商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

肩こり

肩こりは多くの方が悩む症状の一つですが、痛みやこわばりを解消する方法はさまざまです。肩こりの解消法や原因、予防方法について解説します。

肩こりの一覧


ボベラン(ボルタレン)
ボベランは鎮痛、抗炎症剤で、服用する事で、腰痛や肩こり、神経痛、関節リウマチなどの痛みを和らげる効果があります。 日本ではボルタレン名で販売されていますが、内容は同じものとなっています。
1錠24円~
在庫あり
詳細を見る
トリカツ
トリカツは冷え性や胃弱などでお悩みの方向けのサプリメントです。 黒コショウや、生姜、インドナガコショウなどアーユルヴェーダで用いられている伝統的なハーブが配合されています。
1錠20円~
在庫あり
詳細を見る
ボルタレン
ボルタレンは関節の痛みや筋肉の炎症の緩和、解熱作用のある解熱鎮痛剤です。様々な症状に鎮痛効果を発揮し、その総合的な有効率は約73%になります。鎮痛作用の強さと約30分で効果が現れる即効性が特徴です。
1錠73円~
在庫あり
詳細を見る
ボルタレンカプセル
ボルタレンカプセルは解熱鎮痛剤で有名なボルタレンのカプセルタイプ。錠剤タイプより即効性に優れ、錠剤の苦味や匂いが苦手な方にオススメの商品です。強力な鎮痛効果が特徴ですが長期間の服用には向いていません。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
ジクロフェナクAL(ボルタレン)
ジクロフェナクALはボルタレンのジェネリック。関節痛や歯痛などのあらゆる病気の痛みに効き、風邪に伴う熱を下げるために用いることもできます。強力な解熱鎮痛作用を持ち、即効性にも優れています。
1錠32円~
在庫あり
詳細を見る
セレブレックス(セレコックス)
セレブレックスは国内ではセレコックスという名称でアステラス製薬が製造販売しています。この商品はファイザーが製造販売する海外版です。有効成分セレコキシブにはCOX-2選択的阻害薬で鎮痛剤です。
1錠51円~
在庫あり
詳細を見る

肩こりとは

多くの人が悩むつらい肩こりは、肩や首の筋肉が固まる事によって発生する症状で、痛みやこわばり、不快感や重さ、時には頭痛や吐き気を伴うこともあります。
首から両肩にかけて広がる「僧帽筋」と呼ばれる筋肉の痛みやこわばりによって生み出されるものと考えられています。

ここでは、そんな肩こりの原因やメカニズムについて、また医薬品などを使って行うことができる肩こりの解消方法についてまとめています。
また、肩こりになってしまう前にできる予防方法についても解説します。
つらい症状に悩まなくても済むように、チェックしてみてください。

肩こりの解消法

肩こりには、いくつかの解消方法があります。
肩こりの痛みを鎮める医薬品を使う方法、マッサージやツボ押しによって解消する方法など、さまざまです。
ここでは、そんなさまざまな肩こり解消方法についてご紹介します。

飲み薬(内服薬)

以下に紹介しているのは、肩こりの痛みをやわらげる効果がある医薬品です。
それぞれに異なる特徴を持ち、「こういう肩こりにはこれが合う」という違いがあります。
適したものでしっかり治療を進めることができるよう、押さえておきましょう。

ミオナール

ミオナールは、筋肉の緊張状態を解き、肩こりの症状を和らげるはたらきを持つ有効成分エペリゾンを含む医薬品です。
エペリゾンは首や肩の骨格筋の周囲にある血管を拡張し、血流を増加させるはたらきがあります。
その結果、筋肉の緊張が緩和され、それによって生じていた肩こりの痛みも解消することができます。

長時間、腕を酷使することによって手から首にかけての部位にだるさや疲労感を覚えるようになるという「頚肩腕症候群」や、重篤な「腰痛症」などにも効果を発揮する強力な医薬品です。
肩こりによって我慢できないほど激しい痛みがある、という場合に服用を開始し、指定された用法用量に従って継続的に続けることで、その効果を実感することができるでしょう

Pain-O-Soma

Pain-O-Somaはカリソプロドールという有効成分を含む医薬品で、「筋弛緩剤」にカテゴライズされます。
緊張状態にある肩や首の筋肉を弛緩させることで、肩こりの症状を和らげることができます。
筋肉の運動に関する指令を伝える神経を一時的に遮断することで、緊張を和らげるというのが基本的なメカニズムです。

Pain-O-Somaは日本では未承認の医薬品となっていますが、通販で購入することができます。
用法用量は1日3回とされていますが、長く服用すると体内に耐性ができてより多くの成分を求めるようになります。
結果的に、たくさん飲まなければ効果が現れないようになってしまい、中毒になってしまう可能性があります。
服用の際は長くても2~3週間でストップしておくのが安全です。

チザン

チザンは、チザニジンという有効成分を含有する筋弛緩剤です。
有効成分チザニジンは肩こりや腰痛の治療に使用されるほか、脳血管障害による痙性マヒ(手足がこわばって動かなくなってしまう症状)の治療にも用いられており、日本では武田テバファーマなどの製薬メーカーが製品化しています。

一方、チザンはインドのサンファーマ社が製造・販売を手がけています。
日本では未承認ですが、医薬品専門の通販サイトを使用することで購入が可能です。
チザニジン3mgを1日3回に分けて服用するというのが基本的な用法用量ですが、通販では1錠あたりチザニジンを2mg配合する製品が販売されています。
ピルカッターで半分に割って半錠(0.5錠)を1日3回服用すると良いでしょう。

解熱鎮痛剤(NSAID)

解熱鎮痛剤、通称「NSAIDs」と呼ばれる医薬品は、ロキソニンボルタレンインドメタシンといったドラッグストアでも購入できる製品を含んでいます。
これらの医薬品のメインの効果は、文字通り鎮痛作用です。
服用すると体内に有効成分がめぐり、痛みが抑制されます。

肩こりの痛みの直接的な原因は、プロスタグランジンと呼ばれる「発痛物質」が発生して患部にはたらきかけることにあります。
NSAIDsには、そんなプロスタグランジンの生成をストップさせ、痛みが発生しないようにする効果があります。
時間をかけて継続的に服用して肩こりを治していくというよりも、肩こりで急に痛みが生じた際に服用することでその場の痛みを緩和させる、という使い方をするのがおすすめです。

塗り薬(外用薬)

上記のミオナールやPain-O-Soma、チザン、解熱鎮痛剤は経口タイプの内服薬ですが、一方で痛みが発生している肩に塗ることで痛みを和らげる外用薬もあります。
ここでは、そんな外用薬のひとつ「ボベランジェル」について紹介します。

ボベランジェル

ボベランジェルは、文字通りジェルタイプの外用薬で、スイスに本拠を置くノベルティス社が製造・販売を手がけています。
この医薬品の主成分はジクロフェナクナトリウムと呼ばれる物質で、日本では「ボルタレン」という製品が処方されています。
一方、ボベランジェルは日本では未承認の医薬品であるため病院などでは処方されませんが、医薬品の通販サイトで購入することが可能です。

ボベランジェルの主成分ジクロフェナクナトリウムには、肩こりによる痛みを引き起こす発痛物質プロスタグランジンの生成を抑える効果があります。
ボベランジェルを肩に塗布すると、皮膚から体内にジクロフェナクナトリウムが浸透して痛みの元にはたらきかけ、症状を緩和させます。
肩こりの痛みだけでなく、筋肉痛や歯痛などにも効果があるとされています。

マッサージ

「肩こりにはマッサージが効く」とはよく知られていることですが、具体的にはどのような方法があるのでしょうか。
ここでは「整体院を利用する」「自分で行う」という2種類の方法を簡単に説明します。

整体院のマッサージ

整体院は、文字通り体を「正す」施術を行うところです。
知らず知らず歪んでしまった体をまっすぐに正し、また不自然にこわばった体の筋肉を正しくほぐします。
専門家の目で肩やその周辺をチェックし、効果的なマッサージをしてくれるでしょう。
自分ではどうにもならない重症の肩こりに困っている人におすすめの方法です。

自分で行うマッサージ

肩こりはあるが、整体院のお世話になるほどではない、という人には自分で行うマッサージがおすすめです。
といっても、簡単に肩を揉んだりぐるぐる回したりするだけでは最近の肩こりには対処できないといわれています。
パソコンやスマホの普及もあり、肩の筋肉の深い部分にコリの元があると考えられているからです。
同じ「ぐるぐる回すマッサージ」をやるにしても、たとえば肩甲骨を反対側の手でグッと押さえて固定しつつ、くっついたものを剥がすような気持ちで大きく肩から腕を回すという方法をとる必要があります。

ツボ押し

ここでは、肩こりに効くツボを紹介します。
体中に無数に存在するツボは、それぞれ効果的に刺激することでさまざまな心身の不調を解消することができますが、その中には肩こりに効くものもあります。
特に、「天柱」「中府」という2つのツボを取り上げます。

天柱

後頭部に位置するツボで、頭と首のちょうど中間あたりにあります。
肩こりが肩だけにとどまらず首に広がり、「頭が重い」「やたら目がすぐ疲れる」といった症状にまで発展してしまった場合、特に効果的です。
両手を頭に置き、人さし指から小指までの4指で頭を支えつつ、親指で首と頭の境目にあるくぼみの部分を優しく押すと効果的です。

中府

パソコンのキーボードを叩いたり、スマホを目の前で持ったり、腕を内側に曲げて行う作業をすることで肩がこってしまった、そんなときに揉みほぐすと良いのが「中府」というツボです。
左右の鎖骨の下に位置するツボで、指で押しつつぐるぐると回すようにして刺激すると、こりをほぐすことができます。

肩こりの症状

ここでは、肩こりと病気の関係について解説します。
肩こりは、単に疲れがたまって肩の筋肉がこわばってしまうことで起こるものではありません。
さまざまな病気によって発症することがあります。
たとえば、代表的なのは以下に挙げる病気です。

  • 頸肩腕症候群
  • 肩関節周囲炎
  • 頚椎症
  • 頚椎椎間板ヘルニア

頸肩腕症候群は、腕を酷使することによって発症するものです。
一般的な肩こりに近い症状に始まって、やがてはマッサージなどが効かなくなり、うつ病にまで発展してしまうことがあります。
いったん頸肩腕症候群と診断された際には、まずは休養をしっかりとることを心がけ、医薬品を処方された際には用法用量を守って服用し、治療していく必要があります。

肩関節周囲炎は、文字通り肩関節に炎症が起こり、同時に痛みを発症するというもので、特に40~50代の人に起こるケースが多い病気です。
肩ではなく、首の病気が元になって肩こりを発症するケースもあります。
たとえば首の骨(頸椎)をつなぐ椎間板が変形して「骨棘」と呼ばれる出っ張りが現れて神経を傷つけ、それが元で痛みが発生することがあります。
いわゆる頚椎症による痛みです。
また、椎間板が変形するのではなく頸椎の間から飛び出す「椎間板ヘルニア」によって首や肩の痛み、肩こりなどが発生するケースもあります。

肩こりの原因

肩こりの原因には、すでに書いたように頸肩腕症候群をはじめとする病気が引き起こす場合があります。
一方、日常生活の中で起こる肩こりにはどのような原因が考えられるでしょうか。
ここでは、「ストレス」「寝不足」をはじめとする日常生活の中で気をつけるべき原因についてまとめています。

同じ姿勢でいる時間が長い

パソコンを前にしてデスクワークをしたり、スマホで情報収集をしたりネット記事やマンガを読んだりするなどの行為を通じて「同じ姿勢で過ごす」ことによって、肩こりが引き起こされる場合があります。
首や肩の筋肉はその姿勢を保とうとするために緊張し、やがて血管が圧迫されて血流が滞り、筋肉の柔軟性が失われてしまいます。
その結果、筋肉がこわばって肩こりの症状を現わします。
適度な休憩をとること(1時間同じ姿勢を続けたあとは10分休憩するなど)を心がけるなどして、対処していきましょう。

ストレス

日常生活で出会う人や起こる出来事などが心にショックを与え、じわじわと圧迫感を与え続けるのがストレスです。
これが原因でさまざまな症状がもたらされることがあります。
精神的に落ち込む抑うつ状態になったり、あるいは身体的な症状として現れたりすることもあります。

肩こりは、そんな「身体的な症状」のひとつです。
ストレスが原因で起こる肩こりは、肩だけでなく首や背中にまで症状が広がったり、頭痛やめまいなど深刻な症状に発展することが多かったりと、程度がキツめという特徴があります。
また、体質的にストレスに弱かったり、体調不良のときにちょっとしたストレスを感じたりということで現れやすいのもポイントのひとつです。
ストレスは溜めこまないようにし、予防することが大切であるといえるでしょう。

寝不足(不眠症)

睡眠時間が十分でなく、心や体にたまる疲労を解消できないまま目覚めてしまうと「寝不足」になってしまいます。
これが原因で肩こりが引き起こされる場合があります。
体が十分に休養できないとき、体内のいたるところに老廃物が蓄積されてしまいますが、特に首や肩まわりに老廃物が蓄積することがあり、その際に発症するのが肩こりです。 蓄積した老廃物をきちんと排出させるためにマッサージを行ったりするのが有効な対処方法として考えられますが、いちばん良いのはやはり寝不足の状態にならないようにすることです。
きちんと眠るべきときに眠り、規則正しい生活を心がけましょう。

自律神経失調症

肩こりと自律神経失調症との間には、密接な関係があるといわれています。
特に、肩こりが重症化している場合には自律神経失調症を同時に発症している可能性が高いといえるようです。
自律神経失調症とは、そもそも「臓器のはたらき」など不随意に起こっている体内の運動をつかさどっている神経が、そのバランスを崩してしまうことによって起こるものです。
心臓の鼓動が激しくなったり、汗が止まらなくなったり、さらに肩や首が重く凝ったりすることがあります。
あまりにもひどいという場合は、神経内科クリニックなどで診てもらうことをおすすめします。

更年期

特に、50代以上の女性の肩こりは更年期を迎えたことが原因になっている可能性があります。
更年期は女性が閉経を迎える時期を指すもので、それまでは豊富に分泌されていた女性ホルモンのエストロゲンが減少することによって体内のホルモンバランスが崩れ、心身が不調になってしまいがちです。

それに加えて、筋肉や骨が老化を迎え、重い頭部を支えている首や骨にかかる負担が増し、肩こりになってしまうことがあります。
この時期の肩こりは、適度な運動をするなどして生活習慣を見直し、つらい痛みやコリには医薬品を使うなどして対処するのが良いとされています。

運動不足

肩こりは、運動不足によって起こることがあります。
特に、月曜日から金曜日までは仕事でデスクにつき、土日は家で休むばかりなど、運動不足になりがちな生活の中で肩こりに悩まされるという場合、適度な運動をして不足分を解消することで対処することができる場合があります。
全身の血行を整え、筋肉のこわばりをほぐすことができるジョギングやスイミングなどが特におすすめです。

冷え性

寒風が吹く季節になると肩こりがひどくなる場合、「冷え性」が原因になっていると考えられます。
肩こりの直接的な原因として多いのは、肩や首が血行不良に陥ることで筋肉が強張ってしまうことにありますが、「冷え」こそはまさしく血行不良の原因です。
寒い時期は体をできるだけ冷やさないようにすることを心がけましょう。

ちょっとした運動をすることで血液の循環を正常に保ったり、特に女性の場合は炭水化物・タンパク質をまったく摂らないようなダイエットを避ける(炭水化物・タンパク質は体を温めるエネルギーの源)といったことに注意してみてください。

枕などが合っていない

「枕が高すぎる(低すぎる)」「枕が固すぎる(柔らかすぎる)」など、自分に合っていない枕を使うことで肩こりになってしまう場合があります。
たとえば、枕が高すぎたり低すぎたりすると、無意識のうちに頭をきちんと支えるために肩や首の筋肉が緊張し、そのまま朝まで過ごしてしまうことで肩こりになってしまうことがあります。
無理なく頭部から肩の付け根までカバーでき、固すぎず柔らかすぎず体に負担をかけない枕を使うことを心がけましょう。

肩こりの予防方法

さまざまな原因が考えられる肩こりですが、普段から気をつけることで「予防」が可能です。
ここでは、運動不足やストレス、冷え性などが原因で起こる肩こり、つまり誰もが起こりえる肩こりの予防方法についてまとめてみました。

体を冷やさない

肩こりの原因のひとつとして「冷え」が挙げられますが、このような肩こりを予防するには、とにかく体を冷やさないことが大切です。
肩や首まわりでなく全身を暖かくして過ごすこと(足元が寒くて体がこわばって肩こりになってしまうということも考えられます)、また体を冷やさないような食事を心がけることも大切です。
大切なエネルギー源となる炭水化物やタンパク質を適度に摂り、さらにはショウガ、ニンニク、味噌などをたっぷり使った食事をとることで、体の内側からあたためることができます。

ストレス解消

心身にたまりがちなストレスを適度に解消することで、肩こりに発展してしまうことを防ぐことができます。
休日はひとまず何も気にせずゆっくり時間を取って休んだり、晴れている日には目的地を決めずにぶらりと散歩に出てみたり、趣味に打ち込んでみたりすることなどがオススメです。

現代社会に生きる限り、ストレスから完全に逃げ切ることはなかなか難しいといえます。
しかし、上記のような方法で徐々に発散することで、ストレスがたまりすぎて許容量を超えて肩こりに発展してしまうようなケースは防ぐことができるでしょう。

適度な運動をする

適度な運動をして筋肉のこわばりを防ぎ、血行を促進することが、すなわち肩こりの予防につながります。
ウォーキングやスイミングのような有酸素運動は特に効果的といわれています。
時間がないときは家でちょっとしたストレッチ体操をするだけでも予防効果は期待できます。
適度な運動はストレス解消にもぴったりなので、その意味でも試してみることをおすすめします。

最近閲覧した商品