商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

抗てんかん薬

抗てんかん薬はてんかんの症状を改善するお薬です。長期の治療が必要になることが多いため、病院に行くことが負担な方には、通販でお薬を購入するのがオススメです。

抗てんかん薬 売れ筋ランキング

商品ジャンル

抗てんかん薬の一覧


ラミトール(ラミクタール)
ラミトールはラミクタールのジェネリック。ラミクタールの約1/2の価格で購入できます。あらゆるタイプのてんかんに有効な治療薬で躁鬱病の気分安定薬としても使用でき、半減期が長いという特徴があります。
1錠34円~
売切れ
詳細を見る
ラミクタール
ラミクタールは様々なタイプのてんかんに効果がある抗てんかん薬です。躁鬱病の治療にも用いることができ、海外では躁鬱病の第一選択薬となっています。また、半減期が31~38時間と効果が長く続いてくれます。
1錠90円~
在庫あり
詳細を見る
ゾニセップ(エクセグラン)
ゾニセップはエクセグランやトレリーフのジェネリック。先発薬より安価に購入できます。てんかん発作への第二選択薬に指定されており難治性のてんかん発作も予防してくれ、パーキンソン病の治療薬でもあります。
1錠32円~
在庫あり
詳細を見る
トピロール(トピナ)
トピロールはトピナジェネリック。トピナ1錠あたりに対し安価で購入できます。てんかん治療において他の薬だけでは効果が足りない場合に用いる併用薬で部分発作にのみ有効です。また、片頭痛の予防効果もあります。
1錠41円~
在庫あり
詳細を見る
カラゼピン(テグレトール)
カラゼピンはテグレトールのジェネリック。てんかんの部分発作治療の第一選択薬です。他にも全身のけいれん、こわばりといった強直間代発作の予防にも効果があり、精神疾患や三叉神経痛の治療にも用いられます。
1錠68円~
在庫あり
詳細を見る
ガバドン(ガバペン)
ガバドンはガバペンのジェネリック。1種類のてんかん薬では効果が足りない場合に用いる併用薬で部分発作に効果があります。また、部分発作の第一選択薬であるテグレトールに比べ、併用注意薬が少ないのが特徴です。
1錠43円~
在庫あり
詳細を見る
ケプラ(イーケプラ)
ケプラ(イーケプラ)は部分発作や強直間代発作を予防する抗てんかん薬です。部分発作に対してはケプラ単体で効果を発揮しますが強直間代発作の場合は他のてんかん薬で効果が足りなかったときのみ使用します。
1錠54円~
売切れ
詳細を見る
ガバセット(ガバペン)
ガバセットはガバペンジェネリック。ガバペン1錠あたりに対して安価に購入できます。他のてんかん薬で効果が不十分だった場合に用いる併用薬で、単体での治療効果が確認されていない点に注意してください。
1錠43円~
在庫あり
詳細を見る
ベンビダ(ビムパット)
ベンビダはビムパットのジェネリック。ビムパット1錠あたりの約1/2の価格でお得に購入できます。海外では部分発作の第一選択薬とされている抗てんかん薬で併用薬としても単剤としても使用することができます。
1錠101円~
在庫あり
詳細を見る
AVVA SR(ダイアモックス)
AVVA SRはダイアモックスのジェネリック。緑内障やてんかんの治療薬です。炭酸脱水酵素の働きを阻害する作用で、眼圧低下作用や抗てんかん作用、利尿作用など様々な効果を発揮します。
1錠24円~
在庫あり
詳細を見る

抗てんかん薬とは

てんかんは長い治療期間が必要になる慢性疾患です。
脳の障害が引き金で、あるいは原因不明で発症することもあり、全身に症状が現れる「全般発作」やからだの一部だけに症状が起こる「部分発作」など患者さんによって様々なてんかん発作が現れます。
こうした発作を抑えるための薬が抗てんかん薬です。

てんかん発作は、脳の働きの誤作動により起こると言われています。
例えば音楽を聴く・映画を見る、モノを触るなど"五感"から得た音や光などの情報はからだの神経を通じて脳に届けられ、「楽しい」「悲しい」などと感じるようになります。
反対に「歩く」「話す」など普段は当たり前にとっている行動も、"脳→神経→からだ"という順に命令が伝達されています。
このような情報や命令の伝達は、神経の中を弱い電気信号が通ることで行われています。

また脳には、車のアクセルとブレーキのように"興奮"と"抑制"という反対の働きを持つ2種類の神経があります。
通常は興奮と抑制のバランスが保たれていますが、てんかんを発症した場合はこれらの神経の釣り合いが崩れてしまうことがあります。
すると過剰に興奮したり、もしくは抑制の働きが弱まり神経内の電気信号が乱れ、からだのコントロールが利かなくなりてんかん発作を起こしてしまいます。

抗てんかん薬は脳の神経の働きを調節し、てんかん発作を抑える作用を持つ薬です。
てんかん発作の起こり方や年齢・性別によって薬の選択は異なり、また適切に使い分けないと発作を悪化させる恐れもあります。
ここでは発作の型によって使用される抗てんかん薬の種類をご紹介します。

全般発作に用いられる抗てんかん薬

全身に症状が現れる全般発作に対しては「デパケン」という抗てんかん薬が第一選択薬として用いられます。
全般発作には欠神発作や強直間代発作など数種類の発作がありますが、デパケンはそれらの発作に対して幅広く効果を発揮してくれます。

また本来は1種類の薬だけでてんかん発作を抑えることが望ましいとされていますが、それだけで発作をコントロールできなかった場合は2種類以上の薬が用いられます。

それぞれの発作型によって使用される、デパケンを除いた抗てんかん薬には次のような種類があります。

■欠神発作

  • ザロンチン
  • マイスタン
  • アレビアチン/ヒダントール
  • ラミクタール

など

これらの薬の中で、ラミクタールには「ラミトール」というジェネリック医薬品があります。
ラミトールであれば個人的にてんかん治療を始めることもできます。

■強直間代発作

  • フェノバール
  • マイスタン
  • アレビアチン/ヒダントール
  • ラミクタール
  • トピナ
  • イーケプラ
  • フィコンパ
  • テグレトール

など

強直間代発作に有効な薬の中ではトピナに「トピロール」、イーケプラに「ケプラ」、テグレトールには「カラゼピン」などのジェネリック医薬品があります。

■ミオクロニー発作

  • リボトリール/ランドセン
  • マイスタン
  • アレビアチン/ヒダントール

など

部分発作に用いられる抗てんかん薬

からだの一部に症状が現れる部分発作には「テグレトール」という抗てんかん薬が第一選択薬となります。またテグレトールは部分発作だけでなく、全般発作の中の強直間代発作にも適用しています。

テグレトールだけで部分発作を抑えられない場合には、次のような抗てんかん薬が用いられます。

  • アレビアチン/ヒダントール
  • エクセグラン
  • デパケン
  • ラミクタール
  • イーケプラ
  • トピナ
  • フィコンパ
  • ビムパット
  • ガバペン

など

部分発作を抑える抗てんかん薬においては、エクセグランに「ゾニセップ」、ビムパットには「ベンビダ」、ガバペンには「ガバセット」や「ガバドン」などのジェネリック医薬品があります。

最近閲覧した商品