商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

糖尿病治療薬

糖尿病治療薬は、スルホニル尿素薬、速効性インスリン分泌促進薬、グルコシダーゼ阻害薬など8種類に分類されます。通販では、病院に行かずにお薬を簡単に購入することができます。

糖尿病治療薬の一覧


デュゼラ(サインバルタ)
デュゼラはサインバルタジェネリック。サインバルタ1錠あたりの価格に対し約1/2で購入できてかなりおトク。「やる気」や「意欲」の改善に優れたSNRI系統の抗うつ剤で、神経性の痛みを抑える作用もあります。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
グルコバイ
グルコバイは血糖値の上昇を抑える糖尿病の薬です。血糖値の上昇を穏やかにする効果を持っています。反対に血糖値を下げることができないため、血糖降下薬を併用する必要があるので注意が必要です。
1錠24円~
在庫あり
詳細を見る
アクトス
アクトスは2型糖尿病治療薬です。弱くなったインスリン抵抗性を改善することで血糖値の上昇を抑えることができます。肥満タイプの糖尿病患者に向いている治療薬で他の糖尿病治療薬と併用することができます。
1錠87円~
在庫あり
詳細を見る
ベキサゾン(アクトス)
ベキサゾンはアクトスという糖尿病治療薬のジェネリックで、インスリンの働きが鈍ることで起きる「2型糖尿病」の方に向けた治療薬です。インスリン抵抗を低くし、肝臓で糖が作られることを抑えることができます。
1錠30円~
在庫あり
詳細を見る
レボース(グルコバイ)
レボースは2型糖尿病の治療薬であるグルコバイのジェネリックです。そのため安い価格で治療が可能になります。食事から摂取する糖分の吸収を遅らせ、膵臓へ負担をかけずに血糖値の上昇を抑えていきます。
1錠41円~
売切れ
詳細を見る
サインバルタ
サインバルタはSNRI系の抗うつ剤です。うつ病などの精神疾患への抗うつ効果に加え、神経性の痛みを抑える作用があるため慢性疼痛への適応もあります。また、副作用も少なめでやる気や意欲の改善に優れています。
1錠145円~
在庫あり
詳細を見る
セミダオニール(オイグルコン)
セミダオニールはオイグルコンのジェネリック。インスリンの分泌を促進することで血糖値を下げる糖尿病治療薬です。作用が強力で長時間作用が特徴です。なお、1型糖尿病の治療に用いることはできません。
1錠18円~
売切れ
詳細を見る
ツルレイシ
ツルレイシとはニガウリのことで、老化防止や糖尿病や高血圧の予防などに期待が持てます。その他にもマンゴスチン、ノニ、ギムネマなどが配合されており、生活習慣病が心配な方にはおすすめです。
1錠7円~
在庫あり
詳細を見る
メシャシュリンギ
メシャシュリンギは、インド原産のハーブであるギムネマが含まれているダイエットサプリです。甘みを感じにくくする作用と、糖質の吸収を抑える働きで、甘い物の食べ過ぎを防ぐことができます。
1錠20円~
売切れ
詳細を見る
ジャヌビア
ジャヌビアはインスリンの働きを強め血糖値を減少させるはたらきを持つ2型糖尿病治療薬で、有効成分はシタグリプチンで低血糖が生じるリスクが少なく体への負担が少ない薬です。
1錠354円~
在庫あり
詳細を見る
アマリール
アマリールはインスリンの分泌を促して血糖値を減少させるはたらきを持つ2型糖尿病治療薬で、有効成分はグリメピリドで血糖値の上昇を抑えることができ、糖尿病の改善と予防に効果があります。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
グリネート(スターシス)
グリネートは2型糖尿病治療薬スターシスのジェネリック医薬品です。インスリンの分泌を促して血糖値を減少させる作用があり、血糖値の上昇を抑えることで糖尿病の改善と予防に効果があります。
1錠32円~
在庫あり
詳細を見る
ゾメット(メトグルコ)
ゾメットは2型糖尿病治療薬メトグルコのジェネリック医薬品です。糖の生成を抑える作用と、筋肉へ糖を取り込む働きを促す作用、腸での糖の吸収を抑える作用で血糖値を減少します。
1錠27円~
売切れ
詳細を見る
ガルバスメット(エクメット)
ガルバスメットはエクメットのジェネリック。2種類の成分を配合した糖尿病治療薬です。エクメットとガルバスメットは2種類の成分の配合量が異なります。このため飲み方、副作用のリスクの違いにご注意ください。
1錠120円~
在庫あり
詳細を見る
トラゼンタ
トラゼンタはインスリンの働きを強め血糖値を下げるⅡ型糖尿病治療薬。糖尿病治療薬によくある低血糖が起きにくく、便と共に排出されるタイプなので腎臓への負担が少なくて済み、腎機能が弱い方でも服用できます。
1錠169円~
在庫あり
詳細を見る
イスタメット
イスタメットはⅡ型糖尿病治療薬。インスリンの分泌を促す物質の分解を防ぐことでインスリンの分泌を促し血糖値を下げます。さらに肝臓で行われる糖新生を抑制する働きによって血糖値の上昇を抑制します。
1錠162円~
在庫あり
詳細を見る
オングリザ
オングリザはDPP-4阻害薬と呼ばれるⅡ型糖尿病治療薬。インスリンを分泌するインクレチンというホルモンの分泌を促すことで血糖値を下げます。血糖値が高いときだけに作用するので低血糖を起こしにくい薬です。
1錠203円~
在庫あり
詳細を見る
メトホルミン(メトグルコ)
メトホルミンはメトグルコジェネリック。肥満型の糖尿病に向いているⅡ型糖尿病治療薬です。肝臓に作用し糖新生の働きを抑え、筋肉での糖の取り込みを促進させ、腸管での糖の吸収を抑えることで血糖値を下げます。 ※発送時期により、パッケージが変更される場合がございます。成分に違いはございません。
1錠32円~
在庫あり
詳細を見る
ピオグリット(アクトス)
ピオグリットはアクトスジェネリック。アクトス1錠あたりの約1/4の価格で購入できます。肥満型糖尿病に向いているⅡ型糖尿病治療薬で他の治療薬とも併用可能です。インスリンの効き目を改善し血糖値を下げます。
1錠23円~
在庫あり
詳細を見る
ナグリド(スターシス)
ナグリドはスターシスのジェネリック。スターシス1錠あたりに対し安価で購入できます。膵臓に作用してインスリンの分泌を促し血糖値を下げるⅡ型糖尿病治療薬です。即効性があり、低血糖を起こしにくい治療薬です。
1錠34円~
売切れ
詳細を見る
ピオグリットMF(メタクト)
ピオグリットMFはメタクトのジェネリック。メタクト1錠あたりに対し安価で購入できます。2種類の糖尿病治療薬の成分を含有した配合薬でⅡ型糖尿病の治療薬です。血糖値を下げる3つの作用で糖尿病を改善します。
1錠43円~
売切れ
詳細を見る
カレラ印薬煎
カレラ印薬煎は血糖値減少効果のある(ゴーヤ)を原材料としてインドのアーユルヴェーダ医学に基づいて製造された漢方薬です。血糖値の上昇を抑えコレステロール値を安定させるはたらきがあります。
1錠29円~
在庫あり
詳細を見る
シラジット印薬煎
シラジット印薬煎は三十種以上の生薬を原料としてインドのアーユルヴェーダ医学に基づき製造された漢方薬です。鉄分、カルシウム、セレニウム、マグネシウム、ナトリウム、亜鉛、クロム、銅を効率よく摂取できます。
1錠29円~
在庫あり
詳細を見る

糖尿病治療薬とは

糖尿病治療薬とは、糖尿病の基本治療である食事と運動によっても血糖値をコントロールできなかった場合に服用をする薬になります。
血糖値の上昇は「インスリン」という物質が大きく関係しています。

■インスリン不足
ブドウ糖を細胞にうまく取り入れることができなくなり、血糖値が上昇

■インスリンのはたらきが悪い
血液の中にあるブドウ糖を処理しきれなくなってしまい、血糖値が上昇

血糖値が一定の値を超えてしまい、血糖値が高い(高血糖)状態がつづくことで糖尿病になります。
糖尿病治療薬を服用することで高血糖状態を改善し、血糖値の上昇を抑えます。
糖尿病治療薬は8種類あり、それぞれの作用が異なることから種類別に薬の作用を解説していきます。

スルホニル尿素(SU)薬の特徴

スルホニル尿素薬は、インスリンの分泌が行われる膵臓(すいぞう)に作用します。
膵臓の中には膵島(ランゲルハンス島)と呼ばれる細胞の集まりがあります。
細胞の1つであるβ細胞を刺激することによって、インスリンの分泌を促進する効果があります。
ただし、インスリンがまったくでない1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)に対しては無効となっています。

スルホニル尿素薬には、次のような薬があります。

  • ヘキストラスチノン
  • オイグルコン
  • アマリール

オイグルコンにはジェネリック医薬品があり、海外通販(個人輸入代行)で購入することもできます。
製品名はセミダオニールになり、オイグルコンと同じ成分グリベンクラミドが含まれています。

速効性インスリン分泌促進薬の特徴

速効性インスリン分泌促進薬は、スルホニル尿素(SU)薬と同じく膵臓の中にあるβ細胞に作用します。
β細胞が刺激されることで、インスリン分泌を促進してくれます。
スルホニル尿素薬との違いは、成分の吸収や分解が早いという特徴になります。

服用してから30分ほどで効果が期待できることから、食後の高血糖状態を改善するのに適しています。
速効性インスリン分泌促進薬には、スターシスファステックという薬があります。

αグルコシダーゼ阻害薬の特徴

αグルコシダーゼ阻害薬は、食べ物の中に含まれている糖質の分解を遅らせる作用があります。
小腸の粘膜に存在する「αグルコシダーゼ」と呼ばれる酵素は、炭水化物や砂糖をブドウ糖へと分解するはたらきをもっています。
αグルコシダーゼを阻害することで、ブドウ糖への変化を遅らせてくれます。

結果、ブドウ糖の吸収が遅くなるので、食後の高血糖を改善できます。
αグルコシダーゼ阻害薬と糖質が小腸の中で同時に存在しなければ効果を発揮しないので、食事の直前での服用が必要になります。

αグルコシダーゼ阻害薬には、次のような薬があります。

グルコバイにはジェネリック医薬品があり、レボースという薬があります。
成分は同じアカルボースになり、同じように糖質の分解を遅らせてくれます。

ビグアナイド薬の特徴

ビグアナイド薬は、スルホニル尿素(SU)薬から数年遅れて販売がスタートした糖尿病治療薬になります。
スルホニル尿素薬は膵臓に作用しますが、ビグアナイド薬は肝臓にはたらきかけることで以下の3つの作用を発揮します。

■糖新生抑制
肝臓で糖が作られるのを抑える

■糖利用促進
筋肉や脂肪組織といった末梢で糖分が使われるのを促進する

■糖吸収抑制
小腸での糖分の吸収を抑える

膵臓に作用しインスリン分泌を促進しなくても、血糖値上昇を抑えられるのが特徴です。
スルホニル尿素(SU)薬やDPP4阻害薬など、他の糖尿病治療薬と併用することもできます。
また肥満体型の糖尿病2型患者さんには、第一選択の薬として用いられることがあります。

ビグアナイド薬には、メトグルコという薬があります。

チアゾリジン薬の特徴

チアゾリジン薬は、肝臓や筋肉、脂肪などの組織のインスリンへの感受性を高めてくれる作用があります。
インスリンへの感受性が高まることで、肝臓での糖が作られるのを抑え、血液中の糖分が筋肉などに取り込まれるようになります。
チアゾリジン薬は、作用が異なる糖尿病治療薬との併用も認められています。

チアゾリジン薬にはアクトスという薬があります。
アクトスにはジェネリック医薬品もあり、ベキサゾンという薬があります。
成分にはアクトスと同じ ピオグリタゾン塩酸塩が含まれているので、同様の効果を期待することができます。

DPP4阻害薬の特徴

食事をとると、それがサインとなってインスリンが分泌されるようになります。
この時、インスリンの分泌にはインクレチンという消化管ホルモンが大きく関係します。
インクレチンの作用を強めることで、インスリンの分泌を促進することができると考えられ作られたのがDPP4阻害薬になります。

DPP4阻害薬には、次のような薬があります。

  • ジャヌビアグラクティブ
  • ネシーナ
  • エクア

DPP4阻害薬はその名の通り、DPP4と呼ばれる酵素を阻害する作用があります。
DPP4には、インスリン分泌に関係しているインクレチンを分解するはたらきがあります。
つまりDPP4を阻害することによって、インクレチンの濃度を高めることができ、インスリンの分泌を促進することで血糖値を下げる効果が発揮されます。

SGLT2阻害薬の特徴

尿管を細かく分けてみると、次の3つに分類することができます。

  • 近位尿細管
  • ヘレンループ
  • 遠位尿細管

この中で糖の再吸収が行われるのは「近位尿細管」となっています。
近位尿細管には、糖を再吸収するための輸送隊となる物質が存在します。
それが「SGLT2」と呼ばれるもので、原尿(尿のもと)に含まれる糖を認識して血液へ放出する働きがあります。

糖のおよそ90%は近位尿細管にあるSGLT2が行っており、これを阻害することで糖が再吸収されるのを防ぎます。
結果、尿から排泄される糖の量は増え、排泄された分だけ血糖値を下げることができます。
他の薬とは異なる作用を持つことから、すべての糖尿病治療薬と併用することが可能となっています。

SGLT2阻害薬には、スーグラという薬があります。

アルドース還元酵素阻害薬の特徴

アルドース還元酵素阻害薬は、次のような糖尿病性神経障害による合併症を予防する薬になります。

  • しびれや疼痛
  • 振動感覚異常
  • 心拍変動異常

アルドース還元酵素阻害薬は血糖値を抑える薬ではなく、末梢神経のはたらきをおかしくしてしまうソルビトールという糖分を抑える作用があります。
ブドウ糖をソルビトールに変えてしまう「アルドース還元酵素」を阻害することで、神経細胞内にソルビトールが少なくなり神経のはたらきを改善してくれます。

アルドース還元酵素阻害剤には、キネダックという薬があります。

最近閲覧した商品