商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

痛風治療薬

痛風治療薬は、尿酸合成阻害薬、尿酸排泄促進薬、痛風発生停止薬、NSAIDsの4種類があります。お薬を常備しておけば症状が出たときにもすぐに治療することが可能です。

痛風治療薬の一覧


エコスプリン(アスピリン)
エコスプリンはアスピリンジェネリック。痛み止め、解熱、心血管系の病気、川崎病の治療に用いられる世界初の非ステロイド性消炎鎮痛剤で、他の非ステロイド性消炎鎮痛剤に比べ胃腸への副作用が少ないのが特徴です。
1錠16円~
売切れ
詳細を見る
コビックス(セレコックス)
痛みや炎症(特にリウマチによる痛み)を抑える効果を持つコビックスは、セレコックスのジェネリックになります。胃が荒れにくく、しっかりとした効き目がある使いやすい痛み止めのため人気です。
1錠49円~
在庫あり
詳細を見る
ボベランジェル(ボルタレン)
ボベランジェルは解熱鎮痛剤で、日本ではボルタレン名で販売されています。 患部に直接塗るジェルタイプで、とりわけ即効性や威力が高く、肩こりや腰痛、炎症、関節リウマチなどの症状を改善させてくれます。
1本864円~
在庫あり
詳細を見る
ボベラン(ボルタレン)
ボベランは鎮痛、抗炎症剤で、服用する事で、腰痛や肩こり、神経痛、関節リウマチなどの痛みを和らげる効果があります。 日本ではボルタレン名で販売されていますが、内容は同じものとなっています。
1錠24円~
在庫あり
詳細を見る
ザイロリック
ザイロリックは痛風や高尿酸血症の代表的な治療薬で、服用する事で尿酸値を減少させる効果があります。 日本でも一般的に処方されており、痛風の治療薬と言えばザイロリックと言われるほどです。
1錠27円~
在庫あり
詳細を見る
アロプリノール(ザイロリック)
アロプリノールは尿酸値を下げる効果を持つザイロリックのジェネリックです。尿酸が高くなることで発症する痛風の予防に役立ちます。痛風によって併発する可能性の高い尿路結石にも適応します。
1錠29円~
在庫あり
詳細を見る
ナプロシン(ナイキサン)
ナプロシンは非ステロイド系の解熱鎮痛剤で、ナイキサンのジェネリック医薬品です。 鎮痛剤の中でも即効性が高く、炎症を抑え、痛みを和らげてくれます。 ジェネリック医薬品のためお求めやすい価格となっています。
1錠12円~
在庫あり
詳細を見る
ボルタレン
ボルタレンは関節の痛みや筋肉の炎症の緩和、解熱作用のある解熱鎮痛剤です。様々な症状に鎮痛効果を発揮し、その総合的な有効率は約73%になります。鎮痛作用の強さと約30分で効果が現れる即効性が特徴です。
1錠73円~
在庫あり
詳細を見る
ボルタレンカプセル
ボルタレンカプセルは解熱鎮痛剤で有名なボルタレンのカプセルタイプ。錠剤タイプより即効性に優れ、錠剤の苦味や匂いが苦手な方にオススメの商品です。強力な鎮痛効果が特徴ですが長期間の服用には向いていません。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
ジクロフェナクAL(ボルタレン)
ジクロフェナクALはボルタレンのジェネリック。関節痛や歯痛などのあらゆる病気の痛みに効き、風邪に伴う熱を下げるために用いることもできます。強力な解熱鎮痛作用を持ち、即効性にも優れています。
1錠32円~
在庫あり
詳細を見る
コルヒチン
コルヒチンは痛風の予防をする薬です。痛風発作が起きた場合には、なるべく早く使うことをおすすめします。長期的に服用すると腎臓や肝臓の機能障害が起きる可能性があるので注意をしてください。
1錠28円~
在庫あり
詳細を見る
ジコルチン(コルヒチン)
ジコルチンはコルヒチンジェネリック。痛風の発作を抑える薬で、発作が現れたときにできるだけ早く服用することで痛風に伴う激痛を緩和してくれます。また、重い副作用が起こることもあるため長期服用は向きません。
1錠48円~
在庫あり
詳細を見る
フェブシップ(フェブリク)
フェブシップはフェブリクのジェネリック。フェブリクより安価に購入できます。血液中の尿酸値を下げることで痛風を治療する薬です。また、1日1回の服用で効果を発揮してくれ、腎機能障害があっても服用できます。
1錠63円~
在庫あり
詳細を見る
フェブタズ(フェブリク)
フェブタズは痛風、高尿酸血症の治療薬フェブリクのジェネリック医薬品です。有効成分フェブキソスタットが尿酸の生合成を抑え体内や尿中の尿酸を減らすはたらきがあります。
1錠54円~
在庫あり
詳細を見る
ズリッグ(フェブリク)
ズリッグは痛風、高尿酸血症の治療薬フェブリクのジェネリック医薬品です。有効成分フェブキソスタットは尿酸の生合成を抑え体内や尿中の尿酸を減らすはたらきがあります。
1錠41円~
在庫あり
詳細を見る
シャラキ印薬煎
シャラキ印薬煎は腰痛や関節炎、リウマチなどの関節痛を軽減する薬草を原料としてインドのアーユルヴェーダ医学に基づいて製造された漢方薬です。シャラキは別名フランキンセンスという抗炎症作用を持つ植物です。
1錠29円~
在庫あり
詳細を見る

痛風治療薬とは

痛風は、尿酸が原因になって起こる生活習慣病になります。
血液の中で、尿酸の値が高い状態が続いてしまうことで「高尿酸血症」となります。
高尿酸血症によって関節炎が起こるようになり、炎症によって激しい痛みを伴うのが痛風になります。

尿酸の元になるのは、核酸(DNAとRNA)になります。
からだの中では核酸を元に、次のようにして尿酸が作られていきます。

核酸(DNA・RNA) → プリン体 → ヒポキサンチン → キサンチン → 尿酸

「ヒポキサチン → キサンチン」と「キサンチン → 尿酸」へと変化していく過程では「キサンチンオキシターゼ」という酵素が関わっています。

尿酸の多くは尿によってからだの外へと排泄されますが、一部は腎臓にある尿細管で再び吸収されてしまいます。
尿酸そのものに毒性はないですが、これが結晶化してしまうことが問題になります。 尿酸結晶は、身体の中では異物と判断され白血球の一種である「好中球」が排除しようと集まってきます。
しかし、好中球には尿酸結晶を分解することはできないので、破壊されてしまい炎症を起こすようになります。

痛風治療薬は、尿酸がつくられるのを阻害することや、痛みの発作が起こった時に発作を抑える薬などがあります。
いくつかの種類があるので、それぞれについて解説していきます。

尿酸合成阻害薬の特徴

尿酸がからだの中に溜まってしまい、結晶化することで痛風を発症します。
尿酸合成阻害薬は、痛風の原因になっている尿酸がつくられるのを阻害する作用があります。
尿酸がつくられる過程に関わる酵素「キサンチンオキシダーゼ」の働きを阻害することで、尿酸が作られるのを防ぐことができます。
酵素の働きを阻害することで、血液中や尿中の尿酸値を低下させることができます。

尿酸合成阻害薬には、次のような薬があります。

どちらの薬にもジェネリック医薬品があり、ザイロリックはアロプリノール、フェブリクはフェブシップになります。
先発薬と変わらない成分が含まれていることから、尿酸をつくる酵素を阻害し尿酸ができにくくしてくれます。

尿酸排泄促進薬の特徴

尿酸のほとんどが尿といっしょに排泄されますが、一部は再び腎臓にある尿細管で吸収されてしまいます。
排尿排泄促進薬には、次のような薬があります。

  • ベネシッド
  • ユリノーム

尿酸排泄促進薬は、尿細管での尿酸の再吸収を抑える作用があります。
再吸収を抑えることで、尿酸の排泄量を増やすことができます。

痛風発生停止薬の特徴

尿酸結晶を異物とみなし、好中球が集まることで炎症が起こります。
痛風発生停止薬は、好中球が集まることを抑制する作用があります。
好中球が集まらなくなることで、炎症を抑える効果を発揮します。

痛風発生停止薬には、コルヒチンという薬があります。

NSAIDs(非ステロイド抗炎症薬)

NSAIDs(非ステロイド抗炎症薬)は、解熱鎮痛剤です。
痛風の痛みの発作がおきている時に、痛みを鎮めるのに有効となります。

NSAIDsには、次のような薬があります。

セレコックス、ボルタレン、アスピリンには、それぞれジェネリック医薬品があります。
セレコックスはコビックス、ボルタレンはジクロフェナクALなど、アスピリンはエコスプリンになります。

最近閲覧した商品