商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

カンジタ症治療薬

カンジタ症の治療薬は、塗り薬、スプレー、飲み薬があります。カンジタ症は疲れているときなどに発症しやすいため、特に再発する方は、お薬を常備しておきましょう。

カンジタ症治療薬の一覧


グリソビンFP(ポンシルFP)
グリソビンFPは古くから用いられている皮膚真菌症治療薬です。水虫やたむしなどの白癬菌が原因の症状に効果があり、飲み薬になることから塗り薬では治りにくい爪の水虫に効き目があります。
1錠47円~
在庫あり
詳細を見る
ケトクリーム(ニゾラール)
ケトクリームはニゾラールクリームのジェネリック薬です。そのため低価格でお求めになれます。水虫やたむし、カンジタ症などの皮膚真菌症の治療に用いられ、塗り薬のため飲み薬に比べ副作用が少ないのが特徴です。
1本1,755円~
在庫あり
詳細を見る
ラミシール
ラミシールは水虫やたむしなどの皮膚真菌症の治療薬です。白癬菌に対し強い効き目を示し、内服薬のため外用薬に比べ効果が強い傾向にあり、外用薬で効果がなかった人にオススメの治療薬です。
1錠113円~
在庫あり
詳細を見る
クロトリマゾールジェル(エンペシド)
クロトリマゾールジェルは日本で処方されているエンペシドと同成分を含む皮膚真菌症治療薬です。水虫やたむし、カンジタ症に効果があり、ジェルタイプなのでクリームタイプに比べベタつきにくくなっています。
1本1,867円~
在庫あり
詳細を見る
カネステンクリーム(エンペシド)
カネステンクリームは水虫・たむしや、カンジタ症の治療が行えるクリーム状の抗真菌薬です。使い方は幹部に塗るだけなのでとても簡単です。副作用で起こる症状として、皮膚炎や刺激が起こることがあります。
1本1,215円~
在庫あり
詳細を見る
クロトリマゾールローション(エンペシド)
クロトリマゾールローションはエンペシドクリームのジェネリック。水虫、たむし、皮膚カンジダ症などに効果的な皮膚真菌症治療薬です。ローションタイプなので先発薬より肌への浸透性が高く、即効性に期待できます。
1本2,160円~
在庫あり
詳細を見る
ゾコン(ジフルカン)
ゾコンはジフルカンのジェネリック。ジフルカンの約1/5の価格でおトクに購入できます。カンジダ症に特に有効な皮膚真菌症治療薬で、1回の服用で30時間効果が続き、新生児も服用することが可能です。
1錠126円~
在庫あり
詳細を見る
スポラル(イトリゾール)
スポラルはイトリゾールのジェネリックのためお安く購入できます。水虫、たむし、カンジダ症など様々な皮膚真菌症に有効で、成分が長時間残るため爪水虫の治療に適しており、飲み薬のため体の内側から治療できます。
1錠200円~
在庫あり
詳細を見る
クロトリマゾールクリーム(エンペシド)
クロトリマゾールクリーム(エンペシド)は水虫やたむし、カンジタ症を治療する皮膚真菌症の塗り薬です。それぞれの症状に対する有効率は70%~90%台と高く、副作用も少なく安全性にも優れた塗り薬です。
1本1,867円~
在庫あり
詳細を見る
ニゾラールクリーム
ニゾラールクリームはカンジタ症、水虫・たむしを治療する皮膚真菌症治療薬です。 直接患部に薬を塗ることで症状を改善させます。また飲み薬と違い副作用が少ないのが特徴的です。
1本1,215円~
在庫あり
詳細を見る
フォーカン(ジフルカン)
フォーカンはジフルカンのジェネリック。ジフルカン1錠あたりに対しかなりお安く購入できます。カンジダ症などの深在性真菌症に効果を発揮する治療薬で長時間作用と副作用が比較的少ないことが特徴です。
1錠122円~
在庫あり
詳細を見る
テルビシルクリーム(ラミシール)
テルビシルクリームは水虫、たむしや、カンジタの治療に使われている皮膚真菌症治療薬ラミシールのジェネリック医薬品です。 直接患部に塗布することで症状に対して強い効果を発揮します。
1本1,583円~
在庫あり
詳細を見る
テルビシルスプレー(ラミシール)
テルビシルスプレーはラミシールジェネリック。水虫やカンジダ症の治療薬でスプレータイプのため患部をサラサラにしてくれ、じゅくじゅくした水虫にオススメです。また、浸透力が強く角質化した部位によく効きます。
1本1,583円~
在庫あり
詳細を見る
NIZOL(ニゾラール)
NIZOL(ニゾラール)は水虫やカンジダ症などの治療薬です。内服薬のため、特に爪水虫でお悩みの方におすすめします。しかし内服薬は重度の肝障害、副腎障害を起こす可能性も指摘されているので注意が必要です。
1錠148円~
在庫あり
詳細を見る
ニナゾール(ニゾラール)
ニナゾールはニゾラールクリームのジェネリック。クリーム状ではなく錠剤型のため、体内から真菌を排除して水虫やたむし、カンジタ症を治療していきます。また、脂漏性皮膚炎に唯一効果のある抗真菌薬でもあります。
1錠54円~
在庫あり
詳細を見る

カンジタ症の治療薬とは

カンジダ症とは、免疫力低下時に特に発症しやすい皮膚真菌症の一種で、女性がなりやすい病気です。
性器に症状が現れる病気ですが性病ではありません。
ですが、カンジダ症に感染している人と性行為を行うことで感染する可能性もあります。

女性の場合は、膣周辺のかゆみやヨーグルト状のおりものが現れ、男性の場合、症状が現れる確率は低いですが亀頭にかゆみやただれが起きることがあります。
カンジダ症は自然治癒することもできる病気ですが、悪化する場合もあるので治療薬を用いて早めの対策を打つのが健全です。

この記事では、カンジダ症治療に用いることのできる様々な剤形の皮膚真菌症治療薬をご紹介していきます。

塗るカンジタ症の治療薬(外用薬)

この項目では、塗るタイプのカンジダ症の治療薬をご紹介します。

ケトクリーム

ケトクリームとは、有効成分ケトコナゾールを配合した皮膚真菌症の治療薬で、国内でも使用機会の多いニゾラールクリームのジェネリック医薬品です。
ケトコナゾールは外陰部カンジダ症、皮膚カンジダ症、間擦疹、指間びらん症、爪囲炎、乳児寄生菌性紅斑の治療に有効な成分で、ケトクリームを1日に1回患部に塗布することで症状を改善することができます。

また、ケトクリームはカンジダ症と同じ原因で発症する水虫やたむし癜風にも有効なクリーム剤です。

クロトリマゾールジェル

クロトリマゾールジェルとは、有効成分”クロトリマゾール”を配合した皮膚真菌症の治療薬で、イミダゾール系抗真菌薬としては最も古い外用薬であるエンぺシドクリームのジェネリック医薬品です。
主に白癬菌が原因の疾患の治療に用いられるジェル剤で、WHO必須医薬品モデル・リストにも収録されている成分を含んだ治療薬となります。

先発薬はクリーム剤ですが、こちらはジェル剤となるためベタつきにくく使いやすいタイプです。

クロトリマゾールクリーム

クロトリマゾールクリームは先ほどご紹介したクロトリマゾールジェルのクリームタイプとなります。
臨床試験では、カンジダ症に対して89%の有効率があることがわかっています。

また、塗り薬のため飲み薬と比べて副作用が少なく、安全にカンジダ症を治療したい方にオススメの商品です。

テルビシルクリーム(ラミシールジェネリック)

テルビシルクリームとは有効成分”テルビナフィン”を配合した、人気の皮膚真菌症治療薬であるラミシールのジェネリック医薬品です。
カンジダ症は真菌に感染することで発症する感染症の一種ですが、テルビナフィンにはこの真菌を形成する細胞膜の生成を阻害するはたらきがあるため、真菌を死滅させることができます。

また、患部への刺激が少ないクリーム剤のため使用感に優れ、使用方法も1日に1回患部に塗布するだけでよく、手軽に使用することが可能です。

スプレータイプのカンジタ症の治療薬

この項目では、スプレータイプのカンジダ症の治療薬をご紹介します。

テルビシルスプレー(ラミシールジェネリック)

テルビシルスプレーは、先ほどご紹介したテルビシルクリームのスプレー剤です。
有効成分であるテルビナフィンがカンジダ症の原因菌である白癬菌を死滅してくれます。

また、スプレータイプのため広範囲に手間をかけずに使用することが可能です。

飲むカンジタ症の治療薬(内服薬)

この項目では、飲むタイプのカンジダ症の治療薬をご紹介します。

NIZOL(ニゾラール)

NIZOLとは、インタスファーマ社が開発したニゾラールクリームのジェネリック医薬品です。
カンジダ症に対して有効性のあるケトコナゾールという成分を配合した飲み薬で、症状が強い場合や広範囲に病変があるときに飲み薬を用います。

また、カンジダ症治療の外用薬は市販で購入できるものもありますが、NIZOLのような飲み薬は病院で処方してもらって手に入れるしかないため、カンジダ症で病院の診察を受けるのは恥ずかしいという方は当サイト(お薬110番)のような個人輸入の通販サイトで購入するのがオススメです。

ラミシール

ラミシールとは、先ほどご紹介したテルビシルクリームの先発薬になります。
有効成分はテルビナフィンで、体内に感染する深在性真菌症の治療に効果があり、カンジダ症などの症状を改善することができます。
飲み薬のため塗り薬と比較して効果は強いですが、副作用も強くなるため注意が必要です。

また、カンジダ症治療を行う際は、まず外用薬を試してそれでも効果が得られなかった場合に飲み薬を服用することが推奨されています。

ニナゾール(ニゾラールジェネリック)

ニナゾールとは、有効成分”ケトコナゾール”を配合したニゾラールクリームのジェネリック医薬品となります。
先発薬とは異なりクリーム剤ではなく錠剤型となるため、体内の奥底に潜む真菌を死滅させることができ、症状の重いカンジダ症などの皮膚真菌症に有効的です。

ひとつ注意点としてニナゾールをカンジダ症の治療に用いるときは、まず外用薬を試してからにしてください。
飲み薬は効果が強い分、外用薬に比べ副作用が多くなるためです。

また、ニナゾールでカンジダ症の治療を行う際は、水虫やたむしなどの服用用量である200mgではなく、食後に1回400mgを1日に1回服用するようにしてください。

最近閲覧した商品