商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

自律神経調整剤

自律神経調整剤は、自律神経失調症によって起こる様々な症状を改善するお薬です。原因がはっきりしない症状に悩まされている方に特にオススメです。

商品ジャンル

自律神経調整剤の一覧


TOFISERN(グランダキシン)
TOFISERNは自律神経を正常に整える作用があり、自律神経失調症の他にも多汗症や更年期障害の症状の改善が期待できます。含まれる有効成分トフィソパムは神経細胞の活動を抑える効果があります。
1錠38円~
在庫あり
詳細を見る
トフィカーム(グランダキシン)
トフィカームはグランダキシンジェネリック。自律神経調整薬と呼ばれ自律神経の乱れに伴う頭痛や目まい、ほてりといった症状を改善します。効果と副作用ともに穏やかなため、高齢者の方が服用するのに適しています。
1錠43円~
在庫あり
詳細を見る

自律神経調整剤とは

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経からなる自律神経のバランスが乱れることで現れる頭痛やめまいなどの様々な症状の総称です。
原因は人それぞれ異なり、医学的にはっきりと断定されていない部分も多いですが、生活習慣の乱れストレス女性ホルモンの変化によるものなど多くの要因があるとされています。
自律神経失調症の治療には抗不安薬・ホルモン剤を用いる薬物療法やカウンセリングといった心理療法を用いるなど様々な方法があります。

この記事では、自律神経失調症を治療するために用いられる自律神経調整剤の種類や効果、副作用などについてご紹介していきます。

自律神経調整剤一覧

この項目では、自律神経調整剤のなかでオススメの商品をご紹介します。

グランダキシン

グランダキシンとは、持田製薬が販売する自律神経調整剤です。
ベンゾジアゼピン系の抗不安薬の一種で、有効成分”トフィソパム”が脳に存在する"GABA受容体"にはたらきかけることで、生活習慣やストレス、更年期障害などによって乱れてしまった自律神経のバランスを整えてくれます。

また、穏やかな効き目が特徴で副作用も少なく、高齢者の方でも服用できる薬となっております。

トフィカーム(グランダキシンジェネリック)

トフィカームとは、サンファーマ社が販売を行っているグランダキシンのジェネリック医薬品です。
有効成分は上記でご紹介したグランダキシンと同じ成分のため、ほぼ同等の自律神経調整作用を有しています。

また、グランダキシンは50mgのみですが、お薬110番(以下当サイト)ではトフィカームの50mgと100mgから選択してご購入していただくことができます。

自律神経調整剤の効果

自律神経調整剤の効果は、主に脳に作用することで自律神経の乱れを調節することで、自律神経神経失調症に対して高い効果を発揮します。
まず自律神経とは、交感神経と副交感神経の二つから成る生命維持のために不可欠な神経系のことですが、これらのバランスが乱れてしまうと血管や内臓のはたらきが崩れ、疲労感やめまい、頭痛、不安感などの身体・精神症状が現れてしまいます。

自律神経調整剤は脳の視床下部に作用し、自律神経のバランスを整え、興奮を鎮めることで、抗不安作用・抗けいれん作用・催眠作用・筋弛緩作用を発揮し、自律神経神経失調症の症状を改善する効果を持ちます。

自律神経調整剤の副作用

自律神経調整剤の服用に際し、いくつか注意しなければいけない副作用があります。
主な副作用は眠気・ふらつきなどの精神神経症状、吐き気・口の渇き・食欲不振・便秘などの消化器症状、倦怠感・脱力感などの全身症状があります。

加えて特筆すべきなのは依存性の副作用についてです。
自律神経調整剤の一種であるグランダキシンはベンゾジアゼピン系と呼ばれる抗不安薬ですが、ベンゾジアゼピン系の副作用には必ず離脱症状がついてまわります。
薬の服用をいきなりやめる、薬の量を一気に減らすなどした場合に離脱症状は起きやすく、不眠・消化器症状・震え・恐怖・筋けいれんなどの身体・精神症状が現れます。

対策としては薬の減量を徐々に行う、別の薬剤に切り替えるなどが考えられ、医者の指示に従った計画的な対策が必要です。
ベンゾジアゼピン系の薬のなかでもグランダキシンのような自律神経調整剤は比較的効果が穏やかなため、それに比例して離脱症状などの副作用が起きにくくなっています。
ですが、グランダキシンでも離脱症状が起きないわけではないので慎重な治療計画のもと服用してください。

また、上記で挙げた精神神経症状が起きる恐れがあるため、服用中は車の運転など、危険を伴う運転の操作などは控える必要があります。

自律神経調整剤以外の薬

この項目では、自律神経失調症の改善に役立つ、自律神経調整剤以外の薬をご紹介します。

精神安定剤(抗不安薬)

自律神経失調症の治療に用いられる自律神経調整剤以外の薬として精神安定剤(抗不安薬)が挙げられます。
自律神経失調症の原因としてストレスがありますが、このストレスにアプローチして治療を行うとき、一時的に抗不安薬のような精神安定剤を用いることがあります。
特に不安感など自律神経失調症の精神症状が強い場合に症状を緩和させるために用いますが、あくまで一時的な使用なので対症療法という位置づけの治療法となります。

また、自律神経失調症の治療は生活習慣や食生活を正すことが基本なので、薬物療法に移行するのは心理療法や行動療法を行っても症状が改善しない場合に用いる療法であることを念頭に置いて治療にあたることを推奨します。

睡眠薬

自律神経失調症のよくある症状として不眠症があります。
不眠症には入眠障害中途覚醒早期覚醒熟眠障害のように4種類がありますが、それぞれの症状に応じて作用時間がちょうど良い睡眠薬を選ぶのがベストです。

入眠障害にはマイスリーアモバン(リンク先はアモバンのジェネリック医薬品です)といった超短時間作用の睡眠薬が適しています。
中途覚醒の場合は短時間作用の睡眠薬であるレンドルミンリスミーがオススメです。
早期覚醒には中間作用の睡眠薬が向いており、ネルボンサイレースといった薬剤が適しています。
熟眠障害の方にはドラールダルメートのような長時間作用の睡眠薬か中間作用のものを用いると効果的です。

また、従来の睡眠薬に比べ依存性と副作用が少ないロゼレムベルソムラといった睡眠薬を当サイトでも販売しており、初めて睡眠薬を用いる方にオススメの商品になります。

抗うつ剤

自律神経失調症の精神的な症状としてうつ症状があります。
例えば、不安感、疎外感、落ち込み、イライラ、感情の起伏が激しい、やる気が出ない、憂鬱な気分などです。
こういった症状を緩和させるために抗うつ剤を用いて治療することがあります。

副作用の少ないSSRIのような抗うつ剤が近年主流になっており、当サイトでもジェイゾロフトレクサプロパキシルなど様々な商品を取り扱っております。

更年期障害治療薬

自律神経失調症は女性ホルモンの乱れによって引き起こされることもあるため、治療には更年期障害治療薬が有効な場合もあります。
更年期障害の自律神経失調症状は主にホットフラッシュめまい動悸・息切れ頭痛冷え不眠などです。
更年期障害は加齢や閉経などが原因でエストロゲンという女性ホルモンが減少することによって引き起こされますが、この女性ホルモンを食事や女性ホルモン剤などで拡充することで治療していくことができます。

当サイトでは数多くの更年期障害治療薬を取り扱っており、プレマリンプロベラといった治療薬がオススメです。

最近閲覧した商品