商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

痛み

頭痛、筋肉痛、肩こりなど、様々な痛みの対処法や原因について解説します。慢性化してしまうことがほとんどですので、早めに治療をするようにしましょう。

痛み 売れ筋ランキング

痛みの一覧


エコスプリン(アスピリン)
エコスプリンはアスピリンジェネリック。痛み止め、解熱、心血管系の病気、川崎病の治療に用いられる世界初の非ステロイド性消炎鎮痛剤で、他の非ステロイド性消炎鎮痛剤に比べ胃腸への副作用が少ないのが特徴です。
1錠16円~
売切れ
詳細を見る
トラマドール
トラマドールは強い痛みを取り除いてくれる解熱鎮痛剤です。様々な症状からくる痛みに効果があり、その鎮痛効果はがんの痛みにも効果があるほどです。また、医療用麻薬よりも副作用が少ないのが特徴です。
1錠81円~
在庫あり
詳細を見る
コビックス(セレコックス)
痛みや炎症(特にリウマチによる痛み)を抑える効果を持つコビックスは、セレコックスのジェネリックになります。胃が荒れにくく、しっかりとした効き目がある使いやすい痛み止めのため人気です。
1錠49円~
在庫あり
詳細を見る
プロプラノロールWZF(インデラル)
プロプラノロールWZFはインデラルジェネリック。血圧を下げる効果があり高血圧症といった循環器系の病気の治療に用いられ、片頭痛の予防薬として用いた場合、片頭痛の発作を44%減少させる臨床結果もあります。
1錠23円~
売切れ
詳細を見る
ボベランジェル(ボルタレン)
ボベランジェルは解熱鎮痛剤で、日本ではボルタレン名で販売されています。 患部に直接塗るジェルタイプで、とりわけ即効性や威力が高く、肩こりや腰痛、炎症、関節リウマチなどの症状を改善させてくれます。
1本864円~
在庫あり
詳細を見る
リザクト(マクサルト)
リザクトは片頭痛用の治療薬マクサルトのジェネリック医薬品です。 急に訪れる痛みに対して服用後15分ほどで症状を和らげてくれる効果があります。 ジェネリック医薬品ですのでお求めやすい価格となっています。
1錠152円~
在庫あり
詳細を見る
ボベラン(ボルタレン)
ボベランは鎮痛、抗炎症剤で、服用する事で、腰痛や肩こり、神経痛、関節リウマチなどの痛みを和らげる効果があります。 日本ではボルタレン名で販売されていますが、内容は同じものとなっています。
1錠24円~
在庫あり
詳細を見る
エチラーム(デパス)
エチラームはデパスのジェネリック。抗不安薬の第一選択薬であり、効き目が強く短時間作用のためキレがいいという特徴があります。催眠作用もあるので寝つきの悪い方が睡眠導入剤として服用することもできます。
1錠27円~
売切れ
詳細を見る
イミグラン
イミグランは片頭痛のツラい痛みに効く頭痛薬です。痛みが現れてから早めに服用することで高い効果を発揮してくれ、服用後30分ほどでしっかりとした効き目を実感できる即効性が特徴です。
1錠639円~
在庫あり
詳細を見る
イミグラン点鼻薬
イミグラン点鼻薬は片頭痛の痛みを抑える頭痛薬。鼻腔から投与することで飲み薬より早く効いてくれます。痛みが現れてから早めに投与することでより高い効果を発揮してくれ、服用から15分ほどで効果が現れます。
1本3,420円~
在庫あり
詳細を見る
インドメタシン
インドメタシンは即効性のある解熱鎮痛剤です。多くの市販品に配合されている成分なので安心して使用でき、しっかりとした効き目が発熱、痛みを伴う炎症によく効く非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)です。
1錠28円~
在庫あり
詳細を見る
ソマ・ジェネリック
ソマジェネリックは筋肉の急な痛みや不快感を緩和する筋弛緩剤です。なお、長期的な服用には向かず、約1~2割の方に眠気の副作用がでたという報告があるため服用後の運転などは控えてください。
1錠30円~
在庫あり
詳細を見る
エチラーム舌下錠(デパス)
エチラーム舌下錠はデパスのジェネリック。強い抗うつ効果とキレの良さが特徴で肩こり、腰痛、睡眠障害にも効果を発揮する抗不安薬です。また、本剤は舌の上で溶かすタイプなので即効性が高くなっています。
1錠41円~
売切れ
詳細を見る
デパス
デパスは現在、薬機法が改正されたため個人輸入をすることができません。
1錠95円~
売切れ
詳細を見る
トリカツ
トリカツは冷え性や胃弱などでお悩みの方向けのサプリメントです。 黒コショウや、生姜、インドナガコショウなどアーユルヴェーダで用いられている伝統的なハーブが配合されています。
1錠20円~
在庫あり
詳細を見る
ボルタレン
ボルタレンは関節の痛みや筋肉の炎症の緩和、解熱作用のある解熱鎮痛剤です。様々な症状に鎮痛効果を発揮し、その総合的な有効率は約73%になります。鎮痛作用の強さと約30分で効果が現れる即効性が特徴です。
1錠73円~
在庫あり
詳細を見る
ボルタレンカプセル
ボルタレンカプセルは解熱鎮痛剤で有名なボルタレンのカプセルタイプ。錠剤タイプより即効性に優れ、錠剤の苦味や匂いが苦手な方にオススメの商品です。強力な鎮痛効果が特徴ですが長期間の服用には向いていません。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
ジクロフェナクAL(ボルタレン)
ジクロフェナクALはボルタレンのジェネリック。関節痛や歯痛などのあらゆる病気の痛みに効き、風邪に伴う熱を下げるために用いることもできます。強力な解熱鎮痛作用を持ち、即効性にも優れています。
1錠32円~
在庫あり
詳細を見る
ミオナール
ミオナールは比較的作用が穏やかで副作用の少ない筋弛緩剤です。 主に腰痛や肩こり、緊張型の頭痛などで処方されており、痛み止めや頭痛薬として用いられ、有効性は高く安全性にも優れています。
1錠86円~
在庫あり
詳細を見る
ミオゾン(ミオナール)
ミオゾンは比較的穏やかな作用で副作用の少ない筋弛緩剤であるミオナールのジェネリック医薬品です。 肩こりや腰痛、緊張型頭痛など痛みなどの症状を緩和してくれる効果があります。
1錠50円~
在庫あり
詳細を見る
エチゾラム錠(デパス)
エチゾラム錠は抗不安薬のデパスのジェネリック医薬品で、日本のメーカー日医工が製造しています。 デパスと同じ有効成分のため、効果効能、安全性などほぼ同じとなっています。
1錠80円~
売切れ
詳細を見る
ロキソニン
ロキソニンは頭痛や歯の痛みなど痛みを緩和させる解熱鎮痛剤です。 日本では痛み止めと言えばロキソニンと浮かぶくらい馴染みの深いお薬で、安全性も高く効果もしっかりと感じられます。
1錠90円~
在庫あり
詳細を見る
ロキソニン(海外医薬品)
取り扱い一時停止 ロキソニンは頭痛や歯の痛みなど痛みを緩和させる解熱鎮痛剤です。 日本では痛み止めと言えばロキソニンと浮かぶくらい馴染みの深いお薬で、安全性も高く効果もしっかりと感じられます。
1錠86円~
売切れ
詳細を見る
トラマタス(トラマドール)
トラマタスはトラマドールのジェネリック医薬品で、即効性の高いオピオイド系の鎮痛剤です。 がん性の痛みや術後の痛み、3か月以上続くリウマチの痛みなど強い痛みに使用されています。
1錠23円~
売切れ
詳細を見る
レルパックス
※次回11月上旬入荷予定 レルパックスは片頭痛などの痛みをすばやく和らげてくれる頭痛薬です。 予防のための薬ではなく、症状が現れてから服用しても効果を得ることができます。 痛みを抑える薬のため頭痛の原因を治療することはできません。
1錠360円~
売切れ
詳細を見る
スマトリプタン(イミグラン)
スマトリプタンはイミグランのジェネリック医薬品で偏頭痛治療薬です。 症状が現れたらすぐ服用することで、痛みを和らげることができます。 即効性があるため心配な時に持ち歩いていると大変便利です。
1錠120円~
売切れ
詳細を見る
シベリウム(フルナリジン)
シベリウムは偏頭痛治療薬でフルナリジンのジェネリック医薬品です。 主に欧米で処方されており、慢性的な偏頭痛を予防することができます。 日本国内でも以前まで処方されていましたが現在は販売が中止されています。
1錠48円~
在庫あり
詳細を見る
シプラー LA(インデラル)
シプラー LAはインデラルジェネリック。インデラルより安価に購入できます。片頭痛やあがり症、高血圧症などに効果がある治療薬です。片頭痛の発作を抑制してくれるため予防薬として用いることができます。
1錠30円~
売切れ
詳細を見る
スミナット(イミグラン)
スミナットは偏頭痛の痛みを素早く抑えることができるイミグランのジェネリックです。安く購入することでき、多くストックができます。使い方は偏頭痛が起きる前ではなく、痛みが起きたときに服用します。
1錠194円~
在庫あり
詳細を見る
ゾルミスト(ゾーミッグ)
ゾルミストは片頭痛に効果的なトリプタン系薬剤のゾーミッグのジェネリック医薬品です。 スプレータイプの点鼻薬なので効果が現れるまでが非常に早く、迅速に片頭痛発作を抑えることができます。
1箱2,023円~
在庫あり
詳細を見る
ベータプロ(インデラル)
ベータプロはインデラルジェネリック。高血圧や不整脈などの循環器系疾患の治療薬です。血圧を下げる作用があり、片頭痛を予防する効果もあります。また、海外の臨床試験の結果、寿命を延ばすことが証明されています。
1錠21円~
売切れ
詳細を見る
アートリル(ブルフェン)
アートリルは有効成分イブプロフェンを400mg配合した鎮痛薬です。ブルフェン錠のジェネリックですが、国内のブルフェン錠はイブプロフェンを100mgもしくは200mgしか含まない場合がほとんどです。
1錠40円~
在庫あり
詳細を見る
チザン(テルネリン)
チザンは肩こりや腰痛、痙性麻痺を軽減するテルネリン錠のジェネリック医薬品です。頸肩腕症候群、腰痛症の筋緊張状態の改善、および脳血管障害、外傷後遺症に対して効果があります。
1錠43円~
在庫あり
詳細を見る
セレブレックス(セレコックス)
セレブレックスは国内ではセレコックスという名称でアステラス製薬が製造販売しています。この商品はファイザーが製造販売する海外版です。有効成分セレコキシブにはCOX-2選択的阻害薬で鎮痛剤です。
1錠51円~
在庫あり
詳細を見る
マクトリン(マクサルト)
マクトリンは片頭痛に非常に有効なトリプタン系薬剤マクサルトのジェネリック医薬品です。有効成分のリザトリプタンが拡張した血管を収縮させて神経の圧迫を取り除くことで片頭痛発作を改善します。
1錠190円~
在庫あり
詳細を見る

様々な痛み

痛みには頭痛、筋肉痛、肩こりなど様々な種類があります。
この記事ではその痛みの原因や対処法について詳しく解説していきます。

頭痛

痛みの中で最も一般的ともいえる頭痛ですが、頭痛にも様々な種類があります。
この項目では様々な頭痛の原因や対処法について解説していきます。

頭痛の種類

頭痛の種類は一次性頭痛と二次性頭痛に分類することができます。

一次性頭痛には片頭痛緊張型頭痛群発性頭痛といった生活習慣や遺伝などによって起こる慢性頭痛が分類されます。
一方、二次性頭痛はくも膜下出血などの病気から引き起こされる症候性頭痛が入り、放置すると命に関わる危険な頭痛です。
頭痛の9割が一次性頭痛に分類され、実に日本人の3人に1人の割合の方が頭痛持ちと言われています。


頭痛の対処法

頭痛には様々な種類があることは先ほど触れましたが、頭痛を治療するにはそれぞれの頭痛に対して正しい対処法を行う必要があります。
この項目では様々な頭痛の対処法をご紹介します。

頭痛薬

日常で起こる頭痛はロキソニンボルタレンといった市販の頭痛薬で治療することができますが、慢性頭痛である場合、それぞれの頭痛に対して適した治療薬を用いて対処しなければなりません。

慢性頭痛にはトリプタン製剤エルゴタミン製剤頭痛予防薬などの頭痛薬を使用するのが一般的です。
トリプタン製剤であるイミグランマクサルトといった頭痛薬は片頭痛の痛みを和らげてくれます。
また、トリプタン製剤が効かなかった場合はクリアミンといったエルゴタミン製剤を用います。

その他、インデラルのような頭痛予防薬を頭痛の発生を抑えるために予防的に用いることもあります。


抗不安薬

頭痛の痛みを取るために抗不安薬を補助的に用いることもあります。
例えばデパスやテルネリンといった抗不安薬には筋弛緩作用があるため、筋肉の緊張をほぐすことで緊張型頭痛の痛みを緩和することができます。

その他、抗うつ剤抗てんかん薬を片頭痛の予防に用いることもあります。


カフェイン

片頭痛に対してはカフェインが有効です。
カフェインには血管を収縮させるはたらきがあるため、頭痛の痛みを和らげてくれます。

また、首やこめかみなどを冷やす強い光を浴びないようにするツボマッサージをするなどは片頭痛の改善が期待できます。


ストレッチ

緊張型頭痛に対しては、片頭痛とは逆に血行を良くするストレッチや体を温めるような対処法が効果的です。

また、シャワーを浴びる、軽い運動をすると筋肉の緊張がほぐれ、症状が軽くなります。


禁煙

群発性頭痛に関しては基本的に病院で治療する必要がありますが、対処法としては動き回ると痛みが紛れるという話もあります。
ですが、痛みのあまり動き回りすぎて血行がよくなると余計に痛みが悪化する場合もあるので、できれば安静にした方が良いでしょう。

群発性頭痛はアルコールが誘因となって発作が現れやすいといわれていますので、特に群発期にはアルコールを控えることが必要です。
また、タバコや生活習慣の乱れによって誘発されることもあるので、生活習慣には十分に注意する必要があります。 アルコールやタバコがお好きで群発性頭痛を患っている方は禁煙と飲酒を控える必要があります。

お薬110番(以下当サイト)では、チャンピックスといった禁煙治療薬や、レグテクトやノックビンのジェネリック薬といったアルコール依存症治療薬を取り扱っていますので、群発性頭痛の群発期にどうしても禁煙と禁酒をしなければならない方にオススメです。


頭痛の原因

慢性頭痛の一種である片頭痛は、脳の血管が拡張することで三叉神経を刺激して炎症を起こすことが原因で起こります。
寝すぎ、寝不足(不眠症)、ホルモンバランスの乱れ、空腹などが誘因となって脳の血管を拡張させます。

一方、緊張型頭痛の場合は、頭、首、肩の筋肉が緊張し、血流が悪くなり、神経が刺激されることが原因で引き起こされます。
緊張型頭痛は長時間同じ姿勢でいる人がなりやすく、ストレスが原因でなることも多い頭痛の一種です。

最後に群発性頭痛ですが、発生原因のすべてはまだ解明されていませんが、アルコールが引き金となって頭痛が起きることはわかっています。
特に群発期にアルコールを摂取するとほぼ確実に頭痛が起きてしまい、壁に頭を打ち付けるほどの激しい痛みに襲われます。
原因として現在有力なのは、目の後ろの血管が何らかの原因で拡張してしまうことで痛みを発生させているという説です。

また、タバコや気圧の変化などが誘因となって群発性頭痛を引き起こしているとも考えられています。


筋肉痛

筋肉痛とは運動などによって筋肉が疲労したり、損傷することによって引き起こされる痛みのことです。
この項目では筋肉痛の対処法や原因について解説していきます。

筋肉痛の対処法

この項目では筋肉痛の痛みを緩和する対処法についてご紹介します。


痛み止め

筋肉痛には痛み止めが有効的です。

市販で販売しているロキソニンやボルタレン、インドメタシンといった解熱鎮痛剤の内服薬や塗り薬、テープ、スプレーなどでも筋肉痛の痛みを和らげることができます。
塗り薬や貼り薬は筋肉痛の部位を冷却するタイプと温めるタイプがありますが、自分の状況に応じて適したタイプを選んでください。

また、内服薬はどうしても筋肉痛の痛みが我慢できないときに使うのに適していますので、むやみやたらに使用せず、なるべく自然に治すようにしましょう。


蒸しタオルなどで温める

筋肉痛の部位を蒸しタオルなどで温めることで血行を良くし、筋肉痛を緩和することができます。

逆に激しい運動などをして筋肉が熱を持っている状態のときは、冷却スプレーなどで痛む部位を冷やすようにすると効果的です。


ビタミンB1を摂取する

筋肉痛のときは豚肉や肉、大豆などのビタミンB1を多く含む食品を摂取するのがオススメです。

ビタミンB1が不足すると乳酸が発生し、疲労感や運動後に筋肉痛が出やすくなります。
疲労回復効果のあるビタミンB1を摂取することで疲れにくい体をつくってくれます。

また、ネギやニンニク、ニラなどに含まれるアリシンとビタミンB1を同時に摂取すると相乗的に筋肉疲労を回復してくれます。


筋肉痛の予防

筋肉痛は運動によって生じるので、運動前のウォーミングアップや運動後のクールダウンはその後の筋肉痛に大きく影響してきます。

筋トレやスポーツをする前には必ずストレッチや軽いランニングなどをしましょう。
血行を良くすることで怪我を予防したり、筋肉痛を発生しにくくしてくれます。

また、運動後もクールダウンをするなどして筋肉のケアをしっかりしておくことで筋肉痛は予防できます。


筋肉痛の原因

筋肉痛が起こる原因は、「乳酸の蓄積によるものである」とかつては考えられていましたが、現在では「運動によって傷ついた筋線維を修復するときに起こる痛み」だと考えられています。
損傷した筋線維を修復する際に、痛みの原因物質であるPG(プロスタグランジン)などが生成され、炎症が起きることで筋肉痛は発生します。

普段使っていない筋肉を使ったり、同じ筋肉を使いすぎると筋肉痛になりやすく、特に階段を下りるなどのエキセントリック(伸縮性)運動をすると筋線維に負担がかかりやすく、筋肉痛になりやすいといわれています。


肩こり

肩こりとは主に僧帽筋が凝る、張ることによって不快感や重苦しさ、痛みを感じる症状のことです。
この項目では肩こりの対処法や原因について解説していきます。

肩こりの対処法

肩こりは国民が自覚している症状の中で女性で1位、男性で2位となっているほど一般的なものです。
この項目ではそんな国民病ともいえる肩こりの対処法について解説します。

痛み止め

肩こりの治療に薬剤を使う場合、非ステロイド性抗炎症薬(以下NSAIDs)の内服薬や外用薬が用いられ、ロキソニンやボルタレンの外用薬などは市販でも販売しています。

また、ひどい肩こりの場合には筋肉の緊張をほぐす作用のある筋弛緩剤を用い、筋弛緩剤だけでは効かない肩こりにはNSAIDsを併用することもあります。

当サイトでは以下の商品を取り扱っています。

■筋弛緩剤


その他、デパスのような抗不安薬を服用したり、局所麻酔剤などを注射で筋肉に注入する治療法も存在します。


マッサージ(理学療法)や生活習慣の改善

肩こりを薬剤以外で対処する方法としてマッサージや鍼灸、電気療法などで肩の凝りをほぐし、血行を良くする理学療法があります。
上記のような施術をプロにしてもらいケアすることも大事ですが、それと同時に自分の生活習慣を見直すことも重要です。
姿勢の悪さや運動不足も肩こりの一因になるので、日頃からストレッチやマッサージ、正しい姿勢を意識するなど自分自身でもできるケアを欠かさないことが肩こり解消につながります。


肩こりの原因

肩こりの原因で代表的なものは以下のようになります。


  • 同じ姿勢、姿勢が悪い
  • 運動不足
  • 眼精疲労(ドライアイ
  • ストレス

デスクワークの仕事は同じ姿勢のままでいることが多く、さらにパソコンの画面を見続けることで眼精疲労にもなりやすいため、現代は肩こりを引き起こしやすい時代であるといえます。

また、肩こりは首や肩の血流が悪くなることで引き起こされるので、運動不足も大きな肩こりの原因になります。

肩こりにはストレッチやウォーキングなどの軽い運動が効果的で、日頃から筋肉を動かすことで血流の改善が期待でき、肩こりが起こりにくい体をつくることにつながります。

その他、ストレスで筋肉が緊張することで肩こりになる方も多いので、ストレス解消効果もある運動は最もオススメできる肩こり解消方法といえます。

最近閲覧した商品