ニキビ治療薬

ニキビ治療薬の商品カテゴリーをお選び下さい
ニキビ治療薬一覧

ニキビ治療薬とは

ニキビ治療薬とは、軽度~重度のニキビまで、さまざまなタイプのニキビを治療することができる医薬品です。
国内ではニキビで皮膚科に受診するという方は少なく、間違った情報を鵜呑みにして悪化させてしまうこともあります。

ニキビ治療薬を使うメリットは、次の2つになります。

  • 症状の悪化を防ぐ
  • ニキビを早く治すことができる

ニキビ治療薬が医薬品となることから、重度のニキビでなければ使えないと思う方は少なくありません。
しかし、軽度の白ニキビや黒ニキビなどでも、ニキビ治療薬を正しく使用することで後の悪化を防ぐことにつながります。
また、ニキビは皮膚の病気になることから自己流のケアなどは悪化の元になります。

仮に治ったとしても、再発を繰り返したり、ニキビ跡が顔に残ってしまうこともあります。
いたずらに治療期間を延ばして悪化させるのではなく、適切なニキビ治療薬を使って早めの治療を行うことが大切です。

ニキビ治療薬は2種類に分けることができ、アキュテインなどの"飲み薬"と、トレチノインなどの"塗り薬"になります。
それぞれの薬に特徴があり、種類もさまざまあります。
ここでは、どんなニキビ治療薬があるのかを簡単にご紹介していきます。

ニキビ治療用飲み薬の種類

飲み薬は4つの薬に分けることができます。

  • 抗生物質
  • ホルモン薬
  • ビタミン剤
  • その他

症状によって使い分けることができるので、原因に合わせた服用が大切になります。

抗生物質の特徴

抗生物質は、ニキビの炎症がひどい場合など重度のニキビに悩む方が服用します。
一口に抗生物質といってもその種類はさまざまあることから、一般的に用いられているものが次のようになります。

ニキビを引き起こす「アクネ菌」は細菌になることから、抗生物質の服用によって細菌の増殖や発育を抑えることでニキビを改善していきます。
また、クラリスやミノマイシンにはジェネリック医薬品があります。
ニキビ治療のために病院へ行く時間がない方や、費用を抑えたい方はジェネリック医薬品がお勧めです。

クラリスはシンクラー、ミノマイシンはディヴァインがそれぞれのジェネリックとなります。
どちらも先発薬と成分が同じなので、低価格で同様のニキビ改善効果を得ることができます。

ホルモン薬の特徴

ストレスや体調の変化などの影響から女性ホルモンの量が減り、男性ホルモン作用が強まることでニキビができやすくなります。
減ってしまった女性ホルモンを補うのが、次にあげる低用量ピルになります。

ピルと聞くと避妊薬をイメージする方は多いと思いますが、女性ホルモンを毎日補うことで副効果としてニキビにも効果を発揮してくれます。
低用量ピルは「生活改善薬」とも呼ばれ、避妊だけでなくニキビや生理不順など女性特有のトラブルを改善してくれます。

また低用量ピルは保険適用外となることから、毎日の服用と考えると結構な治療費になります。
マーベロンにはジェネリック医薬品があるので、治療費を抑えたい方はマーシロンセラゼッタというジェネリック医薬品がお勧めです。
どちらもマーベロンと同じ成分が含まれているので、同様の効果を期待することができます。

ビタミン剤の特徴

食生活の偏りなどからビタミン不足になると、ニキビや肌荒れの原因になります。
健康な皮膚を保つために不足したビタミンを摂取することで、肌環境を整えることができます。

  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンC

ビタミンを補うことで、皮脂の分泌量なども調整することができます。

その他の飲み薬

重症化してしまったニキビや紫ニキビなどに使われるニキビ治療薬になります。
非常に治療効果が高いものの副作用も強くでることから、よほど悪化した場合以外に使うことはありません。

  • アキュテイン

成分である「イソトレチノイン」は皮脂の分泌を強力に抑えることで、ニキビを改善していきます。
現在使われているニキビ治療薬の中ではもっとも強く、世界で一番強力なニキビ治療薬と言われています。
軽いニキビ治療に用いると、副作用が強くて辛い思いをすることもあるので注意して下さい。

日本ではアキュテインの処方は保険適用外となることから、難治性ニキビの治療を考えている方はジェネリック医薬品もお勧めです。
トレティヴァイソトロインがジェネリック医薬品になり、成分はどちらもイソトレチノインになることから強力なニキビ改善効果を期待することができます。

ニキビ治療用塗り薬(軟膏)の種類

ニキビ治療の基本は、塗り薬での治療となっています。

  • 抗生物質
  • 抗生物質以外の塗り薬

抗生物質の特徴

炎症がすでに発生している赤ニキビには、アクネ菌を殺菌する作用がある抗生物質が含まれたクリームタイプの薬が用いられます。

特にクリンダマイシンゲル(ダラシンTゲル)の有効性は高く、臨床試験のデータでは1ヶ月の使用で53%もの人がニキビが改善されたことも分かっています。
抗生物質を含んだ塗り薬は初期ニキビや赤ニキビ、ニキビ跡などにも使え、軽度ニキビであればクリームタイプは使い勝手も良くお勧めです。

抗生物質以外の塗り薬

ニキビの原因は、常在菌であるアクネ菌が増殖してしまうことです。
アクネ菌増殖の根本的な原因は毛穴が詰まることになります。
抗生物質以外の塗り薬は、毛穴の詰まりを改善したり、詰まりにくくする効果を発揮してくれます。

これらの塗り薬は、目に見えない部分の毛穴詰まりの改善もしてくれ、できてしまったニキビにも効果を発揮してくれます。
また、角質層の過角化(角質が厚くなる)も防ぐことができます。

ディフェリンゲルにはいくつかのジェネリック医薬品があり、アダペンゲルアダフェリンジェルアダクレーンなどがあります。
成分は同じ「アダパレン」となるので、先発薬と同じ効果でありながら低価格に使用することができます。

AGA治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ