商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

花粉症

花粉症とは花粉が多い時期に起こる季節性のアレルギー症状です。花粉症の詳細や自宅でできる対策、また治療法など解説します。

花粉症の一覧


アレグラ
アレグラは花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー性皮膚炎など様々なアレルギー症状を緩和する抗アレルギー薬です。眠くなりにくい、即効性が高い、持続性がある、小児でも服用可能、副作用が少ないなどの特徴があります。
1錠54円~
在庫あり
詳細を見る
ヒトリジン(ジルテック)
ヒトリジンはアレルギー性鼻炎薬(抗ヒスタミン薬)のジルテックのジェネリック医薬品です。 花粉症やアレルギー性鼻炎などのつらい症状を緩和し、持続性、即効性に優れています。
1錠57円~
在庫あり
詳細を見る
アレリド(ジルテック)
アレリドはジルテックのジェネリック。花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎に伴うくしゃみ・鼻水・かゆみといった症状を抑え、眠気が生じにくく即効性と持続性にも優れた第2世代の抗ヒスタミン薬です。
1錠50円~
売切れ
詳細を見る
エリアス(デザレックス)
エリアスは日本において、デザレックスという名称で知られている抗ヒスタミン剤です。花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状を緩和します。眠気などの副作用が少なく、空腹時にも使用できます。
1錠90円~
在庫あり
詳細を見る
エリアスシロップ(デザレックス)
エリアスシロップは新しい抗ヒスタミン薬として注目されているデザレックスのシロップ剤です。よく知られているクラリチンを改良した薬で、食事の影響を受けません。シロップなので小児用としてもおすすめです。
1本1,782円~
在庫あり
詳細を見る
シングレア
シングレアは喘息発作の予防、アレルギー性鼻炎の症状の緩和に用いる治療薬。服用を開始して1週間ほどで効き目が現れます。なお予防薬ですので喘息発作が起きた場合は適した治療薬を別途服用する必要があります。
1錠113円~
在庫あり
詳細を見る
テルファスト(アレグラ)
テルファストは抗アレルギー性鼻炎薬(抗ヒスタミン薬)で花粉症などの辛い症状で悩んでいる方向けとなっています。 日本でも有名なアレグラのジェネリック医薬品で安全性も問題なく使用することができます。
1錠108円~
在庫あり
詳細を見る
クレブロス(ザイザル)
クレブロスはザイザルのジェネリック。花粉症などのアレルギー症状に効く薬でツラいくしゃみ・鼻水・鼻詰まりから解放してくれます。ジルテックの改良薬のため副作用が少なく、持続性に優れ小児でも使用が可能です。
1錠76円~
在庫あり
詳細を見る
アタラックス
アタラックスはアレルギー症状を抑え、鎮静と催眠作用を持つ抗ヒスタミン薬です。もともとは睡眠薬ですがアレルギー治療薬や精神薬として用いられることもあり、あらゆる病気に効果のある治療薬です。
1錠58円~
在庫あり
詳細を見る
ソミナー
ソミナーは脳の働きを抑えることで素早く眠りに導く睡眠薬です。不眠症の改善薬として用いられることが多いですが、風邪やアレルギー症状の改善や妊娠中のつわりを緩和するために用いられることもあります。
1錠36円~
在庫あり
詳細を見る
ザイザル
ザイザルはアレルギー症状を抑え、アレルギー性鼻炎や花粉症を改善する治療薬です。従来の抗アレルギー薬に比べ、眠気の副作用が軽減されており、効き目が1回の服用で最大で32時間持続することが特徴です。
1錠48円~
売切れ
詳細を見る
デズロリド(デザレックス)
デズロリドはデザレックスのジェネリック。デザレックス1錠あたりの価格に対し安価に購入できます。アレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を緩和してくれる治療薬で、従来の薬に比べ副作用が抑えられています。
1錠45円~
売切れ
詳細を見る
インシッドL(ジルテック)
インシッドLはジルテックのジェネリック。アレルギーを抑制する抗ヒスタミン薬です。アレルギー性鼻炎などの症状を緩和し、従来の抗ヒスタミン薬にあった眠気の副作用が軽減され、即効性と持続性に優れた薬です。
1錠33円~
在庫あり
詳細を見る
ロリータ(クラリチン)
ロリータは日本でも人気の高い抗ヒスタミン剤、クラリチンのジェネリックです。先発薬と同じ効き目を持ち、安い価格で購入できるというメリットを持っています。くしゃみや鼻水を抑え、眠くなりにくいのも特徴です。
1錠27円~
在庫あり
詳細を見る
エバシル(エバステル)
エバシルは、抗ヒスタミン剤であるエバステルのジェネリックです。花粉症などで起きるアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、かゆみを抑えてくれます。それぞれの症状における改善率も高いので実用性に優れています。
1錠28円~
在庫あり
詳細を見る
フルナーゼ点鼻液
フルナーゼ点鼻薬は、花粉症などで起きるアレルギー性鼻炎などの治療薬です。鼻に噴霧するステロイド薬で、強力な抗炎症作用を持っています。免疫の働きを抑え、過剰な反応を鎮めて炎症を和らげていきます。
1本2,027円~
在庫あり
詳細を見る
ウィノラップ(アレロック)
ウィノラップは、抗ヒスタミン剤の中でも強い効果を持つアレロックのジェネリックです。素早く、長く効くことが特徴でそれぞれの症状に対しての改善率は、いずれも70%以上と高い数値を誇っています。
1錠41円~
在庫あり
詳細を見る
アサフェン(ザジテン)
アサフェンは、抗ヒスタミン剤のザジテンと同じ成分が使われているジェネリックです。持続性があり、鼻水とくしゃみを抑える効果に優れています。しかし比較的眠くなりやすいという特性も持っています。
1錠16円~
在庫あり
詳細を見る
パナフコルテロン(プレドニン)
パナフコルテロン(プレドニン)は国内で使用実績が多いステロイド薬です。アレルギー症状や血液疾患、川崎病、リウマチ性疾患など様々な病気に効果がありますが副作用も多く、慎重な判断が必要になる薬です。
1錠11円~
在庫あり
詳細を見る
ベクロミン(セレスタミン)
ベクロミンはセレスタミンのジェネリック。抗ヒスタミン薬とステロイド薬を配合したアレルギー治療薬です。二つの成分がアレルギー症状と炎症を抑えてくれます。効き目は強いですが眠気などの副作用には注意です。
1錠12円~
在庫あり
詳細を見る
ナシビン点鼻薬(ナシビオン)
ナシビン点鼻薬は、血管を収縮させることで鼻づまりを解消する薬です。即効性・持続性に優れており、使用してから数分以内に効果を実感できます。ただし長期間使うと、効きにくくなるデメリットもあります。
1本863円~
在庫あり
詳細を見る
リレスタット点眼液(アレジオン)
リレスタット点眼液は、目の充血やかゆみを鎮める効果を持つ抗アレルギー点眼剤です。アレジオン点眼薬と同じ主成分で、即効性があります。また、コンタクトを付けたままでも使うことができるのも特徴です。
1本1,620円~
在庫あり
詳細を見る
オトリビン点鼻薬
オトリビン点鼻薬は、素早く効き、持続性もあるアレルギー性鼻炎を改善する点鼻薬です。鼻づまりは血管が拡張している状態なので、これを収縮させ楽にすることができます。
1本973円~
在庫あり
詳細を見る
IF2点眼液(パタノール)
IF2点眼液は、パタノールと同成分の目薬です。アレロック(抗ヒスタミン剤)とも呼ばれており、目のかゆみや充血を改善していきます。「眠くなる」といった副作用は無いため、安心して使うことができます。
1本1,620円~
在庫あり
詳細を見る
ベコナーゼ点鼻薬(アルロイヤー)
ベコナーゼ点鼻薬は、アルロイヤー点鼻液と同成分が使われている薬です。花粉症などで起きる鼻炎が起きた際に使用します。ステロイド薬ですが、鼻のみに作用するので副作用はかなり軽減されています。
1本1,890円~
在庫あり
詳細を見る
メドロール
メドロールは高血圧や心不全のリスクのある方でも服用しやすいステロイド薬。アレルギー性疾患、リウマチ疾患、血液疾患など様々な病気に適応があり、副作用が比較的起こりにくく、服用量を調整しやすい薬です。
1錠122円~
在庫あり
詳細を見る
アフリン鼻炎スプレー(ナシビン)
アフリン鼻炎スプレーはナシビンのジェネリックで鼻詰まりを解消するアレルギー治療薬。使用後数分で効果が現れ、6~8時間持続します。また、使い続けると効果が低下するおそれがあるので長期服用には向きません。
1本1,780円~
在庫あり
詳細を見る
セトシップ(ジルテック)
セトシップはジルテックのジェネリック。即効性と持続性に優れた抗アレルギー薬です。アレルギー性鼻炎・皮膚炎、花粉症などアレルギー性の症状に素早く長く効き、抗アレルギー薬によくある眠気が生じにくい薬です。
1錠41円~
在庫あり
詳細を見る
セトジン(ジルテック)
セトジンはジルテックのジェネリック。アレルギー性鼻炎や花粉症に効く抗アレルギー薬です。眠気などの副作用が軽減されており、かゆみといったアレルギー性の皮膚症状を抑えてくれ、持続性と即効性にも優れます。
1錠40円~
在庫あり
詳細を見る
フェキソフェナジン(アレグラ)
フェキソフェナジンはアレグラジェネリック。アレグラ1錠あたりに対し安価に購入できます。アレルギー症状を抑える抗ヒスタミン薬で、同系統の薬に比べ副作用が少なく即効性と持続性にも優れ小児でも服用できます。
1錠63円~
在庫あり
詳細を見る
クラリチン
クラリチンはアレルギー症状を和らげる抗ヒスタミン薬です。第二世代の抗ヒスタミン薬は第一世代に比べ、眠気の副作用が軽減されていますが、クラリチンはその第二世代の中でも特に眠気の生じにくい薬になります。
1錠81円~
在庫あり
詳細を見る

花粉症とは

国内での花粉症の推定患者数は2008年の時点で4人に1人とされ、さらに花粉症の罹患者は年々増加していると考えられています。
花粉症は、花粉が多くなる時期に鼻症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど)や目のかゆみが現れるアレルギー症状です。
症状が辛くなると日常生活の様々なタイミングでストレスを感じたり、夜は眠れなくなってしまうことさえあります。

また、花粉症は「季節性アレルギー性鼻炎」や「季節性アレルギー性結膜炎」とも呼ばれます。
同じような症状が起こるアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎もありますが、"特定の季節に、花粉が原因で"症状が起こる場合は花粉症と分類されるのです。
そのため、正しくは花粉症もアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎の症状の1つということになります。

花粉の種類や花粉症のメカニズム、治療法などを知ってつらい時期を乗り越えましょう。

花粉症の対策、治療法

花粉症の対策・治療方法には次のような方法があります。

  • 自宅でのセルフケア
  • 薬物療法
  • 病院での治療

以下では、それぞれの方法について解説します。

自宅でのセルフケア

花粉症の対策として最も簡単に始められるのが、セルフケアです。
一番の原因はやはり花粉であるため、次のような方法でからだへの花粉の侵入を減らしましょう。

  • 外出時にマスクやメガネをつける
  • 帰宅時に手洗い・うがいをし、衣服にブラシをかける
  • 地域の花粉情報をチェックし、飛散量が多い時は外出を控える

など

また食生活や生活習慣の乱れも花粉症を悪化させる要因の1つとなります。
肉類を控えめにして野菜を中心に栄養バランスの整った食生活をとる、体調管理をしっかりとするなどの心がけも症状の緩和に繋がるはずです。
その他、民間療法となりますが乳酸菌食品(ヨーグルトなど)のように腸内環境をキレイにしてくれる食品も効果があると言われています。

薬物療法

花粉症の症状がつらい時は、薬を服用することで症状を抑えることもできます。
花粉症治療薬としては、基本的に次のような「抗アレルギー薬」が用いられます。

  • くしゃみや鼻水がつらい時 ・・・ 抗ヒスタミン薬(アレグラなど)
  • 鼻づまりがつらい時 ・・・ 抗ロイコトリエン薬(シングレアなど)
  • 目の症状がつらい時 ・・・ パタノールやアレジオンなどの目薬

など

これらの中ではパタノールに「IF2点眼液」、アレジオンに「リレスタット点眼液」などのジェネリック医薬品も登場しています。
個人輸入代行サイトを利用すれば通販での購入も可能です。

また症状が特に重い場合は、強い効き目を持つステロイド薬が使われることもあります。

病院での治療

花粉症の症状は、病院で治療を受けることでも抑えられます。
代表的な治療法が「レーザー治療」や「後鼻神経切断手術」などで、これらは日帰りで受けることも可能です。

またこれまでの花粉症の治療法は基本的に症状を抑えるだけの対症療法が主でしたが、最近では花粉症を完治できる「舌下免疫療法」という治療法も登場しています。
この方法は花粉のエキスを少しずつ舌の下に投与していき、からだを花粉に慣れさせることでアレルギー症状を起こらないようにします。
しかし最低でも2年以上は治療を受けなくてはならないので、どちらも一長一短です。

花粉症の症状

花粉症の主な症状はくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみです。
これらの症状は起床時に最もひどくなることが多く、このことを「モーニングアタック」と呼びます。

朝につらい鼻や目の症状に襲われ、それが1日の生活に響いてしまうということも少なくありません。

また花粉症の時期は鼻呼吸がしにくくなり、ぐっすりと眠れない人も増えてしまいます。
鼻がつまることで睡眠障害が現れ、寝不足によりさらに花粉症が悪化してしまう悪循環に陥ることもあります。

花粉症の時期を快適に過ごすためにも、薬などでしっかりと対処していきましょう。

花粉症の原因

花粉症は、人のからだが持つ「免疫機能」によって起こる症状です。
人のからだに入ってきた異物は、この免疫機能によって体外に追い出されます。
からだの中に初めて花粉が入ってくると体内では免疫機能によってそれを排除すると同時に、花粉への「抗体」が作られます。

そして再び同じ花粉が侵入すると、今度は抗体が反応して体内ではアレルギー誘発物質(ヒスタミンなど)が放出されます。
このアレルギー誘発物質がからだの神経などを刺激し、涙や鼻水で花粉を洗い流そうとしたり、鼻づまりを起こして花粉を追い出そうとするのです。

また次のような場合は、花粉症を発症しやすいと言われています。

  • 親や兄弟に花粉症の方がいる場合(遺伝)
  • インスタント食品やお菓子の食べ過ぎなど食生活が乱れがちな場合
  • 不規則な生活やストレスが多い生活を送っている場合
  • 花粉の飛散量や排気ガスが多い地域に住んでいる場合

など

ただし、これらに当てはまるからといって必ずしも花粉症になるとは限りません。
それに何の前触れもなく発症する場合もあるため、「自分は大丈夫」と思わずにしっかりと予防することが大切です。

花粉の種類

花粉症といえば春、あるいは秋に症状が現れるというイメージがあります。
しかし花粉症を引き起こす花粉は夏や冬にも飛散していて、近年では花粉症を「通年病」と呼ぶこともあります。

 → スギやヒノキなど
 → イネやシラカンバなど
 → ブタクサやヨモギなど
 → スギなど

また花粉の種類によって症状の現れ方も異なります。

  • スギやヒノキ ・・・ 目のかゆみや鼻症状、皮膚のかゆみなど
  • ブタクサ ・・・ 目や鼻症状などの他、喘息の原因にも

など

住んでいる地域によって花粉の種類や飛散時期も違うため、ご自身の地域における花粉情報に注意しましょう。

最近閲覧した商品