商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

便秘

便秘は不規則な生活習慣などさまざまな原因によって起こります。飲み薬やマッサージ、ツボ押しによる解消方法についてご紹介します。

便秘の一覧


バエル
バエルは、胃炎、便秘、下痢などを解消するサプリメントです。消化機能を改善し、胃や腸の内側の潰瘍を防ぐ効果が期待できます。インドのアーユルヴェーダに基づき作られたオーガニックサプリで天然成分のため、体に負担がありません。
1錠20円~
在庫あり
詳細を見る
エックスラックス
エックスラックスは人気の高い宿便ピルです。穏やかな作用なので急な便意を感じさせることはありません。チョコレートのような見た目なので周りにも気付かれることがなく使えます。
1粒68円~
在庫あり
詳細を見る
ヤンヒーベジファイバーダイエット
ヤンヒーベジファイバーダイエットは、美容大国として知られるタイ発のダイエットサプリです。ヨウサイ、生姜、テムクンチなどの天然成分が便秘の解消と脂肪燃焼を促進させ、ダイエットのサポートをします。
1錠20円~
在庫あり
詳細を見る
ハリドラ
ハリドラは二日酔い予防でよく用いられる「ウコン」を原料とするサプリメントです。肝機能の向上をはじめ、便秘の解消、コレステロールを下げる、など健康のサポートしてくれます。
1錠20円~
在庫あり
詳細を見る

便秘とは

不規則な生活習慣をはじめ、さまざまな原因によって起こる便秘
排便が正常に行われない状態であり、厚生労働省が実施した2016年度の国民生活基礎調査の結果から推測すると、男女含め国内で400万人を超える人が症状を訴えていると考えられます。

有訴者(自覚症状がある人)の中には深刻に捉えず、笑い話にしている人もいるのではないかと思います。
とはいえ、便秘はれっきとした疾患のひとつ。軽視していい問題ではありません。
すでに便秘になっている方は適切な方法で改善する、そうでない方は原因を知り、未然に予防することをおすすめします。

ここでは便秘の原因や対策方法について詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

便秘の解消方法

症状の内容が内容であるだけに、便秘に悩んでいてもなかなか人に相談できずにいる方も多いのではないでしょうか。
そんな方のために、自宅でも1人で簡単にできる便秘の解消方法をいくつかピックアップしてみました。
具体的には、「便秘薬を使用する」「サプリメントを使用する」「マッサージする」「ツボを押す」の4種類です。

いずれも単独で十分な効果が期待できますが、複数の解消方法を並行して実践してみるのもおすすめです。ひとつの方法だけでは思ったほどの効果を得られなかった方、より早く確実に便秘を解消したい方は試してみてください。
ただし、便秘薬とサプリメントの併用については、「相互作用」によって人体に悪影響が及ぶ可能性も考えられるので、まず医師に相談してみることをおすすめします。

便秘薬を利用する

便秘を解消する方法として最もシンプルかつ効果的なのが、「便秘薬を使用すること」です。 一口に便秘薬といってもその種類は多岐にわたり、その中でも特に身近なものとして下剤が挙げられます。

下剤は主に「浸透圧性下剤」「刺激性下剤」の2種類に分けることができます。
前者は、便の水分量を増やして柔らかくすることでスムーズな排便を促します。副作用が現れにくく、長期にわたって服用しやすいことから、多くの医療機関が第一選択薬として使用しています。
一方、後者は、大腸の蠕動(ぜんどう)運動を活性化させることで排便をサポートします。
便秘薬の中でもひときわ作用が強く、優れた効果が期待できますが、だからといって過度な使用はおすすめしません。というのも、刺激性下剤の多くは依存性が高く、減薬するどころか日に日に服用量を増加してしまうおそれがあるためです。 使用する際は必ず医師の指示を仰ぎ、そのうえで正しく扱うようにしましょう。

一方、「イチジク浣腸」で有名な浣腸を用いて解消することもできます。
肛門から直接薬剤を注入することにより、腸の働きを活発にして排便を促します。
また、即効性に優れていることから、慢性便秘だけでなく一時的な便秘の解消にも効果的です。

そのほか、2012年に国内で発表された30年ぶりの新薬、ルビプロストンも有名な便秘薬として挙げられます。
これは「上皮機能変容薬」に分類される内服薬であり、服用することで小腸における水分の分泌を促進してスムーズな排便をサポートします。

サプリメントを利用する

便秘を解消するために、サプリメントを使用するのもおすすめです。
一見すると医薬品と同じように思えるかもしれませんが、両者には大きな違いがあります。
医薬品とは、特定の病気・症状を治療もしくは予防するために開発され、また有効成分や用法用量、副作用などが明確に定められたものをいいます。加えて有効性や安全性がきちんと確立され、なおかつ厚生労働大臣や各都道府県知事に承認される必要があります。

一方サプリメントは、日常生活において不足しがちな栄養素の補給を目的に開発されたものです。
医薬品と違って、天然由来の成分を主に配合しているのが大きな特徴です。医薬品に比べて効果の現れ方が緩やかではありますが、副作用を気にせず使用できるのは嬉しいポイントといえるでしょう。

また、サプリメントは種類が非常に豊富な点も見どころです。
商品によってメインで配合する栄養素が異なるので、ふだんの食生活で特に不足しがちな栄養素をピンポイントで補給できます。便秘の解消が期待できるうえ、偏った栄養バランスを整えることも可能です。

マッサージ

便秘は大腸の機能低下によって起こりますが、逆に言えば大腸の機能を改善することで解消することが可能です。
そこでおすすめなのが、腹部を中心に行うマッサージです。大腸を刺激することで蠕動運動を促し、排便しやすい状態をつくります。

具体的には、2014年にテレビ番組で大反響を呼び、多くの書籍でも取り上げられた「腸ゆらしマッサージ」が挙げられます。その方法は以下の通りになります。

①リラックスした状態で仰向けに横になり、膝を立てる
②下行結腸を挟み込むイメージで左脇腹とおヘソの左側に両手を当てる
③手を小刻みに震わせてマッサージする(1分間)

これを1日2回、朝食前と就寝前に行います。
短時間で気軽にできるので、苦に感じることなく習慣付けられるのではないでしょうか。

また、高齢者の方でも簡単にできるのが、以下のような「仰向け腹式呼吸」です。

①仰向けに横になる
②腹部がへこむ程度まで細くゆっくりと息を吐く
③限界近くまで息を吐ききったところで全身の力を抜く

これを10回ほど繰り返すことで、自然に腹式呼吸を行うことができます。
腹部を意識的に動かすことで大腸の動きも活発になり、結果として便通の改善が見込めます。
体を曲げたりひねったりするのが難しい方にオススメです。

ツボ押し

適度に刺激することで健康状態の改善が期待できる「ツボ」は様々な場面で利用されます。
人体には数多くのツボが存在しますが、その中には便秘解消に効果的なものもあります。

大巨(だいこ)

おヘソから指幅3本分ほど下がったところの左右にあるツボです。
指の腹を当て、体の中心に向かって押すイメージで刺激することで、胃腸の働きを正常にする効果が期待できます。主に慢性便秘に悩む方におすすめです。

大腸兪(だいちょうゆ)

背骨と左右の骨盤が交わっているところに位置するツボです。
“痛気持ちいい”くらいの力加減でゆっくり押すことで、整腸効果が期待できます。
便秘、下痢に悩む方はぜひ押してみてください。

間使(かんし)

手首から下に指を5本置いたとき、ちょうど親指が当たるところに位置するツボです。
若干の痛みを感じる程度に押すことで、腸の蠕動運動が活発化。排便を促します。
大巨や大腸兪と違って座りながらでも手軽に刺激できるので、デスクワークをしている方にもおすすめです。

ただし、上記のようなツボを刺激することで排便を促す効果が期待できますが、これは便秘を根本から解決する手段ではありません。
あくまでも一時的な効果を得るための解消方法であることを心に留めて行いましょう。

便秘の症状

“便秘”というと、「排便の頻度が少なくなること」をイメージする方が多いのではないかと思います。
しかし日本消化器病学会によれば、必ずしもこれが便秘の症状ではないといいます。
たとえば、一般的に排便は1日1回行われますが、それなら毎日1回排便をしている人は便秘ではないのかというとそうでもありません。

「1回の排泄量が少ない」「排泄後にすっきり感を得られない」「排泄するためにかなり力まなければならない」といった状況である場合は便秘といえます。
つまり、“排便が順調に行われない状態”が便秘に該当します。
また、排便の頻度には個人差があるとはいえ、3日に1回、もしくはそれ以下という場合は便秘を疑ってみるほうがいいかもしれません。

そんな便秘は、「機能性便秘」「器質性便秘」の2種類に分けることができます。
機能性便秘とは、主に大腸をはじめとする消化器官の機能低下が原因で起こる便秘をいいます。
大腸の蠕動運動が正常に行われないことで一時的に起こる「急性便秘」、大腸内に便がとどまり、数日にわたって起こる「慢性便秘」、特定の医薬品の副作用によって起こる「医原性便秘」が該当します。
一方、器質性便秘とは、大腸の疾患によって排泄機能が低下して起こる便秘をいいます。

男女を比較した場合、女性のほうが便秘になりやすいといわれています。
その理由として、たとえばホルモンバランスの変化が挙げられます。
女性には生理や妊娠といった特有の現象があり、これによって体内のホルモンバランスが頻繁に変化します。中でも黄体ホルモンの分泌量が過剰に増加すると便の水分が腸壁に吸収され、結果として便が硬化し、便秘を招く原因になります。

そのほか、スタイルを気にして無理なダイエットを実践してしまいがちなことも、女性が便秘になりやすいとされる原因のひとつです。
特に朝食を抜いたり量を減らしたりするダイエットは要注意です。
排便は朝食後に行われやすいため、朝食を抜いてしまうと便意をもよおさなくなることがあります。その結果、排便することなく1日を過ごすことが増え、便秘になります。
このように、女性には便秘が起こりやすい原因が多々見られますが、だからといって男性も安心はできません。
同じように朝食を抜く不規則な食生活を繰り返すことで便秘のリスクが増えるほか、最近は加齢による自律神経の機能低下が便秘のリスクを高めることもわかっています。

便秘の原因

便秘の原因は多岐にわたります。
たとえば、現代人に特に多いとされるのがストレスです。
強いストレスを繰り返し感じている、もしくはストレスが過度に蓄積していると自律神経の働きが乱れ、それによって大腸の機能が低下します。
その結果、排便の際に重要な大腸の蠕動運動が弱まり、便秘を引き起こします。
また、不規則な食生活も便秘の原因として挙げられます。
特に朝食をよく抜く方は要注意です。便意は朝食後に起こりやすいとされますが、それがなくなることで、結果として1日排便しないまま過ごしてしまう可能性があります。
このような生活が続き、便秘になるケースも多いようです。

そのほか、大腸がんをはじめとする腸の疾患が原因となることもあります。
何かしらの疾患によって腸の機能が弱まり、それに伴って排泄機能も低下。便秘を引き起こします。
疾患によって特徴は異なりますが、「便秘と下痢を繰り返す」「血便が増える」など便秘以外の症状が見られることもしばしばです。
万が一、便秘のほかにも気になる症状が現れた場合は、早めに医師に相談することをおすすめします。

上記のような原因以外にも運動不足や特定の医薬品の副作用、腸以外の部分で生じた疾患などが便秘を招くケースもあります。

最近閲覧した商品