商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

目薬

目薬は、ドライアイ、結膜炎、白内障、緑内障などの治療に用いられるお薬です。失明の危険もあるため、気になる方は早めに対策をとりましょう。

目薬 売れ筋ランキング

目薬の一覧


ルミガン
ルミガンはまつ毛貧毛症を治療するまつ毛育毛剤です。ルミガンをアプリケーターでまつ毛に塗ることで育毛効果を得ることができます。元々は緑内障の治療薬ですが女性の美容目的で用いられることも多い治療薬です。
1本1,520円~
在庫あり
詳細を見る
ケアプロスト(ルミガン)
まつ毛を太く・長くする効果から女性に人気のルミガン。そのジェネリックであるケアプロストはさらに安い価格で購入することができます。ルミガンと同じ効果を持っており約4週間で見違えるほどのまつ毛量を得られます。
1本920円~
在庫あり
詳細を見る
ビマトアイドロップ(ルミガン)
ビマトアイドロップは、女性に人気の高いまつげ育毛剤ルミガンのジェネリックです。美容クリニックなどでルミガンを処方してもらうよりコストが安くすみます。効果を実感できる期間は約4週間が目安です。
1本760円~
在庫あり
詳細を見る
C-NAC(クララスティル)
C-NACはクララスティルのジェネリック。クララスティルより安価に購入できます。様々な種類の白内障を治療する点眼薬で、使用した方の9割が視力の改善がみられ、副作用の報告もなく安全性にも優れています。
1本2,160円~
在庫あり
詳細を見る
AVVA SR(ダイアモックス)
AVVA SRはダイアモックスのジェネリック。緑内障やてんかんの治療薬です。炭酸脱水酵素の働きを阻害する作用で、眼圧低下作用や抗てんかん作用、利尿作用など様々な効果を発揮します。
1錠24円~
在庫あり
詳細を見る
リレスタット点眼液(アレジオン)
リレスタット点眼液は、目の充血やかゆみを鎮める効果を持つ抗アレルギー点眼剤です。アレジオン点眼薬と同じ主成分で、即効性があります。また、コンタクトを付けたままでも使うことができるのも特徴です。
1本1,620円~
在庫あり
詳細を見る
IF2点眼液(パタノール)
IF2点眼液は、パタノールと同成分の目薬です。アレロック(抗ヒスタミン剤)とも呼ばれており、目のかゆみや充血を改善していきます。「眠くなる」といった副作用は無いため、安心して使うことができます。
1本1,620円~
在庫あり
詳細を見る
シフランアイドロップ(シプロキサン)
シフランアイドロップは有効成分シプロフロキサシンを含み細菌感染による眼病を治療する点眼薬(目薬)です。結膜炎やものもらいに効果があり、細菌の遺伝情報の複製を阻害する事で増殖を防ぎます。
1本633円~
在庫あり
詳細を見る
ニフラン点眼液
ニフラン点眼液はウイルス性結膜炎に対して効果がある非ステロイド性抗炎症点眼薬です。有効成分のプラノプロフェンは炎症を沈め、腫れや発疹時の痛みといった症状を緩和させます。
1本1,460円~
在庫あり
詳細を見る
ガチブル点眼液(ガチフロ)
ガチブル点眼液は眼瞼炎、結膜炎などに効果がある広範囲抗菌点眼薬(目薬)です。強い抗菌作用を持ち、耐性菌を作りにくい点眼薬です。有効成分ガチフロキサシンが眼細菌の増殖を防ぎ、殺菌する働きがあります。
1本1,010円~
売切れ
詳細を見る
アレルギーアイリリーフ
アレルギーアイリリーフ点眼液(目薬)は、ホメオパシー治療に基づいて製造されています。カビやペットのフケ、花粉症などの眼のアレルギー症状を抑える効果があり、充血、かゆみの治療に役立ちます。
1本2,027円~
在庫あり
詳細を見る
カタリンK点眼用
カタリンK点眼用は老人性白内障治療の点眼薬(目薬)です。有効成分のピレノキシンは水晶体を白濁させるキノイドという物質がタンパク質に結合するのを阻害することで白内障の進行を防ぎます。
1本1,217円~
在庫あり
詳細を見る
アレルギーアイリリーフ(使い切り)
アレルギーアイリリーフ(使い切り)は、ホメオパシー治療に基づいて製造されている点眼薬(目薬)です。カビやペットのフケ、花粉症などの眼のアレルギー症状を抑える効果があります。
1箱2,027円~
在庫あり
詳細を見る
クララスティル
クララスティルは白内障を治療できる点眼薬(目薬)です。欧米などでは白内障の第一選択薬となっており、有効成分のNアセテルカルノシンには眼球の水晶体を正常な状態に戻す働きがあります。
1本1,847円~
在庫あり
詳細を見る
モデルアイズ・コンタクトレンズコンフォート
この商品は有効成分ヒドロキシプロピルセルロースを含み、目のかすみや乾きといったドライアイの症状やコンタクトレンズ装着中の目の疲労感や不快感などを改善する効果があります。
1本600円~
在庫あり
詳細を見る
Cleareyesトリプルアクション
Cleareyesトリプルアクションは血管を収縮させ目の充血などを改善します。有効成分として塩酸テトラヒドロゾリン、ポリビニル・アルコール、ポビドンを含むほか、潤い成分が配合されています。
1本1,267円~
在庫あり
詳細を見る
Cleareyesレッドネスリリーフ
Cleareyesレッドネスリリーフは血管を収縮させ目の充血などを改善します。有効成分として塩酸ナファゾリン、グリセリンを含むほか、潤い成分が配合されています。
1本1,233円~
在庫あり
詳細を見る
フラレックス点眼液(フルメトロン)
フラレックス点眼液はフルメトロンのジェネリック医薬品で有効成分フルオロメトロンを含みます。花粉症などのアレルギー炎症を抑える強い効果があり、眼瞼炎や結膜炎、角膜炎の治療にも用いられます。
1本1,267円~
在庫あり
詳細を見る
クラビット点眼液
クラビット点眼薬は結膜炎やものもらいなどの細菌感染症の治療に効果が有る点眼薬(目薬)です。有効成分レボフロキサシンは細菌の増殖を抑え、細菌の死滅と抗菌作用を示します。
1本2,700円~
在庫あり
詳細を見る
キサラタン点眼液
キサラタン点眼液は目薬タイプの緑内障、高眼圧症治療薬です。有効成分ラタノプロストには眼圧を低下させ、視神経の圧迫を緩和し、緑内障の症状を改善する効果があります。
1本1,440円~
在庫あり
詳細を見る
ドルゾックスT点眼液(コソプト)
ドルゾックスT点眼液はコソプトのジェネリック。コソプトより安価に購入できます。目の眼圧を下げる緑内障治療薬ですが、第一選択薬ではないため、一つの緑内障治療薬では効果が不十分だった方が対象になります。
1本1,520円~
在庫あり
詳細を見る
ドルゾックス点眼液(トルソプト)
ドルゾックス点眼液はトルソプトのジェネリック。緑内障治療に用いる目薬です。炭酸脱水酵素阻害薬と呼ばれる薬の一種ですが飲み薬と違い、目だけに作用するため副作用を抑えることができ、他の薬と併用も可能です。
1本1,440円~
在庫あり
詳細を見る
アルファガンP点眼液(アイファガン)
アルファガンP点眼液は比較的新しい緑内障治療薬です。緑内障治療の第一選択薬であるルミガンと併用可能で、眼圧の上昇を抑え、視神経を保護してくれます。また、目薬によく使用される防腐剤が使用されていません。
1本2,520円~
在庫あり
詳細を見る
シクロミューン点眼液(パピロック)
シクロミューン点眼液はパピロックのジェネリック。小学生男児によくみられる春季カタルの治療に適した目薬です。春季カタルの症状である巨大乳頭というまぶたの裏側のブツブツによく効きます。
1本1,727円~
在庫あり
詳細を見る
ビソルブ点眼液(ヒアレイン)
ビソルブ点眼液(ヒアレイン)は目の潤いを保ち、角膜の傷の治りを早める目薬。優れた保湿性で目を乾燥ダメージから守り、ドライアイ症状を改善します。防腐剤が不使用で使い切りタイプのため目に優しい目薬です。
1箱2,750円~
在庫あり
詳細を見る
ドライアイリリーフ
ドライアイリリーフはホメオパシー療法に基づいた天然成分配合のドライアイ治療薬。ドライアイ改善効果のある天然成分が目を優しくいたわってくれます。また、毒性の低い防腐剤である硫酸銀を使用しています。
1本1,800円~
在庫あり
詳細を見る
Cleareyesコンプリート7シンプトムリリーフ
Cleareyesコンプリート7シンプトムリリーフはドライアイなどの目に関わる様々な症状を和らげる目薬。海外のドラッグストアでも市販されている商品で、目薬をさした後の心地よさが半日も持続してくれます。
1本1,500円~
在庫あり
詳細を見る
ブライトアイズ3
ブライトアイズ3は目の不快感を取除く海外製の目薬。涙と同じ働きをする成分がドライアイに効果を発揮し、目の老化原因である活性酸素を取除く成分が目の老化を防いでくれ、目の健康をトータルでサポートします。
1箱3,133円~
在庫あり
詳細を見る
コンピューターアイリリーフ
コンピューターアイリリーフは、長時間のパソコンやスマートフォンにより目が疲れている方におすすめします。自信の治癒力を高め、目の疲れや充血、ドライアイなどを緩和することできます。
1本1,867円~
在庫あり
詳細を見る
ドライアイリリーフ(使い切り)
ドライアイリリーフの使い切りタイプ。天然成分のみで製造されているため副作用のリスクが低く、使い切りのため防腐剤が不使用で目にも優しいドライアイ治療薬です。自然由来の成分が乾燥した目を癒してくれます。
1箱2,140円~
在庫あり
詳細を見る

目薬とは

目薬とは目の病気を予防、あるいは治療するために使われる薬です。
目の病気は白内障緑内障結膜炎に角膜炎など様々な種類があります。
最近ではドライアイに悩んでいる方も増えていることでしょう。

これらの病気は「どの部分に異常が起こっているのか」が異なり、病気によって適した目薬を用いる必要があります。

しかし目薬を購入しようとしてドラッグストアに行くと、そこにはたくさんの目薬が販売されていることでしょう。
ドラッグストアなどで市販されている薬を"OTC(一般用医薬品)"と呼びますが、OTCの目薬は大きく次の5種類に分かれます。

  • 一般点眼薬 : 目の疲れや充血、かゆみなどを改善
  • 抗菌点眼薬 : 結膜炎やものもらいを治療
  • 人工涙液 : 目に潤いを与えて、ドライアイや目の不快感を改善
  • コンタクトレンズ装着液 : コンタクト装着時の不快感を緩和
  • 洗眼薬 : 目に汗などの異物が入った時の洗浄用

このように市販されている目薬でも、商品によって効果もバラバラです。
自分の症状を改善するにはどの目薬を使うとよいのか、しっかりと見極める必要があります。

ですが白内障や緑内障など、市販の目薬では治療できない病気もあります。
そのような場合に用いられるのはやはり、病院処方の目薬です。
病院処方の目薬となるとOTCよりもさらに種類が増えるので、ここでは一部のみご紹介します。

  • 白内障治療薬 : 目のレンズの濁りを防ぎ、白内障を予防
  • 緑内障治療薬 : 眼圧を下げることで緑内障の進行を食い止める
  • 抗炎症薬 : 目の炎症を抑える
  • ステロイド薬 : 強力な抗炎症作用
  • 抗菌薬 : 細菌に感染した場合の結膜炎治療薬として用いる
  • 抗アレルギー薬 : アレルギー性結膜炎の症状を緩和
  • ヒアルロン酸 : 目の乾燥を防ぐドライアイ治療薬

など

これらの目薬は基本的に病院に行かないと手に入らないことはもちろんですが、例えば緑内障などの病気は自覚症状が少ないため発見が遅れることもあります。
緑内障治療薬の場合はあくまで症状の進行を抑えるものであり、緑内障そのものを治療することはできません。
失った視力を取り戻すのは難しいことなので、目の病気は早期発見・早期治療がとても重要です。
目に違和感がある場合にはすぐに眼科を受診しましょう。

目薬のさし方

多くの方が、これまでに一度は目薬を使ったことがあるはずです。
目薬をさした後に目をパチパチして、決められた回数を繰り返す…。
これが一般的な目薬の使い方でしょう。

ですがこういった使い方は間違った方法であり、目薬の効果が十分に発揮されなくなると言われています。
また目薬は間違った使い方をしていると雑菌などの影響を受けて、中身が汚されてしまうこともあるのです。

目薬を清潔に保ち、しっかりと効果を発揮させるためにも正しい使い方を学びましょう。
正しい目薬の使い方は、次のようになります。

  • 石鹸で手を洗う
  • 取り外した目薬のキャップは清潔な場所に置く
  • 目薬の容器の先端には触れない
  • 片方の手で下まぶたを引いて、容器の先端がまぶたに触れないように点眼する
  • 点眼したら、約1分ほど目を閉じる
  • 目の周りにあふれた目薬は清潔なティッシュなどで拭き取る

目薬をさすのが苦手な方は、「げんこつ法」がオススメです。
げんこつ法とは片手で作ったげんこつで下まぶたを引き、もう片方の手をげんこつの上に置いて点眼する方法です。
ちなみにげんこつを作る際は、親指を握りこぶしの中に入れるようにします。

また2種類以上の目薬を使っている方は、連続して使うと先にさした目薬の効果が薄れてしまうことがあります。
最低でも5分以上あいだを開けてから次の目薬を使うようにしましょう。

眼軟膏とは

目の病気に対して用いられるのは目薬だけではありません。
眼軟膏(がんなんこう)という塗り薬もあります。

しかし普通の目薬とは違って、眼軟膏はどうやって使えばいいのか分からないという方も少なくありません。
そこで眼軟膏の使い方は、次のような手順になります。

  • 石鹸で手を洗う
  • 鏡を見ながら、下まぶたを引く
  • チューブを少し押して、まぶたの内側に軟膏をつける
  • 目を閉じて、軟膏が広がるのを待つ
  • 目の周りにあふれた軟膏は清潔なティッシュなどで拭き取る

軟膏をつける時には、チューブの先端が眼球やまつ毛に触れないように注意してください。
また直接塗ることに抵抗がある場合は、清潔な綿棒を使って軟膏をつけることもできます。

複数の目薬を使う際の順番

目薬には正しい使い方がありましたが、さらに複数の目薬を使う際には順番にも注意が必要です。
目薬は特徴により、次の5種類に分かれます。

  • 水溶性点眼薬 … 液体状の、一般的な目薬
  • 懸濁性点眼薬 … よく振ってから使う目薬
  • 油性点眼薬 … 油のようにドロっとしている目薬
  • 眼軟膏 … まぶたの内側に使う塗り薬
  • ゲル化する点眼薬 … さした後、目の表面でゲル状になる目薬

例えば油は水をはじきますが、それと同じように油性点眼薬の後に水溶性点眼薬を使っても成分が目にうまく吸収されず、効果が弱まってしまいます。
そのため複数の目薬を使う時には、次の順番を守るようにしましょう。

水溶性点眼薬

懸濁性点眼薬

油性点眼薬

眼軟膏 or ゲル化する点眼薬

なおこれらの順番には例外もあるため、医師から指示を受けるようにしてください。

また2種類以上の水溶性点眼薬を使うような場合には、後にさした目薬により最初の目薬が目の外に流れ出ることがあります。
そのため最も効果が発揮されてほしい目薬を最後に使うようにしましょう。

最近閲覧した商品