商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

利尿剤(むくみとり)

利尿剤を利用すれば、気になるむくみを簡単にとる事ができます。よけいな水分を尿として体の外に排出すことにより、見た目の印象もかなり変えられます。

商品ジャンル

利尿剤(むくみとり)の一覧


ラシックス
ラシックスはむくみ解消などに効果がある利尿剤です。利尿剤の中でも利尿作用が強く、降圧作用が弱いことが特徴的で短時間での効果を期待できます。その他、高血圧症、心不全、PMSの治療にも用いられます。
1錠11円~
売切れ
詳細を見る
スピロノラクトン(アルダクトンA)
スピロノラクトンはアルダクトンAのジェネリック。アルダクトンAより安価に購入できます。利尿作用でむくみを解消したり、血圧を下げることができ、ラシックスなど他の利尿剤と併用することができます。
1錠55円~
在庫あり
詳細を見る
ハイドラザイド(ダイクロトライド)
ハイドラザイドはダイクロトライドのジェネリック。高血圧症治療に用いられる利尿剤でむくみを取る効果や心疾患や脳卒中の予防にも役立ちます。少量の服用であれば副作用もほとんどなく、他の利尿剤と併用できます。
1錠18円~
在庫あり
詳細を見る
セルリッド
セルリッドはセルライトを除去してくれるダイエットサプリ。天然成分が脂肪の燃焼をサポートし、多くの女性の悩みであるセルライトを消してくれます。また、下半身のスタイルに悩んでいる方にもオススメです。
1錠68円~
売切れ
詳細を見る
フロセミド(ラシックス)
フロセミドは利尿剤として知られるラシックスのジェネリックです。体の中に余分な水分が溜まることで起きる、「むくみ」を改善することができとても人気です。本来は血圧を下げる降圧剤として使われています。
1錠31円~
売切れ
詳細を見る
フレティック(ラシックス)
フレティックはラシックスのジェネリック医薬品で、利尿作用を示し、全身のむくみを取る効果があります。有効成分はフロセミドで効果の持続時間は4~6時間です。
1錠16円~
売切れ
詳細を見る
トール(ルプラック)
トールはループ系利尿剤のルプラックのジェネリック医薬品です。 利尿作用が強いと言われているループ系利尿剤の中でも特に強力な効き目を発揮します。 効果の持続時間は4~6時間です。
1錠21円~
在庫あり
詳細を見る

利尿剤とは

利尿剤とは、尿の量を増やし身体の中の水分量を調整してくれる薬になります。
ここで重要となるのが、身体の中の水分はナトリウムイオン(Na+)といっしょに移動するということです。
ということは、ナトリウムイオンの身体への再吸収量が多いと水分の再吸収量も増えるということになります。
利尿剤はナトリウムイオンの再吸収を阻害する作用によって水分の再吸収を防ぎ、尿量を増やしてくれます。

こうした利尿作用をもつ利尿剤には、代表的な薬が次のようになります。

  • ループ利尿剤
  • チアジド系利尿剤
  • K保持性利尿剤

これらの薬の違いは、尿が作られる腎臓にある尿細管に作用する場所が異なります。
また尿細管へ作用する場所が異なることで、利尿作用の強さも異なってきます。

ループ利尿剤 > チアジド系利尿剤 > K保持性利尿剤

尿細管にある「ヘレンループ」はナトリウムイオンがもっとも吸収される場所になります。
ループ利尿剤はヘレンループに作用し、ナトリウムイオンを阻害することから、もっとも強い利尿作用があります。
利尿剤は、むくみ(浮腫)高血圧症などの生活習慣病、心不全などさまざまな用途で使われるので、それぞれの作用と共にどんな病気に適しているか解説していきます。

ループ利尿剤の特徴

利尿剤で処方機会がもっとも多いのが、ループ利尿剤になります。
尿細管のヘレンループに作用することからループ利尿剤と呼ばれ、利尿剤の中でもっとも強い利尿作用を期待できます。

尿量が増えることで血液中の余分な水分が減らしてくれるので、次のような病気や症状に効果を発揮します。

  • むくみ(浮腫)
  • 心臓病
  • 肝臓や腎臓の病気

ただし、副作用の中に低カリウム血症や高血糖、高尿酸血症などを起こすことがあります。
痛風の方や糖尿病の方が服用すると症状を悪化させる恐れがあるので、慎重な服用が必要となります。

ループ利尿剤を代表する薬がラシックスになります。
病院などで処方してもらうこともできますが、海外通販(個人輸入代行)を利用することでラシックスのジェネリック医薬品を購入することもできます。
ラシックスのジェネリック医薬品フロセミドになり、先発薬と成分が同じになるので強力な利尿作用によってさまざまな症状を改善してくれます。

ジェネリック医薬品の概要についてはこちらをご覧下さい。

チアジド系利尿剤の特徴

チアジド系利尿剤は、国内での処方機会が少ないとされる系統の利尿剤です。
しかし少量の服用であれば、副作用が少なく併用薬としても優れるというメリットがあります。
尿細管を腎臓側から細かく分けると以下のようになります。

近位尿細管 → ヘレンループ → 遠位尿細管 → 集合管

この中でチアジド系利尿剤は、「遠位尿細管」に作用します。
遠位尿細管には、ナトリウムイオンの吸収に関わる輸送体が存在しています。
チアジド系利尿剤がこの輸送体のはたらきを阻害することで、水分の再吸収を阻害してくれます。

チアジド系利尿剤の利尿作用によって、次のような病気に効果を発揮します。

  • 高血圧症
  • 心不全

チアジド系利尿剤には、次のような薬があります。

  • フルイトラン
  • ヒドロクロロチアジド

ヒドロクロロチアジドにはジェネリック医薬品があり、ハイドラザイドという製品があります。
海外通販で購入することができますが、ループ利尿剤と同様に糖尿病や痛風を悪化させる恐れがあるので、持病を抱える方は慎重に服用を行うようにして下さい。

K保持性利尿剤の特徴

K保持性利尿剤は、利尿作用がそれほど強くはないですが、他の利尿剤との相性が良いことから併用して用いることが多い薬です。

K保持性利尿剤の"K"はカリウムのことになります。
カリウムの排泄を抑えることができるので、他の利尿剤の副作用にある低カリウム血症を予防する目的で併用し、利尿作用の強める効果も期待できます。
また降圧作用は弱いことから高血圧症に単独で使用することもありません。

しかし糖や尿酸の代謝に影響せずに尿量を増やすことができるので、糖尿病や痛風の方でも安心して服用することができます。
K保持性利尿剤は、遠位尿細管に直接作用します。
直接作用することで、遠位尿細管から集合管でのナトリウムイオンとカリウムの交換を抑制することができます。
この作用によってカリウムを保持したまま、ナトリウムイオンを排泄することができます。

K保持性利尿剤には、次のような薬があります。

  • トリテレン
  • アルダクトンA

アルダクトンAは「抗アルドステロン薬」とも呼ばれます。
アルドステロンというホルモンのはたらきを阻害する作用があるので、副作用として月経不順や女性化乳房などの副作用を起こすことがあるので注意して下さい。

最近閲覧した商品