商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、症状が慢性的に続く皮膚疾患です。近年では大人になってから再発、発症することも増えています。

アトピー性皮膚炎の一覧


アレグラ
アレグラは花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー性皮膚炎など様々なアレルギー症状を緩和する抗アレルギー薬です。眠くなりにくい、即効性が高い、持続性がある、小児でも服用可能、副作用が少ないなどの特徴があります。
1錠54円~
在庫あり
詳細を見る
ヒトリジン(ジルテック)
ヒトリジンはアレルギー性鼻炎薬(抗ヒスタミン薬)のジルテックのジェネリック医薬品です。 花粉症やアレルギー性鼻炎などのつらい症状を緩和し、持続性、即効性に優れています。
1錠57円~
在庫あり
詳細を見る
アレリド(ジルテック)
アレリドはジルテックのジェネリック。花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎に伴うくしゃみ・鼻水・かゆみといった症状を抑え、眠気が生じにくく即効性と持続性にも優れた第2世代の抗ヒスタミン薬です。
1錠50円~
売切れ
詳細を見る
エリアス(デザレックス)
エリアスは日本において、デザレックスという名称で知られている抗ヒスタミン剤です。花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状を緩和します。眠気などの副作用が少なく、空腹時にも使用できます。
1錠90円~
在庫あり
詳細を見る
エリアスシロップ(デザレックス)
エリアスシロップは新しい抗ヒスタミン薬として注目されているデザレックスのシロップ剤です。よく知られているクラリチンを改良した薬で、食事の影響を受けません。シロップなので小児用としてもおすすめです。
1本1,782円~
在庫あり
詳細を見る
テルファスト(アレグラ)
テルファストは抗アレルギー性鼻炎薬(抗ヒスタミン薬)で花粉症などの辛い症状で悩んでいる方向けとなっています。 日本でも有名なアレグラのジェネリック医薬品で安全性も問題なく使用することができます。
1錠108円~
在庫あり
詳細を見る
メタコルチール(フルメタ)
メタコルチールはステロイド外用薬であるフルメタのジェネリック医薬品です。 様々な皮膚症状に対して有効的で特に、アトピー性皮膚炎や円形脱毛症などの症状を抑えるために使用されています。
1本648円~
在庫あり
詳細を見る
トップコートクリーム(フルメタ)
トップコートクリームはステロイド外用薬のフルメタのジェネリックです。アトピー性皮膚炎によって起こる湿疹や炎症の治療に使われます。2番めに強い効果を持っているので、顔に使うことは控えてください。
1本1,296円~
在庫あり
詳細を見る
クレブロス(ザイザル)
クレブロスはザイザルのジェネリック。花粉症などのアレルギー症状に効く薬でツラいくしゃみ・鼻水・鼻詰まりから解放してくれます。ジルテックの改良薬のため副作用が少なく、持続性に優れ小児でも使用が可能です。
1錠76円~
在庫あり
詳細を見る
アタラックス
アタラックスはアレルギー症状を抑え、鎮静と催眠作用を持つ抗ヒスタミン薬です。もともとは睡眠薬ですがアレルギー治療薬や精神薬として用いられることもあり、あらゆる病気に効果のある治療薬です。
1錠58円~
在庫あり
詳細を見る
プレドニゾロンクリーム(リドメックス)
プレドニゾロンクリーム(リドメックス)は皮膚の炎症を抑えるステロイド外用薬です。比較的効果が弱めの薬のため顔や陰部などの皮膚が薄い部分への使用が可能でステロイド剤の中では副作用が軽減された外用薬です。
1本1,280円~
在庫あり
詳細を見る
ザイザル
ザイザルはアレルギー症状を抑え、アレルギー性鼻炎や花粉症を改善する治療薬です。従来の抗アレルギー薬に比べ、眠気の副作用が軽減されており、効き目が1回の服用で最大で32時間持続することが特徴です。
1錠48円~
売切れ
詳細を見る
ベトノベートNクリーム
ベトノベートNクリームは化膿した皮膚に使用可能なステロイド外用薬。アトピー性皮膚炎などで化膿した皮膚に塗ることで症状を和らげ菌の繁殖を抑えます。作用が強めなため皮膚の薄い部分への使用は注意が必要です。
1本1,217円~
在庫あり
詳細を見る
デズロリド(デザレックス)
デズロリドはデザレックスのジェネリック。デザレックス1錠あたりの価格に対し安価に購入できます。アレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を緩和してくれる治療薬で、従来の薬に比べ副作用が抑えられています。
1錠45円~
売切れ
詳細を見る
インシッドL(ジルテック)
インシッドLはジルテックのジェネリック。アレルギーを抑制する抗ヒスタミン薬です。アレルギー性鼻炎などの症状を緩和し、従来の抗ヒスタミン薬にあった眠気の副作用が軽減され、即効性と持続性に優れた薬です。
1錠33円~
在庫あり
詳細を見る
エロコンクリーム(フルメタ)
エロコンクリームはフルメタのジェネリック。塗るタイプのアレルギー治療薬でアトピー性皮膚炎のような皮膚疾患に高い治療効果を発揮します。また、ステロイド剤の中では効果が強めなため長期の服用には向きません。
1本1,520円~
在庫あり
詳細を見る
Hコートクリーム(オイラックスHクリーム)
Hコートクリーム(オイラックスHクリーム)は副作用の少ないかゆみ止めクリーム。最も効果の弱い分類のステロイド成分を含有しており、その分安全性に優れます。弱いといっても通常のかゆみ止めより強力です。
1本1,710円~
売切れ
詳細を見る
プロトピック軟膏
プロトピック軟膏はアトピー性皮膚炎の症状を抑える治療薬。顔や首など皮膚の薄い部分に効き目がよく、ステロイド剤の使用が困難な方にプロトピック軟膏が用いられます。またアトピー性皮膚炎には長期使用可能です。
1本3,040円~
売切れ
詳細を見る
アリストコートA(レダコート)
アリストコートAは、第4群に分類されるステロイド外用薬です。レダコートと同じ成分が使われています。効果はさほど強くないため、皮膚が薄い顔などにも使うことができます。
1本1,520円~
在庫あり
詳細を見る
ネリゾナ軟膏
ネリゾナ軟膏は第2群に分類されるステロイド外用薬です。アトピー性皮膚炎による炎症を抑えるために用いられます。強い効果を持っているので、顔などの皮膚が薄い部分に使うことはお控えください。
1本2,267円~
在庫あり
詳細を見る
ロリータ(クラリチン)
ロリータは日本でも人気の高い抗ヒスタミン剤、クラリチンのジェネリックです。先発薬と同じ効き目を持ち、安い価格で購入できるというメリットを持っています。くしゃみや鼻水を抑え、眠くなりにくいのも特徴です。
1錠27円~
在庫あり
詳細を見る
エリデルクリーム
エリデルクリームは免疫抑制作用を持つ、アトピー性皮膚炎の治療薬です。過剰な免疫機能が炎症を起こす原因になり、これを抑えることでかゆみや湿疹などを鎮めていきます。皮膚の薄い顔や首にも使うことができます。
1本2,430円~
在庫あり
詳細を見る
エバシル(エバステル)
エバシルは、抗ヒスタミン剤であるエバステルのジェネリックです。花粉症などで起きるアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、かゆみを抑えてくれます。それぞれの症状における改善率も高いので実用性に優れています。
1錠28円~
在庫あり
詳細を見る
デルモベートクリーム
デルモベートクリームは、ステロイド外用薬の中でも最強の第1群に分類されています。ひどい炎症が起きた場合とても頼りになりますが、副作用も起きやすいため使うタイミングに気をつける必要があります。
1本1,880円~
在庫あり
詳細を見る
ウィノラップ(アレロック)
ウィノラップは、抗ヒスタミン剤の中でも強い効果を持つアレロックのジェネリックです。素早く、長く効くことが特徴でそれぞれの症状に対しての改善率は、いずれも70%以上と高い数値を誇っています。
1錠41円~
在庫あり
詳細を見る
アサフェン(ザジテン)
アサフェンは、抗ヒスタミン剤のザジテンと同じ成分が使われているジェネリックです。持続性があり、鼻水とくしゃみを抑える効果に優れています。しかし比較的眠くなりやすいという特性も持っています。
1錠16円~
在庫あり
詳細を見る
ベトノベートクリーム
ベトノベートクリームは手足や背中への使用に適したステロイド外用薬。ステロイドとしての強さは5段階中3番目に強い薬となり、四肢や背中などの皮膚が厚くも薄くもない箇所への使用に適している塗り薬です。
1本1,273円~
在庫あり
詳細を見る
ベトノベートGMクリーム
ベトノベートGMクリームは化膿した皮膚の治療に適したステロイド外用薬。3種類の成分が炎症を抑え、皮膚に感染した細菌を除去してくれます。ステロイド作用が強めなため皮膚の薄い部分への使用は控えてください。
1本1,217円~
在庫あり
詳細を見る
パナフコルテロン(プレドニン)
パナフコルテロン(プレドニン)は国内で使用実績が多いステロイド薬です。アレルギー症状や血液疾患、川崎病、リウマチ性疾患など様々な病気に効果がありますが副作用も多く、慎重な判断が必要になる薬です。
1錠11円~
在庫あり
詳細を見る
コスベートGクリーム(デルモベート)
コスベートGクリームはステロイド作用と抗菌作用を併せ持つ塗り薬。アトピー性皮膚炎などによる皮膚の炎症を和らげます。化膿した皮膚にも使用可能ですが、作用が強いため皮膚の薄い部分への使用は控えてください。
1本1,133円~
在庫あり
詳細を見る
トップグラフ軟膏(プロトピック)
トップグラフ軟膏はプロトピック軟膏のジェネリック。アトピー性皮膚炎の症状を改善する治療薬です。ステロイド薬が効かない方や使用できない方が主に使用する治療薬で、皮膚の薄い部分に効き目が良い薬です。
1本1,907円~
在庫あり
詳細を見る
ハロベートクリーム
ハロベートクリームはアトピー性皮膚炎を改善するステロイド外用薬。ステロイド外用薬は効果の強さでランク付けされ、本剤は一番強い分類に入ります。重症化した症状にも効きますがその分副作用には注意が必要です。
1本1,710円~
在庫あり
詳細を見る
デルモベートスカルプローション
デルモベートスカルプローションは頭部への使用に適したステロイド薬。アトピー性皮膚炎や円形脱毛症の症状が頭皮に出た場合、クリームでは塗りにくいですがローションタイプの本剤ならしっかり塗ることが可能です。
1本1,907円~
在庫あり
詳細を見る
ベクロミン(セレスタミン)
ベクロミンはセレスタミンのジェネリック。抗ヒスタミン薬とステロイド薬を配合したアレルギー治療薬です。二つの成分がアレルギー症状と炎症を抑えてくれます。効き目は強いですが眠気などの副作用には注意です。
1錠12円~
在庫あり
詳細を見る
メドロール
メドロールは高血圧や心不全のリスクのある方でも服用しやすいステロイド薬。アレルギー性疾患、リウマチ疾患、血液疾患など様々な病気に適応があり、副作用が比較的起こりにくく、服用量を調整しやすい薬です。
1錠122円~
在庫あり
詳細を見る
セトシップ(ジルテック)
セトシップはジルテックのジェネリック。即効性と持続性に優れた抗アレルギー薬です。アレルギー性鼻炎・皮膚炎、花粉症などアレルギー性の症状に素早く長く効き、抗アレルギー薬によくある眠気が生じにくい薬です。
1錠41円~
在庫あり
詳細を見る
セトジン(ジルテック)
セトジンはジルテックのジェネリック。アレルギー性鼻炎や花粉症に効く抗アレルギー薬です。眠気などの副作用が軽減されており、かゆみといったアレルギー性の皮膚症状を抑えてくれ、持続性と即効性にも優れます。
1錠40円~
在庫あり
詳細を見る
フェキソフェナジン(アレグラ)
フェキソフェナジンはアレグラジェネリック。アレグラ1錠あたりに対し安価に購入できます。アレルギー症状を抑える抗ヒスタミン薬で、同系統の薬に比べ副作用が少なく即効性と持続性にも優れ小児でも服用できます。
1錠63円~
在庫あり
詳細を見る
クラリチン
クラリチンはアレルギー症状を和らげる抗ヒスタミン薬です。第二世代の抗ヒスタミン薬は第一世代に比べ、眠気の副作用が軽減されていますが、クラリチンはその第二世代の中でも特に眠気の生じにくい薬になります。
1錠81円~
在庫あり
詳細を見る

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーにより皮膚にかゆみを伴う湿疹が現れる皮膚疾患です。
症状は良くなったり悪くなったりを繰り返し、また慢性的に続くことが多いという特徴があります。

国内でアレルギーに悩む方の数は増加傾向にあります。
特にアトピー性皮膚炎の患者数は、2014年の段階で過去最高の約45万人にまで上ると言われています。
またかつては幼少時に発症することが多く、年を重ねる内に治ることも多い病気でした。
しかし近年の世代別のデータでは30~50代の患者数も増えており年をとってから再発、あるいは発症してしまう患者さんも増えています。

アトピー性皮膚炎は命に関わる病気ではないものの、かゆみや湿疹が大きなストレスとなって患者さんが心の不調を感じてしまうこともあります。
ステロイド薬を始めとしたアトピー性皮膚炎治療薬や、セルフケアなどを交えて症状を抑えていくことが大切です。

アトピー性皮膚炎の治療方法

アトピー性皮膚炎の治療は、3つの柱で進めていきます。

  • 薬物療法
  • スキンケア
  • 悪化要因の除去

以下では、それぞれの方法について解説します。

薬物療法

アトピー性皮膚炎の治療の基本となるのが、薬物療法です。
症状を完治させることはできませんが、かゆみや湿疹を抑えて更なる悪化を防ぐためにも薬を使うことは大切です。
主にアトピー性皮膚炎治療薬として用いられるのは、「ステロイドの外用薬」と「免疫抑制剤」です。

ステロイドの外用薬は種類によって効果の強さが異なり、患者さんの年齢・重症度・症状が起きている部位などに応じて使い分けられます。

また免疫抑制剤はステロイド薬とは違った効果を持つ薬です。
ステロイド薬を使用した時に起こりやすい、皮膚が薄くなるなどの副作用が現れにくいので顔や首などに用いられます。
国内ではプロトピック軟膏のような免疫抑制剤がアトピー性皮膚炎の治療に使用されています。

その他、補助薬としてアレグラなどの抗アレルギー薬を一緒に服用することもあります。

スキンケア

アトピー性皮膚炎の発症や悪化の原因には、皮膚のバリア機能の低下も関わっています。
そのため薬物療法だけでなく、肌の保湿や紫外線対策をしっかりと行って肌を守ることも重要になります。
スキンケア用品は低刺激性のものを選び、また外出の前後や入浴後などこまめに使うと効果的です。

またスキンケアを行うだけでなく、肌を清潔な状態に保つことも大切です。
この時も肌への刺激を避けるために、ボディソープや石鹸をよく泡立てて優しく洗いましょう。

悪化要因の除去

アトピー性皮膚炎の治療の基本は、薬物療法とスキンケアです。
しかしそれだけで症状がコントロールできない場合は、身の回りにあるアレルゲンやストレスなどの悪化要因をできるだけ取り除くことも必要です。

  • 1日1回は掃除機をかける
  • 換気をまめに行う
  • シーツや枕カバーを洗濯する
  • 睡眠や休養をしっかりと取り、ストレスを溜めすぎない

など

またアトピー性皮膚炎は一度症状が良くなったと思っても、その後再び悪化することもあります。
そのため日頃から予防を心がけた生活を送るようにしましょう。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎には、次のような皮膚症状が見られます。

  • 赤みがかった湿疹
  • プツプツとした、ドーム状に盛り上がっている湿疹
  • ジクジクとただれた状態
  • 掻くことにより皮膚がゴワゴワと厚くなったり、カサブタができる
  • フケのようなものが落ちる

など

これらの症状は年齢や個人により違いはありますが、顔や耳、首周り、脇の下や関節(ヒジ・ヒザ)の内側など様々な部位に現れます。

さらに症状の現れ方により、アトピー性皮膚炎の重症度が次のような基準で判断されます。

軽微:湿疹などがほとんど無く、肌のカサつきが見られる程度
軽症:皮膚の感想や赤みがかった湿疹が現れ、皮膚からフケが落ちる場合
中等症:中等度の腫れやフケ、ブツブツがあり、かゆみが強くなる場合
重症:症状が広範囲に現れて出血を伴う、ぶつぶつやフケの悪化、皮膚のただれや水ぶくれ、カサブタなどがある場合

こうした重症度は治療方法を決めるための目安となります。

またアトピー性皮膚炎は症状そのものが患者さんの大きなストレスとなり、治療も長期化してしまうため精神的な負担も少なくありません。
かゆみのために寝付けなくなり睡眠障害を合併することもありますが、もしも"早朝に目が覚めてしまう"などの早朝覚醒が現れている場合は抑うつ状態に陥っている可能性もあるので注意が必要です。

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎は、「体質的な要因」と「環境的な要因」が重なり合うことで発症、あるいは悪化してしまいます。
また人によって何が原因となるかは異なり、さらにその時のからだや心の調子の影響を受けることもあります。

体質的な要因

体質的な要因には、主に2種類があります。

アトピー素因
日本皮膚科学会によると、アトピー性皮膚炎は次のように定義づけられています。

  • 良くなったり悪くなったりを繰り返し、かゆみを伴う湿疹が現れる皮膚疾患
  • 患者さんの多くはアトピー素因を持っている

ここで現れた「アトピー素因」とは、簡単に言うとアレルギーを起こしやすい体質のことです。
アトピー素因には、2つの条件があります。

①本人や家族が、アレルギー性鼻炎結膜炎喘息などのアレルギー症状を持っている
②アレルギー反応の原因物質「IgE抗体」を作りやすい体質

ただし、アトピー素因を持っているからといって必ずしもアトピー性皮膚炎を発症する訳ではありません。

皮膚のバリア機能
人の皮膚には体内から水分がもれてしまったり、外部から異物が侵入することを防ぐために「バリア機能」が備わっています。
しかしアトピー性皮膚炎の患者さんは乾燥肌であることが多く、皮膚のバリア機能が低下している状態です。
そのためアレルゲンや雑菌が侵入しやすく、また外からの刺激にも弱くなるためかゆみが現れやすくなります。

そして皮膚を掻くことでさらにバリア機能が低下、症状もますます悪化してしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

バリア機能の低下 → 外からの刺激 → かゆみが現れ、皮膚を掻く → バリア機能の低下 …

環境的な要因

環境的な要因としては「アレルゲン」と「非アレルゲン」に分かれます。

アレルゲン
アトピー性皮膚炎は例えばダニやホコリ、あるいは食べ物などアレルゲンとの接触によって症状が現れてしまいます。
何にアレルギーを持っているかは人それぞれ異なりますが、血液検査や皮膚検査などで調べることが可能です。

非アレルゲン
アトピー性皮膚炎の発症や悪化に関わるのは、アレルゲンや体質だけではありません。
次のような要因が引き金となることもあります。

  • 皮膚を掻くことや、汗による刺激
  • 皮膚の乾燥
  • 洗剤や化粧品
  • 睡眠不足や疲れ、ストレス

など

生活習慣や、いつも使っている日用品を見直すこともアトピー性皮膚炎の予防に繋がるはずです。

最近閲覧した商品