商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

ヘルペス治療薬

ヘルペス治療薬は、ゾビラックスやバルトレックスなどの抗ウィルス薬が有名です。飲み薬と塗り薬がありますので、悪化する前に使いやすいものを利用して、早めに治療しましょう。

ヘルペス治療薬の一覧


アシビルDT(ゾビラックス)
アシビルDTはゾビラックスジェネリックです。ジェネリックのため低価格でお求めになれます。内容量は200mgで、口唇・性器ヘルペスや帯状疱疹の治療薬に用います。また、副作用が少なく、安全性に優れています。
1錠56円~
在庫あり
詳細を見る
バルシビル(バルトレックス)
バルシビルのバルトレックスのジェネリックです。500mgと1000mgの2種類があり、ジェネリック薬のため低価格でお求めになれます。主にヘルペスなどを治療する抗ウイルス薬です。
1錠152円~
在庫あり
詳細を見る
ゾビラックス
ゾビラックスはヘルペス治療に用いる抗ウィルス薬です。古くからヘルペス治療に用いられ、口唇・性器ヘルペス、帯状疱疹に効果があります。200mg、400mg、800mgをお求めになることができます。
1錠81円~
在庫あり
詳細を見る
バルクロブ(バルトレックス)
バルクロブはバルトレックスのジェネリック。ヘルペス感染症に有効な抗生剤で、腸からの吸収が良いため従来のヘルペス治療薬に比べ少ない服用回数で治療でき、飲み忘れを防止することができます。
1錠156円~
売切れ
詳細を見る
アシクロビルクリーム(ゾビラックス)
アシクロビルクリームはゾビラックスクリームのジェネリックのため安価に購入できます。古くからヘルペス治療に用いられる塗り薬で内服薬タイプに比べ副作用が少なく安全性に優れています。
1本584円~
在庫あり
詳細を見る
アシビルDT(ゾビラックス)
アシビルDTはゾビラックスのジェネリック。ゾビラックス1錠あたりに対し安価で購入できます。再発を繰り返しやすい各種ヘルペスに高い効果を発揮してくれ、比較的副作用が少なく安全性にも優れています。
1錠56円~
在庫あり
詳細を見る
バルトレックス
バルトレックスはヘルペスや、帯状疱疹、水疱瘡などの治療薬です。 プロドラッグと呼ばれており、ヘルペス治療薬のゾビラックスの改良版で薬の吸収率を改善させた第2世代の抗ウィルス薬です。
1錠143円~
在庫あり
詳細を見る
プレミアムリジン
プレミアムリジンとは疲労回復に効く"L-リジン"を2000mgも配合した健康のためのサプリメントです。 健康的な生活を送りたい、薄毛が少し気になる方にオススメです。
1錠7円~
在庫あり
詳細を見る
バルクロビル(バルトレックス)
バルクロビルはバルトレックスのジェネリック。バルトレックスより安価に購入できます。腸からの吸収に優れるため副作用回数が少なく済み、あらゆる種類のヘルペスを治療できる抗ウィルス薬です。
1錠123円~
在庫あり
詳細を見る
ファムビル
ファムビルは性器ヘルペスや口唇ヘルペス、帯状疱疹などを治療するヘルペス治療薬です。ウィルスの増殖を防いでくれ、ヘルペスの発症初期に服用することで悪化を抑え、治療速度を早めてくれます。
1錠364円~
在庫あり
詳細を見る
ファムシマック(ファムビル)
ファムシマックはファムビルのジェネリックです。ファムビルより安価で購入できます。ヘルペスや帯状疱疹の治療に用いる治療薬で再発の多いヘルペスの常備薬として価格の安いファムシマックはオススメです。
1錠200円~
在庫あり
詳細を見る

ヘルペス治療薬とは

国内第3位の感染者数であるヘルペスに用いられるのが、ゾビラックスやバルトレックスといった性病治療薬になります。
ヘルペスはウィルスの感染により発症するので、ソビラックスやバルトレックスなどの薬は抗ウィルス薬に分類されています。

この2種類の薬は、まず成分が異なります。

  • ゾビラックス ・・・ アシクロビル
  • バルトレックス ・・・ バラシクロビル塩酸塩

成分が違うようにも思えますが、実はバルトレックス成分バラシクロビル塩酸塩はからだの中でアシクロビルに変化することで、抗ウィルス効果を発揮します。
これをプロドラッグと呼び、ゾビラックスよりも成分の吸収率を高め、改良された薬がバルトレックスになります。
どちらも作用は異なりませんが、吸収率を高めたことで服用回数が大きく異なります。

  • ゾビラックス → 1回200mgとして、1日5回服用
  • バルトレックス → 1回500mgとして、1日2回の服用

1日の服用回数が大きく異なり、バルトレックスは飲み忘れの予防にもなります。
しかし薬価が高いことがバルトレックスのネックであり、1錠あたりはおよそ400円となります。
一方のゾビラックスは1錠あたりおよそ220円となり、価格も2倍ちかく異なります。

しかも、ヘルペスウィルスは現代医学では完全にからだの中から取り除くことはできないので、再発を繰り返すことも珍しくありません。
年に6回以上再発する方は、再発予防治療として1年間の服用が必要になることもあります。
服用期間が伸びれば伸びるほど、ヘルペス治療は大きな負担となることから、ジェネリック医薬品に切り替えることがお勧めです。
1錠あたりを先発薬の1/5以下で購入できるので、負担の少ない治療を行うことができます。

ヘルペス治療薬の種類

ヘルペス治療薬で代表的なのは、上記で説明したゾビラックスとバルトレックスの2種類です。

それぞれ特徴や詳細についてご説明します。

ゾビラックス

ゾビラックスはグラクソ・スミスクライン社(GSK)が開発、販売しているヘルペス治療薬です。

有効成分はアシクロビルで、剤形は錠剤、顆粒、ゼリー、シロップ、軟膏、クリーム、注射などがあります。(※当サイトで取り扱っているのは錠剤のみ)

主にヘルペスウィルスによって起こる単純疱疹(性器ヘルペス、口唇ヘルペス)、水疱瘡、帯状疱疹などの治療に使用されており、ウィルスのDNA伸長を妨害することで、ウィルスが増殖するのを抑えます。
安全性が高く副作用も比較的少ないことから、小児の水疱瘡などにも処方されています。

バルトレックス

バルトレックスはグラクソスミス・クライン社(GSK)が開発、販売しているヘルペス治療薬です。

有効成分はバラシクロビルでゾビラックスの有効成分アシクロビルのプロドラックです。体の中でアシクロビルに変換することで抗ウィルス作用が発揮され抗ウィルス効果を得ることができます。

体への吸収率が高く、ゾビラックスが1日5回服用が必要な場合、バルトレックスは1日1回~3回の服用のみとなっています。
効能はゾビラックスと同じで主にヘルペスウィルスによっておこる単純疱疹(性器ヘルペス、口唇ヘルペス)、水疱瘡、帯状疱疹などの治療に使用されています。

ゾビラックス/バルトレックスのジェネリック医薬品

ゾビラックスやバルトレックスのジェネリック医薬品は存在し、先発薬と同一成分であり同等の効果を期待することができます。
しかも低価格になることから、再発用に常備しておくことも、服用期間が長くなっても治療費負担を抑えることができます。

先発性病治療薬のジェネリック医薬品
先発薬 ジェネリック医薬品(後発薬)
ゾビラックス
(成分:アシクロビル)
アジビルDT
(成分:アシクロビル)
バルトレックス
(成分:バラシクロビル塩酸塩)
バルシビル/セントレックス
(ともに成分:バラシクロビル塩酸塩)

ヘルペスと一言でいっても、性器以外にも感染することがあります。 また帯状疱疹や、水ぼうそうなどにも効果を発揮します。
ヘルペスの種類によっても服用方法が異なることから、海外通販(個人輸入代行)を利用するのであれば、服用前に用法用量を確認するようにして下さい。
正しい服用方法であれば、ジェネリック医薬品を使ってヘルペス治療を個人で安全に行うことができます。

ジェネリック医薬品の概要についてはこちらをご覧下さい。

ゾビラックス/バルトレックスの作用

ゾビラックスのプロドラッグがバルトレックス(からだの中でゾビラックスの成分に変化する)になることから、どちらの作用も同じになっています。
ヘルペスウィルスがからだの中で増殖をするためには、DNA(遺伝子情報)が必要不可欠となります。
DNAが複製されることで、ウィルスが増殖し症状となって現れるようになります。

ゾビラックスやバルトレックスの成分は、DNAを複製する時に必要となる酵素であるDNAポリメラーゼを阻害する作用があります。
DNAポリメラーゼという酵素が阻害されることでウィルスの増殖は抑えられ、ヘルペスの症状を抑えることができます。
しかし増殖を抑えるのみで、体調不良などによって再びウィルスが増殖することもあるので、治療と併せて体調管理などにも注意が必要です。

最近閲覧した商品