商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

不眠症・メンタルヘルス

近年ストレスなどで精神に異常が出る人が増えています。簡単なメンタルヘルスチェックと代表的な精神疾患の概要を記載します。

不眠症・メンタルヘルス 売れ筋ランキング

不眠症・メンタルヘルスの一覧


ジェイゾロフト
ジェイゾロフトはうつ病などを治療する抗うつ剤です。その他にも強迫性障害、パニック障害、PTSDの治療にも用いられます。抗うつ効果が強すぎず、副作用が少ないことから服用者の多い抗うつ剤です。
1錠72円~
在庫あり
詳細を見る
パロキセチン(パキシル)
パロキセチンはパキシルのジェネリック。パキシルの約1/2の価格で購入できてかなりおトクな商品。抗うつ効果や抗不安効果の強いSSRI系統の抗うつ剤で、半減期が短く、キレが良いのが特徴です。
1錠81円~
在庫あり
詳細を見る
デュゼラ(サインバルタ)
デュゼラはサインバルタジェネリック。サインバルタ1錠あたりの価格に対し約1/2で購入できてかなりおトク。「やる気」や「意欲」の改善に優れたSNRI系統の抗うつ剤で、神経性の痛みを抑える作用もあります。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
アリピゾル(エビリファイ)
アリピゾルはエビリファイのジェネリック。エビリファイの約1/4の価格で購入できます。アリピゾルは統合失調症の治療薬ですが、うつ病や躁鬱病など多くの精神疾患に用いることができ、副作用も少ない精神薬です。
1錠33円~
在庫あり
詳細を見る
アリップMT(エビリファイ)
アリップMTはエビリファイのジェネリック。エビリファイの約1/4の価格で購入できます。統合失調症治療薬の中でも副作用が少なく、うつ病や躁鬱病などの精神疾患にも効果があります。
1錠32円~
在庫あり
詳細を見る
イフェクサーXR
イフェクサーXRは国内で3番目に登場したSNRI系の抗うつ剤です。うつ病、PTSD、月経前不快気分障害、ADHD、強迫性障害に効果があり、カプセルタイプにすることで副作用を少なく抑えています。
1錠119円~
在庫あり
詳細を見る
エスケート(レクサプロ)
エスケートはレクサプロジェネリック。レクサプロは世界で最も売れている抗うつ剤ですが、エスケートはレクサプロの約1/3の薬価で購入できます。また、効果、安全性、即効性、持続性にも優れている抗うつ剤です。
1錠89円~
売切れ
詳細を見る
シタロプラム(レクサプロ)
発送時期によりzentiva社の製品になります。 シタロプラムはレクサプロジェネリック。シタロプラムはレクサプロの約1/4~1/5の価格で購入できおトクです。他の抗うつ剤に比べ即効性に優れ、効果と安全性のバランスも良いので愛用者の多い抗うつ剤です。
1錠52円~
在庫あり
詳細を見る
ベンラーXR(イフェクサー)
ベンラーXRはイフェクサーのジェネリックです。イフェクサーXRの薬価の約1/4で購入できます。うつ病の諸症状やうつ病に伴う痛みを改善する効果があり、カプセルタイプなので副作用も少なく抑えられています。
1錠27円~
在庫あり
詳細を見る
プロザック
プロザックはWHOの必須医薬品に収録されている抗うつ剤です。即効性が高く、あらゆる精神疾患に効果があり、「プロザックを服用すると別人のように元気になる」という話もあるぐらい高い効果を持つ抗うつ剤です。
1錠139円~
在庫あり
詳細を見る
エスシタデップ(レクサプロ)
エスシタデップは人気の高い抗うつ剤、レクサプロのジェネリックです。先発薬よりも安く購入することができ、同等の効果を得られます。抗うつ効果の高さと副作用の出にくさがとても使いやすい抗うつ剤です。
1錠32円~
在庫あり
詳細を見る
セルティマ(ジェイゾロフト)
セルティマはジェイゾロフトのジェネリック。ジェイゾロフト1錠あたりの約1/2の価格で購入できます。強すぎず弱すぎず、副作用の少ない抗うつ効果から世界中で支持を受けているSSRI系統の抗うつ剤です。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
オキセチン(プロザック)
オキセチンはプロザックジェネリック。プロザック1錠あたりの約1/5の価格で購入できます。素早い効き目と高い抗うつ効果が特徴で様々な精神疾患に効果があり、WHOの必須医薬品に収録されている医薬品です。
1錠27円~
在庫あり
詳細を見る
メロセット(メラトニン)
メロセット(メラトニン)は快適な眠りをサポートするサプリメント。睡眠効果以外にもメラトニンの抗酸化作用によるアンチエイジングや病気の予防効果も期待できます。副作用は少なく安全性が高いサプリメントです。
1錠33円~
在庫あり
詳細を見る
エチラーム(デパス)
エチラームはデパスのジェネリック。抗不安薬の第一選択薬であり、効き目が強く短時間作用のためキレがいいという特徴があります。催眠作用もあるので寝つきの悪い方が睡眠導入剤として服用することもできます。
1錠27円~
売切れ
詳細を見る
サインバルタ
サインバルタはSNRI系の抗うつ剤です。うつ病などの精神疾患への抗うつ効果に加え、神経性の痛みを抑える作用があるため慢性疼痛への適応もあります。また、副作用も少なめでやる気や意欲の改善に優れています。
1錠145円~
在庫あり
詳細を見る
レクサプロ
レクサプロはうつ病などの様々な精神疾患に適応のある世界で最も売れている抗うつ剤です。効果と副作用のバランスが良く、即効性と持続性にも優れてます。なお、効果が現れるまで少なくとも2週間はかかります。
1錠289円~
売切れ
詳細を見る
エチラーム舌下錠(デパス)
エチラーム舌下錠はデパスのジェネリック。強い抗うつ効果とキレの良さが特徴で肩こり、腰痛、睡眠障害にも効果を発揮する抗不安薬です。また、本剤は舌の上で溶かすタイプなので即効性が高くなっています。
1錠41円~
売切れ
詳細を見る
ゾピコン(アモバン)
ゾピコンはアモバンジェネリックで入眠障害を治療する睡眠薬。即効性と短時間作用が特徴で、服用して15~20分で眠気が現れはじめます。苦味の副作用がでやすいので気になる方は代わりにルネスタがオススメです。
1錠64円~
売切れ
詳細を見る
デパス
デパスは現在、薬機法が改正されたため個人輸入をすることができません。
1錠95円~
売切れ
詳細を見る
ジェリフォルテ
ジェリフォルテは、疲労やストレスの解消をサポートするサプリメントです。活性酸素を抑制し免疫力を高めてくれます。長期間の服用もおすすめで、体力増強も行えるので疲れにくくなります。
1錠14円~
在庫あり
詳細を見る
タガラ
タガラは不安障害、緊張を和らげてリラックス作用をもたらすサプリメントです。強い不安などで眠れなくなっている状態を緩和することができます。睡眠障害がなくなれば健康面で多くのメリットを得ることができます。
1錠20円~
在庫あり
詳細を見る
ゾピクロバン(アモバン)
ゾピクロバンはアモバンのジェネリックです。睡眠薬の中でも人気が高く、有効成分のゾピクロンは短時間で作用するので寝付きの悪い方に向いています。苦味があるのも特徴で、その際は用量少なめで服用してください。
1錠77円~
売切れ
詳細を見る
フルナイト(ルネスタ)
フルナイトは超短時間型の睡眠薬ルネスタのジェネリック医薬品です。 服用してから10分ほどで効果が現れるため、不眠症の中でもなかなか眠ることのできない入眠障害の方にオススメです。
1錠68円~
在庫あり
詳細を見る
ハイプナイト(ルネスタ)
ハイプナイトはルネスタジェネリック。1mg、2mg、3mgから選択して購入できます。超短時間型の睡眠薬のため即効性があり、ルネスタの前に使用されていたアモバンの苦味が改善された点が特徴です。
1錠63円~
在庫あり
詳細を見る
バスポン(バスパー)
バスポンはバスパージェネリック。精神を落ち着ける効果のある抗不安薬で不安障害や不眠症、うつ病を改善してくれます。効き目が穏やかなため副作用も少なく安全性に優れており、即効性は低いという特徴があります。
1錠52円~
在庫あり
詳細を見る
アレルギーメディシン(ドリエル)
アレルギーメディシンはドリエルのジェネリック。ドリエル1錠あたりに対し格安価格で購入できます。不眠症の改善や花粉症などのアレルギー症状を緩和してくれ、乗り物酔いの防止、片頭痛にも効果があります。
1錠8円~
在庫あり
詳細を見る
フルニル(プロザック)
フルニルはプロザックジェネリック。プロザック1錠あたりの約1/4の格安価格で購入でき、10mgと20mgから選択できます。従来の抗うつ剤より副作用が抑えめで、特に早く効き、抗うつ効果も高い治療薬です。
1錠18円~
在庫あり
詳細を見る
メラトニンタイムリリース
メラトニンタイムリリースは時差ボケや眠れない夜の睡眠をサポートするメラトニンが主成分のサプリメント。他にもアンチエイジングや病気の予防効果もあるといわれ、副作用が少なく安全性に優れたサプリメントです。
1錠14円~
在庫あり
詳細を見る
パキシル
パキシルはうつ病の治療に用いられるSSRIに分類されている抗うつ剤です。 SSRIは余計な部分に作用しないので従来の抗うつ剤よりも遥かに副作用が抑えられています。
1錠145円~
在庫あり
詳細を見る
エチゾラム錠(デパス)
エチゾラム錠は抗不安薬のデパスのジェネリック医薬品で、日本のメーカー日医工が製造しています。 デパスと同じ有効成分のため、効果効能、安全性などほぼ同じとなっています。
1錠80円~
売切れ
詳細を見る
レデプラ(レメロン)
レデプラは新しいタイプの抗うつ剤であるレメロンのジェネリック医薬品でNaSSAに分類されています。 強い抗うつ効果があり、即効性も持ち合わせているため従来の抗うつ剤では効きが悪いと感じている人向けです。
1錠87円~
在庫あり
詳細を見る
セディール
セディールは抗不安薬の中でも依存症の少ない安全性の高いお薬です。 日本でもセディールは抗不安薬の入り口として勧められることが多く、副作用や依存症が心配な方にオススメです。
1錠139円~
在庫あり
詳細を見る
Ramitax(ロゼレム)
Ramitaxはロゼレムのジェネリック。ロゼレム1錠あたりの約1/6の価格で購入できます。睡眠リズムを整え、自然な眠りに導いてくれる不眠症治療薬で、効果がゆっくり効いていき副作用が少ないのが特徴です。
1錠56円~
売切れ
詳細を見る
アタラックス
アタラックスはアレルギー症状を抑え、鎮静と催眠作用を持つ抗ヒスタミン薬です。もともとは睡眠薬ですがアレルギー治療薬や精神薬として用いられることもあり、あらゆる病気に効果のある治療薬です。
1錠58円~
在庫あり
詳細を見る
ソミナー
ソミナーは脳の働きを抑えることで素早く眠りに導く睡眠薬です。不眠症の改善薬として用いられることが多いですが、風邪やアレルギー症状の改善や妊娠中のつわりを緩和するために用いられることもあります。
1錠36円~
在庫あり
詳細を見る
ハイプロン(ソナタ)
ハイプロンはソナタジェネリック。超短時間型の睡眠薬なので即効性に優れ4時間ほど効果が持続します。そのため朝起きたときには効果が切れておりスッキリと目覚めることができます。また、副作用も少ない薬です。
1錠41円~
在庫あり
詳細を見る
バスピン(バスパー)
バスピンはバスパージェネリック。脳内のセロトニン濃度を安定させ、不安や焦りを和らげる抗不安薬です。うつ病や不安障害の改善、不眠症などに効果を発揮し、即効性がない代わりに依存性が少なく安全性に優れます。
1錠27円~
在庫あり
詳細を見る
アナフラニール
アナフラニールはうつ病を治療する三環系抗うつ剤です。意欲を高めてくれ憂鬱な気分を改善することでうつ症状を和らげます。また、パニック障害や強迫性障害などの精神疾患、遺尿症や夜尿症の治療にも用いられます。
1錠57円~
売切れ
詳細を見る
クロフラニール(アナフラニール)
クロフラニールはアナフラニールのジェネリック。アナフラニール1錠あたりの約1/2の価格で購入できます。古くからある抗うつ剤でうつ病、不安障害、遺尿症、頭痛、神経痛など様々な症状に適応があります。
1錠27円~
在庫あり
詳細を見る
カラゼピン(テグレトール)
カラゼピンはテグレトールのジェネリック。てんかんの部分発作治療の第一選択薬です。他にも全身のけいれん、こわばりといった強直間代発作の予防にも効果があり、精神疾患や三叉神経痛の治療にも用いられます。
1錠68円~
在庫あり
詳細を見る
アスプリト(エビリファイ)
アスプリトはエビリファイのジェネリック。エビリファイより安価に購入できます。ドーパミンのバランスを整える作用があり、統合失調症をはじめとする様々な精神疾患に効果がある上、副作用も少ない抗精神病薬です。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
リスコン(リスパダール)
リスコンはリスパダールのジェネリック。統合失調症の治療に用いられる抗精神病薬でドーパミンやセロトニンの量を調節する作用で脳の働きを整えてくれます。副作用が起こりにくく、陽性症状を強力に改善します。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
シゾドン(リスパダール)
シゾドンはリスパダールジェネリック。統合失調症治療薬の一種で幻覚や妄想などの陽性症状に特に効果があり、陰性症状への効果は控えめです。副作用が起こりにくいことから統合失調症治療の初期に処方される薬です。
1錠66円~
在庫あり
詳細を見る
オリザ(ジプレキサ)
オリザはジプレキサのジェネリック。ジプレキサ1錠あたりの約1/10と大変お安い値段で購入できます。統合失調症の陽性・陰性症状や認知機能障害を治療する抗精神病薬です。また、糖尿病の方は服用できません。
1錠33円~
在庫あり
詳細を見る
クエチアピン(セロクエル)
クエチアピンはセロクエルのジェネリック。統合失調症の陽性・陰性症状に効果のある抗精神病薬です。また、抗精神病薬における錐体外路症状や高プロラクチン血症のような副作用のリスクが最も低い薬です。
1錠55円~
在庫あり
詳細を見る
ソリアン(ドグマチール)
ソリアンは抗精神病薬として知られるドグマチールと同じ成分が使われている薬です。統合失調症、うつ病、胃潰瘍などにも使われています。ドーパミンの増えすぎにより起こる、陽性症状を和らげることができます。
1錠90円~
売切れ
詳細を見る
クロルプロマジン(コントミン)
クロルプロマジンは、抗精神病薬であるコントミンのジェネリックです。現在は第一選択として使われていませんが、とても強い効果を持っており、他の薬でコントロールできない場合に使われます。
1錠27円~
在庫あり
詳細を見る
スキゾリル(クロザリル)
スキゾリルは抗精神病薬であるクロザリルのジェネリックです。非常に強力な効果を持っているので、他の薬でコントロールできない場合に用いられます。しかしその強い効果の反面、副作用も重いことが知られています。
1錠33円~
在庫あり
詳細を見る
ファヴェリン(ルボックス)
ファヴェリンはルボックスのジェネリック。世界初のSSRIで意欲を高め、うつ病の症状を和らげる抗うつ剤です。うつ病以外の精神疾患にも適応があり、高用量の使用が可能なので強迫性障害の治療にも用いられます。
1錠90円~
在庫あり
詳細を見る
エスゾピック(ルネスタ)
エスゾピックは超短時間型睡眠薬で知られるルネスタのジェネリック医薬品です。効果の持続時間は5時間で翌朝に効果を持ち越すことがありません。副作用も少なく、入眠障害や中途覚醒などの不眠症に効果的です。
1錠64円~
在庫あり
詳細を見る
ベルソムラ
ベルソムラは依存性や耐性がほとんどない不眠症治療薬です。効果は6~8時間持続し、脳の覚醒状態を抑えることで寝付けなかったり目が覚めてしまうような睡眠障害を改善する効果があります。
1錠247円~
在庫あり
詳細を見る
TOFISERN(グランダキシン)
TOFISERNは自律神経を正常に整える作用があり、自律神経失調症の他にも多汗症や更年期障害の症状の改善が期待できます。含まれる有効成分トフィソパムは神経細胞の活動を抑える効果があります。
1錠38円~
在庫あり
詳細を見る
トフィカーム(グランダキシン)
トフィカームはグランダキシンジェネリック。自律神経調整薬と呼ばれ自律神経の乱れに伴う頭痛や目まい、ほてりといった症状を改善します。効果と副作用ともに穏やかなため、高齢者の方が服用するのに適しています。
1錠43円~
在庫あり
詳細を見る
フルボキサミン(ルボックス)
フルボキサミンはルボックスのジェネリック。うつ病治療薬として用いられることの多い薬ですが、他の抗うつ剤と違い高用量の使用が可能なので強迫性障害の治療に用いる医師も多いです。
196円~
在庫あり
詳細を見る
シトレス(レクサプロ)
シトレスはレクサプロジェネリック。レクサプロ1錠あたりの約1/3の価格で大変お安く購入できます。効果と安全性のバランスが良く、即効性と持続性に優れるため世界的に利用者の多い抗うつ剤です。
1錠73円~
在庫あり
詳細を見る
アロー(トリプタノール)
アローはトリプタノールのジェネリック。三環系抗うつ剤の中で最も強い抗うつ効果を持ち、難治性のうつ病などに用います。そのためSSRIやSNRIといった抗うつ剤で効果が足りなかった場合のみに用いられます。
1錠18円~
在庫あり
詳細を見る
トフラニール
トフラニールは世界初の抗うつ剤です。意欲改善効果が特に高い薬でうつ病に対する効果が高く、その分副作用が多いことが特徴です。現在では意欲の低下が激しいうつ病患者の方に対して処方されます。
1錠36円~
在庫あり
詳細を見る
デピロックス(アモキサン)
デピロックスはアモキサンのジェネリックです。三環系の抗うつ剤は効果と副作用がともに強いことが特徴ですが、デピロックスは三環系の中では副作用が少なく効果もしっかりある抗うつ剤で、即効性にも優れています。
1錠30円~
在庫あり
詳細を見る
ミルザ(トレドミン)
ミルザはトレドミンジェネリック。効果、副作用共に控えめな抗うつ剤です。うつ病の症状を改善してくれ、痛みを和らげる効果もあることから痛み止めに用いることもあります。また肝臓が悪い方でも服用できます。
1錠26円~
在庫あり
詳細を見る
トラザロン(デジレル)
トラザロンはデジレルのジェネリック。鎮静系抗うつ剤と呼ばれる特殊な薬で、うつ病に対する抗うつ効果は弱いですが強力な睡眠作用があり副作用が少ないのが特徴です。また、睡眠薬としての出番も多い薬です。
1錠39円~
在庫あり
詳細を見る
パントテン酸サプリ500mg
この商品は肌荒れの改善に効果があるパントテン酸を1粒に500mg含むサプリメントです。余分な糖質や脂質を代謝し、毛穴で分泌される皮脂を抑制することで肌荒れの改善に繋がります。
1錠15円~
在庫あり
詳細を見る
パントテン酸サプリ1000mg
この商品は肌荒れの改善に効果があるパントテン酸を1粒に1000mg含むサプリメントです。余分な糖質や脂質を代謝し、毛穴で分泌される皮脂を抑制することで肌荒れの改善に繋がります。
1錠54円~
売切れ
詳細を見る
プリモックス(ノリトレン)
プリモックスは三環系抗うつ薬のノリトレンのジェネリック医薬品です。精神を安定させ、不安な気分を解消する効果が有る脳内のモノアミンを増やすことでうつ症状を改善します。
1錠39円~
在庫あり
詳細を見る
アシュワガンダ印薬煎
アシュワガンダ印薬煎は勃起不全の改善、性欲増強をサポートする漢方薬です。アシュワガンダはインドで古くから利用されているハーブで”インドのバイアグラ”という異名を持つほど精力増強効果のある成分です。
1錠29円~
売切れ
詳細を見る
ソクナイト(ルネスタ)
ソクナイトはルネスタジェネリック。即効性の高い睡眠薬で服用して約10~15分ほどで効果が現れ、持続時間が5~6時間のため翌日に眠気を残しません。さらに苦味の副作用も軽減され、安全性にも優れています。
1錠65円~
在庫あり
詳細を見る
ロゼレム
ロゼレムは自然な眠りに導いてくれる睡眠薬。不眠症の治療や時差ボケの改善に用いることができます。従来の強制的に眠らせる睡眠薬と作用が異なり、生理的な睡眠作用に働きかけるので副作用が少ない睡眠薬です。
1錠346円~
在庫あり
詳細を見る

メンタルヘルスとは

メンタルヘルスとは

メンタルヘルスとは、こころの健康のことを指し、昨今社会問題の観点からも非常に重要視されています。
ストレスなどでメンタルヘルスが不調になると、自殺の原因になったり、うつ病統合失調症不安障害などの精神疾患になってしまいます。
メンタルヘルスの不調は、気付きにくいような些細な変化も含め、誰にでも起こる身近なものです。
不調のサインを見逃さないため、定期的なチェックや早期治療を行い、日頃からをメンタルヘルスを管理することが大切です。

最近では"過重労働"の問題などが浮き彫りとなってきており、精神的に追い込まれているケースも珍しくはなく、社会問題にまで発展しています。

  • 1年間の自殺者数(20代)・・・およそ2800人
  • 1年間のメンタルヘルスの不調による経済的な損失・・・およそ8兆円

20代の死因の約50%が自殺によるものと言われています。
2800人もの若者が自ら命を絶ち、その内の60~90%は何らかのメンタルヘルスの不調があったとされています。
自殺者数から考えれば、少なくとも1日に7人以上が命を絶っている計算になります。
日本は少子高齢化という問題に直面していますが、こころの健康が損なわれてしまうことで、自殺を助長してしまう結果となっています。

こうした問題点から厚生労働省は、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中・糖尿病の4大疾病に「精神疾患」を追加して、5大疾病として新たな医療計画に踏み切ることを発表しています。
社会全体に影響があるメンタルヘルス問題は、もはや「病気」という枠を超え、誰もの身近にある問題と考えることができるはずです。

精神疾患の種類

精神疾患の種類

一言に"精神疾患"といっても、その種類はさまざまです。
同じ症状が見られることがあっても、病名が異なるケースもあります。

どんな精神疾患があるのか、WHO(世界保健機関)が作成している「ICD-10」をもとにご紹介していきます。
ICD-10では、全部で10項目で精神疾患の症状を分類しています。

①症状性を含む器質性精神疾患

脳に負った損傷や、脳梗塞といった脳そのものに起こった異常によって引き起こされる精神疾患になります。
アルツハイマー病・脳血管痴呆・せん妄・脳外傷・脳炎後症候群などがあります。

認知症

器質性精神疾患とは即ち外因性の精神障害の総称ですが、代表的な症状に「認知症」があります。
認知症は脳の神経細胞の障害や脳出血や脳梗塞などの外因性により慢性的に進行する特徴があります。
認知症も分類化されており、大きく下記の4つに分けられています。

①アルツハイマー病
②血管性認知症
③レビー小体型認知症
④前頭側型認知症


以上の分類からさらに「中核症状」と「周辺症状」の2つに分けられます。
「中核症状」に有効な薬を抗認知症薬と呼んでいます。

認知症のいずれの症状も抗認知症薬を適切に使用することで、症状の進行を遅らせることができます。
代表的な抗認知症薬には以下が挙げられます。
アリセプト
メマリー (リンク先はジェネリック医薬品です)
レミニール
イクセロンパッチ

②精神作用物質使用による精神及び行動の障害

麻薬や覚せい剤などの禁止薬物の使用や、アルコール・睡眠薬など日常的に使用するものによって起こる精神や行動の障害になります。
依存症・離脱症状・急性中毒・精神病性障害などがあります。

ニコチン中毒

ニコチン中毒も「精神作用物質使用による精神及び行動の障害」のひとつです。
ニコチンとはもちろんタバコに含まれる有害物質です。
ニコチンは体内に取り込まれると脳内のニコチン受容体と結びつき、ドーパミンという快感物質を放出させます。
このドーパミンが喫煙で落ち着くいたりホッとする仕組みです。
ニコチンの効果が切れるとイライラしたりソワソワする離脱症状(禁断症状)があらわれます。
この離脱症状(禁断症状)が禁煙を難しくさせている原因です。

禁煙治療薬には大きく分けて、ニコチンをタバコ以外から代替して摂取させるニコチン置換療法と、それ以外のものに分けられます。
【ニコチン置換療法】
ニコチンガム
ニコチンパッチ

【それ以外】
チャンピックス
ザイバン(リンク先はジェネリックです)


チャンピックスやザイバンはニコチン受容体やドーパミン放出に影響を及ぼしニコチンの離脱症状を緩和させる働きがありますので根本的なニコチン中毒の治療をすることができます。

アルコール依存症

アルコールを慢性的に摂取することで依存してしまうアルコール依存症も精神作用物質使用による精神及び行動の障害のひとつです。
精神依存することによって飲酒が物事の最優先となり、生活習慣や人間関係に深刻な悪影響を及ぼします。
アルコール依存症による離脱症状も手や全身の震えや発汗をはじめ、幻覚や幻聴も引き起こします。
アルコール依存症の治療方法はさまざまありますがアルコール依存症治療薬(抗酒薬・断酒補助薬)による薬物療法も有効な選択肢です。

【抗酒薬】
抗酒薬の主な働きは、二日酔いや悪酔いの原因物質「アセトアルデヒド」の分解を阻害することで飲酒が不快なものにするはたらきです。
代表的な薬はノックビンという薬名で販売されており、当サイトでは同成分のジェネリックであるクロノールを取り扱っています。

【飲酒欲求を低減させる医薬品】
2013年5月に新しく認可されたレグテクトという薬は脳に作用し、「飲みたい欲求」そのものを軽減させる作用があります。
当サイトでは同成分のジェネリックであるアカンプロルアキャンプタスとを取り扱っています。


その他、国内未承認のオピオイド拮抗薬であるレビアのジェネリックであるノディクトも取り扱っています。
アルコールがオピオイド受容体と結びついて得られる多幸感を、ノディクトが先回りしてオピオイド受容体と結合することで飲酒への欲求を抑える働きがあります。

③統合失調症・統合失調型障害及び妄想性障害

統合失調症をはじめ、それに近い精神疾患が含まれています。
統合失調症・持続性妄想性障害・感応性妄想性障害・急性一過性精神病性障害などがあります。

④気分障害

正常とされる範囲以上に落ち込んでしまったり、高ぶった気持ち(高揚感)が長く持続する気分の障害になります。
うつ病・躁うつ病・反復性うつ病性障害・持続性気分障害・特定不能の気分障害などがあります。

⑤神経症性障害・ストレス感染障害及び身体表現性障害

からだそのものには異常がないものの、心理的なことや性格的なこと、葛藤などが原因になって起こる障害です。
ノイローゼ」という言葉が広い意味で使われていました。
パニック障害・恐怖神経症・強迫性障害・外傷後ストレス障害(PTSD)などがあります。

⑥生理的障害及び身体的要因に関連した行動症候群

拒食症や過食と呼ばれる摂食障害や、睡眠障害性機能不全などがみられる障害になります。
摂食障害・非器質性睡眠障害・性機能不全・器質性の障害などがあります。

不眠症

睡眠障害のうち不眠症に悩まされる患者は多いです。
不眠症を引き起こす原因は以下が挙げられます。

・身体的疾患
・精神的疾患
・薬理学的原因
・生理学的原因
・心理的原因


不眠症はさらに細分化されて、入眠障害中途覚醒早朝覚醒熟眠障害に分けられます。
睡眠薬を選ぶ際はどの睡眠障害に該当するのかを知った上で薬を選ぶ必要があります。

【入眠障害】
入眠障害とは、眠りに入りにくい/入れない状態を指します。
入眠障害の原因は精神的ストレス、体内時計の乱れ、体温が高いまま、光や音などの環境、疲れていない、服用している薬やカフェインなどの影響が挙げられます。

【中途覚醒】
中途覚醒とは眠りが浅く何度も目覚めてしまう状態を指します。
中途覚醒の原因は精神的ストレス、身体的ストレス、睡眠時無呼吸症候群、加齢、飲酒、などが挙げられます。

【早朝覚醒】
早朝覚醒とは、十分な睡眠時間に達する前に目覚めてしまう、かつ再度眠ることも困難な状態を指します。
早朝覚醒の原因はうつ病、加齢が挙げられます。

【熟眠障害】
熟眠障害とは、十分に寝ても熟眠感が欠如する状態です。
熟眠障害の原因はストレス、睡眠時無呼吸症候群、加齢、冷え性、生活習慣が挙げられます。

性機能不全

性機能不全(ED)とは勃起不全のことで、インポテンツとも呼ばれる男性に起こり得る症状です。
EDの原因は大きく分けて下記の4つに分けられます。

・器質性ED
・心因性ED
・薬剤性ED
・混合性ED


EDを治療にはカウンセリングが効果的な場合もありますが、優れたED治療薬が数多く出ています。
代表的なものとしては以下に挙げる4つがあります。

バイアグラ
レビトラ
シアリス
ステンドラ

それぞれに効果が長かったり、効き目の立ち上がりが早かったりと、ED治療に対して特色がある効果となっております。
当サイトでは安価なジェネリックをそれぞれで取り扱っています。

⑦成人の人格及び行動の障害

大多数の人とは違った行動によって自身が苦しんだり、周囲が困ってしまう人格障害や性行動に関する問題が含まれます。
人格障害・性同一性障害・性嗜好障害・特定不能の成人の人格および行動の障害などがあります。

⑧精神遅滞

生まれつき精神の発達が未熟であったり、成長の過程で精神の発達が止まってしまうなどの状態になります。

⑨心理的発達の障害

脳の機能が何らかの原因によって発達が遅れてしまい、その影響から心理的発育障害となり、いわゆる自閉症などが含まれています。
会話及び言語の特異的発達障害・学習能力の特異的発達障害・運動機能の特異的発達障害などがあります。

⑩小児期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害

幼児期から青年期にかけてはじめて診断される障害になります。
多動性障害・行為障害・小児期に特異的に発症する情緒障害・チック障害などがあります。

このように、メンタルヘルスの不調によって起こる病気はさまざまです。

精神疾患の治療方法

精神疾患を治療するにあたっては、症状や病状に応じて適切な治療法を選択する必要があります。
主な治療方法は、

薬を使用する薬物療法
専門的かつ科学的な知見をもとに対話を行う心理療法(カウンセリング)
精神疾患の原因となりうる環境を是正する環境調整法

以上の3つに大きく分類されます。
ここの項目では薬物療法と心理療法(カウンセリング)について解説していきます。

薬物療法

薬物療法とは、精神疾患の治療において最も重要かつ基本的な治療法です。
精神疾患の患者の場合、脳内伝達物質であるセロトニンノルアドレナリンドーパミンの量などになんらかの異常が発生している場合が多く、したがって症状に応じて該当の伝達物質を抑制したり放出を促す医薬品が治療には用いられます。
多くの優れた医薬品が出ていますが、副作用ももたらされてしまうものも多いため医師による正しい診察のもとに使用する必要があります。

以下では、代表的な精神疾患の薬を紹介します。

抗うつ剤

抗うつ薬は、主にうつ病、不安障害、パニック障害、社交不安障害、強迫性障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の薬物療法に使用されます。
抗うつ薬の種類は、

三環系抗うつ薬(TCA)
四環系抗うつ薬
選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)
トリアゾロピリジン系抗うつ薬(SARI)
ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)

以上の5つに分類されますが、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)以降のグループをまとめて「新規抗うつ薬」もしくは「第二世代抗うつ薬」と呼ぶことが一般的です。
当サイトではSSRIの代表的な薬であるジェイゾロフトをはじめ、多くの抗うつ剤を取り扱っています。

抗不安薬

抗不安薬は、主に不安障害の薬物療法に使用されます。
ベンゾジアゼピン系セロトニン1A部分作動薬に分類されます。
ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は精神安定剤とも呼ばれますが、依存性の問題もあるため不安に対する使用は30日までに限定しなければいけません。
2週間を超える使用でも、離脱症状とリバウンド症状の危険性があるため使用には十分な注意が必要です。
有名な薬だとデパスなどが該当し、個人輸入での入手が禁止されているものも少なくありません。

当サイトではベンゾジアゼピン系のトフィソパムを有効成分とするグランダキシン(リンク先はジェネリックです)をお取扱しています。

睡眠薬

睡眠薬は、睡眠導入剤と呼ばれることもあり主に不眠症の薬物療法に使用されます。

睡眠薬の種類は半減期(効き目の長さ)で分類されています。
【超短時間型】
マイスリー、ハルシオン、アモバン、ルネスタ、ソナタ
【短時間型】
レンドルミン、ロラメット、エバミール、リスミー
【中時間型】
ロヒプノール、サイレース、ベンザリン、ネルボン、ユーロジン、エリミン
【長時間型】
ドラール、ダルメート、ベノジール、ソメリン

ただし、上記睡眠薬は向精神薬に指定され、個人輸入が許可されているもの/されていないものがあります。
【個人輸入が許可されていないもの】
マイスリー、ハルシオン、アモバン、レンドルミン、ロラメット、エバミール、リスミー、ロヒプノール、サイレース、ベンザリン、ネルボン、ユーロジン、ドラール、ダルメート、ベノジール、ソメリン

【個人輸入が許可されているもの】
ルネスタ(リンク先はジェネリックのソクナイト)
ソナタ(リンク先はジェネリックのハイプロン)

上記以外にも、睡眠と密接な関わりを持つメラトニン受容体に作用する「メラトニン受容体作動薬」に分類される ラメルテオンを含むロゼレムも当サイトは取り扱っています。

抗精神病薬(統合失調症治療薬)

抗精神病薬は、主に統合失調症の薬物療法に使用されます。
統合失調症の症状には「ドーパミン」という神経伝達物質が関係していると考えられており、抗精神病薬はドーパミンに作用する働きがあるものが多く、その作用によって「第1世代抗精神病薬」と「第2世代抗精神病薬」に分類されます。

第1世代抗精神病薬
第1世代抗精神病薬は、フェノチアジン系とブチロフェノン系の2種類が存在します。
副作用も強く、症状によっては悪化させることもあることから現代医療では使用されることはほとんどありません。
第1世代抗精神病薬には代表的なものでコントミンという薬がありますが、当サイトではコントミンのジェネリックのクロルプロマジンを取り扱っています。

第2世代抗精神病薬
第2世代抗精神病薬は、SDA(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)、MARTA(多受容体作用抗精神病薬)、DSS(ドーパミンシステムスタビライザー)の3種類が存在します。
これらは、第1世代抗精神病薬と比べて副作用が軽く、陰性症状や認知機能症状にも効果を期待できる特徴があります。

SDA(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)
SDAにはセロトニンとドーパミンの働きを抑える働きがあります。
代表的な先発薬でリスパダールがありますが、当サイトではリスパダールのジェネリックのリスコンシゾドンを取り扱っています。

MARTA(多受容体作用抗精神病薬)
MARTAにはセロトニンやドーパミン受容体を始めとする様々な受容体に作用する働きがあります。
代表的な先発薬としてはジプレキサ、セロクエル、クロザリルが存在します。
当サイトではジプレキサのジェネリックのオリザ、セロクエルのジェネリックのクエチアピン、クロザリルのジェネリックのスキゾリルを取り扱っています。

DSS(ドーパミンシステムスタビライザー
DSSにはドーパミンが過剰な時はドーパミンの活動を抑え、ドーパミンが不足しているとドーパミンを増やすといった動的な働きをします。
代表的な先発薬でエビリファイがありますが、当サイトではエビリファイのジェネリックのアリップMTアスプリトアリピゾルを取り扱っています。

抗ストレスサプリメント

抗ストレスサプリメントは医薬品ではないので、劇的に効果がある適応症はありません。
しかしその分、副作用や依存性もない、もしくは非常に少ないので日常的に使用することが可能です。

うつ病にはオーソモレキュラー療法という「栄養療法」「分子栄養学」「分子整合栄養医学」とも呼ばれる治療法があります。
適切な栄養素を補うことで改善を図るという治療法で、科学的なエビデンスは不十分な側面があるものの、一部には非常に支持されています。
人間がストレスにさらされた時に不足しがちなたんぱく質、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンA、マグネシウム・カルシウムなどの栄養素を補うためのサプリメントが当サイトには数多く取り扱いがあります。
オーソモレキュラー療法だけでなく、日本で言うところの漢方であるインドのアーユルヴェーダ医学に基づいたサプリメントはすべて天然成分でできており、緩やかにストレスや疲労などの軽減が期待できるものがあります。

睡眠障害の患者がバランスを崩しがちなメラトニンを含むメロセットというサプリメントも取り扱っています。
睡眠ホルモンとも称されるメラトニンを経口で直接補給することができるので睡眠障害の改善が期待できる人気のサプリメントとなっています。

心理療法(カウンセリング)

心理療法(カウンセリング)は、様々なアプローチが存在しますが、ここではカウンセリング内容が構造化されており、最も脳科学的理解が進んでいる認知行動療法について解説していきます。

うつ病に対する認知行動療法の作用機序
うつ病患者に対する認知行動療法の実施後に腹外側前頭前皮質(VLPFC)や海馬、海馬傍回といった辺縁系領域、後帯状皮質(PCC)、背側ACCなどの部位において有意な活動変化が見られることが報告されています。
薬物療法と異なる点として、認知行動療法では前述のPCCや背側ACCに加え、扁桃体や海馬にも何らかの変化を与えて抑うつ症状を改善していると考えられています。

その他、認知行動療法は強迫性障害や恐怖症スペクトラムに対しても作用機序が明らかになってきており、薬物療法同様に十分に効果が期待できる治療法となっています。

メンタルヘルスとストレス

メンタルヘルスとストレス

メンタルヘルスを知る上で、"ストレス"は切っても切り離せない関係にあります。
ストレスと聞くと、嫌なこと、辛いことを思い浮かべてしまうかも知れませんが、実はその反対の"嬉しいこと"もストレスの原因となることがあります。

ストレスとはなんなのかを理解することが、メンタルヘルスについてを知る一番の近道になります。
そもそもストレスがなにかと聞かれて、答えられる人は少ないはずです。
ストレスは「外部から受けた刺激によって生じる緊張状態のこと」と考えられています。

外部からの刺激というのは、次のようなことがあげられます。

環境的な要因 天気が良い悪いなどの"天候"や、周囲がうるさい"騒音"などが身近なものにあります。

身体的な要因 何かしらの"病気"や、十分な睡眠をとれないことからくる"寝不足"があります。

心理的な要因 こころにある"不安""悩み"などがあり、ストレスとしてもっともイメージしやすいかも知れません。

社会的な要因 "人間関係"がうまくいかない、"仕事が忙しい"など社会生活のことが中心になります。

これらのことから「自分の身に起こる変化=刺激」となり、ストレスとなってしまうのです。
また進学や就職、結婚、女性ならではの出産など、喜ばしいと思う出来事もいつもとは違う"変化"を感じることからストレスの原因になってしまうこともあります。

人はストレスを感じると「体調が悪い」「こころが不安定」など、自分でも気持ちの変化を感じるはずです。
また気分が優れない毎日を過ごしていれば、「食欲がない」「寝付けない」など、からだもサインを発します。
こうしたメンタルヘルスの不調を見逃して症状を放置してしまうと、蓄積されたものがいずれ溢れ出してしまい、こころやからだが悲鳴を上げるようになってしまいます。

そして気付けば、メンタルヘルスの不調から精神疾患を患うようになってしまいます。
ストレスのサインは人によっても異なります。
「疲れがたまると歯が痛くなる」「腰が痛くなる」「耳鳴り」など、自分だけが分かるサインもあります。

サインに気付いた時からセルフケアしていくのがストレスを溜めないポイントです。

こころの病気の初期サイン

メンタルヘルス|こころの病気チェック

こころの病気は、誰にでも起こる身近なものです。
少しの不調が後に日常生活に支障を来たしてしまうこともあります。

次のような症状が長く続いている場合は、何かしらの精神疾患の初期サインの可能性があります。

気になる症状セルフチェックリスト
  • 毎日が憂うつで、気持ちが沈んでしまっている
  • 元気がでない
  • 理由のない不安にかられる
  • 気持ちが落ち着かない
  • 急に息苦しくなったり、胸がドキドキする
  • 確認を何度もしないと気が済まない
  • 周囲に誰もいないのに、声が聞こえてくる
  • 何も口にしたくない、何を食べても美味しいと思えない
  • 寝付きが悪い、熟睡できない
  • 何度も夜中に目が覚める

また、自分が自覚していない場合でも家族や周囲の人が気付く症状などもあります。

周囲の人が気付く変化チェックリスト
  • 服装の乱れ
  • 急激に痩せたり、太ったりする
  • 感情の起伏が激しい
  • 表情が暗い
  • 1人になりたがる
  • トラブルなどが増える
  • 独り言が多い
  • 他人の目を気にする
  • 休みがちになったり、遅刻が増える
  • ぼんやりしている
  • ミスや忘れものが多くなる
  • からだに不自然な傷ができる

こういった変化は自分では気付かないことも多いです。
身近にいる大切な人に、"いつもと違う変化"があり、続いているようであれば、それは 精神疾患の初期サインかも知れません。

日本人に多い精神疾患

日本人に多い精神疾患

国内で多いとされる精神疾患をまとめると次のようになります。

  • 第1位・・・うつ病
  • 第2位・・・統合失調症
  • 第3位・・・不安障害

うつ病 気分障害に分類される中で特に目立って増加しているのが「うつ病」です。
精神疾患の患者数の1/3以上を占める割合となっています。
代表的な症状である抑うつ状態などこころの不具合に加えて、からだにもさまざまな症状が現れます。
とても身近な精神疾患であることから誰でも発症する可能性があり、こころの健康状態を管理することがもっとも大切です。

統合失調症 統合失調症・統合失調型障害及び妄想性障に含まれている「統合失調症」の患者数も多いです。
100人に1人弱がかかると言われ、うつ病と同様に発症頻度が高い病気となります。
「日常会話が通じない」「不治の病」などのイメージが強い精神疾患ですが、早期に治療することで多くの患者さんは症状が回復に向かうと言われています。

不安障害 また、神経症性障害・ストレス感染障害及び身体表現性障害に含まれる「不安障害」の患者数も増加の傾向にあります。
"不安"というものは誰にでもあるものですが、不安障害の場合には正常な範囲を超えてしまい、異常な不安が高まってしまうことで日常の生活に支障をきたすようになります。
不安障害は総称であり、この中にはパニック障害強迫性障害などみなさんが一度は耳にしたことがあるような症状がいくつも含まれます。

メンタルヘルスの不調は誰にでも訪れます。
どの病気も患者数が増加傾向にあり、日常生活に影響を及ぼすことから日頃のメンタルヘルス管理が大切になります。

最近閲覧した商品