AGA治療薬

AGA治療薬の商品カテゴリーをお選び下さい
AGA治療薬一覧
爆毛根 爆毛根 1箱:¥8,900 詳細を見る

AGA治療薬とは

毛髪のトラブルを解消し、健康的な髪を取り戻すことをサポートしてくれるのがAGA治療薬です。
AGA治療薬は大きく分けると2種類になり、"塗るタイプ"と"飲むタイプ"にわけられます。

塗るタイプは、お近くのドラッグストアなどでも購入できる育毛剤である「リアップ(ミノキシジル製剤)」があり、中身の成分にはミノキシジルが使われています。
ミノキシジルは育毛剤成分になり、毛髪への栄養補給を促進することで健康な髪の成長を助けます。
また、飲むタイプには病院でも処方してもらうことができる「プロペシア」や「ザガーロ」があります。

AGA(男性型脱毛症)の特徴的な症状である進行性の脱毛症に効果を発揮し、脱毛を抑制することや発毛促進効果によって薄毛を改善することができます。
塗るタイプと飲むタイプを併用することで相乗効果を期待でき、AGA(男性型脱毛症)の治療にはこれらの薬が必須となります。

AGA治療薬の種類

AGA治療薬には大きく3種類に分類することができます。
この項目では、それぞれ個別に解説していきます。

ミノキシジル

ミノキシジルとは、もともと高血圧治療のための血管拡張薬として開発された成分です。
研究の結果、発毛効果があることがわかり、転用され現在では様々な育毛剤やAGAの内服薬に用いられています。
世界ではじめて販売されたミノキシジル配合の育毛剤はロゲインといい、日本の大正製薬が販売するリアップの元となった商品です。
ミノキシジルの効果は頭皮の血管を拡張する作用で、血流を良くすることで髪の成長に必要な栄養素を行き届かせることが可能となり、毛母細胞や毛乳頭の動きを活発にさせます。
また、日本で唯一医学的に発毛効果が認められている成分のため信頼性が高く、AGA治療において切っても切り離せない成分です。

ミノキシジルジェネリックの詳細はこちら

プロペシア

プロペシアとは、AGA治療の第一選択薬と呼ばれるほどの治療薬です。
有効成分はフィナステリドで、アメリカのメルク社が開発しました。
もともと前立腺肥大症の治療薬”プロスカー”という商品に含まれていた成分でしたが、研究が進むにつれてAGAに対しても治療効果があることが判明し、1997年にアメリカで公式にAGA治療薬として認可が下りました。
日本では2005年に厚生労働省に承認され、現在多くのAGA患者に愛用されています。
プロペシアは5-α還元酵素阻害剤に分類される医薬品で、AGAの原因となるDHTという悪玉男性ホルモンの生成を阻害する作用を持ちます。
この作用により、脱毛の進行を遅らせることができます。
しかし、発毛効果は実感できるほど高いとは言えないので、ミノキシジルのような発毛効果のある医薬品と併用する治療法がスタンダードなAGA治療法となります。

プロペシアジェネリックの商品詳細はこちら

ザガーロ

ザガーロとは、2016年に厚生労働省から承認の下りた最新のAGA治療薬となります。
有効成分はデュタステリドで、もともと前立腺肥大症治療薬”アボルブ”として販売されていた商品に含まれていた成分でした。
ザガーロもミノキシジルやプロペシアと同じように、AGAに対する副効用があることが判明し、AGA治療薬として転用されるようになりました。
成分は同じですが治療用途ごとに薬品名が異なり、前立腺肥大症に用いる場合は”アボルブ”、AGA治療に用いる場合は”ザガーロ”と呼びます。
薬の分類としてはプロペシアと同じく5-α還元酵素阻害剤ですが、5α-還元酵素の阻害作用がⅠ型とⅡ型の両方ともに効くので、1種類しか効かないプロペシアより脱毛抑制作用が強いといわれています。
ですが効果が強い分、ザガーロはプロペシアより副作用のリスクが高いので一長一短な側面のある医薬品となります。

ザガーロジェネリックの商品詳細はこちら

AGA治療薬のジェネリック医薬品

病院で処方が行われているプロペシアやザガーロは健康保険の適用外となることから、治療にかかる費用は自費負担となります。
もちろんドラッグストアで販売されている、ミノキシジル製剤であるリアップにも保険は利きません。

どのAGA治療薬もすぐに効果を期待することはできず、少なくとも6ヶ月以上は使用し続けなければ効果の有り無しを判断することはできません。
つまり健康保険が利かない薬を6ヶ月以上使うことになるので、男性の負担になりがちです。

そこで便利なのが海外通販個人輸入代行)で購入することができる、各種のジェネリック医薬品です。
簡単ではありますが、それぞれの薬のジェネリック医薬品をご紹介します。

先発AGA治療薬のジェネリック医薬品
先発薬 ジェネリック医薬品(後発薬)
リアップ ツゲイン/ミノキシジルタブレットなど
プロペシア フィンペシア/プロスカーなど
ザガーロ デュタス/デュタボルブなど

それぞれのジェネリック医薬品は、どれも先発薬と同じ成分が含まれているので、同等の効果を期待することができます。
しかも先発薬の1/5以下で購入できることから、長期的な服用になるAGA治療薬はジェネリック医薬品が圧倒的にお得になります。

また、ジェネリック医薬品である「ミノキシジルタブレット」ですが、本来は塗り薬成分であるミノキシジルをタブレット(錠剤)に変えることで、からだの内側から頭皮に作用させることができます。
塗るタイプに比べても飲むミノキシジルは効果が高いことから、高い育毛効果を期待するのであればミノキシジルタブレットがお勧めです。

AGA治療薬を個人輸入で通販する

AGA治療薬を利用したいと思ったとき、多くの方は病院を受診してから処方してもらう流れをご想像されるかと思いますが、実は個人輸入の通販サイトでも購入することができます。
これはいわゆる海外医薬品の個人輸入を代行してくれるサービスのことで、治療費を安く済ませたい方や日本では未承認の海外の有用な医薬品を取り寄せたい方などが利用されています。
病院でAGA治療薬を処方してもらうためには、まず病院へ出向き、診察を受け、適した治療費を処方してもらうという流れになります。
この際、診察代や治療薬の値段が治療のネックになる場合があります。
ですが、個人輸入の通販であれば、手間いらずでさらに診察代も必要なく、また日本では未承認のプロペシアジェネリックが豊富に販売されているため、医薬品代も安く済みます。
また、個人輸入の通販の利用にあたっては処方箋がないため自己責任になるなどいくつか注意点がありますので、利用の前に必ず確認するようにしましょう。

AGA治療薬は市販されている?

AGA治療薬のうち、医療用医薬品に分類されるプロペシアやザガーロといった医薬品は市販はされておりません。
なぜなら医療用医薬品は、法律で処方箋をもらわなければ購入することはできないと定められているからです。
一方、ミノキシジルを配合した育毛剤などは市販で購入することができます。
ただし第1類医薬品に分類される商品のため、購入するには薬局で薬剤師による指導が必要です。
加えて第1類医薬品の育毛剤は処方箋が必要ないため、配合されている成分が少なく、初期症状にしか効果がありませんので本格的なAGA治療は成分含有量の多い内服薬で行うのがベストといえます。
また、ミノキシジル配合の内服薬であるロニテン、及びそのジェネリック医薬品は日本では未承認の医薬品となるため市販されておらず、個人輸入での入手に限られます。

病院での処方

AGA治療薬を病院で処方してもらおうと思ったとき、一般病院の皮膚科・AGA専門のクリニック・美容クリニックといったように複数の選択肢があります。
一般の皮膚科の場合ですと、AGA専門の医師が少ないため、AGA治療の経験の多いAGA治療のクリニックが一番治療面においてオススメであるといえます。
処方の流れとしましては診察を受け、内服薬や外用薬を処方してもらうという一般的な受診の流れと同じですが、施してもらえる治療はAGA専門クリニックの方が多いです。
また、治療薬代以外にカウンセリングや初期診断費用が別途かかってくるので、トータルでかかってくる治療費はやはり通販の方が安く済みます。

保険は適用外

AGA治療薬の保険の適用についてですが、自由診療扱いとなるため健康保険を適用させることはできず、すべて自己負担となります。
なぜ適用されないかというと、命に関わる症状ではないため、美容整形などと同じ扱いとなるためです。
また、AGAが原因による脱毛症においては適用外ですが、AGA以外の原因での脱毛症であれば保険が適用されることがあります。

AGA治療薬の効果・効能

  • ミノキシジル
  • プロペシア
  • ザガーロ

これらAGA治療薬を代表する医薬品は、すべて作用が異なるのでそれぞれご紹介していきます。

ミノキシジルの作用

ミノキシジルには血行促進の作用があります。
頭皮の血行が良くなることで、血液から運ばれる栄養や酸素などを毛髪に補給することができます。
そこで重要となるのが、2つの働きです。

  • 毛乳頭
  • 毛母細胞

これらは毛根の中にあり、血液によって運ばれてくる栄養や酸素は毛乳頭がキャッチしてくれます。
そして栄養を送り届けられた毛母細胞が活性化することで、髪の成長を促進してくれます。

ミノキシジル → 毛細血管の拡張 → 血流UP → 毛乳頭が栄養などをキャッチ → 毛母細胞が活性化 → 育毛

丈夫で強い髪へと育ててくれるので、薄毛や抜け毛を改善してくれます。

プロペシアの作用

AGAの原因は「DHT(ジヒドロテストステロン)」という悪玉男性ホルモンになります。
この悪玉男性ホルモンは、次のように作られてしまいます。

テストステロン+5α還元酵素(1・2型) = DHT(ジヒドロテストステロン)

男性ホルモンであるテストステロンを酵素が変換してしまうことで、薄毛や脱毛を引き起こすAGAの原因物質を作り出してしまいます。
プロペシア成分フィナステリドは5α還元酵素2型を阻害する作用があり、DHTが作られるのを抑える効果を発揮してくれます。
DHTの生成を抑えることによって、脱毛症の進行を抑制することができます。

プロペシアの有効性に関しては、次のようになっています。

発毛実感 ・・・ 25%
脱毛の進行を抑える ・・・ 50%
まったく効果なし ・・・ 25%

プロペシアは発毛薬とも呼ばれていますが、有効性を見る限りは脱毛の進行を抑える効果がもっとも多いことから、過度に発毛を期待することは禁物です。
また必ずしも効果があるわけではないことにも注意して下さい。

ザガーロの作用

ザガーロもプロペシアと同じ飲み薬ですが、1つ大きく異ることがあります。

  • プロペシア → 5α還元酵素2型のみを阻害
  • ザガーロ → 5α還元酵素2型にくわえ、1型も阻害

1型と2型のどちらも阻害することができることから、ザガーロの発毛効果はプロペシアの約1.6倍にもなるとされています。
DHTの生成を助長する酵素を強く阻害することができるので、数字だけを見ればより高い発毛効果を実感できる可能性を秘めています。

AGA治療薬の服用方法・飲み方

AGA治療薬の服用方法や飲み方について解説していきます。

まず、プロペシアの飲み方ですが、1日に0.2mgを1錠服用するのが基本です。
上限量は1日1mgまでとなり、必要に応じて用量を増量することが可能です。
飲む時間は毎日同じにするのがベストで、飲み忘れの防止や効果の重複の防止につながります。

次にザガーロの飲み方ですが、1日に0.1mgを1錠服用するのが基本です。
上限量は1日0.5mgまでとなり、必要に応じて用量を増量することが可能です。

最後にミノキシジルですが、外用薬の場合は気になる脱毛部分に朝と夜に一回ずつ塗布します。
内服薬のミノキシジルの場合、1日に5mg~10mgを適宜必要に応じて用量を調節しながら服用します。

また、用量が多い場合などはピルカッターなどを使って調節してください。

いつまで飲むべきか?

AGA治療薬はいつまで飲むべきなのでしょうか?
個人差がありますが、目安の期間として約半年から1年ほどであるといわれており、ある程度の期間を必要とします。
理由としては髪が生え変わるサイクルが約3ヶ月かかるとされているためで、目に見える効果が出始めるのにサイクルの期間が必要となるためです。

また、1年を過ぎても効果が出なかった人でも継続治療することで改善された方もいるのであくまで目安の期間として捉えてください。

AGA治療薬の効果持続時間

AGA治療薬の効果持続時間は結論から言うと、使用を中止することで元の薄毛の状態に戻ってしまいます。
プロペシアやザガーロは薄毛進行抑制効果発毛効果がありますが、毛髪量が戻ってもそれはあくまで薬の効果によってキープされているのです。

これはミノキシジル製剤にも同様のことが言え、AGA治療薬は継続的な使用が必要となります。
使い続けることが必要になることから、後々を考えれば費用を抑えられるジェネリック医薬品が負担を軽減してくれるはずです。

AGA治療薬の併用禁忌薬

医薬品には併用禁忌薬と呼ばれる併用が禁じられている薬剤というものがありますが、ミノキシジル、プロペシア、ザガーロといったAGA治療薬には併用禁忌薬はございません。

AGA治療薬の併用注意薬

医薬品には併用禁忌薬と呼ばれる併用に注意が必要な薬剤というものがあります。
プロペシアやミノキシジルには併用注意薬はございませんが、ザガーロにはございます。

ザガーロとCYP3A4のような代謝酵素を阻害する作用がある薬を併用する際には注意が必要です。
ノービア、クラリスジフルカンといった薬剤が該当しますが、併用することで血中濃度が上昇する恐れがあるため併用の際には医師の判断が必要となります。

AGA治療薬の注意点

AGA治療薬を利用する上でいくつか注意点があります。
効果がわかるまである程度の期間が必要となるため、継続利用を欠かさないでください。
そして発毛効果がでたとしても使用を止めると元通りになることに留意しましょう。

また、服用できない方がいらっしゃいますので該当する方は服用してはいけません。
例えば、女性はプロペシアやザガーロの錠剤に触れても影響を及ぼすので絶対に錠剤に触れず、もちろん服用もしてはいけません。 ミノキシジルであれば女性用育毛剤もあるため、FAGA(女性男性型脱毛症)の方はそちらを使用してください。

AGA治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ