商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

避妊薬

避妊薬は、服用すれば高い確率で妊娠を防ぐお薬です。日本では病院でしか処方されませんが、通販を利用すれば処方箋がなくても簡単に購入することができます。

避妊薬 売れ筋ランキング

避妊薬の一覧


アイピル(ノルレボ)
アイピルはノルレボのジェネリック。ノルレボの約1/2~1/3の価格で購入できます。該当行為後72時間以内の服用で高い避妊効果を発揮してくれるアフターピルで、WHOの必須薬にも指定されている薬です。
1箱840円~
在庫あり
詳細を見る
オブラル-L
オブラル-Lはトリキュラーと同じ成分が配合されている低用量ピルです。継続すればほぼ妊娠を防ぐことができ、様々な女性特有のトラブルを防ぐことも可能です。飲み始めに吐き気などの副作用が多いとされています。
1箱900円~
在庫あり
詳細を見る
ジネット35(ダイアン35)
ジネット35はアジア人向けに開発された低用量ピル、ダイアン35のジェネリックです。副作用が起きにくいことが特徴です。また、海外では避妊薬としてよりもニキビ治療薬の用途でも使われています。
1箱1,200円~
在庫あり
詳細を見る
ダイアン35
ダイアン35はアジア人向けの低用量ピルです。もともとはニキビ治療薬として開発された薬ですが高い避妊効果があり、女性化作用が強いため性同一性障害の方などが女性化するために服用されることもあります。
1箱1,200円~
在庫あり
詳細を見る
トリキュラー
トリキュラーは副作用が起きにくいことから人気の高い低用量ピルです。「3相性」というホルモン配合量が違う3種類の錠剤が特徴で、体内のホルモン分泌量に近づけられます。生理不順やニキビにも効果があります。
1箱960円~
在庫あり
詳細を見る
マーベロン
マーベロンは人気の高い低容量ピルです。使い方も簡単で避妊率もほぼ100%といわれています。1日1回、自身で決めた時間に服用するだけです。避妊だけではなくニキビや生理痛、生理不順などの改善にも有効です。
1箱1,040円~
在庫あり
詳細を見る
フェミロン
フェミロンは超低用量ピルです。毎日欠かさず服用することでほぼ100%の確率で避妊できます。また、同じタイプのマーベロンに比べ副作用が軽減されており、月経前症候群や生理痛の改善、美容効果も期待できます。
1箱1,583円~
在庫あり
詳細を見る
ヤスミン
ヤスミンは超低用量ピルの一種で、太りにくいピルとして人気です。ほぼ100%に近い避妊効果を持ち、PMS(月経前症候群)、ニキビ、多毛症、むくみといった疾患を改善するなど女性に嬉しい副効果もあります。
1箱1,943円~
在庫あり
詳細を見る
ロエッテ
ロエッテは高い避妊効果を持つ低用量ピルです。一相性のピルのため全ての錠剤に同じ量の成分が含有されており服用する順番を間違える心配がありません。また、避妊効果以外に生理不順やPMSの改善効果もあります。
1箱1,583円~
在庫あり
詳細を見る
ヤーズ
ヤーズはホルモン量を限りなく少なくした超低用量ピルです。 ホルモン量が低用量ピルよりも少ないため、副作用が軽減されています。 月経困難症の治療、生理周期の安定、生理痛の改善などの効果があります。
1箱2,160円~
在庫あり
詳細を見る
ヤミニLS(ヤーズ)
ヤミニLS(ヤーズ)は1シート24錠の超低用量ピルです。 女性ホルモン量が低用量ピルよりも少量のため副作用が気になる人向けとなっています。 ヤーズのジェネリック医薬品ですのでお求めやすい値段となっています。
1箱1,520円~
在庫あり
詳細を見る
セラゼッタ
セラゼッタは黄体ホルモンのみ含有しているミニピル。低用量ピルが使用できない方でも服用でき、卵胞ホルモンが含まれていないため血栓症のリスクが低い特徴があります。ほぼ確実に避妊でき、美容効果もあります。
1箱1,800円~
在庫あり
詳細を見る
ポスティノール(ノルレボ)
ポスティノールはアフターピルのノルレボのジェネリック医薬品です。 性行為後72時間以内の服用で避妊する事ができますが、あくまでも緊急時用です。 ジェネリックの為大変お求めやすい価格となっています。
1箱1,080円~
在庫あり
詳細を見る
アンウォンテッド72(ノルレボ)
アンウォンテッド72はノルレボのジェネリック。ノルレボの約1/2の価格でお得に購入できます。該当行為後72時間以内に服用することで約80%を超える確率で避妊することができるアフターピルです。
1箱994円~
在庫あり
詳細を見る
早期妊娠検査薬
早期妊娠検査薬通常の妊娠検査薬よりも早期に妊娠してるかどうか検査できる検査キットです。 受精後9日~12日ほどで検査する事ができるので、早期に妊娠結果を知りたい方にオススメです。
1個304円~
在庫あり
詳細を見る
エブラ避妊パッチ
エブラ避妊パッチは避妊薬である低用量ピルと同様に2種類の女性ホルモンが含まれている避妊薬です。 1週間毎に肌色のパッチを貼り替えるだけで、避妊効果を得ることができます。
1箱3,060円~
在庫あり
詳細を見る
マーシロン
マーシロンはホルモン量を限りなく少なくすることで副作用を軽減した超低用量ピルです。 高い確率の避妊効果の他に生理痛や月経困難症などの軽減、ニキビ治療など様々な効果を得ることができます。
1箱1,727円~
在庫あり
詳細を見る
メリアン
メリアンは女性ホルモンの含有量が非常に少ない超低用量ピルで、身体への負担が少ないことが特徴です。 正しく服用する事で高い避妊効果を得ることができますので、避妊希望や生理周期を整えたい方にオススメです。
1箱1,440円~
在庫あり
詳細を見る
マドンナ(ノルレボ)
マドンナはノルレボのジェネリック医薬品で性行為後の緊急時に服用することで避妊ができるアフターピルです。 日本では保険適用外で先発薬は1錠約1万円ですが、ジェネリック医薬品のためお求めやすい価格になっています。
1箱945円~
在庫あり
詳細を見る
マイルーラVCF
マイルーラVCFは女性用のフィルムタイプの避妊具で、精子の活動を鈍らせ殺傷し、精子の侵入をも防ぎます。 女性の膣内に挿入するため、女性主体の避妊方法を取りたい方にオススメです。
1箱1,780円~
在庫あり
詳細を見る
エラワン
エラワンは性行為後に服用することで避妊効果が得られるアフターピルです。 通常アフターピルは性行為後72時間以内に服用しないと効果がありませんがエラワンは5日間以内の服用でも避妊することができます。
1箱3,960円~
売切れ
詳細を見る
エラ(エラワン)
エラは万が一避妊に失敗したときに用いるアフターピルでエラワンのジェネリック。一般的なアフターピルは性行為後72時間以内の服用が必要ですが、エラワンは120時間以内の服用でも避妊効果が得られます。
1箱3,960円~
在庫あり
詳細を見る
ノルパック(ノルレボ)
ノルパックはアフターピルとして知られるノルレボのジェネリックになります。安価な価格で、しかも病院へ行かなくても購入できるのでもしもの時に備えとしておすすめです。72時間以内に使えばほぼ避妊できます。
1箱1,024円~
在庫あり
詳細を見る
ノルレボ
ノルレボは病院でも処方されるアフターピルです。通販ですと3分の1程度の価格で購入することができます。排卵・子宮内膜の増殖を抑え、受精卵を着床しにくい状態を作り出します。72時間以内に服用してください。
1箱2,625円~
在庫あり
詳細を見る
ナイピル(ノルレボ)
ナイピルはアフターピル(緊急避妊薬)のノルレボのジェネリック医薬品です。有効成分のレボノルゲストレルが排卵を抑えたり、排卵を遅らせることで妊娠を阻止するはたらきがあります。
1錠596円~
在庫あり
詳細を見る

避妊薬とは

避妊薬とは、用法用量を守り正しく服用することによって、高い確率で避妊効果を期待できるお薬になります。

避妊薬の種類

避妊薬は大きく2つの種類にわけることができます。

低用量ではないピルも存在しますが、身体の大きな外国人向けであり、日本人女性であれば低用量ピルで十分なので日本で処方されることはほぼありません。

低用量ピル

【使用される目的】
日常的に服用することで避妊が可能ですが、生理痛(月経痛)の緩和や生理不順(月経不順)の改善にも使用されます。

【含まれる成分】
どの低用量ピルでも「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」が成分として含まれています。

【主な医薬品名】
トリキュラー/マーベロン

【特徴】
服用の日数によって用量が変化するものとしないものがあります。

1相性がどの錠剤も同じ用量となります。
一方の3相性は、用量が3段階にわかれます。

用量が変わることのメリットとして、女性の自然なホルモン分泌に近づけることができるので、副作用を軽減させることができます。
その半面、1相性は用量が変わらないことから飲み間違いはありませんが、3相性は飲み間違えると避妊効果を失うことや、飲み直しが必要になります。

アフターピル

【使用される目的】
避妊に失敗したり拒否されたりした女性が、望まない妊娠を避けるために緊急回避的に使用されます。

【含まれる成分】
アフターピルに含まれているのは「黄体ホルモン」のみです。

【主な医薬品名】
プラノバール錠/ノルレボ錠など

【特徴】
性行為後、服用までの時間が早ければ早いほど避妊効果が高くなります。
プラノバール錠よりもノルレボ錠のほうが避妊率が高く(国内臨床試験結果:避妊率81%)、処方されるケースが多くなっています。

低用量ピルとアフターピルの種類
アフターピル 低用量ピル
プラノバール錠/ノルレボ錠 トリキュラー/マーベロンなど

避妊薬のジェネリックと海外医薬品

低用量ピル、アフターピル、そのどちらも病院で処方してもらう際には保険適用外となります。
特に高いのがアフターピルになり、1錠の処方だけで初診料なども含めて1万円を超えることは珍しくありません。
病院などによっても多少の価格変動はありますが、どこの病院でも大きな差はありません。

また低用量ピルは、1ヶ月分で相場が3,000~4,000円ほどとなります。
一見、アフターピルよりも安く感じるかも知れませんが、毎月服用するものになるので通院の手間なども考えれば馬鹿になりません。

そこでお勧めするのが、海外通販(個人輸入代行)での購入です。
低用量ピルにもアフターピルにもジェネリック海外医薬品があり、低価格で同一成分が入った避妊薬を購入することができます。

  • ナイピル(ノルレボジェネリック) ・・・ 596円~
  • アイピル(ノルレボジェネリック) ・・・ 810円~
  • マーベロン(海外医薬品) ・・・ 1040円~
  • トリキュラー(海外医薬品) ・・・ 960円~

どのジェネリックや海外医薬品も、病院処方の半分以下の価格で購入することができます。
低用量ピルなどは特に毎月服用するものになるので、海外医薬品であれば治療の負担を少なくすることができます。
またナイピルアイピルは、避妊失敗時に焦らないためにも1錠をお守り変わりに常備しておくのもお勧めです。

ジェネリック医薬品の概要についてはこちらをご覧下さい。

避妊薬を個人輸入で通販する

ピルなどの避妊薬を個人輸入するにあたって、注意しなくてはいけないことは「届くまでの日数」です。
海外から個人輸入という形になるので、今日届いて明日届くといったことはありません。

当サイトでは平均してお届けまでに2週間前後のお時間を頂いております。
従って、緊急性を要するアフターピルは性行為後にご注文いただいても避妊できる期限に間に合わないので、前もってご注文くださいますようお願いいたします。

避妊薬は市販されている?

避妊薬は現在、薬局などで市販されてはいません。
入手するには病院で処方してもらうか、当サイトのような個人輸入代行を利用して通販で入手する以外に方法がありません。
避妊薬は副作用もあるため、服用したことにのない避妊薬を個人輸入で入手するよりは病院で一度処方してもらい、ご自身の体質に合っているか確かめてから2回目以降は個人輸入通販で入手されることをおすすめいたします。

避妊薬の有効性

避妊薬は、避妊の確率を100%保証するものではありません。
しかし、正しい服用を行うことで、100%に限りなく近づけることはできます。
低用量ピルですが、1日1錠を決められた時刻に服用することで、99.9%の確率で避妊することができます。

一方で、アフターピルであるノルレボ錠の妊娠率は、次のようになっています。

時間別妊娠率
不安行為(性行為)後の時間 妊娠率
12時間以内 0.5%
13~24時間以内 1.5%
25~36時間以内 1.8%
37~48時間以内 2.6%
49~60時間以内 3.1%
61~71時間以内 4.1%

ノルレボ錠は不安行為があった際、出来る限り早めに服用することで高い確率で避妊することができます。
低用量ピル、アフターピル、どちらも正しい服用方法を守ることで女性の身を守ってくれます。

避妊薬の作用

低用量ピルやアフターピルは用量や種類が異なるものの、どちらも卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類が含まれています。
つまり基本的な作用に違いはありません。

ピルの中に含まれている卵胞ホルモンと黄体ホルモンは本来、女性の卵巣から分泌される2つのホルモンと似た物質を化学合成することで作られます。
2つのホルモンの分泌が高い状態の時にからだが妊娠状態になることから、ピルに含まれるホルモンがからだを妊娠に近い状態に近づけてくれます。
つまり、脳を妊娠したと錯覚させるのです。

すると、通常の妊娠と同じように卵胞の成長や排卵をストップします。
精子と卵子が結びつくことで妊娠は成立するので、排卵がストップした状態では妊娠することはありません。
ピルは脳を錯覚させ排卵を抑えることで、避妊効果を得ることができます。

またピルに含まれるホルモンの作用によって、受精卵が着床する子宮内膜の増殖を抑えることや、子宮頸管粘液の粘度を高めることで精子の侵入を防ぐ効果などもあります。
排卵をストップ」「着床しにくい状態にする」「精子が子宮に侵入しにくくする」これら3つのことが複合的に作用することで、避妊率を高めてくれます。

また低用量ピルには、副効果があります。
避妊効果だけでなく、ホルモンのバランスが整えられることによって女性特有のからだのトラブルを改善することもできます。

低用量ピルの副効果
月経に関連する効果
  • 生理痛を軽減
  • 生理時の出血量の少なくし、貧血の改善
  • 生理不順の改善
  • PMSと呼ばれる「月経前緊張症」や「月経前症候群」の改善
  • 生理日の変更(生理開始の日を自由に変更)
女性特有の病気への効果
  • 子宮外妊娠を予防
  • 子宮内膜症を予防
  • 骨盤内感染症を予防
  • 子宮体ガンを予防
  • 乳房良性疾患を予防
  • 卵巣嚢腫(のうしゅ)を予防
美容関連

避妊以外にも女性のQOL(クオリティー・オブ・ライフ)の向上をはかる効果がたくさんあるので、生活改善薬として使用することもできます。

避妊薬の副作用

避妊薬には副作用が存在します。
低用量ピル、アフターピルそれぞれで起こりやすいものだけ抜粋してご紹介します。

避妊薬ピルの副作用
低用量ピルに起こりやすい副作用
  • 悪心
  • 乳房緊満感
  • 頭痛
  • 嘔吐
  • 下腹部痛
  • 乳房痛
  • 過敏症
  • 発疹
  • 肝機能異常
  • 浮腫
アフターピルに起こりやすい副作用
  • 消退出血
  • 不正子宮出血
  • 頭痛
  • 悪心
  • 倦怠感
  • 傾眠
  • 疲労
  • 下腹部痛
  • 浮動性眩暈
  • 体位性眩暈

副作用が起きた場合は速やかに医師または薬剤師に相談してください。

避妊薬の服用方法・飲み方

避妊薬は定められた用法用量を守って正しく飲まなくては本来の効果が発揮されません。 低用量ピルとアフターピルそれぞれの服用方法・飲み方をご紹介します。

■低用量ピルの服用方法・飲み方

低用量ピルは21錠で1セットのものと、28錠で1セットのものがあります。
どちらにも共通して言えることは「毎日必ず決まった時間に服用する」ということです。

21錠で1セットの低用量ピルは1日1錠を21日間服用し、22日目から7日間(28日目まで)は休薬期間となります。
この21日+7日の合計28日を1サイクルとして、29日目からはまた1サイクルを開始します。

28錠で1セットの低用量ピルは1日1錠を28日間服用を継続します。
22~28日目に服用するものは偽薬となっており有効成分は含まれていません。
毎日の服用を習慣化させるために休薬期間を置かず、偽薬が同梱されています。

■アフターピルの服用方法・飲み方

アフターピルは前述のとおり、性行為から服用までの時間が早ければ早いほど避妊効果が高くなります。
ノルレボ錠の添付文書では性交後72時間以内に服用する、という用法用量となっています。
性行為から服用までの時間ごとの避妊性交確立は前項の”避妊薬の有効性”をご覧ください。
なにかあってからは遅いので、手元に1錠は常備しておくようにしたほうがいいでしょう。

最近閲覧した商品