商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

胃炎

胃炎の原因はさまざまですが、日々のストレスや食生活も大きく影響しています。胃炎の種類や予防法、治療薬について解説します。

商品ジャンル

胃炎の一覧


バエル
バエルは、胃炎、便秘、下痢などを解消するサプリメントです。消化機能を改善し、胃や腸の内側の潰瘍を防ぐ効果が期待できます。インドのアーユルヴェーダに基づき作られたオーガニックサプリで天然成分のため、体に負担がありません。
1錠20円~
在庫あり
詳細を見る
トリカツ
トリカツは冷え性や胃弱などでお悩みの方向けのサプリメントです。 黒コショウや、生姜、インドナガコショウなどアーユルヴェーダで用いられている伝統的なハーブが配合されています。
1錠20円~
在庫あり
詳細を見る

胃炎とは

胃炎」とは、腹部に不調が生じ、また吐き気や嘔吐といった胃腸症状が現れる病原体の感染や胃の損傷、さらにはストレス、医薬品の副作用など、さまざまな原因によって起こる病気です。
日常生活に支障をきたす可能性があるほか、胃潰瘍をはじめとする合併症を引き起こす危険性も考えられます。

胃は食物を蓄えたり消化したりする、人体において重要な器官のひとつですが、その一方で、デリケートな器官でもあることから、日常的にケアして正常な状態を保つことが大切です。
そこで、ここでは胃炎の予防方法を紹介しているほか、胃炎を招く原因、万が一発症した場合の胃炎の治療方法などをまとめています。
ぜひ参考にしつつ、胃の健康状態を改善・維持していただけたらと思います。

胃炎の治し方

胃炎とは、腹部に不調が生じ、また吐き気や嘔吐といった胃腸症状が現れる病原体の感染や胃の損傷、さらにはストレス、医薬品の副作用など、さまざまな原因によって起こる病気です。
日常生活に支障をきたす可能性があるほか、胃潰瘍をはじめとする合併症を引き起こす危険性も考えられます。

胃は食物を蓄えたり消化したりする、人体において重要な器官のひとつですが、その一方で、デリケートな器官でもあることから、日常的にケアして正常な状態を保つことが大切です。
そこで、ここでは胃炎の予防方法を紹介しているほか、胃炎を招く原因、万が一発症した場合の胃炎の治療方法などをまとめています。
ぜひ参考にしつつ、胃の健康状態を改善・維持していただけたらと思います。

治療薬を利用する

胃炎の治療に効果的な医薬品は、その効果や用途によって主に3種類に分けることができます。
胃酸の分泌を抑え、逆流を防ぐことで吐き気や嘔吐を鎮める「胃酸分泌抑制薬」、胃粘膜を保護して胃の損傷を防いだり回復力を高めたりする「胃粘膜保護薬」、そして胃の運動機能を促進する「運動機能改善薬」です。
また、胃炎の原因として多く報告されているピロリ菌に有効な抗生物質を用いることもあります。

いずれの医薬品についても、用法用量を守って正しく使用することが大切です。
思ったほどの効果が得られないからといって、過剰に使用する、もしくは症状が治まってきたからといって自己判断で減薬する、といったことはしないようにしましょう。

すべての医薬品は、それぞれ用法用量に従って使用することで初めて最大限の効果を発揮します。
勝手な方法で使用すると、医薬品本来の効果を得られないうえ、副作用のリスクを高めることにもなりかねません。
また、医薬品によっては使用できない方、併用してはいけない医薬品などが定められています。重篤な副作用が生じる危険性をなくすために、そもそも服用できるか否かを事前に必ず確認するようにしましょう。

食事療法

胃は食物を溜め込み、消化する働きを持つ丈夫な器官です。しかし、だからといって暴飲暴食をしたり消化に悪い食事を多くとったりといった食生活を続けていると、正常に機能しなくなることがあります。
さらに状態が悪化すれば、損傷して胃腸症状を引き起こす危険性も考えられます。
胃炎もまた胃腸症状のひとつであり、乱れた食生活によって発症もしくは悪化することがあります。

逆にいえば、「食生活を見直して胃の状態を改善することで、それにあわせて胃炎を治療することができる」ともいえます。
実際、胃腸症状を訴える患者に対して多くの医師が食事療法を勧めているようです。

では、胃炎や胃の不調を改善するための食事療法とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。
具体的には、消化の良い食品を中心に摂取することが重要です。
胃の機能が弱まっている状態で消化に悪い食品を多く摂取すると、それによってさらに負担が大きくなり、状態が悪化するおそれがあります。
食物繊維が少ない「ニンジン」や「ジャガイモ」、脂肪分が少ない「鶏ささみ」などを使ったメニューを意識的に選ぶといいでしょう。

また、調理方法によって消化のしやすさが変化するというのもポイントです。
なるべく小さく切ったり、煮込んでやわらかくしたりすることで、同じ食品でも消化しやすくなります。
このほかにも、胃への負担を抑えるためによく噛んでゆっくり食べる、冷たいものや辛いもので胃を刺激しない、といったことを意識するといいでしょう。

ストレスを解消する

胃腸症状を引き起こす原因のひとつとしてストレスが挙げられます。
胃炎も例外ではなく、日頃の生活環境や人間関係などによるストレスが原因で「急性ストレス性胃炎」を引き起こすことがあります。
このような心因性の胃炎を発症した場合は、原因となったストレスのもとを根本的に改善する、ストレスをうまく解消するといったことで治療可能です。

ただし、ストレスの原因を根本的に改善するのは難しいことが多く、ほとんどの場合はストレスとうまく付き合いながら精神的な負担を軽減させることになるでしょう。
趣味を見つけたり遠出をしてみたりして、上手に気分転換をすることが大切です。
また、1人でストレスを解消できない場合はカウンセリングや精神神経科に通い、専門家からアドバイスをもらうのも有効な手段といえます。

胃炎の原因

同じ胃炎でも、その原因は多岐にわたります。
ピロリ菌をはじめとする病原体の感染によって起こることもあれば、日常的に感じているストレスが引き金になることもあります。また、不規則な生活習慣を繰り返していることで胃の免疫力が低下して発症するケースも少なくありません。

原因の特定は正しく治療を進めるために必要不可欠であり、原因を突き止め、その問題を解決することで再発予防にもつながります。
そこでここでは、一般的に胃炎の原因として挙げられることが多いものをピックアップしてみました。
日頃の生活習慣や環境と照らし合わせつつ、疑わしい原因、もしくは今後発症する原因になりそうなものをチェックしてみてください。

ストレス・緊張

胃炎の原因のひとつとして、ストレスや緊張といった心因的な要素が挙げられます。
今や日本人の4人に1人が発症するとされている「神経性胃炎」の原因がまさにこれであり、長期にわたるストレスの蓄積が大きく関係しています。
特に“ストレス社会”を生きる現代人にとって、最も警戒すべき発症原因といっても過言ではないでしょう。


ストレスや緊張によって胃炎を引き起こす理由は、自律神経にあります。
自律神経は自分の意思に関係なく機能している神経であり、交感神経と副交感神経の2種類があります。美味しそうな食事を見てよだれが分泌されたり、緊張した際に脈拍が早くなったりするのは、すべて自律神経の働きによるものです。
通常は交感神経と副交感神経がバランス良く働くことで、心身の安定が保たれています。
胃の調子もこのような自律神経の働きによって正常を保っています。

しかし、強いストレス・緊張を感じると交感神経が過剰に優位に働き、自律神経のバランスが乱れます。
その結果、胃に異常が生じ、胃酸の過剰分泌や胃痛をはじめとするさまざまな症状が起こります。
この状態が長引くと胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを引き起こすリスクが高まるので、発覚した時点で自律神経調整剤などを使用し早めに治療を始めることをおすすめします。

生活習慣の改善

自分の中ではすっかり当たり前になっている 生活習慣が胃炎を招くことがあります。
たとえば、仕事終わりは毎日のように居酒屋に立ち寄ってお酒を飲む生活を続けていると、知らず知らずのうちに胃への負担が大きくなり、胃炎を引き起こすリスクが高まります。

また、家にも仕事を持ち帰って遅くまで起きるような乱れた生活リズムが定着し、夜更かしを繰り返しているといった生活習慣も要注意です。
睡眠時間が不足していると心が十分に休まらず、ストレスを緩和させることが困難になります。
その結果、心因性の胃炎を引き起こす危険性があります。

このほかにも、頻繁に暴飲暴食を繰り返したり、長く喫煙生活を続けていたりといったことも、胃に負担をかける大きな要因になります。

このような生活習慣に心当たりがある方は、今日からでも改善していくことをおすすめします。
生活習慣の改善は難しく、短期間で簡単に行えるものではありません。その分、早い段階から実行し、1日でも早く定着させることが重要といえるでしょう。

アレルギー・食中毒

たとえば、普段何気なく口にしている魚介類を食べたのち、胃炎を発症することがあります。
これは生の魚介類に寄生するアニサキスという寄生虫が原因です。
アニサキスは人体に侵入すると胃に住みつきます。これによって強い胃痛が一定の間隔で生じます。

また、同時にアレルギー症状(発熱、蕁麻疹など)を伴うことがあるのも特徴として挙げられます。
ほとんど場合、アニサキスは胃の中でそのまま死滅しますが、ときに小腸に移動することがあります。
これによって腸がむくみ、腸閉塞や強い吐き気などが現れますが、この状態になるとしばらくの入院生活を余儀なくされたり、さらには外科手術が必要になったりするケースも考えられます。
早期治療を行うために、少しでも胃腸症状が見られる場合はすぐさま受診することをおすすめします。

このほかにも、一般的に食中毒の原因とされるサルモネラ菌、病原性大腸菌などに感染して胃炎を引き起こすこともあります。
これらの病原菌は、汚染された食品に含まれていることがほとんど。下手に口にすると腹痛や吐き気、嘔吐といった症状を招くおそれがあります。
発症した場合は、すぐさま医師に相談したうえで適切な指示を仰ぐようにしましょう。

胃炎の症状

胃に何らかの異常が生じて起こる胃炎ですが、「急性胃炎」と「慢性胃炎」の2種類に大きく分けることができます。
いずれも胃に炎症が起こっている状態であることは変わらないものの、原因や症状の現れ方に違いが見られます。
このような違いにあわせて治療方法も異なるため、万が一胃炎が生じた際は急性胃炎と慢性胃炎のどちらに当たるのかを正しく判断する必要があります。

また、症状の程度によっては入念な検査を要することもあるので、胃腸症状が現れた際は早めに医師に相談することをおすすめします。
とはいえ、自分で症状をある程度把握することも重要です。
種類や原因を把握しておけば、治療後も予防対策を取ることができます。
そこでここでは、急性胃炎と慢性胃炎それぞれの特徴についてまとめてみました。

急性型胃炎

急性胃炎はその名のとおり、胃に急激な炎症が生じた状態をいいます。
ピロリ菌の感染やアルコールの過剰摂取、喫煙やストレスなどさまざまな要因によって引き起こされます。
主な症状として、みぞおち辺りのキリキリとした痛み、吐き気、嘔吐、下痢などが挙げられます。
また、胃の粘膜に強い異常をきたしている場合は出血を伴うことがあり、それによって吐血するケースもあります。

いずれも不快な胃腸症状であることに変わりないのですが、ほとんどの場合が一過性の症状だという特徴があります。しばらくは食事を控え、安静にしたうえで胃を休めれば、自然に症状が治まるでしょう。

ただし、必ずしもこのような軽度の症状ばかりが現れるとは限りません。
症状の度合いによっては、胃粘膜保護薬や胃酸分泌抑制薬といった医薬品を用いて治療します。
また、急性胃炎であることを特定するために、血液検査や超音波検査などを受けるケースもあります。
同じような胃腸症状を伴う疾患の種類は急性胃炎以外にも数多くあるので、それらと正確に区別する必要があるわけです。

一方、急性胃炎のリスクを完全に取り除くためには、発症原因を特定し、その問題を解決することも求められます。
ストレスによって発症した場合ならストレス解消法を見つける、あるいはストレスのもとを根本から改善することが必要です。また、アルコールの過剰摂取が原因なら減酒するといった対処が必要といえるでしょう。

慢性型胃炎

慢性胃炎は急性胃炎と異なり、長期にわたって胃炎が続く状態をいいます。
その原因は、約8割がピロリ菌の感染といわれています。
ピロリ菌は母親からの口移しや児童が多く集まる場所からの感染が多いと考えられているので、特に小さいお子様がいる場合は注意が必要です。

ピロリ菌が胃の中に住みつくことで胃粘膜の損傷が徐々に進行し、それに伴って炎症も広がっていくことが特徴として挙げられます。
また、急性胃炎に比べると吐き気や嘔吐といった症状が現れにくい反面、「上腹部痛」「食欲不振」といった症状が長期的に現れやすいという特徴もあります。

慢性胃炎を引き起こしている場合は、主にバリウム検査や上部消化管内視鏡検査により、炎症の程度を確認することになります。
そのほか、ピロリ菌を原因とする場合は尿検査や血液検査も行われることがあります。
治療については、ピロリ菌を除菌するためクラビットなどの抗生物質が処方され、それを継続的に使用することになります。

なお、抗生物質による効果を実感できない場合や、ピロリ菌を完全に除菌できていない場合は別の医薬品が処方されます。
十分な効果が得られないからといって、くれぐれも自己判断で1日の服用量を増加したり別の医薬品を使用したりしないようにしましょう。

胃炎にいい食事

胃炎によって胃の調子が悪化しているときは、食事の内容に十分注意しましょう。
ジャンクフードや揚げ物、スナック菓子など脂肪分が多い食事を中心にとっていると、胃に過剰な負担がかかり、状態が悪化するおそれがあります。

また、同じ食品を調理するにしても、調理方法を工夫して消化に良いメニューを作るようにしましょう。
たとえば、お米を食べる場合はこってりしたチャーハンやスパイスによる刺激があるカレーではなく、胃にもたれにくいお粥を選ぶことをおすすめします。

一方、規則正しい食生活を意識することも大切です。
「朝昼晩にきちんと三食とり、間食をしない」「なるべく就寝前に食事をとらない」「暴飲暴食をしない」といったことを心がけるようにしましょう。

最近閲覧した商品