飲むニキビ治療薬

並び替え

飲むニキビ治療薬とは

飲むニキビ治療薬とは、アキュテインや抗生物質などのことです。アキュテインはイソトレチノイン酸というビタミンAの一種が含まれているニキビ治療薬で、今あるニキビ治療薬の中では世界一強力と言われています。

抗生物質やその他のニキビ治療薬では治らなかった難治性のニキビや、重症化したニキビにも効果を発揮します。
しかしニキビへの効果は絶大であるものの、その半面で副作用が多くあるため、日本では未承認薬となっています。

一部のクリニックなどで処方してもらえるところもありますが、保険適用外となるため高い治療費を自己負担しなければならないというデメリットがあります。しかし、個人輸入を行えば海外製のジェネリックを安い価格で購入することができます。

アキュテインのジェネリック医薬品

アキュテインは国内未承認薬となっているので、一部のクリニックを除いては購入することができません。
もちろん医薬品となることから、市販薬での販売も禁止されています。ただニキビで荒れた肌を放置するしかないのかといえば、決してそんなことはありません。

海外では承認されていることがあるので、海外医薬品の通販サイト(個人輸入代行)を利用することで誰でも購入することができます。
またジェネリック医薬品の販売もあることから、保険適用外のクリニックの治療費に比べ、大幅に負担を減らすことが可能です。

アキュテインのジェネリック医薬品には、次のようなものがあります。

どちらのジェネリック医薬品も成分はアキュテインと同じ「イソトレチノイン酸」が含まれているので、強力なニキビ治療効果を低価格で使用することができます。

アキュテインの作用

アキュテインの作用を一言でいうと、肌の環境を整えて、炎症を起こさないように改善するといった形でニキビの治療が出来る薬です。飲むニキビ治療薬としては非常に効果が高く、最も期待ができると言って良いでしょう。

具体的に、治療の難しいニキビがどのような作用で改善されるかというと、次の2つになります。

  • 皮脂腺を収縮させる
  • 異常が起こっている皮脂腺細胞などを正常化

ニキビの根本的な原因は、皮脂腺が皮脂によって毛穴を詰まらせてしまうことです。
皮脂によって毛穴が詰まってしまうことで常在菌であるアクネ菌が毛穴の中で異常に増殖してしまい、ニキビができてしまいます。
そうした場合にアキュテインを使うと、皮脂腺を収縮させる作用によって、アクネ菌の住処をなくしてしまうことで増殖を防ぐことができます。

また、アキュテインには皮脂腺細胞を正常化させたり、白血球を成熟させる作用もあります。皮脂腺細胞を正常に整えることで、炎症が起きにくい肌へと変化させます。
また白血球は、身体の免疫にかかわっている物質です。つまり白血球が成熟することによって、ニキビの炎症を抑える力を高めてくれます。

2つの作用が強力にはたらくことで個人差はありますが、治療が終わった後から1~3年はニキビができにくい肌へと変化します。
ニキビ治療前にくらべニキビ量は減少し、治療後の再発率はわずかに20~30%だと言われています。

その他の飲むニキビ治療薬

アキュテイン以外にも飲むニキビ治療薬があります。抗生物質抗アンドロゲン薬です。抗生物質は塗るニキビ治療薬だけではなく、内服薬としても存在しています。国内でも良く処方されているのがミノマイシンで、静菌性作用を持っています。

他にも抗アンドロゲン薬もニキビ治療薬として使われることがあります。酢酸シプロテロンを含むプロクールや、低用量ピルとしても利用されているダイアン35などです。

ニキビは男性ホルモンの過剰分泌が大きな原因とされています。皮脂の分泌を活発にさせて毛穴が詰まりやすくなってしまい、アクネ菌が繁殖してしまいます。すると、炎症や化膿が起きてしまうのです。
抗アンドロゲン薬は、その男性ホルモンの過剰分泌を抑える薬です。皮脂の過剰分泌を防ぐことができ、ニキビを予防することができます。つまり、飲むニキビ治療薬として活用することができるのです。

ニキビ治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ