商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

ストレス

ストレスがたまると心身にさまざまな悪影響を与えてしまいます。ストレス解消法から、原因、種類について解説します。

ストレスの一覧


ジェリフォルテ
ジェリフォルテは、疲労やストレスの解消をサポートするサプリメントです。活性酸素を抑制し免疫力を高めてくれます。長期間の服用もおすすめで、体力増強も行えるので疲れにくくなります。
1錠14円~
在庫あり
詳細を見る
タガラ
タガラは不安障害、緊張を和らげてリラックス作用をもたらすサプリメントです。強い不安などで眠れなくなっている状態を緩和することができます。睡眠障害がなくなれば健康面で多くのメリットを得ることができます。
1錠20円~
在庫あり
詳細を見る
パントテン酸サプリ500mg
この商品は肌荒れの改善に効果があるパントテン酸を1粒に500mg含むサプリメントです。余分な糖質や脂質を代謝し、毛穴で分泌される皮脂を抑制することで肌荒れの改善に繋がります。
1錠15円~
在庫あり
詳細を見る
パントテン酸サプリ1000mg
この商品は肌荒れの改善に効果があるパントテン酸を1粒に1000mg含むサプリメントです。余分な糖質や脂質を代謝し、毛穴で分泌される皮脂を抑制することで肌荒れの改善に繋がります。
1錠54円~
売切れ
詳細を見る
アシュワガンダ印薬煎
アシュワガンダ印薬煎は勃起不全の改善、性欲増強をサポートする漢方薬です。アシュワガンダはインドで古くから利用されているハーブで”インドのバイアグラ”という異名を持つほど精力増強効果のある成分です。
1錠29円~
在庫あり
詳細を見る

ストレスとは

「ストレス」とは本来、物理学の分野で使用されていた表現です。
物理学でいうところのストレスとは、外部からかけられた圧力によって物体に生じる歪みのことを指します。
一方、医学や心理学の分野では、外的な圧力によって生じる心身の負担のことをストレスと呼びます。
また、ストレスによって発生する心身の異常を「ストレス反応」と表現します。
ストレスの種類、またそれによって発生するストレス反応の種類はさまざまで、場合によっては重篤な症状をもたらす可能性もあります。

ここでは、そんなストレスの種類について、また解消方法についてまとめています。
特に“ストレス社会”といわれるほど、原因となる要素がいたるところに転がっている現代ですからストレスに悩まされない生活を心がけ、もしストレスを溜めてしまった場合でもしっかり解消できるよう、ポイントを押さえておきましょう。

ストレスの解消法

ストレスの原因となる要素は、日常生活を送る中、いたるところに見つけることができます。
たとえば郊外の住宅地に一戸建てを有して家族で生活しているサラリーマンの1日は、朝の満員電車、反りの合わない上司や同僚と過ごす会社、酔客らとともにすし詰め状態で電車に乗る帰宅時間……など、あらゆるところにストレスの原因になり得る要素があります。
そんな中、ストレスと完全に無縁な生活を送るのはきわめて難しいといえます。

とはいえ、これを軽減させ、ある程度解消させて日常生活を支障なく送ることはできます。
たとえば、ストレス解消効果のあるサプリメントの使用、ストレスを洗い流す入浴、体を動かすことでストレスを追い出す運動といった方法があります。
以下、これら3つのストレス解消方法について紹介します。

サプリメントを利用する

心身の健康を整える有効成分を含有するサプリメントには、さまざまな種類のものがあります。
特にストレス解消に効果的とされているのは、「ビタミンC」「ビタミンB群」「プロテイン」「ヘム鉄」「マグネシウム」「DHA」「乳酸菌」といった成分を含有するサプリメントです。
また、ストレスに対する抵抗力を養う効果が期待できる「パントテン酸」という成分を含むサプリメントも有効といえます。

ストレスにお悩みの方は、以上のような成分が含有されたものを中心に探すことをおすすめします。
とはいえ、たとえば錠剤タイプのサプリメントを1錠だけ飲めばストレスが解消される、あるいは抵抗力がつくわけではありません。
各サプリメントの用法用量に従って長期的に服用すること、またサプリメントのみに頼らず普段の食生活にも気を配ることが大切です。

半身浴をする

ほどよい温度のお湯をたっぷり浴槽に張り、のびのびと体を伸ばしてゆっくりと入浴のひとときを過ごすことで、ストレスを解消することが可能です。

「交感神経」「副交感神経」という2種類の自律神経のうち、副交感神経が優位にはたらくようになるため、ストレス解消に効果的とされています。
自律神経とは心身の活動全般をつかさどる神経で、交感神経が優位にはたらいているときは心身が緊張し、逆の場合は心身がリラックスします。
リラックスさせることで心身を落ち着けて再び活発に活動できるようパワーを蓄える効果があります。
そんな中で、心身を不調にするストレスも解消され、風呂上がりには元気よく過ごすことができます。

38~40度ほどの水温で約20分というのが、効果的な入浴の方法です。
ただし、長時間の入浴は逆効果をもたらす場合もあるので、その点に注意しましょう。

適度な運動をする

入浴が副交感神経を優位にして心身をリラックスさせるのとは逆に、運動には交感神経を優位にはたらかせる性質があります。

激しすぎる運動は心身を異常に緊張させてストレス反応を引き起こしますが、無理のない範囲内で行うウォーキングやランニング、水泳といった体をリズミカルに動かす運動には、交感神経を適度に刺激し、ストレスによってネガティブになりがちな気持ちをポジティブに転換させるはたらきがあります。

また、心身に溜まったストレスを追い出そうとする意欲を自然に湧き立たせるエンドルフィンという神経伝達物質の分泌をサポートするというのがポイントです。
1日あたり15分ほどの運動でも十分にストレス解消の効果が見込めます。
長く続けていくことで、その分だけストレス解消の効果は高まります。

ストレスの症状

ここでは、ストレスが心身に蓄積されることで発生するストレス反応=ストレスの症状について具体的に解説していきたいと思います。
ストレスが心身にもたらす症状の種類はさまざまですが、特に代表的なのは頭痛や不眠症、自律神経失調症といったものです。
「ストレスといえば心にダメージをもたらすもの」とイメージされがちですが、頭部の全体が鈍く痛んだり、手足がしつこく痺れたりといった身体的な症状をもたらすこともあります。
また、頭痛や不眠症がいつまでも続くことでさらにストレスが溜まり、症状もよりひどくなっていくという「負のスパイラル」に陥ってしまうこともあるようです。

では以下、そんな「頭痛」「不眠症」「自律神経失調症」についてそれぞれ詳細に解説していきます。

頭痛

さまざまなストレス反応のうち、身体的な症状のひとつとして挙げられるのが頭痛です。

・頭部の全体が締めつけられるように鈍く痛む
・左右いずれかに強い痛みが偏っている
・何週間、何ヶ月、何年かに1回、激しく切り込まれるかのような頭痛が続く時期がある


など、その種類はさまざまですが、大きく分けると「急性頭痛」「慢性頭痛」の2種類に分かれます。
文字通り、1回こっきりで急に痛みが発生するというのが急性頭痛になります。
そして、1回で終わらず慢性的に頭痛が続くというのが慢性頭痛です。

このうち、特に注意すべきなのは慢性頭痛であるといえます。
慢性頭痛には「片頭痛」「群発頭痛」といった種類があり、いずれも日常生活に支障をきたすほどの状態に発展するケースがあります。
特に群発頭痛は、何週間か何ヶ月か、あるいは何年かに1回という周期で頭痛が集中するというタイプの症状ですが、その痛みは筆舌に尽くしがたいもので、「眼球をえぐられるよう」と表現されるほどです。

このような頭痛に対処するには、なるべく日々の中でストレスを溜めないよう心がけること、サプリメントを使ったり入浴や運動を適度に行ったりしてストレス解消に努めることなどが挙げられます。
また、群発頭痛のような激しい症状がもたらされる場合は、頭痛薬をはじめとする医薬品などを使っていくことも考えるべきといえます。

不眠症

ストレスによる不眠症は、専門用語的には「ストレス性睡眠障害」と呼ばれるものです。
心身にストレスが蓄積されることで、正常で健康的な睡眠を行うことができなくなるという症状を指しています。
不眠症(睡眠障害)には、寝つきが異常に悪くなってしまう「入眠障害」や、途中で何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」や眠りが異常に浅くなって少しの刺激でも目覚めてしまう「熟眠障害」などさまざまなものがありますが、特にストレスによって多く見られるのは入眠障害です。

これは、ストレスによって交感神経(自律神経のひとつ)が優位にはたらくことで起こると考えられます。
自律神経は心身を高揚させる交感神経、落ち着かせる副交感神経がバランスよくはたらいていますが、ストレスがたまると交感神経が優位な状態が保たれるようになり、心身は常に高揚・緊張し、休まる暇がなくなります。
その結果、夜に眠ろうと思ってもなかなか覚醒状態から休眠状態に移行できない入眠障害を発症してしまうと考えられます。

自律神経失調症

ひどいめまい、倦怠感、肩こりなどが症状として挙げられる「自律神経失調症」は、ストレスによって起こる症状のひとつです。
自律神経を形成する交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、上記のような身体的な症状が現れます。

・ちょっとしたふらつきが頻繁に起こる
・急に息苦しくなる
・暑いわけではないのに汗が止まらなくなる
・ふわふわとした浮遊感がある
・手足のしびれがある


など、心身の不快感を伴う症状が現れたときは、自律神経失調症が発症しかかっていると考えられます。
以上のような前兆が現れた場合には、ストレスを溜めない生活を心がける、あるいはストレス解消に努めるといった対処が必要です。

ストレスの原因

ストレスの原因は、専門用語的には「ストレッサー」と呼ばれます。
ストレッサーは、日常のいたるところにひそみ、心身にはたらきかけてストレスを蓄積させていきます。
そして最終的に、前項までに述べたようなさまざまな症状を現わすことになります。

たとえば、日常生活の中にひそむストレッサーの代表的なものとして挙げられるのは「仕事」「対人関係」といったものです。
どんなに好きな仕事ではあっても、体力や精神力を必要とする作業があったり、細心の注意を払いつつ行わなければならない作業があったりすると、徐々にストレスはたまっていきます。
「好きな仕事をしているわけではない、食べるために仕方なくしている」という場合はより一層、ストレッサーになってしまう可能性が高まります。

また、仕事をするにせよ、しないにせよ、また大人であれ子供であれ、社会の中で生きている限りは必ずさまざまな対人関係を誰かと結ぶことになります。
仕事の同僚やご近所づきあい、同じ教室で学ぶ友人や教師……このようなさまざまな対人関係の中で、性格の不一致などでストレスをためてしまうことがあります。
家族との対人関係ですら、人によっては重大なストレッサーになり得ます。

このように、ストレスの原因はさまざまです。
解消するためには、日々の生活の中にストレッサーがないかどうか、しっかりチェックする必要があるといえるでしょう。

ストレスの種類

ストレスの種類は、ストレッサー(原因となる要素)の数だけあると考えられますが、主に以下の5タイプに大別することができます。

「心理的ストレス」は、いわゆる精神的なストレスのことを指します。
仕事や対人関係の中で心理的・精神的な圧迫を受けてストレスを溜めてしまうというものです。

「社会的肉体的ストレス」は、社会的な“お付き合い”の中で、ストレスを溜めてしまうというものです。
たとえば、会社ではウマの合わない上司や同僚とも付き合っていかなければならなかったり、地域社会の中ではご近所づきあいをうまくやらなければならなかったりと、そのような場面の中で心身にたまるストレスのことです。

「物理的ストレス」は、いわゆる身体的なストレスのことです。
周囲の音や気候(暑い・寒い)などが原因となるものを指します。

「化学的ストレス」は、化学物質によって心身にたまるストレスです。
薬物や食品添加物などが直接的な原因となります。

「生物的ストレス」は、花粉症でイライラしたり、細菌やウイルスによって身体的なストレスが促進されたりするというものです。

以上のような種類に分けられるストレスですが、ここからは、その一つずつについて詳しく解説します。

心理的ストレス

心理的ストレスとは、は精神的な圧迫を周囲から受けることで溜めてしまうストレスのことです。
仕事・対人関係など、日常生活の中で起こるさまざまな出来事が、心理的ストレスの原因になり得ます。

また、自分自身で自分に心理的ストレスを蓄積させてしまうケースもあります。
たとえば受験シーズン、高い目標を目指して自分を追い込みすぎたり、学校を卒業する間近に自分の将来に関する漠然とした不安が大きくなってしまったりするようなことが代表的な心理的ストレスとして挙げられます。

あるいは、悲しみの感情が心理的ストレスにつながるケースも少なくありません。
肉親や配偶者との死別など、特にショッキングな出来事がストレスにつながる場合が多いようです。

そのほか、やや特異なパターンとしては、ショッキングな事件の詳細を人から聞いたり読んだりする、あるいは映像を見る、また今まさにそのようなショッキングな状況の渦中にいる人の悲鳴や叫びを聞き続けるといったことで心理的ストレスを溜めてしまうことがあります。
戦争の時代に発生したストレスの大部分は、このようなものであるといえるでしょう。

心理的ストレスが溜まり、ストレス反応が現れる前兆としては「自律神経の異常」が挙げられます。
めまいやふらつき、異常な発汗など自律神経失調症の初期症状が現れているとき、心理的ストレスが溜まっていると考えられます。

社会的肉体的ストレス

社会的肉体的ストレスとは、肉体の使用を伴う社会的な出来事によって溜まるストレスのことです。
仕事で取引先の偉い人のご機嫌を取りながら飲食店で接待をしなければならなかったり、ママ友たちと特に興味のないオシャレなランチを食べに行かなければならなかったり、特に大人はさまざまな場面で“社会的なお付き合い”を円滑にするための行為に追われます。
このようなことが原因で溜まるストレスを「社会的肉体的ストレス」と呼びます。
一緒に飲食店を巡って作り笑いをするなど、肉体的に無理をすることが、ストレスの発生に拍車をかけます。

このような社会的肉体的ストレスの兆候としては、「ストレスの対象となるものに対しての恐怖・逃避」といったものがあります。

たとえば、
・仕事に行こうとすると足が動かなくなる
・朝起きられなくなる
・仕事中に強烈な吐き気などが現れるようになる


こういった症状が見られた際には、仕事によって社会的肉体的ストレスが蓄積されているといえるでしょう。

物理的ストレス

物理的・身体的に外側から与えられるさまざまな圧力が原因となって心身に蓄積されるストレスのことを「物理的ストレス」と呼びます。

具体的には、照明や住居・寝床の環境、気温や湿度、騒音、悪臭といったものが該当します。
上記のような、五感のいずれかで不快感を覚えるものが長時間続くと、自分からは何もしていなくとも心身に負担がかかり、その結果強いストレスを感じるようになるのです。

このような外的な要因によって発生する物理的ストレスからストレス反応が現れる前兆としては、不眠症や頭痛、体の倦怠感といったものが挙げられます。
また、ちょっとした刺激で苛立ちがピークになってしまうというのも、物理的ストレスが限界を迎えつつある前兆のひとつといえます。

たとえば、読書にふける静かな夜、一瞬だけ暴走族のバイクが走り抜けていくとき、通常であればその一瞬は苛立ちを覚えるでしょうが、その後は騒音が起こったことすら忘れてまた読書に戻ることになるでしょう。
しかし、物理的ストレスがピークに達しつつあるときには、一瞬の騒音で我を忘れるほど取り乱してしまう、といったことが起こります。

化学的ストレス

化学的ストレスとは、世の中のさまざまなところに存在している化学物質によるストレスのことです。
例えば、私たちの日常生活の中では日々の食卓に並ぶ料理や、体の具合が悪くなったときに飲む薬の中に、さまざまな化学物質が含まれています。
食品添加物や医薬品の有効成分などがそれにあたります。
食事を美味しくする、あるいは薬をより効果的にするためのそれらの化学物質が、人によってはストレスの原因になり得ます。
アルコールやタバコ(ニコチン)、コーヒー(カフェイン)によるストレスもまた、化学的ストレスのひとつです。

また、たとえば1970年代には日本中で公害問題が深刻化しましたが、公害による健康被害の中にも化学的ストレスにカテゴライズされるものがあります。
工場の排水やスモッグなどによって心身に悪影響を及ぼす、そのようなストレスです。
そのほか、公害と同じく「環境問題」の部類に入る環境ホルモンなども化学的ストレスの原因として挙げることができるでしょう。

生物的ストレス

生物的ストレスとは、文字通り生物(主に細菌やウイルス、カビ、花粉)によって引き起こされるストレスのことです。
たとえば細菌やウイルスに感染したり、カビが生えたり(カンジダ症水虫・たむしといった病気は人体に巣食う「白癬」というカビの一種によって引き起こされます)、あるいは花粉症になったりすることで起こる外的な圧迫によるストレスです。 細菌・ウイルスの感染症の症状が出た、カンジダや水虫の症状が現れた、春や秋に花粉症でつらい思いをしている、そんなときには生物的ストレスが発生します。 ストレス解消には適度な運動や適切な入浴などが効果的ですが、生物的ストレスの場合は、心身に圧迫を及ぼしている生物を、まずは遠ざけることが大切です。

それらによってもたらされる身体的症状を緩和させることが必要といえます。
細菌やウイルス、カビの感染症はそれぞれ適切な医薬品を使って治療し、抗ヒスタミン剤・花粉症治療薬などを使って対処する必要があります。

最近閲覧した商品