商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

ウデナフィルとは

ウデナフィル(Udenafil)とは

ウデナフィルは男性特有の悩み、ED(勃起不全)を解消するED治療薬のひとつ「ザイデナ」有効成分です。
加齢や性行為への緊張などさまざまな原因で起こるED、まったく勃起できなかったり、性行為の途中で萎えてしまう「中折れ」が起こったりと、その症状はさまざまです。
しかし、用法用量を正しく守ってウデナフィルを摂取することにより、これに悩まされない健康的な勃起が可能となります。

ウデナフィルの特徴として、中国や韓国、インドネシア、タイ、そして日本といったアジア圏に住む男性向けに作られた成分であるという特徴があります。また同時に、使用効果が他のEDの治療薬にはない、非常に特徴的かつ優れたものになっているというのもポイントです。

ここでは、そんなウデナフィルの特徴について、また「ザイデナ」というED治療薬やそのジェネリック(後発医薬品)について紹介します。

EDにお悩みの方、アメリカやドイツといった欧米で発売された「バイアグラ」「レビトラ」といったED治療薬があまり合わないと感じている方は、ぜひチェックしてみてください。

ウデナフィルの効果

ウデナフィルは、ED(勃起不全)を改善させる効果がある薬効成分です。
具体的に説明すると、勃起不全を未然に防ぐ効果があるといえます。そもそも勃起は下半身、特に陰茎に血液が集まって海綿体という組織を膨張させることによって起こります。陰茎の血管が拡張してより多くの血液を受け入れる態勢を整え、勃起させます。

しかし、さまざまな原因で血管の拡張を邪魔する酵素(PDE5)が働き、勃起できなくなる場合があります。これが直接的な引き金となり、性的興奮はあるのに体が反応しなかったり、気持ちのうえでは興奮が持続しているのに中折れしてしまったりすることになるわけです。
ウデナフィルは、血管拡張を邪魔する酵素の働きを阻害し、スムーズな勃起をサポートします。

ところで、この効果自体はウデナフィル特有のものではありません。
たとえば“世界初のED治療薬”として華々しく歴史に登場した「バイアグラ」の有効成分シルデナフィル“即効性があるED治療薬”として知られる「レビトラ」の有効成分バルデナフィル。また“長時間効くED治療薬”である「シアリス」の有効成分タダラフィル
これらも、ウデナフィルとまったく同じメカニズムで勃起不全を解消します。

ウデナフィルの特徴は、上記のシルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルの“いいとこ取り”であることです。
たとえば、この薬効成分は服用後早ければ30分で効果が現れるとされています。バルデナフィルのような即効性があるわけです。また、効果が現れたあと長ければ12時間効果が持続するとされています。タダラフィルのような持続性があるわけです。

バイアグラやレビトラ、シアリスといった従来のED治療薬に馴染めないものを感じていた方も、オールマイティなウデナフィルなら満足できることでしょう。

Wikipedia - Udenafil

ウデナフィルは現在国内では未承認

すでに紹介した通り、ウデナフィルは日本を含むアジア圏を対象として発売されたED治療薬「ザイデナ」の有効成分です。
「ザイデナ」は開発国の韓国を中心に、中国を含む東アジアの国々で、また朝鮮半島から中国大陸を経てロシアまでその人気が広まり世界の多くの国で広く使用されています。

しかし、皮肉というべきか日本ではまだ厚生労働省による認可が下りていないため、たとえばED治療を専門とするクリニックなどで処方してもらうことができません。通販(個人輸入)で購入する必要があります。

ウデナフィルの副作用

ウデナフィルの副作用として挙げられるのは、頭痛や顔・体のほてり、目の充血、鼻詰まり、めまい、胸焼けといった症状です。これらの症状はウデナフィルの効果によって下半身のみならず全身の血管が少なからず拡張することによって起こります。

たとえば、こめかみや鼻の奥の毛細血管の拡張で周囲が圧迫されることにより、頭痛や鼻づまりが起こることになります。顔がほてったり目が充血したりするのも、それぞれ頬や眼球の血管が拡張するためです。
一方、めったに起こるものではありませんが、重度の副作用として「非動脈炎性前部虚血性神経症(NAION)」「持続勃起症(プリアピズム)」といったものが挙げられます。これらは、放置すると非常に危険な症状となります。

ウデナフィルを含有する「ザイデナ」やそのジェネリックを服用した際、これらの症状もしくは前兆となる症状が現れた際には、すみやかに医療機関を受診しましょう。また、頭痛や鼻づまりのような軽微な副作用であっても、長時間治まらない場合にも、念のために医師に相談してみることをおすすめします。

Wikipedia - Udenafil

ウデナフィルを含む医薬品

2005年、韓国の製薬会社がひとつの薬を開発、世に送り出しました。製品名は「ザイデナ」で、有効成分はウデナフィル。高い即効性と持続性を誇り、歴史上はじめてアジア人向けに開発されたED治療薬として話題を呼びました。ここでは、そんなザイデナを生み出したメーカーについて、また薬価などの情報についてまとめています。

ザイデナ

ザイデナは韓国のソウルに本社を置く製薬会社、東亞製薬が開発したED治療薬です。アメリカ生まれのバイアグラやシアリス、ドイツで開発されたレビトラといったED治療薬の優れた部分をすべて取り込んだ新世代のED治療薬として注目されています。
韓国だけでなく、中国やネパールなどのアジア圏の国々、そしてロシアなどでも承認され、正式に販売が行われています。この薬を販売している国は、実に30ヶ国にのぼります。

ただし、日本ではED治療薬として正式な承認を受けていないため医療機関での処方は行われておらず(2018年現在、前立腺肥大症の治療薬として承認される可能性があるとされています)、購入する際には通販を利用する必要があります。販売価格はウデナフィル100mgを配合する錠剤が4錠1セットで5,500円程度となっています。

ザイデナの詳細はこちら
※リンク先はジェネリック医薬品です。

ウデナフィルのジェネリック

すでに紹介しているように、ウデナフィルを有効成分とする「ザイデナ」は、それ以前に“定番のED治療薬”として流通していたバイアグラやレビトラ、シアリスに匹敵する、あるいはそれらを上回る優れた効果を発揮するED治療薬として世界的に注目されています。
「ザイデナ」を開発した東亞製薬以外の製薬メーカーも、ザイデナの後を追う形でウデナフィルを含有するED治療薬を製造しています。このような“後追いの薬”を後発医薬品、あるいはジェネリック医薬品と呼称します。ここでは、そんなザイデナのジェネリック医薬品を紹介します。

ザイスマ

ザイスマは、インドの製薬会社スマートメディサイエンスが製造・販売するザイデナジェネリックです。スマートメディサイエンスは日本人スタッフが監修に入り、特に日本人の体質に合った医薬品を開発している製薬会社であり、ザイスマもその例に漏れません。
実際、通販で購入できるザイスマのパッケージは日本語で表記されています。通販での販売価格はウデナフィル100mgを配合した錠剤が4錠1セットで2,500円程度。ザイデナの約半分の費用で入手することが可能です。

ズデナ

ズデナはインドの製薬会社サンライズレメディーズが製造・販売を行うザイデナジェネリックです。サンライズレメディーズは、WHO(世界保健機構)が定めている適性医薬品質ガイドライン「GMP」に基づいて製品を製造しています。製品の品質の高さ、安全性に定評があります。
そんなサンライズレメディーズによって製造されるズデナの販売価格は、ウデナフィル100mgを配合した錠剤が4錠1セットで2,700円というのが相場です。

ズデナの詳細はこちら

ウデナフィルの作用機序

ウデナフィルは「PDE5阻害薬」と呼ばれる種類の医薬品です。文字通り、“PDE5の働きを阻害する”というのが基本的な作用です。PDE5とは酵素の一種で、男性の体内では勃起を収束させる働きを担っています。
男性が性的な興奮を感じると、その脳は一酸化窒素を体内で生成します。この一酸化窒素をもとに、cGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が作られていきます。cGMPは、平滑筋と呼ばれる血管壁を構成する筋肉を弛緩させる働きがあります。
cGMPが生成されると、体内の血管が弛緩(拡張)し、血液量が増加します。陰茎の血管が拡張するとここに流れ込む血液の量も増加し、陰茎を構成する海綿体が膨張することによって勃起状態となります。

PDE5は本来、勃起が必要でなくなったときに働く酵素です。
cGMPを分解し、血管が弛緩した状態をもとに戻します。しかし、EDを発症するとcGMPの数が十分でないときにPDE5が働き、勃起がしづらくなる、または全くできない状況になってしまいます。

ここで活躍するのが「PDE5阻害薬」です。PDE5阻害薬は、cGMPを分解しようとするPDE5の働きを阻害し、正常に勃起ができるようサポートを行います。こうして男性はEDの悩みを解消することができるのです。

Wikipedia - Udenafil

ウデナフィルの併用禁忌薬

ウデナフィルには、いくつかの併用禁忌薬が定められています。医薬品同士が互いに作用し合って心身の健康を損なう危険性があるとされているため、併用厳禁とされている医薬品です。

たとえば心臓疾患の治療薬として使用されるニトログリセリン、亜硝酸アミルなどは、ウデナフィルと併用することで血圧が異常に下がってしまう危険性があるので併用できないことになっています。また、不整脈の治療薬であるアミオダロンはウデナフィルの代謝(分解)を妨げて効果を異常に増強させてしまう危険性があるので併用できません。
重度の肝障害を患っている方、心血管疾患を患っている方は、ウデナフィル単体であっても服用は禁忌(厳禁)とされているので要注意です。

Wikipedia - Udenafil

ウデナフィルの併用注意薬

併用厳禁とまではいかないものの、十分に注意する必要があるとされている「併用注意薬」と定められている医薬品もいくつかあります。

たとえば、血圧を下げる働きがあるα遮断薬との併用には注意する必要があります。α遮断薬は血管の収縮を抑える効果があり、ウデナフィルの血管拡張作用とミックスされると血圧が異常に低下してしまう可能性があるとされています。
同じく、血圧の低下を招く可能性があるために併用注意とされている医薬品には急性心不全治療薬が挙げられます。心臓の機能低下を治療する医薬品です。また、抗炎症薬のデキサメタゾンや抗HIV薬のエトラビリンといった「CYP3A4誘導剤」は、ウデナフィルの副作用を増強させてしまう可能性があるとされ、併用は要注意と定められています。

Wikipedia - Udenafil

最近閲覧した商品