商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

美白・日焼け止め

美白・日焼け止めは、シミやそばかすなどを防ぐための商品です。サプリ、塗る日焼け止め、飲む日焼け止めなど様々なタイプがあります。オススメなのは外側と内側両方からケアすることです。

美白・日焼け止めの一覧


サンセーフRX
サンセーフRXは日焼け止めの経口薬です。紫外線から皮膚を保護し、日焼けによるシミ、そばかすの生成を防ぎます。さらにコラーゲンを保護し、免疫を向上させることでアンチエイジング効果も期待できます。
1錠81円~
在庫あり
詳細を見る
トラネミック(トランサミン)
トラネミックはトランサミンのジェネリック医薬品で、シミやそばかす、肝斑の治療に使われる抗プラスミン剤です。 その他に白血病や肺出血、扁桃腺炎などによる咽頭痛など幅広い治療に使われています。
1錠17円~
在庫あり
詳細を見る
アンチエイジングクリーム
アンチエイジングクリームは、しわ・たるみを解消する効果が有る美容クリームです。抗酸化・コラーゲン補給作用があり、肌のターンオーバーを促し、肌の劣化を防ぎ、潤いを与えてくれます。
1個2,027円~
在庫あり
詳細を見る
Yukeidoフェイスパック(真珠)
Yukeidoフェイスパック(真珠)は真珠由来のコラーゲンをはじめ、コエンザイムQ10やヒアルロン酸、アロエエキス、ブドウ種子などを配合しており、美白やシワの改善に有効なパックです。
1箱3,060円~
在庫あり
詳細を見る

美白・日焼け止めとは

ガングロギャルが流行っていたのはいつの時代か?
その当時一生懸命日サロにせっせとあしげなく通っていた女子たちが、今ではこぞって美白だ美白だと一生懸命お肌の美容に取り組んでいるのです。

一度紫外線を浴び、焼いてしまった肌は中々元に戻すことはできません。
焼いた肌の色が白くなっても実は肌の奥底に、シミやそばかす、さらにはシワなどの予備軍が大量に潜んでいるのです。
しかし今からでも決して手遅れではありません。

気付いたときに美白を心がけたり日焼け止めの使用をすることが重要なのです。
人類の進歩によって医療が進むように、美容用品も進化しています。
ここではそんな進化している美白サプリメント、飲む日焼け止め、塗る日焼け止めをご紹介します。

美白サプリメント

美白サプリメントは日々の生活で安心して使用することができる美白用のサプリメントです。
美白に必要な成分や、その他にも肌に潤いを与えてくれる成分などが主に配合されています。
肌に直接、化粧水や美容クリームなどを使用することももちろん大事ですが、体の中から肌に良い成分を吸収させることは美白の維持や近道へとなります。

BIHAKUENホワイチュア

BIHAKUENホワイチュアは美白に必要な成分がぎゅっと1粒に凝縮された美白サプリメントです。
ビタミンC、ビタミンB、パントテン酸カルシウム、L-システインなど美白にとって欠かせない成分がこれでもかというほど含まれています。
1日3錠を目安に毎日の習慣として使用することで、メラニン(シミの原因)の生成を抑え、そしてさらにコラーゲンの生成を促進してくれます。
これらにより、美白の他にもハリや潤いなど美肌をサポートしてくれます。

飲む日焼け止め

飲む日焼け止めはその名の通り飲むタイプの日焼け止めです。
日焼け止めと言えば「塗る」ものが一般的なイメージとしてあるのではないでしょうか?
しかし最近では飲むタイプとして体の中から日焼け対策をすることができるのです。

塗るタイプの日焼け止めはもちろん美白にとってマストアイテムです。
しかし、「塗り忘れ」「急な日差し」に対処することができなかったり、そしてさらには「肌の違和感から抵抗」があるなどデメリット部分もたくさんありました。
飲むタイプの日焼け止めは外出30分前に飲むだけで、日焼け対策になるのです。
そんな便利な飲む日焼け止めが、今では様々な製薬会社や化粧品会社から多数販売されています。

シェードファクター

シェードファクターは紫外線によっておこるお肌への悪い影響を抑えるサポートをしてくれる日焼け止めサプリメントです。
紫外線を浴びるとお肌の細胞が損傷しメラニンが生成され、シミへとつながってしまいます。
シェードファクターに含まれている成分「ポリポディウム」が紫外線によっておこる細胞が損傷するのを防いでくれるのです。
唇や目、髪の毛など塗るタイプの日焼け止めではカバーできない部分に対してのダメージを防ぐことができます。
お肌の弱い方や髪の毛の日焼けなどが気になる方にもオススメです。

ヘリオケア・カプセル

ヘリオケア・カプセルは日本でも数々の美容雑誌などで紹介されているスペインで誕生した飲む日焼け止めです。
世界でも有名なハーバード大学で12年以上も研究、開発ののち販売されました。
世界中の皮膚学会などで発表され、世界80か国以上もの医療機関で処方されているのです。
外出の30分前に1錠服用することで、シダ科の植物の抗酸化作用により紫外線による肌の影響を防いでくれます。
日本国内では美容系クリニックなどで処方されていますが、当サイト(お薬110番)など個人輸入代行サイト等で購入することもできます。

ヘリオケアウルトラDカプセル

ヘリオケアウルトラDカプセルはヘリオケア・カプセルの有効成分を高濃度に配合した飲む日焼け止めです。
元祖ヘリオケア・カプセルは有効成分Fernblock(ファーンブロック)が240mgなのに対しウルトラDはなんと480mgと倍量も配合されています。
元祖ヘリオケア・カプセルでは満足できない方や、美肌のために紫外線対策をしたい方、日光を浴びる機会が多い方、お肌以外の部分も日焼け止めをしたい方などにオススメです。
コチラも同様に、日本国内では美容系クリニックなどで処方されていますが、当サイト(お薬110番)など個人輸入代行サイト等で購入することもできます。

塗る日焼け止め

紫外線からお肌を守るために多くの女性が塗る日焼け止めを使います。
夏やレジャーだけでなく、今や塗る日焼け止めは日常的に使われているもので、外出時のマストアイテムとなっているのではないでしょうか?
塗る日焼け止めも昔に比べ進化をしています。
絶対に焼きたくない人向け、汗で流れ落ちないもの、など需要によって異なった商品が販売されています。

ヘリオケアウルトラジェルSPF90

ヘリオケアウルトラジェルSPF90は飲む日焼け止めで紹介したヘリオケアシリーズの塗る日焼け止めです。
化粧前の顔や体など焼けたくない皮膚に塗ることで、紫外線B派(UV-B)を防いでくれます。
世界で高い人気を誇っており、約50か国で愛用されています。
敏感肌の方でも使える安全性の高い日焼け止めです。
因みにパッケージがSPF50+となっていますが、スペインや日本でSPF90であっても、表記はSPF50+と表示しなければいけないと定められています。

日焼け止めのSPFとPA

日焼け止めの強さを表す言葉にSPFとPAがあります。 それぞれ詳しく解説していきます。

SPFとは

SPFとはサンプロテクションファクターの略称となり、UVBという紫外線に対する防止効果を示す数値となります。
UVBはまたの名を紫外線B波ともいい、肌が赤くなる原因になる紫外線です。
また、エネルギーが強いため、皮膚に炎症を起こし、シミや皮膚がんの要因にもなってしまいます。
この紫外線を表す数値であるSPFは数字の値が大きければ大きいほど効果が高くなり、例えば10分で日焼けしてしまう人がいたとして、SPFの値が50なら50倍日焼けを遅らせることができるということになります。
つまり、10分×50=500分となるので約8時間あまり日焼け止め効果が持続するということです。

PAとは

PAとはプロテクショングレイドオブUVAの略称で、UVAという紫外線に対する防止効果を示す数値となります。
UVAはまたの名を紫外線A波ともいい、肌にすぐに影響を与えるほどの強さのない紫外線ですが、長い時間をかけて肌に影響を及ぼします。
コラーゲンを変化させる作用を持ち、シワの原因にもなってしまいます。
さらに上記でご説明したUVBと比較して20倍以上も地上に届いてしまうので日焼け止め対策にはUVA対策も必須です。
そしてこのUVAを表すPAという数値ですが、PAのあとにつく「+」の数が多ければ多いほど、防止効果が強くなります。
例えば、PA+→PA++→PA+++→PA++++という風に効果の強さを表すことができます。

最近閲覧した商品