商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

シワ(皺)

小ジワや表情ジワなど、シワには様々な種類があり、それそれ適切な対処が必要です。シワの種類と原因、改善法を解説します。

シワ(皺)の一覧


ユークロマプラスクリーム
ユークロマプラスクリームはシミ、シワ、ニキビの改善に効果がある塗り薬です。配合された3つの成分が肌の老化、皮膚のかゆみや炎症を抑え、高い美容効果を発揮します。キレイな肌を保ちたい方にオススメです。
1本1,620円~
在庫あり
詳細を見る
プラセントレックス
プラセントレックスは様々な美容・健康効果に期待ができる、ヒトプラセンタを配合するジェルです。肌のシミ、シワを薄くしたり肩こりや腰痛にも使うことができます。安全性が高く副作用も起きないとされています。
1本2,500円~
在庫あり
詳細を見る
レチノAクリーム
レチノAクリームは美肌効果を持つトレチノインが主成分の外用薬です。トレチノインには強力なターンオーバー作用があり、ニキビ治療やシミ、シワの改善に効果があります。副作用として赤みや皮剥けが現れます。
1本1,620円~
在庫あり
詳細を見る
コエンザイムQ10
コエンザイムQ10は若返り効果や美肌効果が期待できる健康補助食品。年齢と共にコエンザイムQ10の分泌量は低下し疲労や肌の老化の原因になります。サプリメントで補うことで若々しい体を手に入れましょう。
1錠72円~
在庫あり
詳細を見る
HGAスプレー
HGAスプレーとは、近年話題のヒト成長ホルモンを配合するスプレーです。年齢を重ねるとともに少なくなるヒト成長ホルモンを補充し、細胞の新陳代謝を活発にしてアンチエイジングをサポートします。
1本2,430円~
在庫あり
詳細を見る
BIHAKUENトレチノインクリーム
BIHAKUENトレチノインクリームには、ニキビやシワを薄くする効果を持つトレチノインが配合されています。コラーゲン、ヒアルロン酸が増えるのでうるおいのある肌へ改善することができます。
1本1,853円~
在庫あり
詳細を見る
BIHAKUENデイクリームSPF30
BIHAKUENデイクリームSPF30は美白・美容クリームで、毎日のスキンケアにお使いください。BIHAKUENハイドロキノンクリーム、トレチノインクリームによって敏感になった肌にも使えます。
1個5,000円~
在庫あり
詳細を見る
BIHAKUENナイトクリーム
BIHAKUENナイトクリームは、寝ている間に肌の修復をサポートする美容クリームです。保湿に優れているミツロウが配合されているのが特徴で、乾燥や小ジワの予防をすることができます。
1個6,533円~
在庫あり
詳細を見る
BIHAKUENハイドロキノンソープ
BIHAKUENハイドロキノンソープには「肌の漂白剤」として知られるハイドロキノンが配合されています。他にもヒアルロン酸、スクワランなども配合され、潤いと透明感のある肌を手に入れることができます。
1個1,250円~
在庫あり
詳細を見る
サンセーフRX
サンセーフRXは日焼け止めの経口薬です。紫外線から皮膚を保護し、日焼けによるシミ、そばかすの生成を防ぎます。さらにコラーゲンを保護し、免疫を向上させることでアンチエイジング効果も期待できます。
1錠81円~
在庫あり
詳細を見る
ヒルドイドクリーム
ヒルドイドクリームは皮膚の保湿作用に優れたクリーム状の医薬品です。アトピー性皮膚炎や皮膚疾患のある妊婦に処方される薬ですが美容効果もあり、乾燥や刺激から肌を守ってくれ細かいシワにも効果があります。
1本1,520円~
在庫あり
詳細を見る
DNSローラー
bioGenesis社のDNSローラーです。目に見えない穴を開けて、肌のターンオーバーを促進。美肌を作り上げます。痛さを感じる場合があるので、エムラクリームなどと併用するのもおすすめです。
1本1,620円~
在庫あり
詳細を見る
Elicinaスネイルクリーム
Elicinaスネイルクリームは美肌効果抜群のカタツムリ由来のボディクリームです。カタツムリエキスは肌荒れ、ニキビなどの肌トラブルを改善する効果があり、肌に良い成分が豊富に含まれています。
1本4,697円~
在庫あり
詳細を見る
Elicinaスネイルローション
Elicinaスネイルローションは美容効果抜群の全身に塗りやすいローションタイプ。美容効果があることで有名なカタツムリの粘液を配合しており、様々な肌トラブルを改善し、潤いのある肌を取り戻します。
1本8,550円~
売切れ
詳細を見る
BIHAKUENコラーゲン石鹸
この商品は低分子コラーゲンが5000㎎配合されており、肌に弾力や高い保湿力をあたえる石鹸です。その他にもローヤルゼリーやハチミツ、ヒアルロン酸、加水分解シルクなど多くの天然保湿成分が配合されています。
1個1,250円~
在庫あり
詳細を見る
アンチエイジングクリーム
アンチエイジングクリームは、しわ・たるみを解消する効果が有る美容クリームです。抗酸化・コラーゲン補給作用があり、肌のターンオーバーを促し、肌の劣化を防ぎ、潤いを与えてくれます。
1個2,027円~
在庫あり
詳細を見る
インテンシブストレッチマークセラピー
インテンシブストレッチマークセラピーは、皮膚のコラーゲンとエスチンを活性化させることで妊娠線や肉割線を目立たなくさせます。深い皺や筋状痕に対して周囲の肌に弾力とハリを与えることで境界線をなくます。
1本4,410円~
在庫あり
詳細を見る
ストレッチマークオイル
ストレッチマークオイルは、妊娠線や肉割れの気になる部分のケアと予防に用いられる美容オイルです。含まれているツボクサエキスにはお肌にハリと艶を与える効果があります。
1本2,587円~
売切れ
詳細を見る
ストレッチマーククリーム
ストレッチマーククリームは、妊娠線や肉割れの気になる部分のケアと予防に用いられる美容クリームです。レジストリル、ダルトシドといった植物由来成分によって妊娠線を修復します。
1本3,205円~
売切れ
詳細を見る
Yukeidoフェイスパック(真珠)
Yukeidoフェイスパック(真珠)は真珠由来のコラーゲンをはじめ、コエンザイムQ10やヒアルロン酸、アロエエキス、ブドウ種子などを配合しており、美白やシワの改善に有効なパックです。
1箱3,060円~
在庫あり
詳細を見る
蜂蜜石鹸シャンプー寿
蜂蜜石鹸シャンプー寿は頭皮ケア用の石鹸です。頭皮の汚れを洗い流すことでヘアケア商品の効果を高めます。また、体を洗うための石鹸としても使用でき、保湿効果が高いためスキンケアとしても使える万能石鹸です。
1個1,250円~
在庫あり
詳細を見る

シワとは

年齢を重ねると、誰しもシワが現れます。肌の老化によって生じるシワは女性の悩みの1つです。
ですが同年代の方であっても、人によってはシワが多かったり、少なかったりすることもありますよね。
シワの有無によって年齢より若々しく見えたり、逆に実年齢よりも上に見えることもあったり、シワは見た目の印象に大きな影響を与えます。

このように人によるシワの数の違いは、どこにあるのでしょうか。
シワがなぜできるのかを知ることで、対策をすることも可能になります。
一度できてしまうと完全に消すことは難しいため予防が大切ですが、既にシワが現れた場合でも、正しいケアをすることで減らすことはできます。
いつまでも若々しくあり続けるためには、シワの原因や改善方法を知ることが近道です。

シワの改善方法

シワ対策の基本は、次のような方法になります。

  • スキンケアによる保湿
  • 紫外線対策
  • 生活習慣の見直し
  • マッサージ
  • ヒアルロン酸注入

シワには様々な原因がありすが、全てに共通しているのが「肌の乾燥」になります。
肌の乾燥により潤いや弾力を失ってしまうと、表皮や真皮の機能が弱まり、シワが現れやすくなってしまうのです。

上記の対策は肌の乾燥を防ぐための方法といっても過言ではありません。
ここではそれぞれの概要をご説明ご紹介していきます。

スキンケア

シワを改善するためにはスキンケアで肌の水分を保つことが重要です。
通販で購入できるBIHAKUENデイクリームSPF30BIHAKUENナイトクリームには保湿効果が高い「セラミド」が含まれており、シワ予防にはうってつけです。
他には「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などの成分が含まれたスキンケア用品も有効です。

紫外線対策

紫外線を浴びると、皮膚の真皮層に存在するコラーゲンの線維が切れて減少しエラスチンが劣化したりすることでしわやたるみが引き起こされます。
紫外線は年中降り注いでいますが、7月と8月に最も強くなるので外出の際に対策はしっかり行うべきです。
紫外線と天気の相関は、曇りの場合紫外線は弱くなりますがそれでも快晴時の約6割までしか弱くなりませんので油断は禁物です。

生活習慣の見直し

生活習慣とはここでは食生活や生活リズムをさします。
食生活や生活リズムが乱れることで肌のターンオーバーも乱れ、更にはホルモンバランスも乱れることになります。
食事によって血糖値が高いままだと肌のコラーゲンなどのたんぱく質と結びついて老化させます。野菜や食物繊維を多く摂るように心がけましょう。
また、喫煙もシワの原因となる活性酸素を取り入れることになりますのでシワを作りたくなければ禁煙は必須と言えるでしょう。

マッサージ

マッサージをすることで血行を改善し、皮膚に栄養を行き渡らせることでシワ対策をすることも可能です。
マッサージの際には、前項のようなクリームや化粧水、乳液などを併用してマッサージを行うことで肌への負担も少なく、効果的に血行を改善しシワ防止につなげられるでしょう。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸を直接肌に注入するという方法も存在します。
シワに直接注射するので即効性が期待できます。
しかし持続性には乏しいので定期的にヒアルロン酸注入しなければいけないので、よほど資金に余裕がある場合でなければ持続することは難しいでしょう。

肌の構造

シワについて触れる前に、まずは人の肌の構造について説明します。
肌は、外側から「表皮」「真皮」の2層で構成されており、真皮の内側には「表情筋」があります。
それぞれの主な役割は、次のようになっています。

  • 表皮 ・・・ ターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)やバリア機能
  • 真皮 ・・・ コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの成分により肌の弾力や水分保持
  • 表情筋 ・・・ 目や口などを動かし、表情を作る筋肉

シワは、上記の部位のいずれかに問題が生じた時に肌に現れるのです。

シワの種類と原因

シワは、大きく分けると「乾燥ジワ」と「表情ジワ」に分かれ、乾燥ジワにはさらに「真皮ジワ」と「ちりめんジワ(小ジワ)」の2種類があります。
シワと言っても、実は様々な種類があり、それぞれ発生する原因も異なります。
ここでは、それぞれのシワが起こる原因を説明します。

真皮ジワ

年を重ねると増えてしまう、一般的なイメージのシワが真皮ジワになります。
名前の通り真皮にできたシワのことです。
肌の深くに刻まれてしまうため一度現れると改善が難しく、まずは予防をすることが重要になります。

真皮ジワの原因

真皮ジワは、主に次のような原因によって生じます。

■紫外線による肌の老化
肌は紫外線に当たると老化してしまい、このことを「光老化」と呼びます。
加齢による老化とは異なり、肌の老化の原因の中で光老化は約80%を占めていると言われます。

紫外線は真皮の中にあるコラーゲンやエラスチンといった物質を変形、または破壊してしまいます。
すると真皮の機能が弱まり、肌の弾力を低下させることでシワの原因となってしまいます。

■肌の乾燥
生活習慣の乱れや外部からの刺激、また加齢に伴うホルモンバランスの変化などは肌を乾燥させてしまいます。
肌が乾燥すると、コラーゲンやエラスチンを作っている「線維芽細胞」の働きが低下してしまいます。
これにより光老化と同じく真皮の機能が衰え、シワを作りだしてしまいます。

■肌のたるみ
女性を悩ませる老化現象の1つ、たるみも真皮ジワの原因になります。
たるみが進行するとシワがより深くなり、目立つようにもなるため、シワを防ぐにはたるみ対策も欠かせません。
たるみは、主に次の要因により起こってしまいます。

  • 加齢による顔の筋肉の衰え
  • 猫背の姿勢が続く(例:長時間のデスクワーク、姿勢が悪いなど)
  • 不規則な生活習慣
  • 紫外線や乾燥による肌の老化

など

たるみが原因のシワは、主に目の下やほうれい線、首などに多く見られます。

小ジワ(ちりめんジワ)

目元や目尻、口元に現れるシワです。
表皮の中でも最も外側にある「角質」にできるシワのことになり、きちんとケアをすることで消すことも可能です。
年齢に関係なく、若い方にも現れることがあります。

ちりめんジワ(小ジワ)の原因

小ジワは主に肌の乾燥が原因で起こります。
肌が乾燥している場合、表皮のターンオーバーの周期が乱れてしまいます。
すると古い角質が肌に残ってしまい、表皮の弾力が低下してしまいます。
それにより厚く、固くなった肌に動きが加わることで刻まれる、細かい亀裂が小ジワのことになります。

小ジワが生じた状態では表皮のバリア機能も低下し、外部からの刺激に弱くなり更に乾燥も進むという悪循環になる恐れもあります。

表情ジワ

笑ったり、怒ったりする時にできるシワが残り続けた状態を指します。
目尻、眉間や額、鼻根によく見られます。
表情ジワは消すことが難しく、また肌の老化により更に肌の奥深くに刻まれて真皮ジワになってしまうこともあるので注意が必要です。

表情ジワの原因

表情ジワは、肌の形状記憶力が低下することで起こります。
例えば顔をしかめたり、全力で笑顔を作ったりしても、表情を戻すと元の顔に戻ります。
これは、肌の形状記憶力のおかげなのです。

肌の形状記憶力は、真皮のコラーゲンやエラスチンの"水分や弾力を保つ働き"によって維持されています。
しかし次のような要因が重なると真皮の機能が弱まり、肌の形状記憶力も低下して表情ジワが生じてしまうのです。

  • 紫外線
  • ストレス・生活習慣の乱れなどによる活性酸素の増加
  • 肌の乾燥

など

表情のクセによってできるシワではありますが、無表情にしていれば良いという訳ではありません。
無表情のままでいれば顔の筋肉は衰えてしまいますし、実際に生活を送る上で全く表情を作らないというのも無理があります。
大切なのは、あくまでも肌の水分量や形状記憶力です。

~妊娠線について~

見た目がシワと似ている症状の1つに、「妊娠線」があります。
妊娠線は人によっては全く出ない場合もありますが、現れる場合は個人差はあるものの、お腹が大きくなり始める妊娠5~7ヶ月頃に多く見られがちです。

妊娠線の原因の1つに「皮膚の急激な伸び」があります。
妊娠してお腹が大きくなると、肌の表皮も一緒に伸びていきます。
この時に表皮の内側にある真皮がその伸びがついていけず、断裂してしまった部分が妊娠線として現れます。
もう1つの原因としては「コルチコステロイド」というホルモンの影響があります。
妊娠中に分泌量が増えるホルモンのこととなり、これには肌のターンオーバーを抑制する働きがあります。
すると肌の弾力が失われ、皮膚組織の断裂が起きやすくなることで妊娠線が現れてしまいます。

近年では妊娠線についての情報も多くなり、適切なケアを行うことで妊娠線を防ぐことも可能になっています。
妊娠線の予防法としては、次のような方法があります。

  • 体重が急激に増えないように管理
  • 肌の保湿
  • 補正下着の使用

これらはお腹が大きくなり始める時期から心がけると効果的だとされています。

最近閲覧した商品