商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

フィナステリドとは

フィナステリド(Finasteride) とは

フィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬「プロペシア」有効成分です。
男性ホルモンの変異体であるジヒドロテストステロン(DHT)によって引き起こされる、男性の頭髪が薄くなる現象=AGAをストップさせ、自然な発毛を促します。
フィナステリドの役割は、簡単にいえばDHTの生成を阻害することです。
AGAの直接的な原因をシャットアウトすることで、進行しつつあるAGAをストップさせることができます。

ここでは、そんなフィナステリドによって得られる具体的な効果や、この有効成分を含むAGA治療薬「プロペシア」、またそのジェネリック医薬品(後発医薬品)について解説しています。

Wikipedia - フィナステリド

フィナステリドの効果

フィナステリドの第一の効果は、進行しつつあるAGA(男性型脱毛症)をストップさせるというものです。
AGA治療薬には、メインの有効成分として含有されています。
1990年代の初めにアメリカで開発され、1997年にこの成分を含有するAGA治療薬が世に出ました。

しかし、そもそもフィナステリドはAGAのために開発された薬効成分ではありません。
もともとは、男性の前立腺疾患の治療薬として開発が進められていたものでした。
男性の下半身にある前立腺は、加齢とともに肥大症やガンのリスクが高まる器官です。

フィナステリドは前立腺肥大症や前立腺癌の進行を抑制し、健康な状態を保つ効果があります。
実際、1992年に発売された前立腺疾患の治療薬「プロスカー」は、フィナステリドをメインの有効成分とするものでした。
しかし、プロスカーの販売後、小容量のフィナステリドを摂取したところ、「AGAの進行が止まった」「頭髪が再び伸び始めた」という声が出始め、AGAに対する効果が明らかになりました。

Wikipedia - フィナステリド

世界初内服タイプのAGA治療薬

現在、AGAに効果がある内服薬(飲み薬)にはいくつかの種類がありますが、安心度の高さという観点からはフィナステリドを有効成分とする製品が一番であるといえるでしょう。

というのも、フィナステリドは1997年に世界で初めて「AGAに効果あり」と認められた薬効成分であり、これを有効成分とする「プロペシア」こそが、世界初内服タイプのAGA治療薬です。
その分だけ長い歴史を持っているので、安心度の高さという点ではこれが一番であるといえるのです。

フィナステリドの副作用

フィナステリドは副作用が少なく、身体に掛かる負担の少ない薬効成分です。
しかし、男性ホルモンの活動に影響を与える成分であることから、服用後に「性機能の低下」という副作用が現れる場合があります。
具体的には、ED(勃起不全)、射精障害、精液量の減少、性欲減退といった症状が挙げられます。
まれに肝機能障害が現れることもあります。

倦怠感や食欲不振、黄疸といった症状があるため、フィナステリドを服用後にこれらの症状が現れた際には、医師による診察と処置を受けるよう推奨します。
また、同じくまれに起こることがある副作用として、抑うつ症状やめまい、発疹などがあるとされています。

なお、胎児に重大な悪影響を及ぼす危険性が高いため、妊娠中の女性や妊娠している可能性がある女性はフィナステリドに触れることも禁じられています。

Wikipedia - フィナステリド

フィナステリドを含む医薬品

フィナステリドを有効成分として配合した医薬品には、主に2種類の医薬品があります。
1つ目は、「プロペシア」をはじめとするAGAの治療・改善を目的とする医薬品です。
低用量のフィナステリドを服用することで、AGAの進行をストップさせます。

2つ目は、「プロスカー」をはじめとする前立腺疾患の治療薬です。
前立腺肥大症や前立腺癌の進行を遅らせる働きがあります。

ここでは、これら2種類の医薬品について簡単に解説しています。

プロペシア

アメリカの製薬会社メルクによって開発されたAGA治療薬です。
日本では皮膚科・AGAの専門外来などで処方されています。
長らく、フィナステリドを有効成分とするAGA治療薬といえばプロペシアが唯一のものでした。
しかし2015年、フィナステリドの製造・販売に関する特許が切れたことで、状況は変わりました。

現在では、プロペシアのあとを追う形で開発されたフィナステリドを有効成分とするジェネリックが数多く開発され、世に出ています。

プロペシアの詳細はこちら

プロスカー

プロスカーは、前立腺疾患の治療薬です。
フィナステリドを有効成分として含み、DHTの生成を阻害することで男性特有の前立腺疾患(肥大症、ガンなど)の進行を遅らせることができます。
1錠につき、プロペシアに比べると高用量のフィナステリドが配合されているというのがプロスカーの特徴です。

また、プロスカーは日本国内での販売や処方に関する認可が降りていないため、購入を行う際には個人輸入を利用した通販で購入する必要があります。

プロスカーの詳細はこちら

フィナステリドのジェネリック

すでに書いたように、フィナステリドの特許は2015年に切れています。
以後、限られた製薬会社だけでなく、世界中のさまざまな製薬会社がこの成分を使用した医薬品を開発できるようになりました。
実際、フィナステリドを有効成分とするプロペシアのジェネリックも数多く登場しています。
先発薬のプロペシアよりも安く購入できるのが、「プロペシアジェネリック」の特徴です。

フィンペシア

フィンペシアは、インドの製薬会社シプラが製造・販売するプロペシアジェネリックです。
1錠あたりフィナステリドを1mg含有する錠剤が100錠まとめて4,200円ほどで販売されています。
プロペシアに比べるとかなりの安値ですが、病院では処方してもらうことはできません。
通販サイトを通じて海外から取り寄せる必要があります。

フィンペシアの詳細はこちら

フィナクス

フィナクスは、インドの製薬会社スマートメディサイエンスが製造するプロペシアジェネリックです。
日本でこれを購入するには通販サイトを利用するしかありませんが、一方でもともとフィナクスは日本人向けに作られているといわれています。
スマートメディサイエンスに監修を務める日本人スタッフがいて、日本人の体質に合ったものが販売されています。
価格は90錠あたり3,600円程度となっています。

フィナクスの詳細はこちら

フィナロ

フィナロはインドのアフマダーバードにある製薬会社インタスファーマが製造するプロペシアジェネリックです。
白く丸い錠剤で、1錠あたり有効成分フィナステリドを1mg配合しています。
販売価格は100錠で4,200円、200錠で8,000円、300錠で10,000円前後となっています。

フィナロの詳細はこちら

フィンカー

フィンカーはフィンペシアを製造するインドの製薬会社シプラが製造する医薬品です。
プロスカーのジェネリック医薬品であり、1錠につき5mgのフィナステリドが含有されています。
前立腺関連の疾患を治療する際には1錠、AGA治療の際には5つに分割し服用します。
販売価格は100錠で8,500円程度です。

フィンカーの詳細はこちら

フィナックス

フィナックスは、ドクターレディーズという製薬会社が製造するプロペシアジェネリックです。
価格は90錠あたり4,500円程度となっています。
錠剤のコーティングに、キノリンイエローが使用されていないというのがポイントです。
キノリンイエローは、人体に悪影響を及ぼす可能性があるかもしれないとされている成分であり、錠剤のコーティングに使用されることがあります。
一方、フィナックスには使用されていないので気になる方はこちらを選ぶべきといえるでしょう。

フィナックスの詳細はこちら

フィナロイド

フィナロイドはロイドラボラトリーズが開発したプロペシア・ジェネリックです。
ロイドラボラトリーズはフィリピンのブラカン州という場所に本拠地を置く製薬会社で、アメリカのFDA(食品医薬品局)から承認を受けるような、非常に高品質の医薬品を製造しています。
販売価格はフィナステリド1mg含有の錠剤100錠が5,000円ほどとなっています。

フィナロイドの詳細はこちら

エフペシア

エフペシアは、フィンペシアをはじめ多数のジェネリック製造を手がけるシプラの製品です。
世界的な製薬会社が手がけるジェネリックということもあって、安心感が高いのがポイントといえるでしょう。
価格は、フィナステリド1mg含有の製品が100錠あたり5,000円程度となっています。

エフペシアの詳細はこちら

フィナスト

フィナストはプロスカージェネリックで、インドのドクターレディーズが製造している製品です。
フィナストはプロスカーのジェネリックのため、1錠あたりの成分量が多く、プロペシアのジェネリックとして使用する場合、分割し服用する必要があります。
販売価格は有効成分フィナステリド5mg含有の錠剤90錠8,000円程度となっています。

フィナストの詳細はこちら

フィナステリドの作用機序

フィナステリドは、「5α還元酵素阻害薬」というカテゴリーに分類されます。
5α還元酵素阻害薬とは、体内で分泌される5αリダクターゼ(5α還元酵素)の活動を阻害する働きを持つ医薬品です。
5αリダクターゼは、男性ホルモンのテストステロンと結びついてDHTという物質に変化させる働きを持っています。
DHTは毛髪の後退を促し、AGAを進行させます。

具体的には、毛髪の成長期を短縮して生えた髪がすぐ抜ける状態にしてしまうというのがAGAのメカニズムです。フィナステリドは、DHTの生成を防ぐことでAGAの進行をストップさせる働きを担っています。
これによって、髪の成長サイクルを再び正常な状態に戻し、再び毛髪がきちんと生えるようになります。

ただし、髪の成長サイクルが元通りになるには時間がかかるということもあり、ある程度長い期間をかけてフィナステリドを摂取する=AGA治療薬を服用する必要があります。
根気よく続けることが、AGA治療のカギといえるでしょう。

Wikipedia - フィナステリド

フィナステリドの併用禁忌薬

フィナステリドを含有する医薬品の併用禁忌薬は存在していません。
したがって、常用している医薬品との併用は可能です。
しかしフィナステリドには使用してはいけない条件が存在しています。

まず体内のホルモンバランスが不安定な未成年、男性ホルモン量の少ない女性はフィナステリドの使用が厳禁となっています。
特に女性の場合、妊娠中にフィナステリドと物理的な接触をするだけで有効成分が身体に吸収され、男性胎児の生殖機能などに異常が現れる場合があります。
そのため、妊娠期や授乳期、妊娠の可能性がある場合フィナステリドとの物理的接触は回避する必要があります。もちろん摂取も厳禁なので、誤って飲まないようにしましょう。

Wikipedia - フィナステリド

フィナステリドの併用注意薬

併用禁忌薬がないのと同じく、フィナステリドには併用注意薬もありません。
むしろ、たとえば副作用として性欲の減退、勃起機能の低下が起こった場合には、フィナステリドを服用しつつED治療薬バイアグラなどを飲むこともできます。
そういう意味では、安心して使用できる医薬品といえるでしょう。

Wikipedia - フィナステリド

最近閲覧した商品