商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

痛み止め

痛み止めは、頭痛、発熱、筋肉痛、肩こりなどの症状を改善してくれるお薬です。慢性的に起こる方は、痛み止めを常備しておけば症状が悪化する前に抑えることができます。

痛み止め 売れ筋ランキング

痛み止めの一覧


エコスプリン(アスピリン)
エコスプリンはアスピリンジェネリック。痛み止め、解熱、心血管系の病気、川崎病の治療に用いられる世界初の非ステロイド性消炎鎮痛剤で、他の非ステロイド性消炎鎮痛剤に比べ胃腸への副作用が少ないのが特徴です。
1錠16円~
売切れ
詳細を見る
トラマドール
トラマドールは強い痛みを取り除いてくれる解熱鎮痛剤です。様々な症状からくる痛みに効果があり、その鎮痛効果はがんの痛みにも効果があるほどです。また、医療用麻薬よりも副作用が少ないのが特徴です。
1錠81円~
在庫あり
詳細を見る
コビックス(セレコックス)
100㎎取り扱い一時停止 11月中旬頃入荷予定 痛みや炎症(特にリウマチによる痛み)を抑える効果を持つコビックスは、セレコックスのジェネリックになります。胃が荒れにくく、しっかりとした効き目がある使いやすい痛み止めのため人気です。
1錠49円~
在庫あり
詳細を見る
プロプラノロールWZF(インデラル)
プロプラノロールWZFはインデラルジェネリック。血圧を下げる効果があり高血圧症といった循環器系の病気の治療に用いられ、片頭痛の予防薬として用いた場合、片頭痛の発作を44%減少させる臨床結果もあります。
1錠23円~
売切れ
詳細を見る
ボベランジェル(ボルタレン)
ボベランジェルは解熱鎮痛剤で、日本ではボルタレン名で販売されています。 患部に直接塗るジェルタイプで、とりわけ即効性や威力が高く、肩こりや腰痛、炎症、関節リウマチなどの症状を改善させてくれます。
1本864円~
在庫あり
詳細を見る
リザクト(マクサルト)
リザクトは片頭痛用の治療薬マクサルトのジェネリック医薬品です。 急に訪れる痛みに対して服用後15分ほどで症状を和らげてくれる効果があります。 ジェネリック医薬品ですのでお求めやすい価格となっています。
1錠152円~
在庫あり
詳細を見る
ボベラン(ボルタレン)
ボベランは鎮痛、抗炎症剤で、服用する事で、腰痛や肩こり、神経痛、関節リウマチなどの痛みを和らげる効果があります。 日本ではボルタレン名で販売されていますが、内容は同じものとなっています。
1錠24円~
在庫あり
詳細を見る
エチラーム(デパス)
エチラームはデパスのジェネリック。抗不安薬の第一選択薬であり、効き目が強く短時間作用のためキレがいいという特徴があります。催眠作用もあるので寝つきの悪い方が睡眠導入剤として服用することもできます。
1錠27円~
売切れ
詳細を見る
イミグラン
イミグランは片頭痛のツラい痛みに効く頭痛薬です。痛みが現れてから早めに服用することで高い効果を発揮してくれ、服用後30分ほどでしっかりとした効き目を実感できる即効性が特徴です。
1錠639円~
在庫あり
詳細を見る
イミグラン点鼻薬
イミグラン点鼻薬は片頭痛の痛みを抑える頭痛薬。鼻腔から投与することで飲み薬より早く効いてくれます。痛みが現れてから早めに投与することでより高い効果を発揮してくれ、服用から15分ほどで効果が現れます。
1本3,420円~
在庫あり
詳細を見る
インドメタシン
インドメタシンは即効性のある解熱鎮痛剤です。多くの市販品に配合されている成分なので安心して使用でき、しっかりとした効き目が発熱、痛みを伴う炎症によく効く非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)です。
1錠28円~
在庫あり
詳細を見る
ソマ・ジェネリック
ソマジェネリックは筋肉の急な痛みや不快感を緩和する筋弛緩剤です。なお、長期的な服用には向かず、約1~2割の方に眠気の副作用がでたという報告があるため服用後の運転などは控えてください。
1錠30円~
在庫あり
詳細を見る
エチラーム舌下錠(デパス)
エチラーム舌下錠はデパスのジェネリック。強い抗うつ効果とキレの良さが特徴で肩こり、腰痛、睡眠障害にも効果を発揮する抗不安薬です。また、本剤は舌の上で溶かすタイプなので即効性が高くなっています。
1錠41円~
売切れ
詳細を見る
デパス
デパスは現在、薬機法が改正されたため個人輸入をすることができません。
1錠95円~
売切れ
詳細を見る
トリカツ
トリカツは冷え性や胃弱などでお悩みの方向けのサプリメントです。 黒コショウや、生姜、インドナガコショウなどアーユルヴェーダで用いられている伝統的なハーブが配合されています。
1錠20円~
在庫あり
詳細を見る
ボルタレン
ボルタレンは関節の痛みや筋肉の炎症の緩和、解熱作用のある解熱鎮痛剤です。様々な症状に鎮痛効果を発揮し、その総合的な有効率は約73%になります。鎮痛作用の強さと約30分で効果が現れる即効性が特徴です。
1錠73円~
在庫あり
詳細を見る
ボルタレンカプセル
ボルタレンカプセルは解熱鎮痛剤で有名なボルタレンのカプセルタイプ。錠剤タイプより即効性に優れ、錠剤の苦味や匂いが苦手な方にオススメの商品です。強力な鎮痛効果が特徴ですが長期間の服用には向いていません。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
ジクロフェナクAL(ボルタレン)
ジクロフェナクALはボルタレンのジェネリック。関節痛や歯痛などのあらゆる病気の痛みに効き、風邪に伴う熱を下げるために用いることもできます。強力な解熱鎮痛作用を持ち、即効性にも優れています。
1錠32円~
在庫あり
詳細を見る
ミオナール
ミオナールは比較的作用が穏やかで副作用の少ない筋弛緩剤です。 主に腰痛や肩こり、緊張型の頭痛などで処方されており、痛み止めや頭痛薬として用いられ、有効性は高く安全性にも優れています。
1錠86円~
在庫あり
詳細を見る
ミオゾン(ミオナール)
ミオゾンは比較的穏やかな作用で副作用の少ない筋弛緩剤であるミオナールのジェネリック医薬品です。 肩こりや腰痛、緊張型頭痛など痛みなどの症状を緩和してくれる効果があります。
1錠50円~
在庫あり
詳細を見る
エチゾラム錠(デパス)
エチゾラム錠は抗不安薬のデパスのジェネリック医薬品で、日本のメーカー日医工が製造しています。 デパスと同じ有効成分のため、効果効能、安全性などほぼ同じとなっています。
1錠80円~
売切れ
詳細を見る
ロキソニン
ロキソニンは頭痛や歯の痛みなど痛みを緩和させる解熱鎮痛剤です。 日本では痛み止めと言えばロキソニンと浮かぶくらい馴染みの深いお薬で、安全性も高く効果もしっかりと感じられます。
1錠90円~
在庫あり
詳細を見る
ロキソニン(海外医薬品)
取り扱い一時停止 ロキソニンは頭痛や歯の痛みなど痛みを緩和させる解熱鎮痛剤です。 日本では痛み止めと言えばロキソニンと浮かぶくらい馴染みの深いお薬で、安全性も高く効果もしっかりと感じられます。
1錠86円~
売切れ
詳細を見る
トラマタス(トラマドール)
トラマタスはトラマドールのジェネリック医薬品で、即効性の高いオピオイド系の鎮痛剤です。 がん性の痛みや術後の痛み、3か月以上続くリウマチの痛みなど強い痛みに使用されています。
1錠23円~
売切れ
詳細を見る
レルパックス
レルパックスは片頭痛などの痛みをすばやく和らげてくれる頭痛薬です。 予防のための薬ではなく、症状が現れてから服用しても効果を得ることができます。 痛みを抑える薬のため頭痛の原因を治療することはできません。
1錠360円~
在庫あり
詳細を見る
スマトリプタン(イミグラン)
スマトリプタンはイミグランのジェネリック医薬品で偏頭痛治療薬です。 症状が現れたらすぐ服用することで、痛みを和らげることができます。 即効性があるため心配な時に持ち歩いていると大変便利です。
1錠120円~
売切れ
詳細を見る
シベリウム(フルナリジン)
シベリウムは偏頭痛治療薬でフルナリジンのジェネリック医薬品です。 主に欧米で処方されており、慢性的な偏頭痛を予防することができます。 日本国内でも以前まで処方されていましたが現在は販売が中止されています。
1錠48円~
在庫あり
詳細を見る
シプラー LA(インデラル)
シプラー LAはインデラルジェネリック。インデラルより安価に購入できます。片頭痛やあがり症、高血圧症などに効果がある治療薬です。片頭痛の発作を抑制してくれるため予防薬として用いることができます。
1錠30円~
売切れ
詳細を見る
スミナット(イミグラン)
スミナットは偏頭痛の痛みを素早く抑えることができるイミグランのジェネリックです。安く購入することでき、多くストックができます。使い方は偏頭痛が起きる前ではなく、痛みが起きたときに服用します。
1錠194円~
在庫あり
詳細を見る
ゾルミスト(ゾーミッグ)
ゾルミストは片頭痛に効果的なトリプタン系薬剤のゾーミッグのジェネリック医薬品です。 スプレータイプの点鼻薬なので効果が現れるまでが非常に早く、迅速に片頭痛発作を抑えることができます。
1箱2,023円~
在庫あり
詳細を見る
ベータプロ(インデラル)
ベータプロはインデラルジェネリック。高血圧や不整脈などの循環器系疾患の治療薬です。血圧を下げる作用があり、片頭痛を予防する効果もあります。また、海外の臨床試験の結果、寿命を延ばすことが証明されています。
1錠21円~
売切れ
詳細を見る
アートリル(ブルフェン)
アートリルは有効成分イブプロフェンを400mg配合した鎮痛薬です。ブルフェン錠のジェネリックですが、国内のブルフェン錠はイブプロフェンを100mgもしくは200mgしか含まない場合がほとんどです。
1錠40円~
在庫あり
詳細を見る
チザン(テルネリン)
チザンは肩こりや腰痛、痙性麻痺を軽減するテルネリン錠のジェネリック医薬品です。頸肩腕症候群、腰痛症の筋緊張状態の改善、および脳血管障害、外傷後遺症に対して効果があります。
1錠43円~
在庫あり
詳細を見る
セレブレックス(セレコックス)
セレブレックスは国内ではセレコックスという名称でアステラス製薬が製造販売しています。この商品はファイザーが製造販売する海外版です。有効成分セレコキシブにはCOX-2選択的阻害薬で鎮痛剤です。
1錠51円~
在庫あり
詳細を見る
マクトリン(マクサルト)
マクトリンは片頭痛に非常に有効なトリプタン系薬剤マクサルトのジェネリック医薬品です。有効成分のリザトリプタンが拡張した血管を収縮させて神経の圧迫を取り除くことで片頭痛発作を改善します。
1錠190円~
在庫あり
詳細を見る

痛み止めとは

痛み止めとは痛みを抑える作用や、痛みの原因である炎症を抑える作用を持った薬剤のことです。
痛み止めと一口にいってもさまざまな種類があります。

この記事では症状別の痛み止めとその種類について詳しく解説していきます。

症状別痛み止め

痛みには頭痛発熱、炎症、筋肉痛肩こりなどさまざまな症状があります。

この項目では症状別の痛み止めについて詳しく解説していきます。


頭痛薬

頭痛薬とはさまざまな種類の頭痛の痛みを抑えたり、頭痛の発生を予防する薬のことです。

頭痛には日常的な頭痛から片頭痛などの慢性頭痛、くも膜下出血などの病気を伴う頭痛までさまざまな種類があります。
日常的な頭痛に対しては市販薬を用いて治療することができます。

一方、慢性頭痛に対しては市販の頭痛薬では治療することができません。
慢性頭痛にはトリプタン製剤エルゴタミン製剤頭痛予防薬といった薬剤を使用することで治療することができます。

これらの薬剤はそれぞれ異なる作用を持つため、使い分けながら使用することで慢性頭痛を改善してくれます。

お薬110番(以下当サイト)では下記の商品を取り扱っています。


■トリプタン製剤

■頭痛予防薬


その他、頭痛にはデパスのような抗不安薬や筋弛緩剤のような鎮痛薬を用いることもあります。


解熱鎮痛剤

解熱鎮痛剤とは、簡単にいうと痛みを取ってくれる薬剤のことで、炎症を抑え、痛みの原因の生成を防ぎ、熱を下げる作用を持ちます。

COX(シクロオキシゲナーゼ)という酵素のはたらきによって痛みの原因物質であるPG(プロスタグランジン)が生成されますが、解熱鎮痛剤はこのCOXのはたらきを抑えることでPGの生成を防ぎ、痛みを取り除いてくれます。

解熱鎮痛剤は主に非ステロイド性抗炎症薬(以下NSAIDs)という分類の薬剤が多く、一般的にも知られるロキソニンボルタレンもこの分類に入ります。
副作用が少なく、高い鎮痛効果を持つため、広く一般に使用されている薬剤です。


筋肉痛・肩こりの治療薬

筋肉痛や肩こりは飲み薬や外用薬、注射などを用いて治療することができますが、飲み薬で治療する場合、筋肉の緊張をほぐすことのできる筋弛緩剤を用いることがあります。

筋弛緩剤は神経や細胞に作用して、筋肉の凝りやこわばり、それに伴う痛みなどを取り除いてくれます。

日常生活で起こる肩こり、腰痛、頭痛や精神疾患などに伴う筋肉のこわばり、ヘルニアなどの症状を緩和するために用いることができます。

当サイトでは下記の商品を取り扱っています。



筋弛緩剤は種類によって効果の強さがさまざまですが、使用方法を正しく守らなければ重篤な副作用の危険性もある薬剤ですので、使用の前には用法用量を正しく理解する必要があります。


痛み止めの種類

痛み止めにはさまざまな種類があり、用途がそれぞれ異なります。

この項目では痛み止めの種類について詳しく解説していきます。


非ステロイド性消炎鎮痛薬

非ステロイド性消炎鎮痛薬は一般的にNSAIDs(エヌセッズ)と呼ばれることが多い解熱鎮痛剤の分類の一つです。

非ステロイドという名の通り、ステロイドではない抗炎症薬のことをNSAIDsと呼びます。

主に疼痛や解熱、炎症を抑えるために用いられる薬剤で、市販の頭痛薬などはほとんどNSAIDsとなります。

NSAIDsの薬剤は医学的作用にあまり差がなく、用法用量が異なるものがほとんどです。

当サイトでは下記の商品を取り扱っています。



市販で売られていることからNSAIDsの解熱鎮痛剤は安全性が高い薬剤といえますが、胃腸障害や降圧剤と併用する際の腎障害などの副作用には注意が必要です。


弱オピオイド鎮痛薬

WHOの鎮痛薬の三段階の分類において、上記でご紹介したNSAIDsは軽度の痛みに対して使用する第一段階の鎮痛薬とされていますが、弱オピオイド鎮痛薬は軽度から中度の痛みに対して使用する第二段階の鎮痛薬になります。

鎮痛作用を持つオピオイド受容体を刺激し、セロトニンやノルアドレナリンの量を増やすことで痛みを抑えてくれます。

弱オピオイド鎮痛薬の代表的な薬にコデインとトラマドールがあります。

当サイトではトラマドールとトラマドールのジェネリック薬であるトラマタスを取り扱っております。

これらの薬剤はがんの痛みや関節リウマチなどの強い痛みに有効なほど鎮痛効果が高く、一般的な鎮痛薬では抑えることのできない痛みに対して用います。

なお、トラマドールは医療用麻薬に指定されておらず依存性も少ない薬剤で、がん患者の約9割の方に有効であるというデータがある鎮痛薬ですが、病気の根本治療のための薬剤ではないことには留意してください。


強オピオイド鎮痛薬

上記でもご説明したWHOの鎮痛薬の3段階の分類において強オピオイド鎮痛薬は最も強い鎮痛作用を持つ第三段階の薬剤となります。

代表的な薬としてモルヒネ、オキシコドン、フェンタニル、タペンタドールなどがあります。

これらの鎮痛薬は弱オピオイド鎮痛薬でも効かない末期がんのような激しい痛みに対して使用する薬剤です。

主に用いられるのは一般的に広く知られているモルヒネですが、歴史が長いため多くの臨床データがあり、安心して使用することのできる鎮痛薬の一つです。


鎮痛補助薬

鎮痛補助薬とは、本来は痛みを抑える目的で開発された治療薬ではありません。
神経障害性疼痛や慢性化した痛み、または激痛などの場合に、解熱鎮痛剤(NSAIDs)などでも痛みが取り切れない時に用いられます。

もともとは鎮痛剤ではないので、鎮痛効果はそれぞれの薬で異なります。
また、一部を除いて痛みに対しての処方は保険適用外となります。

■抗うつ剤
抗うつ剤は、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の再取り込みを阻害することで痛みを感じにくくする経路(下行性疼痛抑制系)を活性化させ鎮痛効果を発揮します。

■抗てんかん薬
抗てんかん薬は、神経細胞の中にあるイオンチャネルや神経伝達物質の受容体に作用し、神経細胞の過剰な興奮を抑えることで痛みを和らげます。

■筋緊張弛緩薬
筋緊張弛緩薬は、痛みに対して筋肉の緊張が認められる場合、痛みを和らげる効果を発揮してくれます。

■抗不整脈薬
抗不整脈薬は、神経の興奮を抑えることで、痛みを和らげる効果を発揮します。

その他の痛み止め

その他の治療薬は、次のようなものがあります。

■ステロイド
ステロイドは、からだの中にある副腎皮質ホルモンを人工的に合成した薬になり、強い抗炎症作用と鎮痛作用、免疫抑制作用などがあります。
痛みを発生させている物質をつくる酵素を阻害することによって、痛みを鎮めることができます。

■局所麻酔薬
局所麻酔薬は、痛みを伴う治療(虫歯を削る時など)に用いられる薬です。
神経細胞内にあるイオンチャネルや神経伝達物質の受容体に作用し、痛みの伝達を抑えることで鎮痛作用を発揮します。
鎮痛薬や抗うつ薬、抗てんかん薬などを服用しても痛みを抑えることができない時に使用します。

その中でもオピオイドは、強力な鎮痛作用をもつ医療用の麻酔薬になります。
脊髄と脳に存在している「オピオイド受容体」に結びつくことによって、痛みの伝達をブロックします。
ガンの治療による痛みや、他の痛み止めでは対処できない時にも使用が認められています。

オピオイドには、モルヒネ、オキシコドン、フェンタニル、コデインなどの薬があります。

最近閲覧した商品