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿の色が茶褐色

注意点(併用禁忌薬)

アナフラニールと併用できない薬は、次のようになっています。

併用禁止■エフピー
アナフラニールと併用してしまうと、「発汗」「不穏」「全身痙攣」「異常高熱」「昏睡」などの症状が現れ、「セロトニン症候群」という重い副作用を起こす恐れがあります。
もしMAO阻害剤を服用している方でアナフラニールを服用する場合は、少なくとも2週間の間隔をおくようにして下さい。
またアナフラニールからMAO阻害剤に切り替える時には、2~3日の間隔をおくのが望ましいとされています。

アナフラニールを服用できない方緑内障の方
心筋梗塞の回復期にある方
尿閉
不整脈(QT延長)がある方
特に緑内障の方は、アナフラニールの服用によって眼圧が上昇してしまい症状が悪化する恐れがあります。

アナフラニールとの併用に注意が必要な薬副交感神経刺激剤
アナフラニールとの併用によって、これらの薬の作用を弱める恐れがあります。
  • サラジェン
  • サリグレン
  • エボザック
抗コリン作用をもつ薬
アナフラニールとの併用によって、口の渇き、便秘、尿閉、視力障害、眠気などが現れることがあります。
  • アーテン
  • アトロピン
  • リュウアト
など
■アドレナリン作動薬
高血圧など心血管作用を強めてしまう恐れがあります。
  • ボスミン
  • ノルアドレナリン
  • ネオシネジンコーワ
注意欠陥・多動性障害(AD・HD)治療の薬
相互作用によって、薬の作用が強まってしまう恐れがあります。中枢神経に作用する薬
中枢神経のはたらきを抑制する作用が強まる恐れがあります。
  • 向精神薬など
  • ハロタン
  • コンスタン
  • ソラナックス
  • アルコール
  • サレドカプセル
■フェノチアジン系精神神経用剤
鎮静作用や抗コリン作用を強めてしまう恐れがあります。
  • レボトミン
  • ヒルナミン
■SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)
アナフラニールの血中濃度が上昇してしまい作用を強める恐れがあります。など
■その他の抗うつ剤など
セロトニンのはたらきが増強され、セロトニン症候群を起こす恐れがあります。
  • リチウム製剤
  • トレドミン … SNRI
  • トリプタノール … 三環系
  • トフラニール … 三環系
  • トラマール
  • ワントラム
  • ザイボックス
肝酵素誘導作用をもつ薬
アナフラニールの血中濃度が低下してしまい、作用を弱める恐れがあります。など
抗不整脈薬と黄体/卵胞ホルモン剤
アナフラニールの作用が強まる恐れがあります。
  • キニジン
  • プロノン
  • リタリン
  • コンサータ
  • タガメット
  • レグパラ
  • インビラーゼ
  • 黄体/卵胞ホルモン剤
■抗真菌薬
併用によって、アナフラニールの代謝が遅れる可能性があります。抗ウィルス薬
アナフラニールの血中濃度を上昇させる恐れがあります。
  • レクシヴァ
降圧剤
降圧作用を弱めてしまう恐れがあります。
  • グアネチジン
■インスリン製剤とスルフォニル尿素系糖尿病用剤
アナフラニールの併用によって、過度の低血糖を起こす恐れがあります。■クマリン系抗凝血剤
クマリン系抗凝血剤の血中濃度の半減期を延長してしまう恐れがあります。
  • ワーファリン
■ST合剤
アナフラニールとの併用によって、抑うつの再発、悪化の恐れがあります。
  • スルファメトキサゾール
  • トリメトプリム
■QT間隔延長を起こすことが知られている薬
QT間隔延長や心室性不整脈などの重い副作用を起こす恐れがあります。
  • スーテント
  • スプリセル
  • ルジオミール
  • など
中枢性尿崩症用剤
低ナトリウム血症性の痙攣(けいれん)発作を起こす恐れがあります。
  • デスモプレシン
エクセグラン
エクセグランとの併用で高血圧、失神、不全収縮、発汗、てんかん、動作/精神障害の変化および筋強剛などの副作用が起こる恐れがあります。

アナフラニールの口コミ

満足度 ★★★★★
職場で嫌がらせを受けたことでうつ病になり、仕事も辞めました。 今はアナフラニールを飲んでの治療中ですが、さすが三環系というだけあってかなりの効き目を感じます。 といっても焦らず、ゆっくりと再スタートを目指していくつもりです。
満足度 ★★★★★
ナルコレプシーを発症しました。 眠気の方は薬で対処できてるのですが、たまにくる脱力発作がなかなか良くならないのでアナフラニールを購入することにしました。 副作用なのか少し吐き気がすることはありますが、脱力発作の方も着実に回復してきてます。
満足度 ★★★★★
うつ病の治療のためにSSRIを飲んでいましたがあまり良くならず、最終手段としてアナフラニールを購入しました。 三環系は効き目が強い分、副作用も強いとは聞いていましたが、アナフラニールを飲んだ後は本当に気分が悪くなることも多かったです。 でもしばらく飲んでいるとそれも治まり、気持ちも少しずつ楽になってきました。 この薬に乗り換えてよかったと思います。

口コミを投稿する

商品名
満足度
口コミ
ページの先頭へ