商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

スマトリプタンコハク酸塩とは

スマトリプタンコハク酸塩(Sumatriptan)とは

片頭痛はズキンズキンと一定のリズムで痛みが部分的に生じる頭痛であり、何回も繰り返し再発しやすいという特徴があります。
頭痛の種類はさまざまですが、特に起こりやすく、日本だけでも800万人を超える患者がいるといわれています。

スマトリプタンコハク酸塩(Sumatriptan)は、そんな片頭痛に効果的な成分です。
頭痛薬であるイミグランの有効成分として用いられています。
ここではスマトリプタンコハク酸塩の効果や作用機序、使用するうえでの注意点などについて紹介しています。
片頭痛にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

スマトリプタンコハク酸塩の効果

症状の程度に個人差はあるものの、片頭痛は文字通り、頭の片側がズキンズキンと痛むという特徴があります。
場合によっては日常生活に支障をきたすほどの痛みが生じることがあり、まためまいや吐き気といった症状を伴うケースもあるようです。

このような片頭痛が起きた場合は、なるべく体を動かさず安静にするのが第一です。
とはいえ、仕事を休めないときやどうしても外せない用事があるときなど、片頭痛が治まるまで待っていられないことも多いでしょう。
そんなときに役立つのが、スマトリプタンコハク酸塩です。

スマトリプタンコハク酸塩は片頭痛の応急治療に有効な成分であり、国内でも多くの医療機関で取り扱われています。
錠剤や注射剤、点鼻薬など薬剤の種類は豊富にありますが、その中でも特に即効性に優れているのが注射剤です。
一般に投与してから約10~15分で効果が現れるとされており、なるべく早く痛みを和らげたい場合に適しています。

Wikipedia - スマトリプタン

スマトリプタンコハク酸塩の副作用

スマトリプタンコハク酸塩は片頭痛を緩和するのに適した成分ですが、その一方で使用後に副作用が現れることがあります。
主な副作用として吐き気、嘔吐、倦怠感、めまい、眠気、発疹、蕁麻疹などが確認されています。
基本的にこれらの症状は軽度なものであることがほとんどですが、重症化したり長期化したりすることもあります。
その場合は医薬品の使用を中止し、受診することをおすすめします。

また、ごくまれにアナフィラキシーショックや虚血性心疾患様症状、てんかん様発作といった重度の副作用が現れることも確認されています。
アナフィラキシーショックなら呼吸困難や冷汗、虚血性心疾患様症状なら頻脈や胸部の圧迫感、てんかん様発作なら痙攣や意識障害などが初期症状として現れやすいという特徴があります。
いずれも生命にかかわるリスクがあるため、疑わしい症状が現れた場合はすみやかに医療機関で診察、治療を受けるようにしましょう。

上記のほかにも何かしらの気になる症状が現れた場合は、医薬品の使用を中止したうえで早めに医師に相談することをおすすめします。

Wikipedia - スマトリプタン

スマトリプタンコハク酸塩の禁忌・注意

スマトリプタンコハク酸塩は正しく使用すれば片頭痛の治療に優れた効果を発揮しますが、誤った方法で使用してしまうと本来の効果を最大限に発揮できない可能性があります。
加えて、深刻な副作用を引き起こすリスクも高まります。
このような事態を防ぐために、使用上の禁止事項や注意事項を十分に理解したうえで正しく用いるようにしましょう。

具体的には、禁止事項としてたとえば「片頭痛を予防する目的で使用しないこと」が挙げられます。
痛みを和らげる目的でのみ、使用する必要があります。
また、注意事項として「異なる剤形のスマトリプタン製剤を追加投与する場合は、一定の間隔を空けたうえで用いること」が挙げられます。
錠剤を服用したあとに注射剤や点鼻薬を投与する場合は2時間以上、注射剤を投与したあとに錠剤を服用する場合は1時間以上、点鼻薬を投与したあとに錠剤を服用する場合は2時間以上の間隔を空ける必要があります。

スマトリプタンコハク酸塩を含む医薬品

スマトリプタンコハク酸塩を含有する片頭痛治療薬として、特に有名なのがイミグランです。
新薬として開発された医薬品であり、片頭痛に優れた効果を発揮します。
有効性はもちろんのこと、即効性に優れている点もポイントで、強い痛みをすばやく和らげます。
このことから、多くの医療機関が片頭痛の治療に用いています。

以下、そんなイミグランについてもう少し詳しく解説します。

イミグラン

イミグランはイギリス・ロンドンに本社を置く大手製薬会社、グラクソ・スミスクライン社が製造している片頭痛治療薬です。
医療機関で処方してもらうものとしては、白色の円形をした錠剤が一般的です。
片頭痛が生じた際に50mg錠を1錠服用することで、痛みをすばやく緩和します。
十分な効果を得られないときは追加投与できますが、その場合は必ず前回の服用から2時間以上の間隔を空ける必要があります。

グラクソ・スミスクライン社は1980年代中ごろに本格的な研究開発をスタートさせました。
その後、世界各国で研究が勧められ、1990年代にはスマトリプタンコハク酸塩の注射剤、錠剤がニュージーランドで完成しました。
日本では2001年にイミグランが片頭痛薬として承認され、販売がスタートしました。

イミグランの詳細はこちら

イミグラン点鼻薬

イミグランには経口服用する錠剤だけでなく、点鼻薬もあります。
グラクソ・スミスクライン社とアスペン社が提携して手がけており、片頭痛が生じた際に鼻腔内に噴霧して使用します。

1980年代以前から、スマトリプタンコハク酸塩を主成分とする医薬品の研究開発は進められていましたが、まずは1990年代初めに注射薬、錠剤タイプの内服薬が完成しました。
そしてニュージーランドで初めて承認され、世に出回りました。
日本でも2000年に注射薬が承認されて使用されるようになっています。
日本で点鼻薬が承認を受けたのはその翌年のことです。
錠剤とともに使用が開始されました。

イミグラン点鼻薬の詳細はこちら

スマトリプタンコハク酸塩のジェネリック医薬品

医薬品には新薬(先発医薬品)のほかに、ジェネリック医薬品(後発医薬品)もあります。
ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を含有しているため、有効性・安全性が保証されている医薬品です。
なおかつ新薬をベースにしていることから開発コストが抑えられており、薬価がリーズナブルな値段に設定されているのも大きな魅力です。

イミグランにもそんなジェネリック医薬品がいくつかありますが、ここでは例としてスミナットとスマトリプタンについて紹介しています。

スミナット

スミナットはインド・ムンバイに本社を置くサンファーマ社が販売する、イミグランのジェネリック医薬品です。
経口投与する錠剤であり、有効成分スマトリプタンコハク酸塩のはたらきによって片頭痛を緩和します。

イミグランが「50mg錠」「100mg錠」の2種類が世界的に流通しているのに比べて、スミナットは「25mg錠」「50mg錠」「100mg錠」の3種類が開発されています。
そのため、初めて使用する方や症状が軽度な方も、穏やかな効果を示す25mg錠から始めやすいという特徴があります。

スミナットは日本では承認されていないので病院で処方してもらうことができませんが、海外で流通している品を通販で取り寄せることが可能です。
通販での価格相場は、25mg錠が1箱5錠入りで1,100円程度、50mg錠が同じく1箱5錠入りで2,200円程度、そして100mg錠が1箱5錠入りで2,800円程度となっています。

スミナットの詳細はこちら

スマトリプタン

スマトリプタンはUK Generic社が開発した片頭痛治療薬であり、イミグランのジェネリック医薬品です。
イミグランと同じく、有効成分スマトリプタンコハク酸塩のはたらきによって片頭痛を和らげます。

こちらもスミナットと同じく日本では未承認であり、通販で購入するというのが基本的な入手方法です。
通販での価格相場は50mg錠が1箱6錠入りで900円程度、また100mg錠が同じく1箱6錠入りで1,000円程度となっています。
イミグランと比較して安価であることはもちろん、スミナットと比較しても破格の安さであるといえるでしょう。

スマトリプタンの詳細はこちら

スマトリプタンコハク酸塩の作用機序

そもそも片頭痛は、何らかの原因によって脳の血管が拡張することで起こると考えられています。
脳の血管周辺にはさまざまな神経が通っていますが、そのひとつである三叉神経が血管の広がりによって圧迫されることで痛みが生じるとされています。
スマトリプタンコハク酸塩には脳内にあるセロトニン受容体に結合し、セロトニンの分泌を促進するはたらきがあります。
セロトニンは血管の収縮に関係する神経伝達物質であり、この分泌を促すことによって過剰に広がった血管を縮め、三叉神経が圧迫されることを防ぎます。
その結果、片頭痛による痛みが和らぐと考えられています。

また、スマトリプタンコハク酸塩は片頭痛と同時に現れやすい吐き気、光や音への過敏症状などに対しても有効性があると認められています。
そのほか、痛みが強く、同時に鼻詰まりや目の奥の痛みが生じやすい群発頭痛も三叉神経が関係しているとされていることから、これについても治療効果が期待できるといわれています。

スマトリプタンコハク酸塩の併用禁忌薬

医薬品によっては、併用してはいけない併用禁忌薬が指定されています。
誤って併用禁忌薬と併用してしまうと、各医薬品の効果を最大限に得られない可能性があるほか、人体に深刻な悪影響が及ぶリスクが高まります。
スマトリプタンコハク酸塩にも、併用禁忌薬がいくつか指定されています。

たとえば同じ片頭痛治療に用いるエルゴタミン製剤、5-HT1B/1D受容体作動薬が挙げられます。
これらの医薬品と併用すると、相互作用によって血管収縮作用が過度に増強するおそれがあります。
また、うつ病やパーキンソン病の治療に用いるMAO阻害剤も併用禁忌薬に指定されています。
相互作用によってスマトリプタンコハク酸塩の代謝がスムーズに行われなくなり、結果として血中濃度が上昇し、薬効が強く現れすぎるおそれがあります。

Wikipedia - スマトリプタン

スマトリプタンコハク酸塩の併用注意薬

スマトリプタンコハク酸塩には、併用禁忌薬だけでなく併用注意薬もあります。
併用注意薬とは、併用可能ではあるがその際は十分に注意したうえで慎重に扱う必要がある医薬品をいいます。
自己判断でむやみに併用してしまうと、医薬品本来の効果が損なわれたり副作用が現れたりするおそれがあります。

具体的には、抗うつ剤である選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)などが挙げられます。
これらの医薬品と併用すると相互作用によってセロトニン濃度が過度に上昇するおそれがあり、結果としてセロトニン症候群を引き起こすリスクが高まります。

Wikipedia - スマトリプタン

最近閲覧した商品