商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

結膜炎治療薬

結膜炎治療薬は、結膜炎を治療するためのお薬です。大きくわけると抗菌薬、抗炎症薬、ステロイド薬、抗アレルギー薬の4種類があるため、ご自分に合っているお薬で早めに治療しましょう。

結膜炎治療薬の一覧


リレスタット点眼液(アレジオン)
リレスタット点眼液は、目の充血やかゆみを鎮める効果を持つ抗アレルギー点眼剤です。アレジオン点眼薬と同じ主成分で、即効性があります。また、コンタクトを付けたままでも使うことができるのも特徴です。
1本1,620円~
在庫あり
詳細を見る
IF2点眼液(パタノール)
IF2点眼液は、パタノールと同成分の目薬です。アレロック(抗ヒスタミン剤)とも呼ばれており、目のかゆみや充血を改善していきます。「眠くなる」といった副作用は無いため、安心して使うことができます。
1本1,620円~
在庫あり
詳細を見る
シフランアイドロップ(シプロキサン)
シフランアイドロップは有効成分シプロフロキサシンを含み細菌感染による眼病を治療する点眼薬(目薬)です。結膜炎やものもらいに効果があり、細菌の遺伝情報の複製を阻害する事で増殖を防ぎます。
1本633円~
在庫あり
詳細を見る
ニフラン点眼液
ニフラン点眼液はウイルス性結膜炎に対して効果がある非ステロイド性抗炎症点眼薬です。有効成分のプラノプロフェンは炎症を沈め、腫れや発疹時の痛みといった症状を緩和させます。
1本1,460円~
在庫あり
詳細を見る
ガチブル点眼液(ガチフロ)
ガチブル点眼液は眼瞼炎、結膜炎などに効果がある広範囲抗菌点眼薬(目薬)です。強い抗菌作用を持ち、耐性菌を作りにくい点眼薬です。有効成分ガチフロキサシンが眼細菌の増殖を防ぎ、殺菌する働きがあります。
1本1,010円~
売切れ
詳細を見る
アレルギーアイリリーフ
アレルギーアイリリーフ点眼液(目薬)は、ホメオパシー治療に基づいて製造されています。カビやペットのフケ、花粉症などの眼のアレルギー症状を抑える効果があり、充血、かゆみの治療に役立ちます。
1本2,027円~
在庫あり
詳細を見る
アレルギーアイリリーフ(使い切り)
アレルギーアイリリーフ(使い切り)は、ホメオパシー治療に基づいて製造されている点眼薬(目薬)です。カビやペットのフケ、花粉症などの眼のアレルギー症状を抑える効果があります。
1箱2,027円~
在庫あり
詳細を見る
フラレックス点眼液(フルメトロン)
フラレックス点眼液はフルメトロンのジェネリック医薬品で有効成分フルオロメトロンを含みます。花粉症などのアレルギー炎症を抑える強い効果があり、眼瞼炎や結膜炎、角膜炎の治療にも用いられます。
1本1,267円~
在庫あり
詳細を見る
クラビット点眼液
クラビット点眼薬は結膜炎やものもらいなどの細菌感染症の治療に効果が有る点眼薬(目薬)です。有効成分レボフロキサシンは細菌の増殖を抑え、細菌の死滅と抗菌作用を示します。
1本2,700円~
在庫あり
詳細を見る
シクロミューン点眼液(パピロック)
シクロミューン点眼液はパピロックのジェネリック。小学生男児によくみられる春季カタルの治療に適した目薬です。春季カタルの症状である巨大乳頭というまぶたの裏側のブツブツによく効きます。
1本1,727円~
在庫あり
詳細を見る

結膜炎治療薬とは

目が充血したり、かゆくなるなど様々な症状が現れる結膜炎
結膜炎を治療する際には、目薬を使うことが基本です。
目薬には様々な種類がありますが、それらの中には結膜炎治療薬として用いられるものもたくさんあります。
しかし結膜炎にかかったからと言っても、ただ適当に結膜炎治療薬を選んで使えば良いという訳ではありません。

結膜炎は、原因によって大きく3種類に分かれます。

  • 細菌性結膜炎
  • ウイルス性結膜炎
  • アレルギー性結膜炎

これらは細菌・ウイルス・アレルギーとそれぞれ結膜炎を引き起こす原因が異なります。
原因が違えば治療に適した薬も異なるので、どの結膜炎にどんな薬を使えば良いのかを見極めなければなりません。

ここではどんな種類の結膜炎治療薬があるのかを明らかにした上で、タイプ毎の結膜炎に合わせた薬の選び方をご紹介します。

結膜炎治療薬の種類

結膜炎治療薬は、大きく4種類に分かれます。

  • 抗菌薬
  • 抗炎症薬
  • ステロイド薬
  • 抗アレルギー薬

以下ではそれぞれの種類について、解説していきます。

抗菌薬とは

抗菌薬とは、その名前の通り抗菌効果がある目薬のことです。
これらの薬には、性感染症などの治療にも使われるような抗生物質が含有されています。
抗菌薬には例えば、次のような種類があります。

など

種類によっては点眼薬だけでなく眼軟膏もあり、症状に合わせて剤型を選ぶことも可能です。

また現在ではガチフロに「ガチブル点眼液」というように多数のジェネリック医薬品が登場し、費用を抑えて治療することもできます。

抗炎症薬とは

抗炎症薬とは、目に現れた炎症を抑えるための目薬です。
ウイルス性の結膜炎によく使われています。
後に説明するステロイド薬と比べると効果は劣るものの、副作用が少なく安全性に優れます。
また抗炎症薬には「ニフラン点眼液」「ブロナック」などの点眼液があります。

ステロイド薬とは

ステロイド薬とは、抗炎症薬と同じく炎症を鎮めるための目薬のことです。
「フルメトロン」や「リンデロン」などがあります。
抗炎症薬との違いはその効き目の強さにあり、症状が重い場合には強力な効果を持つステロイド薬が使用されます。
しかし副作用が比較的起こりやすいため、長期的に使用している場合は注意が必要です。
また最近ではフルメトロンのジェネリック医薬品である「フラレックス点眼液」など、個人で購入できるステロイド薬もあります。

抗アレルギー薬とは

アレルギー性結膜炎の治療において重要になるのが、抗アレルギー薬です。
抗アレルギー薬はアレルギー症状、つまり花粉症などにともなう目の症状を抑えるのに役立ちます。
また抗アレルギー薬は種類も豊富で、近年までにたくさんの目薬が販売されています。

  • パタノール
  • アレジオン
  • ザジテン
  • インタール
  • リザベン

など

これらの薬にもパタノールに「IF2点眼液」、アレジオンに「リレスタット点眼液」など様々なジェネリック医薬品があります。

また抗アレルギー薬とは効果が異なるものの、重症化したアレルギー性結膜炎(春季カタル)に使われる薬として「パピロック」という薬もあります。
パピロックのジェネリックである「シクロミューン点眼液」は、通販での購入も可能です。

結膜炎治療薬の選び方

結膜炎は原因により「感染によるもの(細菌・ウイルス)」、「アレルギーによるもの」に分かれる目の病気です。
結膜炎のタイプ毎に使われる一般的な結膜炎治療薬は、次の通りになります。

■細菌性結膜炎の場合
細菌性結膜炎を引き起こす細菌には、抗菌薬が有効です。
基本的に点眼薬が使われますが、症状や細菌の種類によっては眼軟膏や内服薬などが必要になる場合もあります。
また細菌性結膜炎は、抗菌薬をしっかり使っていれば短期間で治療することも可能だと言われています。

■ウイルス性結膜炎の場合
ウイルス性結膜炎の場合は、細菌性とは異なりウイルスに有効な薬がありません。
そのため目の炎症を和らげるために抗炎症薬やステロイド薬を使用したり、細菌への感染を予防するために抗菌薬が使われることもあります。
しかしいずれにしても原因となるウイルスには効果がないので、ウイルス性結膜炎を完治させるには時間が必要になります。

■アレルギー性結膜炎の場合
アレルギー性結膜炎の方にはアレルギーを抑えるための抗アレルギー薬、目の炎症を鎮めるステロイド薬が使われます。
ですがアレルギー性結膜炎の原因になるのは花粉やダニ、ペットの毛など身近にあるものが多いです。
自分のアレルゲンが分かっている場合は、目薬による治療だけではなくアレルゲンとの接触を避けるようにすると症状が緩和されます。

最近閲覧した商品