商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

生活習慣病(成人病)

糖尿病や高血圧、痛風、中性脂肪…生活習慣病には身近な病気が含まれます。チェックを通し、予防法や治療法について解説します。

生活習慣病(成人病) 売れ筋ランキング

生活習慣病(成人病)の一覧


デュゼラ(サインバルタ)
デュゼラはサインバルタジェネリック。サインバルタ1錠あたりの価格に対し約1/2で購入できてかなりおトク。「やる気」や「意欲」の改善に優れたSNRI系統の抗うつ剤で、神経性の痛みを抑える作用もあります。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
エコスプリン(アスピリン)
エコスプリンはアスピリンジェネリック。痛み止め、解熱、心血管系の病気、川崎病の治療に用いられる世界初の非ステロイド性消炎鎮痛剤で、他の非ステロイド性消炎鎮痛剤に比べ胃腸への副作用が少ないのが特徴です。
1錠16円~
売切れ
詳細を見る
ノルバスク
ノルバスクは血管を拡張させ血圧を下げる高血圧症治療薬です。高血圧症治療の第一選択薬となっており、効き目と安全性のバランスのとれた治療薬で、持続性にも優れています。また、高齢者の方でも服用できます。
1錠54円~
在庫あり
詳細を見る
ラシックス
ラシックスはむくみ解消などに効果がある利尿剤です。利尿剤の中でも利尿作用が強く、降圧作用が弱いことが特徴的で短時間での効果を期待できます。その他、高血圧症、心不全、PMSの治療にも用いられます。
1錠11円~
売切れ
詳細を見る
スピロノラクトン(アルダクトンA)
スピロノラクトンはアルダクトンAのジェネリック。アルダクトンAより安価に購入できます。利尿作用でむくみを解消したり、血圧を下げることができ、ラシックスなど他の利尿剤と併用することができます。
1錠55円~
在庫あり
詳細を見る
コビックス(セレコックス)
痛みや炎症(特にリウマチによる痛み)を抑える効果を持つコビックスは、セレコックスのジェネリックになります。胃が荒れにくく、しっかりとした効き目がある使いやすい痛み止めのため人気です。
1錠49円~
在庫あり
詳細を見る
アトル(リピトール)
アトルはリピトールジェネリック。リピトールと同じ効果を持ち、リピトールより安価に購入できます。コレステロールを低下させる作用によって脂質異常症を治療する治療薬で効果の確実性は治験結果からも明らかです。
1錠48円~
在庫あり
詳細を見る
プロプラノロールWZF(インデラル)
プロプラノロールWZFはインデラルジェネリック。血圧を下げる効果があり高血圧症といった循環器系の病気の治療に用いられ、片頭痛の予防薬として用いた場合、片頭痛の発作を44%減少させる臨床結果もあります。
1錠23円~
売切れ
詳細を見る
グルコバイ
グルコバイは血糖値の上昇を抑える糖尿病の薬です。血糖値の上昇を穏やかにする効果を持っています。反対に血糖値を下げることができないため、血糖降下薬を併用する必要があるので注意が必要です。
1錠24円~
在庫あり
詳細を見る
ボベランジェル(ボルタレン)
ボベランジェルは解熱鎮痛剤で、日本ではボルタレン名で販売されています。 患部に直接塗るジェルタイプで、とりわけ即効性や威力が高く、肩こりや腰痛、炎症、関節リウマチなどの症状を改善させてくれます。
1本864円~
在庫あり
詳細を見る
ボベラン(ボルタレン)
ボベランは鎮痛、抗炎症剤で、服用する事で、腰痛や肩こり、神経痛、関節リウマチなどの痛みを和らげる効果があります。 日本ではボルタレン名で販売されていますが、内容は同じものとなっています。
1錠24円~
在庫あり
詳細を見る
ザイロリック
ザイロリックは痛風や高尿酸血症の代表的な治療薬で、服用する事で尿酸値を減少させる効果があります。 日本でも一般的に処方されており、痛風の治療薬と言えばザイロリックと言われるほどです。
1錠27円~
在庫あり
詳細を見る
リピトール
リピトールは脂質異常症の治療薬で、血液中のコレステロールと中性脂肪を低下させる効果があります。国内で行った治験結果では高い効果を示し、脂質異常症の治療薬として選択されることが多い治療薬です。
1錠81円~
在庫あり
詳細を見る
ヴァルザール(ディオバン)
ヴァルザールはディオバンジェネリック。ディオバン1錠あたりに対し安く購入できます。高血圧症治療薬ですが副作用がほとんどないため長期の血圧維持に適している薬です。ディオバンと違い40mgが購入できます。
1錠28円~
在庫あり
詳細を見る
ハイドラザイド(ダイクロトライド)
ハイドラザイドはダイクロトライドのジェネリック。高血圧症治療に用いられる利尿剤でむくみを取る効果や心疾患や脳卒中の予防にも役立ちます。少量の服用であれば副作用もほとんどなく、他の利尿剤と併用できます。
1錠18円~
在庫あり
詳細を見る
アクトス
アクトスは2型糖尿病治療薬です。弱くなったインスリン抵抗性を改善することで血糖値の上昇を抑えることができます。肥満タイプの糖尿病患者に向いている治療薬で他の糖尿病治療薬と併用することができます。
1錠87円~
在庫あり
詳細を見る
アルカミン(カタプレス)
アルカミンはカタプレスのジェネリック。高血圧症治療薬で心臓や腎臓の弱っている方、糖尿病の方でも服用できます。交感神経の働きを抑制することでノルアドレナリンの分泌を減少させ、血管を拡張し血圧を下げます。
1錠48円~
在庫あり
詳細を見る
エゼンチア(ゼチーア)
エゼンチアはゼチーアのジェネリック。ゼチーア1錠あたりの約1/2の価格で購入できます。血液中のコレステロール値を下げる脂質異常症治療薬です。また、1日1回の服用で長時間効果が持続するのが特徴です。
1錠81円~
在庫あり
詳細を見る
ベキサゾン(アクトス)
ベキサゾンはアクトスという糖尿病治療薬のジェネリックで、インスリンの働きが鈍ることで起きる「2型糖尿病」の方に向けた治療薬です。インスリン抵抗を低くし、肝臓で糖が作られることを抑えることができます。
1錠30円~
在庫あり
詳細を見る
カデュエット
カデュエットは2つの成分が配合された高血圧治療薬で、脂質異常症にも適応します。併発されている方は1錠だけで治療も可能です。成分の配合量が4タイプありますので、症状に合わせて使用してください。
1錠90円~
在庫あり
詳細を見る
レボース(グルコバイ)
レボースは2型糖尿病の治療薬であるグルコバイのジェネリックです。そのため安い価格で治療が可能になります。食事から摂取する糖分の吸収を遅らせ、膵臓へ負担をかけずに血糖値の上昇を抑えていきます。
1錠41円~
売切れ
詳細を見る
アロプリノール(ザイロリック)
アロプリノールは尿酸値を下げる効果を持つザイロリックのジェネリックです。尿酸が高くなることで発症する痛風の予防に役立ちます。痛風によって併発する可能性の高い尿路結石にも適応します。
1錠29円~
在庫あり
詳細を見る
サインバルタ
サインバルタはSNRI系の抗うつ剤です。うつ病などの精神疾患への抗うつ効果に加え、神経性の痛みを抑える作用があるため慢性疼痛への適応もあります。また、副作用も少なめでやる気や意欲の改善に優れています。
1錠145円~
在庫あり
詳細を見る
セミダオニール(オイグルコン)
セミダオニールはオイグルコンのジェネリック。インスリンの分泌を促進することで血糖値を下げる糖尿病治療薬です。作用が強力で長時間作用が特徴です。なお、1型糖尿病の治療に用いることはできません。
1錠18円~
売切れ
詳細を見る
ディオバン
ディオバンは血圧を下げる高血圧症治療薬です。また、心臓や腎臓などを保護する作用もあり、臓器障害に対しても効果があります。加えて比較的副作用が少なく持続性があるというのも特徴です。
1錠57円~
在庫あり
詳細を見る
テノーミン
テノーミンは高血圧症の治療薬で、心拍を抑え血圧を下げる効果があります。 高血圧症以外にも、狭心症や、不整脈などの治療でも使われており、心臓に選択的に働きかけるので副作用が少なく安全性に優れています。
1錠68円~
売切れ
詳細を見る
ナプロシン(ナイキサン)
ナプロシンは非ステロイド系の解熱鎮痛剤で、ナイキサンのジェネリック医薬品です。 鎮痛剤の中でも即効性が高く、炎症を抑え、痛みを和らげてくれます。 ジェネリック医薬品のためお求めやすい価格となっています。
1錠12円~
在庫あり
詳細を見る
ボルタレン
ボルタレンは関節の痛みや筋肉の炎症の緩和、解熱作用のある解熱鎮痛剤です。様々な症状に鎮痛効果を発揮し、その総合的な有効率は約73%になります。鎮痛作用の強さと約30分で効果が現れる即効性が特徴です。
1錠73円~
在庫あり
詳細を見る
ボルタレンカプセル
ボルタレンカプセルは解熱鎮痛剤で有名なボルタレンのカプセルタイプ。錠剤タイプより即効性に優れ、錠剤の苦味や匂いが苦手な方にオススメの商品です。強力な鎮痛効果が特徴ですが長期間の服用には向いていません。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
ジクロフェナクAL(ボルタレン)
ジクロフェナクALはボルタレンのジェネリック。関節痛や歯痛などのあらゆる病気の痛みに効き、風邪に伴う熱を下げるために用いることもできます。強力な解熱鎮痛作用を持ち、即効性にも優れています。
1錠32円~
在庫あり
詳細を見る
プレミアムリジン
プレミアムリジンとは疲労回復に効く"L-リジン"を2000mgも配合した健康のためのサプリメントです。 健康的な生活を送りたい、薄毛が少し気になる方にオススメです。
1錠7円~
在庫あり
詳細を見る
モリンガカプセル
モリンガカプセルとは人が健康的な生活を行う上で必要な栄養素を豊富に含んでいる天然成分でできているサプリメントです。 野菜不足など偏った食生活を送っている方などにオススメです。
1錠24円~
在庫あり
詳細を見る
ツルレイシ
ツルレイシとはニガウリのことで、老化防止や糖尿病や高血圧の予防などに期待が持てます。その他にもマンゴスチン、ノニ、ギムネマなどが配合されており、生活習慣病が心配な方にはおすすめです。
1錠7円~
在庫あり
詳細を見る
クリルオイル
クリルオイルとはDHA、EPAといった「オメガ3脂肪酸」を豊富に含むオキアミから抽出されるオイルです。血液をサラサラにする効果があり、血栓症や動脈硬化の予防や認知症の予防に役立ちます。
1錠95円~
売切れ
詳細を見る
南極クリルビタミン
南極クリルビタミンはクリルオイルと8種類のビタミンを凝縮したサプリメント。クリルオイルはDHAやEPAといった健康成分を豊富に含み、ビタミンと合わせて摂取することで生活習慣病や更年期障害を改善します。
1粒19円~
在庫あり
詳細を見る
コリン
コリンは集中力や記憶力の向上を助けるサプリメント。脳内神経伝達物質の材料となる栄養素コリンを補うことで脳機能を高めてくれます。また、肝脂肪やコレステロールの蓄積を防ぐので脂質異常症の予防にもなります。
1錠32円~
在庫あり
詳細を見る
アムリップ(ノルバスク)
アムリップは高血圧症、狭心症の治療薬であるノルバスクのジェネリック医薬品です。 カルシウム拮抗薬に分類されていますが、その中でも持続時間は長く副作用は少ないとされています。
1錠23円~
在庫あり
詳細を見る
コルヒチン
7月下旬頃入荷予定 コルヒチンは痛風の予防をする薬です。痛風発作が起きた場合には、なるべく早く使うことをおすすめします。長期的に服用すると腎臓や肝臓の機能障害が起きる可能性があるので注意をしてください。
1錠28円~
売切れ
詳細を見る
シプラー LA(インデラル)
シプラー LAはインデラルジェネリック。インデラルより安価に購入できます。片頭痛やあがり症、高血圧症などに効果がある治療薬です。片頭痛の発作を抑制してくれるため予防薬として用いることができます。
1錠30円~
売切れ
詳細を見る
ジコルチン(コルヒチン)
ジコルチンはコルヒチンジェネリック。痛風の発作を抑える薬で、発作が現れたときにできるだけ早く服用することで痛風に伴う激痛を緩和してくれます。また、重い副作用が起こることもあるため長期服用は向きません。
1錠48円~
在庫あり
詳細を見る
フェブシップ(フェブリク)
フェブシップはフェブリクのジェネリック。フェブリクより安価に購入できます。血液中の尿酸値を下げることで痛風を治療する薬です。また、1日1回の服用で効果を発揮してくれ、腎機能障害があっても服用できます。
1錠63円~
在庫あり
詳細を見る
フロセミド(ラシックス)
フロセミドは利尿剤として知られるラシックスのジェネリックです。体の中に余分な水分が溜まることで起きる、「むくみ」を改善することができとても人気です。本来は血圧を下げる降圧剤として使われています。
1錠31円~
売切れ
詳細を見る
メシャシュリンギ
メシャシュリンギは、インド原産のハーブであるギムネマが含まれているダイエットサプリです。甘みを感じにくくする作用と、糖質の吸収を抑える働きで、甘い物の食べ過ぎを防ぐことができます。
1錠20円~
売切れ
詳細を見る
ベータプロ(インデラル)
ベータプロはインデラルジェネリック。高血圧や不整脈などの循環器系疾患の治療薬です。血圧を下げる作用があり、片頭痛を予防する効果もあります。また、海外の臨床試験の結果、寿命を延ばすことが証明されています。
1錠21円~
売切れ
詳細を見る
パントテン酸サプリ500mg
この商品は肌荒れの改善に効果があるパントテン酸を1粒に500mg含むサプリメントです。余分な糖質や脂質を代謝し、毛穴で分泌される皮脂を抑制することで肌荒れの改善に繋がります。
1錠15円~
在庫あり
詳細を見る
パントテン酸サプリ1000mg
この商品は肌荒れの改善に効果があるパントテン酸を1粒に1000mg含むサプリメントです。余分な糖質や脂質を代謝し、毛穴で分泌される皮脂を抑制することで肌荒れの改善に繋がります。
1錠54円~
売切れ
詳細を見る
ジャヌビア
ジャヌビアはインスリンの働きを強め血糖値を減少させるはたらきを持つ2型糖尿病治療薬で、有効成分はシタグリプチンで低血糖が生じるリスクが少なく体への負担が少ない薬です。
1錠354円~
在庫あり
詳細を見る
アマリール
アマリールはインスリンの分泌を促して血糖値を減少させるはたらきを持つ2型糖尿病治療薬で、有効成分はグリメピリドで血糖値の上昇を抑えることができ、糖尿病の改善と予防に効果があります。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
グリネート(スターシス)
グリネートは2型糖尿病治療薬スターシスのジェネリック医薬品です。インスリンの分泌を促して血糖値を減少させる作用があり、血糖値の上昇を抑えることで糖尿病の改善と予防に効果があります。
1錠32円~
在庫あり
詳細を見る
ゾメット(メトグルコ)
ゾメットは2型糖尿病治療薬メトグルコのジェネリック医薬品です。糖の生成を抑える作用と、筋肉へ糖を取り込む働きを促す作用、腸での糖の吸収を抑える作用で血糖値を減少します。
1錠27円~
売切れ
詳細を見る
ガルバスメット(エクメット)
ガルバスメットはエクメットのジェネリック。2種類の成分を配合した糖尿病治療薬です。エクメットとガルバスメットは2種類の成分の配合量が異なります。このため飲み方、副作用のリスクの違いにご注意ください。
1錠120円~
在庫あり
詳細を見る
トラゼンタ
トラゼンタはインスリンの働きを強め血糖値を下げるⅡ型糖尿病治療薬。糖尿病治療薬によくある低血糖が起きにくく、便と共に排出されるタイプなので腎臓への負担が少なくて済み、腎機能が弱い方でも服用できます。
1錠169円~
在庫あり
詳細を見る
イスタメット
イスタメットはⅡ型糖尿病治療薬。インスリンの分泌を促す物質の分解を防ぐことでインスリンの分泌を促し血糖値を下げます。さらに肝臓で行われる糖新生を抑制する働きによって血糖値の上昇を抑制します。
1錠162円~
在庫あり
詳細を見る
オングリザ
オングリザはDPP-4阻害薬と呼ばれるⅡ型糖尿病治療薬。インスリンを分泌するインクレチンというホルモンの分泌を促すことで血糖値を下げます。血糖値が高いときだけに作用するので低血糖を起こしにくい薬です。
1錠203円~
在庫あり
詳細を見る
メトホルミン(メトグルコ)
メトホルミンはメトグルコジェネリック。肥満型の糖尿病に向いているⅡ型糖尿病治療薬です。肝臓に作用し糖新生の働きを抑え、筋肉での糖の取り込みを促進させ、腸管での糖の吸収を抑えることで血糖値を下げます。 ※発送時期により、パッケージが変更される場合がございます。成分に違いはございません。
1錠32円~
在庫あり
詳細を見る
ピオグリット(アクトス)
ピオグリットはアクトスジェネリック。アクトス1錠あたりの約1/4の価格で購入できます。肥満型糖尿病に向いているⅡ型糖尿病治療薬で他の治療薬とも併用可能です。インスリンの効き目を改善し血糖値を下げます。
1錠23円~
在庫あり
詳細を見る
ナグリド(スターシス)
ナグリドはスターシスのジェネリック。スターシス1錠あたりに対し安価で購入できます。膵臓に作用してインスリンの分泌を促し血糖値を下げるⅡ型糖尿病治療薬です。即効性があり、低血糖を起こしにくい治療薬です。
1錠34円~
売切れ
詳細を見る
ピオグリットMF(メタクト)
ピオグリットMFはメタクトのジェネリック。メタクト1錠あたりに対し安価で購入できます。2種類の糖尿病治療薬の成分を含有した配合薬でⅡ型糖尿病の治療薬です。血糖値を下げる3つの作用で糖尿病を改善します。
1錠43円~
売切れ
詳細を見る
アトルリップ(リピトール)
アトルリップはリピトールのジェネリック。脂質異常症の治療に用いられる薬で、国内治験でコレステロール低下作用に関して高い作用を示しました。また、5mg、10mg、20mgの用量から選択して購入できます。
1錠54円~
在庫あり
詳細を見る
ロスマック(クレストール)
ロスマックはクレストールのジェネリック。クレストール1錠あたりに対し安価で購入できます。悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やし、中性脂肪を下げる効き目の強い脂質異常症治療薬です。
1錠74円~
在庫あり
詳細を見る
ベザリップ
ベザリップは2つの効果を持つ脂質異常症治療薬。トリグリセリドを下げ、HDLを増やす効果で脂質の異常値を正常に戻します。また、徐放性剤なので服用回数を少なくすることができ、副作用のリスクを軽減できます。
1錠57円~
在庫あり
詳細を見る
テラゾシン(ハイトラシン)
テラゾシンはハイトラシンジェネリック。高血圧と排尿困難の治療薬です。血圧を下げる効果と前立腺を縮小して尿道を拡げる二つの効果を持ち、選択的に作用するので副作用のリスクを軽減でき、持続性に優れた薬です。
1錠36円~
売切れ
詳細を見る
リパンシール(リピディル)
リパンシールはリピディルのジェネリックです。脂質異常症治療薬の一種で中性脂肪を分解することで中性脂肪を生成されにくくし、善玉コレステロールを増やす作用にも優れるという特徴を持ちます。
1錠91円~
在庫あり
詳細を見る
オルメシップ(オルメテック)
オルメシップはオルメテックのジェネリック。オルメテック1錠あたりに対し安価で購入できます。強めの降圧作用と臓器保護の作用を持つ高血圧治療薬で、副作用や併用禁忌薬が少なく、効果と安全性に優れた薬です。
1錠68円~
在庫あり
詳細を見る
コンコール(メインテート)
コンコールはメインテートのジェネリック。心臓に作用し、血圧を下げる高血圧治療薬です。β遮断薬と呼ばれる種類の薬で、選択的に作用するため副作用が起こりにくく、さらに効き目も長く1日1回の服用で済みます。
1錠66円~
在庫あり
詳細を見る
アタカンド(ブロプレス)
アタカンドは高血圧治療薬です。日本ではブロプレスという名前で販売されており、ブロプレスより安価に購入できます。血圧を下げ、臓器を保護する効果を持ち、心不全の治療にも用いられます。
1錠60円~
在庫あり
詳細を見る
ベナゼプリル(チバセン)
ベナゼプリルはチバセンのジェネリック。血圧を下げる高血圧治療薬で、糖尿病を改善する効果もあります。高血圧治療薬の中では中程度の降圧作用を持ち、持続性に優れる上に臓器を保護する作用もあります。
1錠61円~
在庫あり
詳細を見る
エナプリル(レニベース)
エナプリルはレニベースのジェネリック。レニベース1錠あたりの約1/2の価格で購入できます。効き目と安全性が高いことから高血圧治療薬の第一選択薬で、降圧作用と臓器保護作用を持ち、糖尿病の改善もできます。
1錠14円~
在庫あり
詳細を見る
ニトロダームTTS
ニトロダームTTSはパッチタイプの狭心症治療薬です。皮膚にパッチ剤を貼ることで血管を拡張し狭心症の症状を改善してくれます。また、症状をコントロールしやすくなり持続性にも優れています。
1枚165円~
在庫あり
詳細を見る
ビセレクト(メインテート)
ビセレクトはメインテートジェネリック。メインテート1錠あたりの約1/2の価格で購入できます。心拍を抑えることで血圧を下げる高血圧治療薬です。心臓が休まり負担が減るので様々な心疾患の治療に用いられます。
1錠23円~
在庫あり
詳細を見る
ベニテック(オルメテック)
ベニテックは高血圧治療薬のオルメテックのジェネリック医薬品です。血圧を上昇させる体内物質を抑えることで身体の血管を広げ、水分や電解質が調整することで血圧が下がります。
1錠54円~
売切れ
詳細を見る
アポナドロール(ナディック)
アポナドロールは本能性高血圧症、狭心症の治療薬ナディックのジェネリック医薬品です。心拍を抑え心臓を休ませる効果があり、心拍が抑えられることにより、血圧が下がります。
1錠31円~
売切れ
詳細を見る
フレティック(ラシックス)
フレティックはラシックスのジェネリック医薬品で、利尿作用を示し、全身のむくみを取る効果があります。有効成分はフロセミドで効果の持続時間は4~6時間です。
1錠16円~
売切れ
詳細を見る
フェブタズ(フェブリク)
フェブタズは痛風、高尿酸血症の治療薬フェブリクのジェネリック医薬品です。有効成分フェブキソスタットが尿酸の生合成を抑え体内や尿中の尿酸を減らすはたらきがあります。
1錠54円~
在庫あり
詳細を見る
ズリッグ(フェブリク)
ズリッグは痛風、高尿酸血症の治療薬フェブリクのジェネリック医薬品です。有効成分フェブキソスタットは尿酸の生合成を抑え体内や尿中の尿酸を減らすはたらきがあります。
1錠41円~
在庫あり
詳細を見る
カレラ印薬煎
カレラ印薬煎は血糖値減少効果のある(ゴーヤ)を原材料としてインドのアーユルヴェーダ医学に基づいて製造された漢方薬です。血糖値の上昇を抑えコレステロール値を安定させるはたらきがあります。
1錠29円~
在庫あり
詳細を見る
シラジット印薬煎
シラジット印薬煎は三十種以上の生薬を原料としてインドのアーユルヴェーダ医学に基づき製造された漢方薬です。鉄分、カルシウム、セレニウム、マグネシウム、ナトリウム、亜鉛、クロム、銅を効率よく摂取できます。
1錠29円~
在庫あり
詳細を見る

生活習慣病(成人病)とは

生活習慣病(成人病)とは

生活習慣病とは、次のように定義されています。
「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」

つまり、わたしたちの日常生活そのものが原因となる病気なのです。
しかし定義からも推測できるように、一言で「生活習慣病」といってもさまざまな病気の種類があります。

ここでは生活習慣病の概要と、代表的な病気の種類を解説します。
また、簡単にできる生活習慣病のチェック項目も記載しておりますので、ご自身のライフスタイルと照らし合わせながらお読みください。

生活習慣病の種類

生活習慣病の種類

みなさんも聞いたことがあるような生活習慣病の代表的な種類、症状として、次のような病気があげられます。
恐ろしいことに、どれも"自覚症状"はほとんど見られません。

つまり気付かない内に徐々に進行・悪化していき、ある日突然、脳卒中や心筋梗塞などの命の危険に関わる病気を発症するようにもなります。
このことから生活習慣病は別名「サイレントキラー」とも呼ばれています。

また大人だけではなく、小さな子供も生活習慣病になることがあります。
これを「小児生活習慣病」と呼びます。
子供のケースでは病気にかかっている罹病期間(りびょうきかん)が大人に比べても長いことから、成人後に合併症を起こす頻度が高いと言われています。
生活習慣病は大人だけの問題ではなく、子供にも影響があることから予防となる健康管理、そして治療がとても重要になります。

糖尿病 糖尿病とは、「インスリン」と呼ばれるホルモンが低下することで高い血糖値が慢性的につづいてしまう病気です。
厚生労働省の発表によれば、男性の6人に1人、女性の11人に1人が糖尿病になっていると言われています。
悪化すると失明や、足などが壊死することもあるので要注意の病気です。

高血圧 高血圧は安静にしている状態でも血圧が正常値よりも上昇してしまい、それが慢性的につづいてしまう状態です。
血管に対して常に負担がかかっていることから動脈硬化を起こしやすいと言われています。

脂質異常症 脂質異常症とは、血液中に含まれる中性脂肪(トリグリセライド)などの脂質が基準よりも多い状態です。
以前までは"高脂血症"とも呼ばれていた病気です。
余分な脂質が血液中にあることで、動脈硬化や心筋梗塞あるいは脳卒中などを引き起こします。

痛風 「風にあたるだけで痛い!!」と表現されるほどの激痛が発作的に起こる関節炎になります。
発症する90%が男性だとも言われ、女性が痛風になることは滅多にありません。
尿酸がからだの中に蓄積されてしまい、尿酸結晶ができることで発作が起こります。
腎臓病や尿路結石などさまざまな合併症を起こしてしまうことでも知られている病気です。

~生活習慣病と成人病~

以前は成人病とも呼ばれていましたが、1996年に「生活習慣病」として改められました。
1996年以前は40歳以降の死亡率が高く、しかも死因を占める割合も高かったことから「中高年になればかかる病気」とされてきました。
つまり原因は"加齢"にあると考えられていたのです。

しかし1996年をさかいに成人病から生活習慣病になったのは、研究により「生活習慣の積み重ね」が原因であることが明らかとなったからです。
それまで成人病は早期発見・早期治療という二次予防がとられていました。
ですが、不規則な生活習慣が原因であると明らかになったことで、生活習慣を改善して病気の発症あるいは進行を予防するという考えに変わっていきました。

そこで個人が生活習慣を見直し、そこに社会的な支援ができるように整備していくためにも「生活習慣病」とすることを厚生労働省が決定しました。

生活習慣病の予防と改善

生活習慣病の予防と改善

生活習慣病は悪い生活習慣が長年続くことで引き起こされてしまいます。
遺伝的な要因があるものの、要因としてはごくわずかです。
生活習慣病のもっともな原因となるのは「食事」「運動不足」「ストレス」「飲酒・喫煙」などになります。

現在からだに支障がないからといっても、こういった原因は時間をかけてからだを蝕んでいきます。
「当たり前」と思っていた生活習慣が、将来取り返しがつかないことになる可能性があります。

特に食事の影響は、かなり遅れてから現れます。
好きなものだけを食べていたり、味付けが濃いものばかりが中心の食生活を続けていると、いずれは何かしらの生活習慣病を引き起こすことになりかねません。

生活習慣病において「脂質」「血圧」「血糖値」の3つの値は発症に大きく関わります。
健康診断などでこれらの数値に異常が見つかればもちろんですが、どの数値も高くならないようにバランスの良い食事をこころがけるのが大切です。

また運動は生活習慣病にならないための基本中の基本です。
運動によって血行を良くすることで、血管の健康状態を保つことにつながります。
これによって"動脈硬化"の予防につなげることもでき、メタボリックシンドローム(メタボ)解消にも役立ちます。
しかも運動することでストレス発散になることもあるので、適度な時間からだを動かすことはとても大切です。

飲酒に関して言えば、適量なら問題はありませんが、食事とおなじく遅れて悪い影響が現れるので飲み過ぎには注意が必要です。
喫煙はいうまでもなくメリットは1つもないので、禁煙は生活習慣病はもちろんですが"ガン"などの重い病気を予防することにもつながります。

規則正い、健康的な生活を送ることで生活習慣病の予防・改善につながることは間違いありません。

生活習慣病チェック

生活習慣病の診断チェック

性別・年齢を問わず発症する生活習慣病ですが、次にあげる項目のうち、いくつ当てはまるかをチェックしてみてください。

普段普通に生活をしていても、当てはまるものが意外と多いかもしれません。

日常生活における生活習慣病チェック

  • 運動をしない
  • 仕事がデスクワーク
  • ほんの短い距離でも車などで移動する
  • 階段を極力さけ、エスカレーターやエレベーターを使用する

食生活による生活習慣病チェック

  • 栄養が偏っている(好き嫌いが多い)
  • 肉類が中心で、野菜や果物をあまり食べない
  • 甘いものが好き
  • 間食が多い
  • 味つけが濃いものが好き
  • 不規則な食事時間
  • 外食が中心
  • 「お腹がいっぱい!!」と感じるまで食べないと気が済まない

喫煙と飲酒による生活習慣病チェック

  • タバコがやめられない
  • 休肝日がほとんどなく、お酒を飲みたいだけ飲む

ストレスによる生活習慣病チェック

  • 寝不足
  • 趣味などがない
  • 休日出勤や残業が多い
  • うまくいかない人間関係
  • 完璧主義で責任感が強い
  • せっかちな性格

上記チェック項目のうち、日常生活の中でこころあたりがあるものはどれだけありましたか?

当てはまる項目が多ければ多いほど、生活習慣病のリスクは高まります。
「怪しいな・・・」と思う人は、すぐに検査することをオススメします。

生活習慣病の悪化がもたらす重大リスク

生活習慣病悪化による体へのリスク

自覚症状がほとんどないことから"サイレントキラー"とも呼ばれる生活習慣病を放置してしまうと、「動脈硬化」が進行していきます。

動脈硬化の原因には、次ようなことがあります。

  • 血中や血管壁のタンパク質が糖化してしまう(糖尿病)
  • 血管壁にコレステロールが溜まってしまう(脂質異常症)
  • 血管に高い圧力がかかる(高血圧)

こういったことが重なっていくことで、動脈硬化は進行していきます。
健康な人の血管には"弾力性"があります。
拡張と収縮を繰り返すことで、ポンプのようにしてからだ中に血液を送り届けています。

しかし動脈硬化になると、血管の弾力性は失われてしまい血流が悪くなってしまいます。
そして重症化すると血管内に血栓ができてしまい、血管が完全に塞がれてしまうこともあります。

血管が塞がれてしまうことで、以下に記載する命に関わるような病気を発症するようになります。

心臓病

動脈硬化が進行することで心臓に起こる病気には、次の2つがあります。

狭心症とは、心臓の周りを取り巻いている「冠動脈」が狭くなってしまうことで、心臓を動かしている血流が不足してしまいます。

すると「心筋虚血」が起こります。
胸に締め付けられるような痛みや圧迫感を感じるようになります。
こういった症状が数分~15分ほど続くとされています。

一方の心筋梗塞は、冠動脈が完全に塞がってしまいます。
つまり心臓の血流がストップしてしまいます。
血流がストップした部分は壊死し、呼吸困難や激しい胸の痛みを感じます。
また吐き気や冷や汗といった症状などもあり、長時間続きます。

脳卒中

国内で介護が必要となる病気の第1位はなにかご存知でしょうか。

  • 男性・・・脳卒中
  • 女性・・・認知症

ちなみに介護が必要な人で男性のおよそ30%、女性のおよそ10%以上の割合を脳卒中が占めています。
脳の中にある神経細胞には、「運動」「言語」「視覚」「聴覚」などをつかさどる機能があります。
脳卒中にかかると、神経細胞に障害を起こしてしまうようになります。

  • 脳の血管がつまる・・・脳梗塞
  • 血管が破れて出血・・・脳出血やくも膜下出血

障害が起こった部位によっては、からだが動かなくなったり、言葉が発せられないなどの後遺症が残ることもあります。
後遺症が重ければ重いほど介護が必要な状態になり、本人だけでなく家族や周囲の人たちへの負担も大きくなります。

脳卒中の代表的な症状としては、次のようなものがあります。

  • 突然、倒れる
  • ろれつが回っていない
  • 片目が見えない
  • 視野がかける
  • 顔や手足の半分だけに力が入らない、あるいは動かない

発症から3時間以内に治療すれば後遺症も軽くなることがわかっていて、もし疑いがある症状が現れた場合には速やかに病院へいきましょう。

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症は足などの動脈硬化が進行してしまうことで、血管が狭くなることや詰まったりする病気です。

血流が悪くなってしまうことで、しびれが起きたり、痛みや冷たさを感じるようになります。
悪化すれば、安静にしている時でも症状が現れるので日常生活に支障をきたすことがあります。

生活習慣病とメタボの違い

生活習慣病とメタボの違い

一度は耳にしたことがあるくらい世の中に広まったメタボリックシンドローム、通称"メタボ"を生活習慣病と考えている人も少なくないはずです。
実はこれら2つは似ているようで、少し違います。

メタボリックシンドロームとは、内蔵脂肪が蓄積した状態(内蔵脂肪型肥満であり、「血糖値」「血圧」「脂質値」のうち2つに異常がある症候群のことになります。

しかし「なんだ生活習慣病ではないんだ」と安心してはいけません。
というのも、メタボリックシンドロームの診断基準は糖尿病や高血圧、脂質異常症の診断よりも厳しいです。
つまり「健康診断では問題なし」とされていても、内蔵脂肪の蓄積が認められ、他の検査で数値に異常があればメタボリックシンドロームと診断されることがあるので油断は禁物です。

メタボの診断基準
ウエストの周り 男性:85cm以上 女性:90cm以上

上記の項目と合わせて次の中で2つ以上に当てはまる
収縮期血圧 130mmHg以上
かつ/または
拡張期血圧:85mmHg以上
空腹時高血糖 110mg/dL以上
高トリグリセライド
(中性脂肪)血症
150mg/dL以上
かつ/または
低HDLコレステロール血症:40mg/dL未満

メタボリックシンドロームは内蔵脂肪が過剰に蓄積することが問題です。
内蔵脂肪を蓄積させることで生活習慣病を招いてしまいます。
内蔵脂肪型肥満(メタボ)を改善していくことは、生活習慣病予防の第一歩と言えるでしょう。

最近閲覧した商品