商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

ヘルペス

ヘルペスは性行為や飛沫などによって感染し、さまざまな部位に症状が現れる感染症です。予防方法や男女別の症状について解説します。

ヘルペスの一覧


アシビルDT(ゾビラックス)
アシビルDTはゾビラックスジェネリックです。ジェネリックのため低価格でお求めになれます。内容量は200mgで、口唇・性器ヘルペスや帯状疱疹の治療薬に用います。また、副作用が少なく、安全性に優れています。
1錠56円~
在庫あり
詳細を見る
バルシビル(バルトレックス)
バルシビルのバルトレックスのジェネリックです。500mgと1000mgの2種類があり、ジェネリック薬のため低価格でお求めになれます。主にヘルペスなどを治療する抗ウイルス薬です。
1錠152円~
在庫あり
詳細を見る
ゾビラックス
ゾビラックスはヘルペス治療に用いる抗ウィルス薬です。古くからヘルペス治療に用いられ、口唇・性器ヘルペス、帯状疱疹に効果があります。200mg、400mg、800mgをお求めになることができます。
1錠81円~
在庫あり
詳細を見る
バルクロブ(バルトレックス)
バルクロブはバルトレックスのジェネリック。ヘルペス感染症に有効な抗生剤で、腸からの吸収が良いため従来のヘルペス治療薬に比べ少ない服用回数で治療でき、飲み忘れを防止することができます。
1錠156円~
売切れ
詳細を見る
アシクロビルクリーム(ゾビラックス)
アシクロビルクリームはゾビラックスクリームのジェネリックのため安価に購入できます。古くからヘルペス治療に用いられる塗り薬で内服薬タイプに比べ副作用が少なく安全性に優れています。
1本584円~
在庫あり
詳細を見る
アシビルDT(ゾビラックス)
アシビルDTはゾビラックスのジェネリック。ゾビラックス1錠あたりに対し安価で購入できます。再発を繰り返しやすい各種ヘルペスに高い効果を発揮してくれ、比較的副作用が少なく安全性にも優れています。
1錠56円~
在庫あり
詳細を見る
バルトレックス
バルトレックスはヘルペスや、帯状疱疹、水疱瘡などの治療薬です。 プロドラッグと呼ばれており、ヘルペス治療薬のゾビラックスの改良版で薬の吸収率を改善させた第2世代の抗ウィルス薬です。
1錠143円~
在庫あり
詳細を見る
プレミアムリジン
プレミアムリジンとは疲労回復に効く"L-リジン"を2000mgも配合した健康のためのサプリメントです。 健康的な生活を送りたい、薄毛が少し気になる方にオススメです。
1錠7円~
在庫あり
詳細を見る
バルクロビル(バルトレックス)
バルクロビルはバルトレックスのジェネリック。バルトレックスより安価に購入できます。腸からの吸収に優れるため副作用回数が少なく済み、あらゆる種類のヘルペスを治療できる抗ウィルス薬です。
1錠123円~
在庫あり
詳細を見る
ファムビル
ファムビルは性器ヘルペスや口唇ヘルペス、帯状疱疹などを治療するヘルペス治療薬です。ウィルスの増殖を防いでくれ、ヘルペスの発症初期に服用することで悪化を抑え、治療速度を早めてくれます。
1錠364円~
在庫あり
詳細を見る
ファムシマック(ファムビル)
ファムシマックはファムビルのジェネリックです。ファムビルより安価で購入できます。ヘルペスや帯状疱疹の治療に用いる治療薬で再発の多いヘルペスの常備薬として価格の安いファムシマックはオススメです。
1錠200円~
在庫あり
詳細を見る

ヘルペスとは

ヘルペスはヘルペスウイルスというウイルスによって引き起こされる性感染症です。
ウイルスの種類や感染する部位によって、様々な症状が現れます。
感染者とのあらゆる性行為や感染した部位との接触、唾液による飛沫感染など、感染経路も様々です。
一度感染すると、体内のウイルスを完全に取り除くことはできず、疲労やストレスなどが引き金となり再発することもあります。

ヘルペスは実は多くの人が一度はかかったことがある一般的な感染症となっています。

その例としてあげられるのが、「水ぼうそう」です。
ほとんどの人が、小さいころになったことがある経験をお持ちのはずです。
水ぼうそうは、水痘・帯状疱疹ウィルスが感染することで起こります。
これはヘルペスウィルスの仲間で、ウィルスの名前から分かるように「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」もこの仲間に含まれます。

また、口唇や性器にウィルスが感染して発症するのが、代表的な「単純ヘルペスウィルス1・2型」によるものです。
ヘルペス=性感染症」というイメージがあるかも知れないですが、ウィルスの種類によっては必ずしも性行為によって感染する訳ではありません。

ここでは、国内感染率第3位の「性器ヘルペス」と、性行為以外でも感染する「口唇ヘルペス」について詳しく解説していきます。

ヘルペスの治療方法

性器や口唇に感染したヘルペスは薬によって治療しても、ウィルスを完全にからだの中から取り除くことはできません
人によっては再発を繰り返すこともあり、他の性感染症とくらべても厄介な感染症です。

ヘルペスウィルスに効果を発揮すると言われているのが「バルトレックス」や「ゾビラックス」になります。
再発を繰り返す可能性も考えると、こういった治療薬を常備しておくのも良いでしょう。

ヘルペスの予防方法

ヘルペスウイルスは、免疫力が下がっていると活発化し、症状を再発させます。
従って免疫力を下げないように以下の事柄をこころがけましょう。

①疲れやストレスをためない
睡眠時間や休息を十分にとれていないと再発することがあります。

②紫外線を浴びない
紫外線は皮膚の免疫力を低下させるので紫外線を極力避けましょう。

③肌荒れ、皮膚炎の治療
肌荒れ、皮膚炎があると免疫力がそちらに取られてウイルスを抑制できなくなります。
日常のスキンケアで予防しましょう。

しかし、日常でどんなに注意していても再発してしまうこともあります。
より高い確率でヘルペスの再発を予防するなら、前述の「バルトレックス」にはヘルペスの再発抑制の効果が認められていますので再発抑制に用いる場合の用法用量で使用することをおすすめします。

性器ヘルペスの症状

ヘルペスの潜伏期間とウィンドウ期間については、次のようになっています。

  • 潜伏期間 ・・・ 2~10日
  • ウィンドウ期間 ・・・ 3~12週間

ウィンドウ期間は、細菌やウィルスに感染してから検査が可能になるまでの期間となっています。

ヘルペスの検査は他の性病とは少し異なります。
感染初期の状態と症状が回復した時を比較して、ウィルス量の差が4倍以上になって場合、感染の基準を満たすとされています。

ここからは男女に分けて、症状の解説を行っていきます。

男性の症状

性器ヘルペスに感染した場合の症状は、次のようになっています。

・患部がヒリヒリしたり、かゆみを感じる

・2~10日を目安に、1~2mmほどの小さなブツブツや水ぶくれ

・水ぶくれが潰れて潰瘍ができる

また、このような症状以外にも、強く痛みを感じることや発熱することがあります。
太ももにあるリンパ節が腫れることや痛みがでることもあります。

感染を自覚することが少ないので、こういった症状を知っておくと、万一の時に役立つはずです。

~再発した場合に~

80%以上の人が、一度目の感染から1年以内に再発するとされています。

ただ、はじめての感染に比べると再発の場合は症状が軽いことが多いので、治療期間も短くなると言われています。

しっかりと治療することと、再発を防ぐために日常生活をコントロールすることが大切になります。

女性の症状

女性器に男性と同じように「水ぶくれ」や「潰瘍」が現れます。
男性との違いは、強い痛みのために排尿が困難になってしまうケースがあり、発熱することもあります。
感染は膣の入り口ですが、その後に「子宮頸管」や「膀胱」まで感染が広がることもあるので注意です。

~再発した場合に~

女性も80%以上の人が、一度目の感染から1年以内に再発するとされています。

女性の場合は再発のサインとして、膣の入り口に痛みを感じることや太もも周囲に神経痛などが現れることがあります。

はじめての感染に比べると再発の場合は症状が軽いことが多いので、治療期間も短くなると言われています。

しっかりと治療することと、再発を防ぐために日常生活をコントロールすることが大切になります。

口唇ヘルペスの症状

口唇へルペスは男女ともに同じ症状が現れます。

  • 患部がヒリヒリしたり、違和感を感じる
  • 違和感があった場所が赤く腫れる
  • 腫れている部分に小さい水ぶくれができる(小さい水ぶくれが合わさって大きくなることも。)
  • 水ぶくれが破ける(液体がでてきますが、これに触れた手で他人と接触すると感染の可能性があります。)

性器ヘルペス同様に、再発を繰り返しやすいです。
風邪によって免疫がさがることや、ストレスなども再発の原因になります。
このことから「風邪の華」や「熱の華」と呼ばれることもあります。

また少数の人ですが、ヘルペスウィルスが脳に入ってしまうことがあります。
これによって「ヘルペス脳炎」を起こすことがあるので、要注意です。

~ヘルペス脳炎とは~

口唇ヘルペスだけでなく、性器ヘルペスや母子感染によっても起こる可能性がある重い急性脳炎です。
急性期には、発熱や意識障害、けいれん、言語障害などが現れます。
幻覚や異常行動などもみられ、死亡率は20~30%と命の危険に関わります。
後遺症が残ることもあるので、非常に危険な病気となります。

100万人に対して3人ほどの割合ですが、万一を考えてしっかりとヘルペス検査と治療を忘れずに行ってください。

また口唇ヘルペスと口角炎の症状が似ていることから同じものとして誤解している人がいます。
口角炎は、カンジタという真菌(カビ)が原因になる感染症なので、原因は異なり治療方法も異なるので注意が必要です。
症状も似ていることから口角炎を「カンジタ性口唇炎」と呼ぶこともあります。

ヘルペスの原因

ヘルペスの原因となるウィルスは全部で8種類あり、それらは人への感染が確認されています。

◎単純ヘルペス1型 ・・・ 口唇ヘルペスなど
◎単純ヘルペス2型 ・・・ 性器ヘルペスなど(性感染症)
◎水痘・帯状疱疹ウィルス ・・・水ぼうそうや帯状疱疹
◎エプスタイン・バーウィルス ・・・ 伝染性単核症
◎サイトメガロウィルス ・・・ 肺炎や網膜炎
◎ヒトヘルペス6 ・・・ 突発性発疹や脳炎など
◎ヒトヘルペス7 ・・・ 突発性発疹
◎ヒトヘルペス8 ・・・ カポジ肉腫

水ぼうそうや口唇・性器ヘルペスなどが広く知れられていますが、他にもヘルペスウィルスの仲間はたくさんいるのです。
日常生活で注意したいのが、単純ヘルペスウィルスの1・2型です。
1型は日本人の50~70%、2型で5~10%の人が感染していると言われています。
どちらも再発を繰り返すのが特徴なので、感染してからも繰り返しの治療が必要になるケースも珍しくありません。

性病である性器ヘルペス(単純ヘルペス2型)だけでみると、男女比は女性の方が多いことがわかっています。
特に20~30代の若い女性に集中しているので、注意が必要となっています。
また、免疫力が低下する60代以降の高齢者も注意が必要です。

性器あるいは口唇ヘルペスを発症するのは、「単純ヘルペスウィルス1・2型」が原因となっています。
このウィルスの特徴は、一度感染してしまうと人の神経細胞(三叉神経節)に一生棲みついてしまうことです。
これを「潜伏感染」といいます。
体調不良によって免疫力が低下したり、ストレスなどが引き金になって再びウィルスがからだの中で暴れだすことで再発を繰り返してしまいます。

つまり、一度感染すると何らかの拍子で再発するので、単純ヘルペスウィルスの治療はもちろん、再発しないようにコントロールすることも大切です。

ヘルペスに対する治療薬は存在するものの、からだの中から完全になくすということは現代医学では難しいとされています。
ただし、ウィルスの増殖を抑えることは可能なので、他の人に感染させないためにもヘルペス治療は必要となります。

~ヘルペスウィルスの増殖の仕方~

ヘルペスウィルスの大きさは、1mmの1/10000くらいの大きさです。

ウィルスは自分で子孫を作ることはできません。
人のからだの中に入ることで、人の細胞を材料にして自分のコピーを作り出します。

増殖の仕方から、自分自身で増殖できる細菌とは増え方が違うことが分かります。

なので、クラミジアや淋病、梅毒といった細菌が原因になる性感染症とは治療薬も異なります。

ヘルペスウィルスの感染経路

ヘルペスへの感染は、クラミジア淋病と同じく「あらゆる性行為」が感染経路となっています。

  • 通常の方法で行われるセックス
  • オーラルセックス
  • アナルセックス

また口唇ヘルペスに限っては、セックス以外でも感染します。

唇に触れた「」を媒介して他人に接触
口唇ヘルペスの人との「キス
唾液による「飛沫感染

感染している部位には大量のヘルペスウィルスが繁殖しているので、セックス以外でも他人との接触には注意が必要となります。
タオルやコップ、食器、洋式トイレの便座などにウィルスが付着した場合には、そこから感染することもあります。

また口唇ヘルペスは、オーラルセックスによって性器へ感染させる恐れもあります。

単純ヘルペスウィルス1・2型は感染力が非常に強いので、日常生活でも感染させないための工夫が必要になります。

尚、妊娠している女性の膣にヘルペスの病変があるケースでは、帝王切開での出産が勧められています。
これは生まれてくる赤ちゃんへの母子感染を防ぐためだと言われています。

最近閲覧した商品