オルリスタットとは

オルリスタット(Orlistat)とは

一時期、メディアや美容雑誌で多く取り上げられ、現在もダイエット成分として注目されているオルリスタットですが、従来のダイエット成分と異なり、脂肪の蓄積そのものを防ぐことでダイエット効果をもたらす点が人気を集めた理由です。
世界的に高く支持されており、ハリウッドスターやモデルが美しいスタイルを維持するために愛用していることでも広く知られています。

ここでは、そんなオルリスタットについて詳しくまとめてみました。
どのようなメカニズムによってダイエット効果が現れるのか、どのような副作用が確認されているのかといった基本情報のほか、オルリスタットを含有する医薬品についても紹介しています。
従来のダイエット薬では十分な効果を得られなかった方、食事制限や運動によるダイエットをすぐ挫折してしまうという方は特にチェックしてみてください。

オルリスタットの効果

ダイエットをサポートするための医薬品やサプリメントは、すでに数多く開発されています。
しかし、そのほとんどは“蓄積した脂肪を燃焼しやすくする”ためのものです。
そのため、使用後も自分で運動や食事制限をしなければ効果を得られにくいというデメリットがありました。
その結果、運動や食事制限を長く続けることができず、ダイエット薬の効果をイマイチ実感できないまま挫折してしまうケースが多く見られました。

そんな従来のダイエット薬に比べてオルリスタットは、脂肪の蓄積そのものを防ぐことでダイエット効果を発揮します。
具体的には、摂取した脂肪分の約3割をカットしてそのまま排出します。
太ることそのものを抑制するため、運動や食事制限を徹底して行う必要がないのが最大の特徴です。

また、吸収されなかった脂肪分が便と一緒に排出されるのもポイントです。
油分を多くまとった便が排出されるので、効果をその目で直接確認できます。
これにより、「いっそうのダイエット意欲が湧く」という喜びの声も多いようです。
現在は、このようなオルリスタットと同様の効果によってダイエットをサポートする、セチリスタットという成分も開発されています。

Wikipedia - オルリスタット

セチリスタットとは

セチリスタットは、オルリスタットと似た有効成分として世界的に使用されているものです。
ただし、日本では2012年10月に武田薬品工業によって承認申請がなされ、翌年9月に厚生労働省からの承認を得たものの、その後の話がうまくいかず製造・販売されていません。

セチリスタットは、オルリスタットと同じメカニズムによってダイエットをサポートします。
摂取した脂肪分の一部をカットし、そのまま便と一緒に排出することで太りにくい体を作ります。
脂溶性ビタミンの吸収まで阻害してしまうデメリットがあるため、使用する際はビタミン剤を併用する必要がありますが、その欠点を補って余りある効果を実感できます。

オルリスタットの副作用

オルリスタットはこれまでにない画期的なダイエット成分として話題を集め、現在も多くの人が愛用しています。
しかし、強力な効果を持つ医薬品成分である以上は、副作用を引き起こすリスクがあることに留意しておく必要があります。

主な副作用として、頻繁に便意を催すようになったり油性の下痢が多くなったりすることが挙げられます。
これは「脂肪分を吸収せず、そのまま排出する」というオルリスタットの性質上、仕方のない症状といえます。

また、排便時に油分が飛び散りやすくなる点も要注意です。
トイレ周りだけでなく下着を汚してしまうおそれがあります。
特に外出中は、替えの下着を用意するといった対策をしておくことをおすすめします。
そのほか、脂溶性ビタミンの吸収まで阻害することから、ビタミン不足を招きやすくなるというのもデメリットのひとつです。
使用後は食事やビタミン剤でビタミン不足をケアすることを忘れないようにしましょう。

Wikipedia - オルリスタット

オルリスタットを含む医薬品

オルリスタットを有効成分とするダイエット薬として、世界的に最も有名なのはゼニカルです。
しかしこのほかにも、現在はAlli(アライ)のような医薬品が開発されています。
ここでは、上記の医薬品についてそれぞれまとめてみました。

ゼニカル

ゼニカルはロシュ社が開発した肥満治療薬です。
水色のカプセル錠であり、基本的に1回1錠を1日に3回服用します。
とはいえ毎日継続的に服用する必要はなく、ジャンクフードや揚げ物など高カロリーな食事をする際に用いるといいでしょう。

有効成分オルリスタットのはたらきにより、摂取した脂肪分の約3割を吸収せずにそのまま排出します。
意識的に食事制限や運動を行うことなく、自然に太りにくい状態を作ります。
ただし、脂肪分と一緒に脂溶性ビタミンも排出されやすくなる点は要注意です。
対策せずにいるとビタミン不足に陥り、肌トラブルをはじめとする悪影響が生じやすくなります。
またそのほかにも、1日の排便回数が増えたり油性の便が出やすくなったりする点に留意する必要があります。

ゼニカルの詳細はこちら

Alli(アライ)

Alli(アライ)は、グラクソスミスクライン社が開発した肥満治療薬です。
ゼニカルと同じくオルリスタットを有効成分として含有しており、このはたらきによって体内に脂肪分がそのまま蓄積することを防ぎます。
従来のダイエット薬のように毎日継続的に服用する必要がなく、脂肪分が多い食事をする場合にのみ使用すればいい点も魅力的です。

そのほか、ゼニカルと遜色ない効果を発揮するにもかかわらず、オルリスタットの含有量が少ないことから副作用が現れにくいのも特徴として挙げられます。

とはいえ、まったく副作用のリスクがないわけではありません。
たとえば、使用後は排便の回数が増えたり油分をまとった軟便が増えたりすることがあります。
また、排便の際に油分が飛ぶケースも考えられます。

なお、ゼニカルもAlliも日本では未承認の医薬品ということで、購入には通販を利用する必要があります。

オルリスタットのジェネリック

ここで紹介するのは、オルリスタットを含む「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」です。
先発薬の有効成分を使って開発されているのがジェネリック医薬品であり、オルリスタットの場合は「オルリガル」や「ビーファット」などが挙げられます。
ここでは、それらのジェネリック医薬品について紹介していきます。

オルリガル

オルリガルは、ゼニカルのジェネリック医薬品としてハブファーマ社が開発した肥満治療薬です。
水色のカプセル錠であり、高カロリーな食事をする際に1回1錠を服用することで効果を発揮します。
有効成分オルリスタットが脂肪の吸収そのものを阻害して太りにくくします。
運動や食事制限によってつらい思いをすることなく、気楽にダイエットを進めることができます。

また、ゼニカルに比べて薬価が安く、コストパフォーマンスに優れている点もポイントです。
ダイエットにかけるお金を節約したい方におすすめの商品といえます。

オルリガルの詳細はこちら

オベリット

オベリットは、インドに本社を置くインタスファーマ社が開発したジェネリック医薬品です。
有効成分オルリスタットのはたらきにより、摂取した脂肪分の一部を吸収せずにそのまま排出します。
その結果、脂肪が蓄積しにくくなり、体重の増加を抑制します。

従来のダイエット薬であれば、高カロリー食を我慢したり運動して脂肪を燃焼したりする必要がありましたが、この薬の場合はそのような徹底したダイエットをする必要はありません。
普段通りの生活をしながらダイエットをすることができるので、ダイエットが長続きしない方も扱いやすい商品 です。

オベリットの詳細はこちら

ビーファット

ビーファットは、インドの製薬会社であるインタスファーマ社が製造・販売するジェネリック医薬品です。
ゼニカルと同じオルリスタットを有効成分として含有しており、食事で摂取した脂肪分の吸収を一部カットすることで体重の増加を抑制します。

ただし、そのほかのオルリスタットを含む医薬品と同じく、服用後は脂肪分だけでなく、脂溶性ビタミンの吸収も阻害されるおそれがあります。
ビタミン不足に陥ることを防ぐために、ビタミン剤を併用してケアすることをおすすめします。

ビーファットの詳細はこちら

フォビカル

フォビカルはサバメディカ社が開発した、肥満解消を目的とするダイエット薬です。
ゼニカルのジェネリック医薬品として開発されていることから薬価が安く、少しでも出費を抑えながらダイエットしたい方におすすめの商品といえます。

また、それにもかかわらずゼニカルと遜色ない効果を発揮するのもポイントです。
有効成分オルリスタットのはたらきによって脂肪の吸収そのものを抑え、体重の増加を防ぎます。

フォビカルの詳細はこちら

オルリスタットの作用機序

通常、食事によって摂取した脂肪分は、消化器内のリパーゼという酵素によって分解されます。
この酵素のはたらきによって細かく分解されることで、腸から吸収されてエネルギー源になったり、蓄積されたりします。
オルリスタットは、リパーゼに作用する成分です。
具体的には、リパーゼのはたらきを阻害することで脂肪分が分解される量を減らします。
その結果、分解されなかった脂肪分は腸に吸収されることなく、そのまま便と一緒に排泄されます。

ただし、このような効果からもわかるように、オルリスタットにはすでに蓄積している脂肪分の分解をサポートするはたらきはありません。
あくまでも今後吸収する脂肪分をカットして、太りにくくすることを目的としています。

また、脂肪分の吸収率をカットするとはいえ、完全に脂肪分の吸収を抑制するわけではありません。
摂取した脂肪分の7割ほどは通常通り吸収されるので、食事制限を気にしなくていいとはいえ、暴飲暴食を繰り返すことはやめましょう。

オルリスタットの併用注意薬

オルリスタットを使用する際は、併用注意薬との併用に注意する必要があります。
たとえば経口避妊薬がそれに当たり、併用することで経口避妊薬の効果が薄れてしまうおそれがあります。

また、グルコバイのような糖尿病治療薬も併用注意薬に指定されています。
誤って併用すると排便量のコントロールが困難になり、何かしらのトラブルを引き起こしやすくなります。
これらの医薬品とどうしても併用しなければいけない場合は、必ず医師に相談しましょう。

Wikipedia - オルリスタット

取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ