商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

喘息治療薬

喘息治療薬は、主に吸入器が利用されます。炎症を抑えるものと気道を拡げるものがありますので、ご自分に合ったお薬を利用する事が大切です。通販では安いジェネリックを購入できます。

喘息治療薬の一覧


セロフロ(アドエア)
セロフロ(アドエア)はアドエアのジェネリック医薬品で、喘息治療配合剤、COPD治療配合剤です。 吸入剤とロタヘラーを組み合わせて利用するもので、吸入することで喘息の症状を軽減させてくれます。
1箱1,350円~
在庫あり
詳細を見る
セロフロインヘラー(アドエア)
セロフロインヘラーはアドエアのジェネリック医薬品です。 吸入タイプで、喘息やアレルギー性鼻炎による発作などを予防します。 吸入器と薬剤がセットとなっているため大変便利でお求め安くなっています。
1箱2,160円~
在庫あり
詳細を見る
アスタリン(サルタノール)
アスタリンはサルタノールのジェネリック。気管支を拡げることで喘息に伴う息苦しさを緩和してくれます。即効性があり、喘息発作や呼吸困難時に用い、長期服用は向きません。また、副作用が少ないことも特徴です。
1錠24円~
在庫あり
詳細を見る
シングレア
シングレアは喘息発作の予防、アレルギー性鼻炎の症状の緩和に用いる治療薬。服用を開始して1週間ほどで効き目が現れます。なお予防薬ですので喘息発作が起きた場合は適した治療薬を別途服用する必要があります。
1錠113円~
在庫あり
詳細を見る
モンテア(シングレア)
モンテアはシングレアのジェネリック。シングレア1錠あたりの約1/2の価格で購入できます。喘息の予防効果とアレルギー性鼻炎のくしゃみ・鼻水・鼻詰まりなどの症状を緩和してくれるアレルギー治療薬です。
1錠45円~
在庫あり
詳細を見る
アスタリンインヘラー(サルタノール)
アスタリンインヘラーはサルタノールジェネリック。喘息の発作時に使用することで息苦しさを改善する吸入薬です。服用してから15分ほどで効果が現れ、4~6時間ほど効果が持続します。また、副作用も少ないです。
1箱1,217円~
在庫あり
詳細を見る
ベントリン喘息薬(サルタノール)
ベントリン喘息薬は喘息発作時に用いる喘息制御薬です。スプレー式の吸入薬で服用して15分ほどで効果を発揮し、4~6時間ほど効果が持続します。また、気管支だけに作用する特徴から副作用が少なくなっています。
1箱1,710円~
在庫あり
詳細を見る
アサフェン(ザジテン)
アサフェンは、抗ヒスタミン剤のザジテンと同じ成分が使われているジェネリックです。持続性があり、鼻水とくしゃみを抑える効果に優れています。しかし比較的眠くなりやすいという特性も持っています。
1錠16円~
在庫あり
詳細を見る
リノクレニル(キュバール)
リノクレニルは喘息の発作を予防する薬です。キュバールのジェネリックになります。毎日吸入することで、発作を起きにくくします。副作用は起きにくいとされていますが、使った後はうがいを行うようにしてください。
1本1,575円~
在庫あり
詳細を見る
パナフコルテロン(プレドニン)
パナフコルテロン(プレドニン)は国内で使用実績が多いステロイド薬です。アレルギー症状や血液疾患、川崎病、リウマチ性疾患など様々な病気に効果がありますが副作用も多く、慎重な判断が必要になる薬です。
1錠11円~
在庫あり
詳細を見る
リノコート吸入液(パルミコート)
リノコート吸入液は喘息の息苦しさを改善する吸入薬です。毎日の使用で気管支の炎症を抑え、喘息に伴う症状を緩和します。また、ステロイド薬ですが副作用が少なく安全性に優れています。
1本2,430円~
在庫あり
詳細を見る
メプチン錠
メプチンは喘息の発作を予防する喘息治療薬。通常、吸入ステロイド薬が使用できない、またはそれだけでは効果が足りない場合などに用いる薬で、認知症の高齢者や小児など吸入薬の使用が困難な方にも用います。
1錠33円~
在庫あり
詳細を見る
マーヒノール(ムコダイン)
マーヒノールは、風邪や気管支炎などで発生する痰を除去する薬です。ムコダインのジェネリックになります。粘りの元となる成分を減らしてサラサラにすることで排泄を促し、楽な状態にしてくれます。
1錠19円~
在庫あり
詳細を見る
ベロデュアルインヘラー
ベロデュアルインヘラーは喘息発作を緩和させる喘息治療薬です。2つの成分が配合されており、気管支の収縮を防ぎ、加えて拡げることによって喘息発作を改善していきます。
1本2,430円~
在庫あり
詳細を見る
コルドリン
コルドリンは咳止め薬です。1981年から使われており、多くの実績があります。気管支を拡げることで咳を抑えてくれるのです。ただし咳がひどく、気管支を痛めるなどをした場合にのみ使用してください。
1錠90円~
売切れ
詳細を見る
スピリーバ
スピリーバは、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療薬です。有効成分が気管支の収縮を防ぎ、息苦しさを緩和していきます。2014年には喘息の治療にも効果があることが認められました。
1set15,300円~
在庫あり
詳細を見る
メドロール
メドロールは高血圧や心不全のリスクのある方でも服用しやすいステロイド薬。アレルギー性疾患、リウマチ疾患、血液疾患など様々な病気に適応があり、副作用が比較的起こりにくく、服用量を調整しやすい薬です。
1錠122円~
在庫あり
詳細を見る
スピロテロール(スピロペント)
スピロテロールはスピロペントのジェネリック。スピロペントより安価に購入できます。喘息や肺気腫、腹圧性尿失禁を改善する治療薬で、1回の服用で35時間にわたって効果を発揮し、喘息発作や尿失禁を予防します。
1錠40円~
在庫あり
詳細を見る
モンテアチュアブル(シングレア)
モンテアチュアブルはシングレアのジェネリック。シングレア1錠あたりの約1/2の価格で購入できます。チュアブル錠なのでかみ砕いて服用することができ、小児の使用に適した喘息発作予防薬です。
1錠48円~
在庫あり
詳細を見る

喘息治療薬とは

喘息治療薬とは、息苦しさや咳き込み、あるいは「ゼーゼー」と呼吸の時に音がなる喘鳴(ぜんめい)など、喘息の症状を治療することができる薬になります。
喘息の患者さんの気道は、炎症に加え、気道が狭くなり空気の通りが悪くなってしまっています。
つまり、気道の炎症と狭窄を改善することで喘息の症状を良くすることができます。

喘息治療薬としてよく使われるのが、「吸入器」です。
吸入器には喘息発作の予防と、発作を和らげる2つの治療薬があります。
特に発作を予防する薬は長期的な使用が必要になることから、管理をしっかり行わなければなりません。

また、喘息の発作が起こってしまうと、呼吸困難に陥り、最悪のケースでは意識障害を起こすことや死に至ることもあります。
なので、発作を和らげる吸入器を使うことが必要になります。

喘息治療薬の種類

喘息治療薬の種類は、大きく2つに分けることができます。

炎症を抑える喘息治療薬には以下の薬があります。

  • ステロイド薬
  • 抗アレルギー薬(抗ロイコトリエン薬など)

気道を拡げる喘息治療薬は次のような薬になります。

  • β2刺激薬
  • テオフィリン製剤
  • 抗コリン薬

続いて、これらの喘息治療薬の特徴を1つ1つご紹介していきます。

ステロイド薬の特徴

喘息の治療を考える中で、特に重要となるのがステロイド薬です。
経口ステロイド(飲み薬)では副作用が大きいものの、喘息治療では吸入薬を通して使用することがほとんどです。
吸入薬の使用によって、気管支や肺にのみステロイドを作用させ気管支の炎症を抑えることができます。

また、飲み薬に比べても1/100~1/1,000ほどの量で吸入薬なら効果を得ることができます。
なので副作用も少なく抑えることができ、安全に喘息治療を行うことが可能となります。

ステロイド吸入薬には、フルタイドやキュバールのような薬があります。
ステロイドの副作用の1つに感染症があげられます。
より副作用を軽減させるためには、使用後にうがいをすることをお勧めします。

抗アレルギー薬の特徴

アレルギーを起こす物質でもある「ロイコトリエン」は、気道の収縮や炎症にも関わっている物質になります。
そのため、ロイコトリエンのはたらきを抑えることで、気管支の炎症を抑えることができます。

抗アレルギー薬には、シングレアや、キプレス、インタールなどの薬があります。
抗アレルギー薬は長期的に使用する場合にのみ用いられます。

β2刺激薬の特徴

運動などをすると、興奮する神経に交感神経があります。
交感神経には2種類の受容体が存在します。

  • α受容体
  • β受容体

中でも気管支の拡張に関わっているのが「β2受容体」になります。
β2刺激薬によってβ2受容体を刺激することによって気管支を拡張することができ、空気の通り道を拡げることができます。

また、β2刺激薬は発作を予防する薬発作を治療する薬の2種類にわけることができます。

■LABA(長時間作用性吸入β2刺激薬)
長時間作用が持続し、喘息の発作を予防する薬です。
セレベントやシムビコート、ホクナリンテープが代表的なLABAです。

■SABA(短時間作用性吸入刺激薬)
短い時間で素早く効き目を発揮し、喘息の発作を和らげる薬です。
サルタノールやベントリン、メプチンが代表的なSABAになります。

このようにβ2遮断薬は、症状によって使い分けられます。

テオフィリン製剤の特徴

テオフィリン製剤は、かつて喘息治療の中心となっていた薬でした。
中心となっていた理由には、気管支拡張作用と抗炎症作用のどちらの作用も併せ持っていたためです。
ですが、気管支が狭くなっていたり、薬の代謝の個人差が大きいなど、デメリットもありました。
なので現在は徐放性テオフィリン製剤として、ゆっくりと成分が溶け出すことで喘息発作を予防する薬として用いられています。

テオフィリン製剤には、テオドールやテオロングなどの薬があります。

抗コリン薬の特徴

交感神経は気管支の拡張に関わっていますが、反対に気管支の収縮に関わっているのが副交感神経になります。
副交感神経が興奮してしまうと、気道が狭くなってしまいます。
この興奮に関わる物質が「アセチルコリン」と呼ばれる物質です。

抗コリン薬は、アセチルコリンのはたらきを阻害する作用があります。
すると副交感神経の興奮を鎮め、気管支を拡張させる効果が得られます。

抗コリン薬には、スピリーバやシーブリなどの薬があります。

ステロイド薬+β2刺激薬

喘息治療で発作の予防はとても重要なことになります。
発作を予防することができるのが、ステロイド薬やβ2刺激薬になります。

この2種類の薬を配合した吸入薬も存在し、ステロイド薬の抗炎症作用とβ2刺激薬の気管支拡張作用を同時に得ることができます。
2つの薬が配合されたものが、アドエアやシムビコートのような薬になります。

またアドエアにはジェネリック医薬品も存在し、セロフロがアドエアジェネリックになります。

ジェネリック医薬品の概要についてはこちらをご覧下さい。

最近閲覧した商品