商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

チャンピックス

チャンピックスは、禁煙外来で処方される禁煙治療薬です。離脱症状が起こりにくく、ストレスなく禁煙することができます。通販では病院に行かずに購入することができます。

チャンピックスの一覧


チャンピックス(スターターパック)
チャンピックスは非ニコチン製剤の禁煙治療薬で、禁煙成功率は約80%になります。本剤はスターターパックとなっており、内容量は0.5mg・1mg × 25錠となっています。
1錠256円~
在庫あり
詳細を見る
チャンピックス(2週間パック)
チャンピックスはニコチンを含まない非ニコチン製剤の禁煙治療薬になります。本剤は2週間パックとなり1mgを既に服用されている方が継続して服用するための商品となります。
1錠194円~
在庫あり
詳細を見る
チャンピックス(禁煙フルセット)
チャンピックス(禁煙フルセット)は「チャンピックス・スターターパック」と「チャンピックス・2週間パック」を合わせた12週間分のおトクなセット。飲むことで禁煙ができるニコチンを使わない禁煙治療薬です。
1錠199円~
在庫あり
詳細を見る

チャンピックスとは

チャンピックスとは、2008年の4月から禁煙外来など病院で処方してもらうことができるようになった、飲む禁煙治療薬になります。
従来までの禁煙治療の方法はニコチン置換療法が主流でした。

ニコチン置換療法とは以下のような方法を指します。

タバコ → ガム → パッチ

このように製品を切り替えてニコチンを摂取することで、禁煙をサポートするものでした。
しかしチャンピックスは他の禁煙治療薬とは異なり、非ニコチン製剤と呼ばれるニコチンを使わずとも禁煙をサポートしてくれる画期的な禁煙治療薬になります。
2010年10月のタバコ税値上がりをきっかけに「かけこみ禁煙」と呼ばれる人が増え、チャンピックスを使った禁煙に挑戦する方の人数は急増しました。

  • 2010年8月 → 毎月約7万人がチャンピックスを服用
  • 2010年9月 → 毎月約17万人がチャンピックスを服用

チャンピックスの服用希望者は、わずか1ヶ月ほどで2倍以上にも膨れ上がりました。
供給不足に陥ることを懸念した製造元のPhizer(ファイザー)は、2010年の10月にチャンピックススターターパックの出荷を停止し、供給体制を整え2011年の1月から再び販売を販売をスタートさせています。

タバコ税の値上がりという禁煙のきっかけがあるものの、何十万人もの方が他の禁煙治療薬ではなくチャンピックスを選ぶのには理由があります。
その理由が、チャンピックスの特徴や効果です。
ここではチャンピックスの特徴や効果に加えて、人によっては低価格で購入できる海外医薬品などについて解説していきます。

チャンピックスの特徴

チャンピックスが禁煙治療薬として人気を集める特徴は、3つあります。

  • ニコチンを使わずに禁煙できる
  • ニコチン切れに伴う離脱症状を和らげることができる
  • 服用しはじめた1週間はタバコを無理に我慢する必要がない

ニコチンを含まない禁煙治療薬は国内でも初となっています。
有効成分バレニクリン酒石酸塩は少量のドーパミンを放出させる作用があることから、ニコチン切れによる離脱症状を和らげることができます。

さらにバレニクリンのもう1つの作用によって、喫煙による満足感をも低下させることができます。
無理なく禁煙できる特徴が、チャンピックスを選択する理由の1つになっています。

チャンピックスの海外医薬品

チャンピックスは禁煙外来で処方してもらうことができます。
しかし保険適用の有り無しは、いくつかの条件を満たすことで決まります。
保険適用時にかかる費用と保険適用外となった時に、どれくらい値段が異なるかの比較は次のようになります。

【保険適用】
診察料 ・・・ 2,300円
ニコチン依存症管理料 ・・・ 2,800円
処方せん料 ・・・ 800円
チャンピックス(12週間分) ・・・ 13,000円
合計:18,900円

【保険適用外】
診察料 ・・・ 7,600円
ニコチン依存症管理料 ・・・ 9,600円
処方せん料 ・・・ 2,700円
チャンピックス(12週間分) ・・・ 43,500円
合計:63,400円

同じチャンピックスを使った禁煙治療でも、保険の有り無しで大きく治療費が異なります。
そこで保険が効かなかった方にお勧めなのが、チャンピックスの海外医薬品の購入です。
海外の病院で使われているチャンピックスを低価格で購入することができます。
同じ成分バレニクリンが使用されているので、禁煙効果が変わることはありません。

チャンピックスの作用

チャンピックスの成分バレニクリンには、2つの作用があります。

  • 刺激作用
  • 拮抗作用

タバコがやめられない原因として、「ニコチンによるドーパミンの放出」があげられます。
ドーパミンは快楽物質とも呼ばれ、ニコチンが脳にあるニコチン受容体(α4β2受容体)に結びつくことで放出されます。
チャンピックスの刺激作用は、成分バレニクリンがニコチン受容体を刺激することで少量のドーパミンを放出させます。
ドーパミンの放出量はニコチンの約半分となり、この作用によって禁煙時に起こる離脱症状を和らげることができます。

また、もう1つの作用である拮抗作用は、身体に入ってきたニコチンと拮抗する作用になります。
ニコチンによるドーパミンの放出を抑制することができるので、チャンピックス服用中にタバコを吸っても満足感が得にくくなります。
この作用があることで、チャンピックス服用スタートから1週間は無理にタバコを我慢する必要がありません。

2つの作用が禁煙をサポートし、12週間続けた禁煙成功率は約49%にもなります。
およそ2人に1人が禁煙に成功している計算になり、ニコチン製剤と比較しても非常に高い成功率を誇っています。

最近閲覧した商品