商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

抗不安薬

抗不安薬は不安障害など、不安を和らげてくれるお薬です。また、軽度のうつ病に用いられる場合もあります。お仕事や人間関係などで精神的に不安定なことが多い方にオススメです。

抗不安薬の一覧


ジェイゾロフト
ジェイゾロフトはうつ病などを治療する抗うつ剤です。その他にも強迫性障害、パニック障害、PTSDの治療にも用いられます。抗うつ効果が強すぎず、副作用が少ないことから服用者の多い抗うつ剤です。
1錠72円~
在庫あり
詳細を見る
パロキセチン(パキシル)
パロキセチンはパキシルのジェネリック。パキシルの約1/2の価格で購入できてかなりおトクな商品。抗うつ効果や抗不安効果の強いSSRI系統の抗うつ剤で、半減期が短く、キレが良いのが特徴です。
1錠81円~
在庫あり
詳細を見る
イフェクサーXR
イフェクサーXRは国内で3番目に登場したSNRI系の抗うつ剤です。うつ病、PTSD、月経前不快気分障害、ADHD、強迫性障害に効果があり、カプセルタイプにすることで副作用を少なく抑えています。
1錠119円~
在庫あり
詳細を見る
エスケート(レクサプロ)
エスケートはレクサプロジェネリック。レクサプロは世界で最も売れている抗うつ剤ですが、エスケートはレクサプロの約1/3の薬価で購入できます。また、効果、安全性、即効性、持続性にも優れている抗うつ剤です。
1錠89円~
売切れ
詳細を見る
シタロプラム(レクサプロ)
発送時期によりzentiva社の製品になります。 シタロプラムはレクサプロジェネリック。シタロプラムはレクサプロの約1/4~1/5の価格で購入できおトクです。他の抗うつ剤に比べ即効性に優れ、効果と安全性のバランスも良いので愛用者の多い抗うつ剤です。
1錠52円~
在庫あり
詳細を見る
ベンラーXR(イフェクサー)
ベンラーXRはイフェクサーのジェネリックです。イフェクサーXRの薬価の約1/4で購入できます。うつ病の諸症状やうつ病に伴う痛みを改善する効果があり、カプセルタイプなので副作用も少なく抑えられています。
1錠27円~
在庫あり
詳細を見る
プロザック
プロザックはWHOの必須医薬品に収録されている抗うつ剤です。即効性が高く、あらゆる精神疾患に効果があり、「プロザックを服用すると別人のように元気になる」という話もあるぐらい高い効果を持つ抗うつ剤です。
1錠139円~
在庫あり
詳細を見る
エスシタデップ(レクサプロ)
エスシタデップは人気の高い抗うつ剤、レクサプロのジェネリックです。先発薬よりも安く購入することができ、同等の効果を得られます。抗うつ効果の高さと副作用の出にくさがとても使いやすい抗うつ剤です。
1錠32円~
在庫あり
詳細を見る
セルティマ(ジェイゾロフト)
セルティマはジェイゾロフトのジェネリック。ジェイゾロフト1錠あたりの約1/2の価格で購入できます。強すぎず弱すぎず、副作用の少ない抗うつ効果から世界中で支持を受けているSSRI系統の抗うつ剤です。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
オキセチン(プロザック)
オキセチンはプロザックジェネリック。プロザック1錠あたりの約1/5の価格で購入できます。素早い効き目と高い抗うつ効果が特徴で様々な精神疾患に効果があり、WHOの必須医薬品に収録されている医薬品です。
1錠27円~
在庫あり
詳細を見る
エチラーム(デパス)
エチラームはデパスのジェネリック。抗不安薬の第一選択薬であり、効き目が強く短時間作用のためキレがいいという特徴があります。催眠作用もあるので寝つきの悪い方が睡眠導入剤として服用することもできます。
1錠27円~
売切れ
詳細を見る
レクサプロ
レクサプロはうつ病などの様々な精神疾患に適応のある世界で最も売れている抗うつ剤です。効果と副作用のバランスが良く、即効性と持続性にも優れてます。なお、効果が現れるまで少なくとも2週間はかかります。
1錠289円~
売切れ
詳細を見る
エチラーム舌下錠(デパス)
エチラーム舌下錠はデパスのジェネリック。強い抗うつ効果とキレの良さが特徴で肩こり、腰痛、睡眠障害にも効果を発揮する抗不安薬です。また、本剤は舌の上で溶かすタイプなので即効性が高くなっています。
1錠41円~
売切れ
詳細を見る
ゾピコン(アモバン)
ゾピコンはアモバンジェネリックで入眠障害を治療する睡眠薬。即効性と短時間作用が特徴で、服用して15~20分で眠気が現れはじめます。苦味の副作用がでやすいので気になる方は代わりにルネスタがオススメです。
1錠64円~
売切れ
詳細を見る
デパス
デパスは現在、薬機法が改正されたため個人輸入をすることができません。
1錠95円~
売切れ
詳細を見る
タガラ
タガラは不安障害、緊張を和らげてリラックス作用をもたらすサプリメントです。強い不安などで眠れなくなっている状態を緩和することができます。睡眠障害がなくなれば健康面で多くのメリットを得ることができます。
1錠20円~
在庫あり
詳細を見る
ゾピクロバン(アモバン)
ゾピクロバンはアモバンのジェネリックです。睡眠薬の中でも人気が高く、有効成分のゾピクロンは短時間で作用するので寝付きの悪い方に向いています。苦味があるのも特徴で、その際は用量少なめで服用してください。
1錠77円~
売切れ
詳細を見る
フルナイト(ルネスタ)
フルナイトは超短時間型の睡眠薬ルネスタのジェネリック医薬品です。 服用してから10分ほどで効果が現れるため、不眠症の中でもなかなか眠ることのできない入眠障害の方にオススメです。
1錠68円~
在庫あり
詳細を見る
ハイプナイト(ルネスタ)
ハイプナイトはルネスタジェネリック。1mg、2mg、3mgから選択して購入できます。超短時間型の睡眠薬のため即効性があり、ルネスタの前に使用されていたアモバンの苦味が改善された点が特徴です。
1錠63円~
在庫あり
詳細を見る
バスポン(バスパー)
バスポンはバスパージェネリック。精神を落ち着ける効果のある抗不安薬で不安障害や不眠症、うつ病を改善してくれます。効き目が穏やかなため副作用も少なく安全性に優れており、即効性は低いという特徴があります。
1錠52円~
在庫あり
詳細を見る
フルニル(プロザック)
フルニルはプロザックジェネリック。プロザック1錠あたりの約1/4の格安価格で購入でき、10mgと20mgから選択できます。従来の抗うつ剤より副作用が抑えめで、特に早く効き、抗うつ効果も高い治療薬です。
1錠18円~
在庫あり
詳細を見る
パキシル
パキシルはうつ病の治療に用いられるSSRIに分類されている抗うつ剤です。 SSRIは余計な部分に作用しないので従来の抗うつ剤よりも遥かに副作用が抑えられています。
1錠145円~
在庫あり
詳細を見る
エチゾラム錠(デパス)
エチゾラム錠は抗不安薬のデパスのジェネリック医薬品で、日本のメーカー日医工が製造しています。 デパスと同じ有効成分のため、効果効能、安全性などほぼ同じとなっています。
1錠80円~
売切れ
詳細を見る
セディール
セディールは抗不安薬の中でも依存症の少ない安全性の高いお薬です。 日本でもセディールは抗不安薬の入り口として勧められることが多く、副作用や依存症が心配な方にオススメです。
1錠139円~
在庫あり
詳細を見る
ハイプロン(ソナタ)
ハイプロンはソナタジェネリック。超短時間型の睡眠薬なので即効性に優れ4時間ほど効果が持続します。そのため朝起きたときには効果が切れておりスッキリと目覚めることができます。また、副作用も少ない薬です。
1錠41円~
在庫あり
詳細を見る
バスピン(バスパー)
バスピンはバスパージェネリック。脳内のセロトニン濃度を安定させ、不安や焦りを和らげる抗不安薬です。うつ病や不安障害の改善、不眠症などに効果を発揮し、即効性がない代わりに依存性が少なく安全性に優れます。
1錠27円~
在庫あり
詳細を見る
エスゾピック(ルネスタ)
エスゾピックは超短時間型睡眠薬で知られるルネスタのジェネリック医薬品です。効果の持続時間は5時間で翌朝に効果を持ち越すことがありません。副作用も少なく、入眠障害や中途覚醒などの不眠症に効果的です。
1錠64円~
在庫あり
詳細を見る
TOFISERN(グランダキシン)
TOFISERNは自律神経を正常に整える作用があり、自律神経失調症の他にも多汗症や更年期障害の症状の改善が期待できます。含まれる有効成分トフィソパムは神経細胞の活動を抑える効果があります。
1錠38円~
在庫あり
詳細を見る
トフィカーム(グランダキシン)
トフィカームはグランダキシンジェネリック。自律神経調整薬と呼ばれ自律神経の乱れに伴う頭痛や目まい、ほてりといった症状を改善します。効果と副作用ともに穏やかなため、高齢者の方が服用するのに適しています。
1錠43円~
在庫あり
詳細を見る
ソクナイト(ルネスタ)
ソクナイトはルネスタジェネリック。即効性の高い睡眠薬で服用して約10~15分ほどで効果が現れ、持続時間が5~6時間のため翌日に眠気を残しません。さらに苦味の副作用も軽減され、安全性にも優れています。
1錠65円~
在庫あり
詳細を見る

抗不安薬とは

抗不安薬とは、不安を和らげてくれる効果がある薬になります。
安定剤や精神安定剤と呼ばれることもあり、それぞれ異なる特徴を持っています。
種類が多いことから、自分に合う抗不安薬を見つけられるか疑問に思う方も少なくありません。

強い不安を抱える方にとって役立つ薬であることは間違いありませんが、その一方で過剰な服用や乱用、依存なども問題になることが多いです。
どんな薬にも言えることですが、正しい服用が求められます。

抗不安薬には、次の2種類の系統に分けることができます。

  • ベンゾジアゼピン系
  • セロトニン1A部分作動薬

治療に用いられる機会が多いのは「ベンゾジアゼピン系」の薬になります。
セロトニン1A部分作動薬は副作用が少なく抑えられ安全性には優れているものの、抗不安効果が弱いことから今ひとつ普及していません。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の特徴

ベンゾジアゼピン系を代表する抗不安薬には、次のような薬があります。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の作用時間と強さ
医薬品名 作用時間/強さ
デパス 短時間(6時間前後)/強
ワイパックス 中時間(12時間前後)/強
ソラナックス 中時間(12時間前後)/中
メイラックス 長時間(24時間以上)/中
リーゼ 短時間(6時間前後)/弱

急に強まってくる不安には短時間のタイプ、持続する不安であれば長時間のタイプと、症状に適したタイプの薬を使うことが大切です。
ベンゾジアゼピン系の薬にはしっかりとした抗不安作用があるものが多く、薬の種類によっては即効性に優れるものなどもあります。

またベンゾジアゼピン系の薬には抗不安効果に加えて、次の3つの作用があります。

■筋弛緩作用
筋肉の緊張した状態を緩和する作用

■催眠作用
眠くする作用

■抗けいれん作用
けいれんを抑える作用

4つの作用があるのも特徴で、精神疾患のみならずさまざまな病気に応用して使われることがあります。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬のジェネリック医薬品

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬であるデパスにはジェネリック医薬品があります。
エチラームがジェネリック医薬品にあたり、錠剤や舌下錠(舌の下で溶かす錠剤)などのタイプも海外通販(個人輸入代行)を利用することで購入することができました。

しかし、乱用や依存などが問題となり薬事法によって輸入禁止の対象となりました。
ベンゾジアゼピン系の薬は乱用の問題はもちろんですが、定期的に服用することで「依存」や「耐性」の問題が生じます。

  • 依存 → 薬がないと心身ともに落ち着かなくなってしまい、薬の効き目が切れると離脱症状などを起こす
  • 耐性 → 薬にからだが慣れることで薬の効きが悪くなってしまい、薬の量を増やさないと効果がなくなってしまう

耐性が生じることで服用量が増え、気付いた時には依存しているという悪循環を招くことがあるので、ベンゾジアゼピン系の薬の服用には注意が必要です。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の作用

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の作用には、「GABA」という神経物質が関わっています。
このGABAは、脳の中枢神経のはたらきを抑える物質になり、ベンゾジアゼピン系抗不安薬はGABAのはたらきを強める作用があります。
つまり、GABAのはたらきが活発になることで脳の活動が落ち着き、こころの不安や緊張を和らげることができるようになります。

セロトニン1A部分作動薬

セロトニン1A部分作動薬はセディールのみが国内で用いられています。
副作用が少ないことが特徴で、依存や耐性の問題も生じない薬です。
また抗うつ効果もあるのも特徴です。

しかし安全性に優れるものの、抗不安効果が現れるまでには2週間近くかかることや、ベンゾジアゼピン系抗不安薬にくらべ抗不安効果が弱いことから処方機会は少ないです。
ですが、安全性が高いことから長期的な服用は望ましくないものの、必要がある場合には第一選択の薬になります。

セロトニン1A部分作動薬の海外・ジェネリック医薬品

海外通販(個人輸入代行)を利用することで、国内では処方されていない海外医薬品ジェネリック医薬品を低価格で購入することができます。
国内処方が行われているセディールには海外医薬品があり、抗不安薬を長期的に服用するのであれば治療費を安く抑えることができます。

また海外で用いられている抗不安薬にバスパーという抗不安薬があります。
これもセロトニン1A部分作動薬になり、バスポンバスピンといったジェネリック医薬品もあります。
長期服用や常備しておくことで、速やかに不安症状を改善することができます。

セロトニン1A部分作動薬の作用

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、不安や緊張で過敏になった神経を"抑え込む"方法で作用していました。
一方、セロトニン1A部分作動薬は不安などに関係する部分を"狙い打つ"という方法で作用します。

神経物質の1つであるセロトニンの受け皿となるのがセロトニン受容体です。
受け皿となるセロトニン受容体には、2つの種類があります。

  • セロトニン1A受容体 → セロトニンの分泌を抑えるはたらきがある
  • セロトニン2A受容体 → セロトニンが作用することによって、不安が引き起こされる

不安障害うつ病の患者さんは神経物質のバランスが崩れ、セロトニンが不足あるいは過剰に分泌されている状態になっています。

セロトニン1A部分作動薬は、名前のとおりセロトニン1A受容体に作用します。
セロトニンが不足している状態で服用することによって、崩れたセロトニンのバランスを整えるように作用します。

一方でセロトニンが過剰に分泌された不安障害の場合には、そのセロトニンの分泌を抑えバランスを整えるように作用します。
セロトニンのバランスを正常に整える作用によって、抗不安効果抗うつ効果を期待することができます。
セロトニン1A受容体のみを狙って作用し、他の部分に作用しないことから副作用が少ないとされています。

最近閲覧した商品