ザレプロンとは

ザレプロン(Zaleplon)とは

なかなか寝付けない「入眠障害」、夜中に何回も目を覚ましてしまう「中途覚醒」といった症状が見られる不眠症は、現代病のひとつに数えられています。「生活リズムを一定にする」「起床後に太陽の光を浴びる」「就寝前に強い光を浴びない」といったことを心がけることで改善できるとされていますが、生活習慣の改善は、効果を実感するまでに時間がかかります。

そのような際に、規則正しい生活習慣が定着するまでの繋ぎとして効果を発揮するのが睡眠薬です。
有効成分のはたらきによってスムーズな入眠を促し、不眠症を改善します。

ザレプロンは、睡眠薬の有効成分のひとつです。「非ベンゾジアゼピン系」という系統に属し、悩ましい不眠症を解消することが可能です。詳しい効果や気をつけるべき副作用、またザレプロンを含有する睡眠薬について紹介していきます。

ザレプロンの効果

睡眠とは、脳が覚醒状態から休眠状態に入ることで起こる現象です。具体的には、脳の興奮を抑制する作用を持つ神経伝達物質が働いて休眠状態へとスムーズに移行させることで、ぐっすり眠ることができるわけです。

しかし、疲労やストレスが溜まると、上記のような神経伝達物質のサイクルに齟齬が生じるようになります。分泌量のバランスが崩れ、興奮・緊張状態が緩和されず、眠りに入ることができなかったり、眠っている途中に起きてしまったりする不眠症になってしまうことがあります。

ザレプロンは、そのようなメカニズムで起こる不眠症を解消する効果がある有効成分です。脳を休眠状態へと導くGABA(γアミノ酪酸)と呼ばれる神経伝達物質をしっかり作用させ、覚醒状態から睡眠状態への移行がスムーズにいくようにします。

ザレプロンは、ほかの睡眠薬と比べて即効性に優れた“超短時間型”の睡眠薬であることも特徴のひとつとして挙げられます。効果が得られやすく、短時間の睡眠に適しているため、なかなか寝付けない入眠障害に悩まされている方におすすめです。

そのほか、マイルドに効果が現れるので依存症をはじめとする副作用が少なく、ほかの睡眠薬を使用した際に強い副作用が現れた方にも適しています。

Wikipedia - Zaleplon

非ベンゾジアゼピン系について

睡眠薬は、大まかに「ベンゾジアゼピン系」「非ベンゾジアゼピン系」の2種類に分けることができます。 ザレプロンは「非ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬であり、そのほかにも「アモバン」「ルネスタ」といった国内でも有名な睡眠薬が同タイプとして挙げられます。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の大きな特徴は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬に比べて副作用が少ない点です。ベンゾジアゼピン系睡眠薬は優れた睡眠作用を発揮する一方で、副作用が現れやすいというデメリットがあります。

特に筋肉の弛緩作用によるふらつき、注意力の低下といった副作用が多く報告されています。また、長期間の使用によって身体が睡眠薬に慣れることで、減薬時に依存症を引き起こしやすい点も問題視されていました。

一方、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、このような副作用のリスクを大幅に削減して開発されています。
より安心安全な不眠症の治療薬として使用することができるのです。

ザレプロンの副作用

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類されるザレプロンは副作用のリスクが少なく、安心して使用できるのが強みです。とはいえ、「リスクが少ない=絶対に副作用が起こらない」というわけではありません。副作用は有効成分のはたらきによって生じるものなので、どのような医薬品を使用するにしても発現する可能性があります。

ザレプロンの場合、眠気やめまい、吐き気、筋弛緩作用、胃腸症状などが挙げられます。特に眠気は頻繁に起こります。そのため、使用後に車の運転など危険を伴う作業はなるべく控える、就寝前に使用する、といったことを心がける必要があります。

また、これらの症状はおおむね軽度であり、早い段階で自然に治まるのに比べて、心身に深刻な悪影響を及ぼす副作用を引き起こすケースがある点にも注意すべきといえるでしょう。

特に、ほかの抗うつ剤や睡眠薬と併用した際に重篤な副作用が現れやすく、就寝中に呼吸が止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群」や、手足に力が入らず、日常生活に支障をきたしてしまう「筋無力症」などが確認されています。

Wikipedia - Zaleplon

ザレプロンを含む医薬品

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬といえば、日本国内では「ルネスタ」や「アモバン」が有名です。一方、海外ではザレプロンを有効成分として含有する「ソナタ」も不眠症治療によく用いられています。ここでは、そんなソナタの基本情報についてまとめています。

ソナタ

ザレプロンを有効成分として含有するソナタは、気分を落ち着かせることによって入眠を促し、不眠症の改善をサポートする睡眠薬です。個人差はありますが、服用してから効果を発揮するまでの時間が15分前後と短く、またその効果が4時間ほど持続するという特徴があります。

また、副作用のリスクが低い点も強みのひとつ。ベンゾジアゼピン系睡眠薬を使用した際に多く報告されていた筋弛緩作用や依存性が少ないので、ベンゾジアゼピン系睡眠薬が身体に合っていなかった方、睡眠薬を初めて使用する方も安心です。
服用するタイミングは就寝前がベスト。即効性に優れているため、服用から間もなくして眠気が現れます。

ザレプロンのジェネリック

前項で取り上げた「ソナタ」はザレプロンを有効成分とする新薬(先発薬)ですが、同じくザレプロンを含有する医薬品にはジェネリック医薬品(後発医薬品)「ハイプロン」もあります。ここでは、そんな「ハイプロン」について解説しています。

ハイプロン

ハイプロンは、コンサーンファーマ社が製造・販売する非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。有効成分ザレプロンが自律神経に作用することで、スムーズな入眠を促します。即効性に優れており、服用後10~15分ほどで効果が期待でき、さらにじわじわと緩やかに睡眠効果が及ぶという特徴があります。

そのため副作用が現れにくく、安全性を重視する方も安心して使用できます。また、このように睡眠薬として優れているにもかかわらず、新薬として開発された睡眠薬に比べて安く購入できるのも魅力的なポイントです。不眠症の治療にかかる経済的な負担を抑えたい方におすすめの睡眠薬といえます。

ハイプロンの詳細はこちら

ザレプロンの作用機序

ザレプロンは、脳のGABA-A受容体に作用し、神経伝達物質のひとつ「GABA」の分泌量を増加させることで精神状態を安定させるというはたらきがあります。GABAには、興奮や緊張に関与する神経伝達物質ドーパミンの過剰な分泌を抑制するはたらきがあり、これによって心を落ち着かせます。

GABA受容体にはサブユニットとして「a1」「a2」「a3」「a5」があり、それぞれが異なる特性を有しています。特に睡眠に影響を及ぼすのが「a2」「a3」であり、ザレプロンはこれらに対して選択的に効果を発揮します。

従来の「ベンゾジアゼピン系睡眠薬」はGABA受容体のサブユニットすべてに等しく作用することから、睡眠以外の影響を人体に及ぼすこともありました。その顕著な例として挙げられるのが、代表的な副作用として挙げられる筋弛緩です。

サブユニットの中には筋弛緩作用に影響を与えやすいものがあり、それについても薬効が及ぶことから副作用として現れやすくなります。

一方、「非ベンゾジアゼピン系睡眠薬」に分類されるザレプロンは、睡眠に関与するサブユニットのみに作用するため、人体に睡眠以外の影響を及ぼしにくいという特徴があります。そのため副作用が現れにくく、より安全に使用できます。

特にザレプロンは穏やかに効果を発揮するという特徴もあるため、ほかの非ベンゾジアゼピン系睡眠薬と比較しても安全性が高い医薬品です。

ザレプロンの併用注意薬

併用注意薬とは、併用する際に十分に注意したうえで慎重に扱わなければいけない医薬品をいいます。
ザレプロンの場合、筋肉の緊張による痛みを緩和する「筋弛緩剤」が挙げられます。ザレプロンにも筋弛緩作用が確認されていることから、併用すると作用が強まる恐れがあります。

また、麻酔薬との併用も要注意です。麻酔薬が効いている間に併用してしまうと呼吸を抑制する作用が現れやすくなり、睡眠時無呼吸症候群を引き起こすリスクが高まります。これらの医薬品を投与中の方は自己判断でザレプロンを使用せず、医師から適切な指示を仰いだうえでその通りに正しく使用しましょう。

Wikipedia - Zaleplon

取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ