商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

トフィソパムとは

トフィソパム(Tofisopam) とは

日常生活において、生活環境や人間関係が原因でストレスを感じることは珍しくありません。しかし、このストレスをうまく解消できずにいると自律神経のバランスが崩れてしまい、頭痛やめまい、強い不安感、意欲の低下といったさまざまな症状を引き起こします。

このような自律神経の乱れによる各症状に効果を発揮するのが、トフィソパムという有効成分です。
自律神経を正常な状態に整えることで、上記の症状を解消します。
グランダキシン」やそのジェネリック医薬品など、トフィソパムを有効成分として含有する自律神経調整剤は多く開発されています。

しかし、いずれも強力な効果を発揮する一方で、副作用を招く可能性があることに注意しなければいけません。特に、誤った方法で服用すると重篤な副作用が現れやすくなります。正しく安全に使用するために、トフィソパムの基本情報を押さえておきましょう。

トフィソパムの効果

日常生活において、生活環境や人間関係が原因でストレスを感じることは珍しくありません。しかし、このストレスをうまく解消できずにいると自律神経のバランスが崩れてしまい、頭痛やめまい、強い不安感、意欲の低下といったさまざまな症状を引き起こします。

このような自律神経の乱れによる各症状に効果を発揮するのが、トフィソパムという有効成分です。
自律神経を正常な状態に整えることで、上記の症状を解消します。
グランダキシン」やそのジェネリック医薬品など、トフィソパムを有効成分として含有する自律神経調整剤は多く開発されています。

しかし、いずれも強力な効果を発揮する一方で、副作用を招く可能性があることに注意しなければいけません。特に、誤った方法で服用すると重篤な副作用が現れやすくなります。正しく安全に使用するために、トフィソパムの基本情報を押さえておきましょう。

ベンゾジアゼピン系について

トフィソパムは自律神経症状の治療に用いる自律神経調整剤ですが、ベンゾジアゼピン系抗不安薬に近い化学構造をしています。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは、脳内の「ベンゾジアゼピン受容体」に作用する抗不安薬をいいます。
有効成分の働きによってベンゾジアゼピン受容体を刺激することで脳の興奮状態を鎮め、不安感やイライラを抑制します。ベンゾジアゼピン系抗不安薬として「セルシン」「ホリゾン」といった医薬品が開発されています。

トフィソパムは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬と比べて、主に自律神経に作用するという特徴があります。交感神経や副交感神経に働きかけることで自律神経の乱れを整え、不安感やイライラを治めます。また、効果がおだやかに現れることから副作用が少なく、特に依存性が低い点もポイントです。

通常、ベンゾジアゼピン系抗不安薬を長期間使用すると、その効果に心身が依存してしまうおそれがあります。そのため、無理に減薬することで「離脱症状」を招くことも少なくありません。それに比べてトフィソパムは依存性が低いため、スムーズに減薬しやすいという特徴があります。
とはいえ、副作用がまったくないわけではないので、用法用量を守って正しく使用するようにしましょう。

Wikipedia - ベンゾジアゼピン

トフィソパムの副作用

トフィソパムは比較的に副作用が少なく、安全性が高い医薬品です。しかし、絶対に副作用が現れないと断言することはできません。副作用は有効成分の働きによって生じるものなので、どのような医薬品を使用するにしてもそのリスクは付き物です。

トフィソパムの副作用として特に多いのが、眠気やめまい、ふらつきといった精神神経系の症状です。これらの症状は、仮に発症したとしても軽度であることがほとんど。自然に治まっていくでしょう。とはいえ、トフィソパムを服用したあとに、運転や高所での作業といった危険を伴う行動は控えることをおすすめします。

一方、発症頻度は限りなく無いに等しいといえますが、重篤な副作用を引き起こす可能性もあることに留意しておく必要があるでしょう。手足のしびれ、高熱、むくみ(浮腫)などが挙げられますが、このような症状が現れた場合はすみやかに医薬品の使用を中止し、医療機関で受診するようにしましょう。

また、「離脱症状」についても注意が必要です。離脱症状とは、無理な減薬をすることで心身がついていけず、それによって現れる症状をいいます。トフィソパムは依存性が低い医薬品ですが、長期間の使用や高用量の摂取によって身体が依存してしまう可能性がないとはいえません。

そうならないために正しく使用し、また減薬する際も医師の指示通りに少しずつ服用量を調整していきましょう。

KEGG - グランダキシン

トフィソパムを含む医薬品

自律神経の乱れによる不安感やイライラを解消するための治療薬として、トフィソパムを含有する医薬品はいくつか挙げられます。ここでは、中でも特に新薬(先発医薬品)として開発された有名な医薬品「グランダキシン」についてまとめています。

グランダキシン

グランダキシンは、持田製薬が製造・販売する自律神経調整剤です。有効成分トフィソパムの働きによって自律神経の乱れを改善し、自律神経失調症や倦怠感などを改善します。

経口投与することで効果を発揮する内服タイプの錠剤であり、その外見的特徴として黄白色の円形をしていることが挙げられます。トフィソパムを50mg含有する「50mg錠」が販売されており、これを1日3回、1錠ずつ服用することで効果を発揮します。

年齢や症状にあわせて1日の服用量を増減できますが、その際は必ず医師に相談したうえで正しく行う必要があります。

くすりのしおり - グランダキシン錠50

トフィソパムのジェネリック

ここでは、「TOFISERN」「トフィカーム」といったジェネリック医薬品について紹介しています。「グランダキシン」と同じ有効性、安全性があることに加え、リーズナブルな価格で購入できるというメリットがあります。いずれも通販(個人輸入)で購入することが可能です。

TOFISERN

「TOFISERN」はコンサーンファーマが開発した、自律神経失調症やうつ病、精神不安障害の治療を目的とする自律神経調整剤です。新薬であるグランダキシンは「50mg錠」のみが販売されているのに比べて、トフィソパムを1錠あたり100mg含有する「 100mg錠」も販売されているという特徴があります。

ただし、服用量を増加したい場合は医師に相談したうえで正しく使用しましょう。通販での販売価格の相場は、50mg錠が100錠1セットで4,200円程度、100mg錠が100錠1セットで6,800円程度となっています。

TOFISERNの詳細はこちら

トフィカーム

トフィカームはインドを代表する製薬会社のひとつ、サンファーマ社が開発した自律神経調整剤です。こちらも50mg錠に加えて100mg錠が販売されています。
効果がゆるやかに現れるため、副作用を招くリスクが少ないのも大きなメリットとして挙げられます。ただし、少なからず副作用が生じる可能性はあるので、必ず用法用量を守ったうえで正しく服用しましょう。

販売価格の相場は、50mg錠が100錠1セットで4,700円程度、100mg錠が100錠1セットで7,700円程度となっています。

トフィカームの詳細はこちら

トフィソパムの作用機序

交感神経や副交感神経といった自律神経のバランスが崩れることにより、めまいや吐き気、便秘といった症状が現れることがあります。自律神経の乱れが原因で起こるこれらの症状を総合して自律神経失調症といいますが、その治療にトフィソパムが効果的です。

自律神経は交感神経と副交感神経の2種類がバランスを保つことで安定しますが、過度のストレスや恐怖、不安によって交感神経が過剰に働くと、それに伴って副交感神経の働きが弱まります。その結果、精神状態が不安定になり、自律神経失調症を引き起こします。

トフィソパムは、ベンゾジアゼピン受容体を刺激することによって神経の興奮状態を抑える物質の生成を促進します。これによって自律神経のバランスを正常にして、自律神経失調症を治療します。

また、神経の興奮状態が鎮まることにより、リラックス効果が得られるのもポイントです。ひどく気分が落ち込み、意欲が低下するうつ病、強い不安によってスムーズな入眠が困難になる不眠症(入眠障害)などの治療にも効果を発揮します。

pmda - トフィソパム錠50mg

トフィソパムの併用禁忌薬

トフィソパムは有効性、安全性ともに高いことに定評がある有効成分ですが、併用禁忌薬に指定されている脂質異常症の治療薬ジャクスタピッドを服用している方は要注意です。併用すると、相互作用によってジャクスタピッドの血中濃度が大幅に上昇し、効果が強く現れたり副作用を引き起こしたりするリスクが高まります。併用は厳禁とされているので、注意しましょう。

pmda - ジャクスタピッドカプセル

トフィソパムの併用注意薬

医薬品には、決して併用してはいけない併用禁忌薬に加え、併用する際に十分な注意が必要な併用注意薬が指定されている場合もあります。トフィソパムの併用注意薬として挙げられるのは、フェノチアジン系抗精神病薬バルビツール酸系睡眠薬などです。併用すると中枢神経への抑制作用が強まる可能性があります。

また、臓器移植をしたあとに生じる拒絶反応の抑制に効果的な免疫抑制剤タクロリムスも、トフィソパムの併用注意薬に指定されています。併用することでタクロリムスの血中濃度が上昇し、副作用が強く現れるおそれがあります。
このような併用注意薬と併用したい場合は、必ず医師に相談したうえで適切な指示を仰ぎましょう。

KEGG - フェノチアジン系抗精神病薬一覧
Wikipedia - バルビツール酸系
KEGG - タクロリムス

最近閲覧した商品