商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

抗ヒスタミン剤・花粉症治療薬

抗ヒスタミン剤・花粉症治療薬は花粉症やアレルギーなどに有効な治療薬です。鼻以外にも目のかゆみなどにも効果があります。症状がある方は、お薬を常備してすぐに治療できるようにしましょう。

抗ヒスタミン剤・花粉症治療薬の一覧


アレグラ
アレグラは花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー性皮膚炎など様々なアレルギー症状を緩和する抗アレルギー薬です。眠くなりにくい、即効性が高い、持続性がある、小児でも服用可能、副作用が少ないなどの特徴があります。
1錠54円~
在庫あり
詳細を見る
ヒトリジン(ジルテック)
ヒトリジンはアレルギー性鼻炎薬(抗ヒスタミン薬)のジルテックのジェネリック医薬品です。 花粉症やアレルギー性鼻炎などのつらい症状を緩和し、持続性、即効性に優れています。
1錠57円~
在庫あり
詳細を見る
アレリド(ジルテック)
アレリドはジルテックのジェネリック。花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎に伴うくしゃみ・鼻水・かゆみといった症状を抑え、眠気が生じにくく即効性と持続性にも優れた第2世代の抗ヒスタミン薬です。
1錠50円~
売切れ
詳細を見る
エリアス(デザレックス)
エリアスは日本において、デザレックスという名称で知られている抗ヒスタミン剤です。花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状を緩和します。眠気などの副作用が少なく、空腹時にも使用できます。
1錠90円~
在庫あり
詳細を見る
エリアスシロップ(デザレックス)
エリアスシロップは新しい抗ヒスタミン薬として注目されているデザレックスのシロップ剤です。よく知られているクラリチンを改良した薬で、食事の影響を受けません。シロップなので小児用としてもおすすめです。
1本1,782円~
在庫あり
詳細を見る
シングレア
シングレアは喘息発作の予防、アレルギー性鼻炎の症状の緩和に用いる治療薬。服用を開始して1週間ほどで効き目が現れます。なお予防薬ですので喘息発作が起きた場合は適した治療薬を別途服用する必要があります。
1錠113円~
在庫あり
詳細を見る
モンテア(シングレア)
モンテアはシングレアのジェネリック。シングレア1錠あたりの約1/2の価格で購入できます。喘息の予防効果とアレルギー性鼻炎のくしゃみ・鼻水・鼻詰まりなどの症状を緩和してくれるアレルギー治療薬です。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
テルファスト(アレグラ)
テルファストは抗アレルギー性鼻炎薬(抗ヒスタミン薬)で花粉症などの辛い症状で悩んでいる方向けとなっています。 日本でも有名なアレグラのジェネリック医薬品で安全性も問題なく使用することができます。
1錠108円~
在庫あり
詳細を見る
トランサミン(タブレット)
トランサミンのタブレットタイプの商品で、シミやそばかすを消す効果があります。止血作用・抗アレルギー作用・抗炎症作用など幅広い効果を持つ上に美白効果もあり、さらに副作用が少ない優れた医薬品です。
1錠36円~
在庫あり
詳細を見る
クレブロス(ザイザル)
クレブロスはザイザルのジェネリック。花粉症などのアレルギー症状に効く薬でツラいくしゃみ・鼻水・鼻詰まりから解放してくれます。ジルテックの改良薬のため副作用が少なく、持続性に優れ小児でも使用が可能です。
1錠76円~
在庫あり
詳細を見る
アタラックス
アタラックスはアレルギー症状を抑え、鎮静と催眠作用を持つ抗ヒスタミン薬です。もともとは睡眠薬ですがアレルギー治療薬や精神薬として用いられることもあり、あらゆる病気に効果のある治療薬です。
1錠58円~
在庫あり
詳細を見る
ソミナー
ソミナーは脳の働きを抑えることで素早く眠りに導く睡眠薬です。不眠症の改善薬として用いられることが多いですが、風邪やアレルギー症状の改善や妊娠中のつわりを緩和するために用いられることもあります。
1錠36円~
在庫あり
詳細を見る
ザイザル
ザイザルはアレルギー症状を抑え、アレルギー性鼻炎や花粉症を改善する治療薬です。従来の抗アレルギー薬に比べ、眠気の副作用が軽減されており、効き目が1回の服用で最大で32時間持続することが特徴です。
1錠48円~
売切れ
詳細を見る
デズロリド(デザレックス)
デズロリドはデザレックスのジェネリック。デザレックス1錠あたりの価格に対し安価に購入できます。アレルギー性鼻炎などのアレルギー症状を緩和してくれる治療薬で、従来の薬に比べ副作用が抑えられています。
1錠45円~
売切れ
詳細を見る
インシッドL(ジルテック)
インシッドLはジルテックのジェネリック。アレルギーを抑制する抗ヒスタミン薬です。アレルギー性鼻炎などの症状を緩和し、従来の抗ヒスタミン薬にあった眠気の副作用が軽減され、即効性と持続性に優れた薬です。
1錠33円~
在庫あり
詳細を見る
ロリータ(クラリチン)
ロリータは日本でも人気の高い抗ヒスタミン剤、クラリチンのジェネリックです。先発薬と同じ効き目を持ち、安い価格で購入できるというメリットを持っています。くしゃみや鼻水を抑え、眠くなりにくいのも特徴です。
1錠27円~
在庫あり
詳細を見る
エバシル(エバステル)
エバシルは、抗ヒスタミン剤であるエバステルのジェネリックです。花粉症などで起きるアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、かゆみを抑えてくれます。それぞれの症状における改善率も高いので実用性に優れています。
1錠28円~
在庫あり
詳細を見る
フルナーゼ点鼻液
フルナーゼ点鼻薬は、花粉症などで起きるアレルギー性鼻炎などの治療薬です。鼻に噴霧するステロイド薬で、強力な抗炎症作用を持っています。免疫の働きを抑え、過剰な反応を鎮めて炎症を和らげていきます。
1本2,027円~
在庫あり
詳細を見る
ウィノラップ(アレロック)
ウィノラップは、抗ヒスタミン剤の中でも強い効果を持つアレロックのジェネリックです。素早く、長く効くことが特徴でそれぞれの症状に対しての改善率は、いずれも70%以上と高い数値を誇っています。
1錠41円~
在庫あり
詳細を見る
アサフェン(ザジテン)
アサフェンは、抗ヒスタミン剤のザジテンと同じ成分が使われているジェネリックです。持続性があり、鼻水とくしゃみを抑える効果に優れています。しかし比較的眠くなりやすいという特性も持っています。
1錠16円~
在庫あり
詳細を見る
パナフコルテロン(プレドニン)
パナフコルテロン(プレドニン)は国内で使用実績が多いステロイド薬です。アレルギー症状や血液疾患、川崎病、リウマチ性疾患など様々な病気に効果がありますが副作用も多く、慎重な判断が必要になる薬です。
1錠11円~
在庫あり
詳細を見る
ベクロミン(セレスタミン)
ベクロミンはセレスタミンのジェネリック。抗ヒスタミン薬とステロイド薬を配合したアレルギー治療薬です。二つの成分がアレルギー症状と炎症を抑えてくれます。効き目は強いですが眠気などの副作用には注意です。
1錠12円~
在庫あり
詳細を見る
ナシビン点鼻薬(ナシビオン)
ナシビン点鼻薬は、血管を収縮させることで鼻づまりを解消する薬です。即効性・持続性に優れており、使用してから数分以内に効果を実感できます。ただし長期間使うと、効きにくくなるデメリットもあります。
1本863円~
在庫あり
詳細を見る
リレスタット点眼液(アレジオン)
リレスタット点眼液は、目の充血やかゆみを鎮める効果を持つ抗アレルギー点眼剤です。アレジオン点眼薬と同じ主成分で、即効性があります。また、コンタクトを付けたままでも使うことができるのも特徴です。
1本1,620円~
在庫あり
詳細を見る
オトリビン点鼻薬
オトリビン点鼻薬は、素早く効き、持続性もあるアレルギー性鼻炎を改善する点鼻薬です。鼻づまりは血管が拡張している状態なので、これを収縮させ楽にすることができます。
1本973円~
在庫あり
詳細を見る
IF2点眼液(パタノール)
IF2点眼液は、パタノールと同成分の目薬です。アレロック(抗ヒスタミン剤)とも呼ばれており、目のかゆみや充血を改善していきます。「眠くなる」といった副作用は無いため、安心して使うことができます。
1本1,620円~
在庫あり
詳細を見る
ベコナーゼ点鼻薬(アルロイヤー)
ベコナーゼ点鼻薬は、アルロイヤー点鼻液と同成分が使われている薬です。花粉症などで起きる鼻炎が起きた際に使用します。ステロイド薬ですが、鼻のみに作用するので副作用はかなり軽減されています。
1本1,890円~
在庫あり
詳細を見る
メドロール
メドロールは高血圧や心不全のリスクのある方でも服用しやすいステロイド薬。アレルギー性疾患、リウマチ疾患、血液疾患など様々な病気に適応があり、副作用が比較的起こりにくく、服用量を調整しやすい薬です。
1錠122円~
在庫あり
詳細を見る
アフリン鼻炎スプレー(ナシビン)
アフリン鼻炎スプレーはナシビンのジェネリックで鼻詰まりを解消するアレルギー治療薬。使用後数分で効果が現れ、6~8時間持続します。また、使い続けると効果が低下するおそれがあるので長期服用には向きません。
1本1,780円~
在庫あり
詳細を見る
セトシップ(ジルテック)
セトシップはジルテックのジェネリック。即効性と持続性に優れた抗アレルギー薬です。アレルギー性鼻炎・皮膚炎、花粉症などアレルギー性の症状に素早く長く効き、抗アレルギー薬によくある眠気が生じにくい薬です。
1錠41円~
在庫あり
詳細を見る
セトジン(ジルテック)
セトジンはジルテックのジェネリック。アレルギー性鼻炎や花粉症に効く抗アレルギー薬です。眠気などの副作用が軽減されており、かゆみといったアレルギー性の皮膚症状を抑えてくれ、持続性と即効性にも優れます。
1錠40円~
在庫あり
詳細を見る
フェキソフェナジン(アレグラ)
フェキソフェナジンはアレグラジェネリック。アレグラ1錠あたりに対し安価に購入できます。アレルギー症状を抑える抗ヒスタミン薬で、同系統の薬に比べ副作用が少なく即効性と持続性にも優れ小児でも服用できます。
1錠63円~
在庫あり
詳細を見る
クラリチン
クラリチンはアレルギー症状を和らげる抗ヒスタミン薬です。第二世代の抗ヒスタミン薬は第一世代に比べ、眠気の副作用が軽減されていますが、クラリチンはその第二世代の中でも特に眠気の生じにくい薬になります。
1錠81円~
在庫あり
詳細を見る

抗ヒスタミン剤・花粉症治療薬とは

抗ヒスタミン剤・花粉症治療薬とは、アレルギー性鼻炎花粉症に共通している鼻の症状、花粉症だけに見られる目のかゆみなどを抑えるアレルギー治療薬のことです。
アレルギー症状は、からだの免疫機能が働きすぎてハウスダストや花粉などの無害なモノ(アレルゲン)にまで攻撃を加えてしまうために起こります。
アレルギー性鼻炎や花粉症の場合は鼻水や涙でからだに侵入したアレルゲンを洗い流し、さらに鼻をつまらせて体内から追い出そうとしているのです。

しかしこうした症状が頻繁に現れると日常生活のあらゆる場面で支障を来たし、仕事や家事が手につかなくなることもあります。
また鼻づまりが原因となり、アレルギー性鼻炎や花粉症の患者さんの多くは睡眠障害を併発しているというデータもあります。

そのためアレルギー性鼻炎・花粉症治療薬で症状を抑えることは、生活の質(QOL)の向上にも繋がります。

抗ヒスタミン剤・花粉症治療薬の種類

アレルギー性鼻炎や花粉症に悩む方は年々増加しており、いまや「国民病」と呼ばれることもあります。
これらの病名は、実は同じ病気のことを表しているのです。

1年中症状が現れるアレルギー性鼻炎 ・・・ 通年性アレルギー性鼻炎
特定の季節だけ症状が現れるアレルギー性鼻炎 ・・・ 季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)

そのため、2つの病気には同じような薬が使用されます。
現在では様々な薬がアレルギー性鼻炎・花粉症治療薬として用いられていますが、代表的なのは次のような薬です。

  • 抗ヒスタミン薬
  • ケミカルメディエーター遊離抑制薬
  • 抗ロイコトリエン薬
  • 鼻噴霧用ステロイド薬
  • 点鼻用血管収縮薬

これらの薬は、"どの症状が強く現れているか"によって使い分けられます。

くしゃみ・鼻水 ・・・ 抗ヒスタミン薬やケミカルメディエーター遊離抑制薬、鼻噴霧用ステロイド薬など
鼻づまり ・・・ 抗ロイコトリエン薬や点鼻用血管収縮薬、鼻噴霧用ステロイド薬など
目のかゆみ ・・・ 点眼用の抗ヒスタミン薬など

以下では、5種類の薬の特徴をご紹介します。

抗ヒスタミン薬の特徴

抗ヒスタミン薬とは、抗アレルギー薬の1つとなりヒスタミンという物質の働きを抑える効果があります。
ヒスタミンはくしゃみや鼻水、またかゆみや腫れを引き起こすこともある物質です。
そのため抗ヒスタミン薬はアレルギー性鼻炎や花粉症の他に、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹(じんましん)などの治療に用いられることもあります。

抗ヒスタミン薬は、開発された時期により2種類に分かれます。

■第1世代抗ヒスタミン薬
アタラックス、ホモクロミン、タベジールなど

■第2世代抗ヒスタミン薬
アレグラザイザル、アレジオン、デザレックスなど

まず第1世代抗ヒスタミン薬は初期に開発された薬であり強い効果を持つ反面、眠気などの副作用が起こりやすいことが問題視されていました。
このことを受けて新しく作られたのが第2世代の抗ヒスタミン薬で、こちらはアレルギー症状を抑える効果はそのままに眠くなりにくい薬となっています。
そのため、現在では第2世代抗ヒスタミン薬の使用が主流となっています。

第2世代抗ヒスタミン薬は、例えばアレグラに「テルファスト」、デザレックスに「エリアス」などのジェネリック医薬品が多数登場しています。
またアレジオンのジェネリック医薬品には目の症状に効く「リレスタット点眼液」もあります。

これらのジェネリック医薬品は通販でも購入できるので、症状がつらい時はぜひお試し下さい。

ケミカルメディエーター遊離抑制薬の特徴

アレルギー症状は、花粉などを吸い込んだ時に体内でヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質が放出されることで起こります。
これらの化学物質のことを、「ケミカルメディエーター」と呼びます。

ケミカルメディエーター遊離抑制薬とは化学物質の放出を抑えてアレルギー症状を改善する薬です。
副作用は起こりにくく安全性に優れますが、効果は比較的マイルドだとされています。
また効果が実感できるまで1~2週間程度かかるため、症状が軽い方が服用するのに適した薬です。
ケミカルメディエーター遊離抑制薬には、「アレギサール/ベミラストン」や「インタール」などの薬があります。

抗ロイコトリエン薬の特徴

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギー症状の原因となるロイコトリエンという物質の働きを抑える薬です。
抗ヒスタミン薬と似たような効果になりますが、ロイコトリエンは鼻の粘膜に腫れや炎症を引き起こす物質です。
そのため、鼻づまりの症状に高い改善効果を発揮してくれます。

抗ロイコトリエン薬としては「シングレア/キプレス」や「オノン」などの薬があります。
これらの薬はアレルギー性鼻炎や花粉症だけでなく、喘息の治療薬としても利用されます。

鼻噴霧用ステロイド薬の特徴

ステロイド薬は様々な病気の治療薬として用いられています。
"副作用が強い"というイメージもあるため使うのが心配な方も多いかもしれません。
しかしアレルギー性鼻炎や花粉症に用いられるのは、鼻に噴霧するタイプのステロイド薬です。
飲み薬と違って薬の成分が全身に行き渡ることもなく、鼻だけに働きかけるので副作用は大幅に軽減されています。

ただしアレルギー性鼻炎や花粉症の治療は、抗ヒスタミン薬やケミカルメディエーター遊離抑制薬などの服用から始めるのが基本です。
それらの薬だけで症状を抑えられなかった場合は、必要に応じて鼻噴霧用ステロイド薬の使用が検討されます。

鼻噴霧用ステロイド薬には「フルナーゼ」や「ナゾネックス」、「エリザス」などの薬があります。

点鼻用血管収縮薬の特徴

アレルギー性鼻炎や花粉症に見られる症状の1つ、鼻づまりはロイコトリエンという物質により引き起こされます。
ロイコトリエンは鼻の粘膜にある血管を拡張させ、炎症を起こしてしまうのです。
そこで点鼻用血管収縮薬は、反対に血管を収縮させることで鼻づまりを解消してくれる薬となります。

即効性もあり頼れる薬ですが、使いすぎると薬剤性鼻炎を引き起こす恐れもあります。
薬剤性鼻炎が現れると点鼻用血管収縮薬は効きずらくなり、さらに鼻の粘膜が厚くなって鼻づまりを悪化させてしまいます。
そのため長期間使い続けることは厳禁で、1~2週間程度の使用に留める必要があります。

点鼻用血管収縮薬には「ナシビン」や「プリビナ」などがあります。
また、これらの中ではナシビンに「ナシビオン点鼻薬」や「アフリン鼻炎スプレー」などのジェネリック医薬品も登場しています。

最近閲覧した商品