商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

クロミフェンクエンとは

クロミフェンクエン酸塩(Clomifene)とは

少子化が進んでいる現代日本において、高齢化や晩婚化、結婚しないことを選択する人が増えていることもあって、今後ますます進んでいくと考えられています。
その一方で、子供を授かりたくても授かれないという方も多くいらっしゃいます。
日本の不妊症率は、世界平均9%をはるかに超える16%といわれています。

ただし、医療業界も手をこまねいているわけではありません。
不妊の原因はさまざまですが、排卵が起こりにくいことが原因となる不妊症の治療を行うことができる有効成分が発見され、これを使った医薬品が使用されています。
その成分とは、クロミフェンクエン酸塩です。
排卵誘発剤の有効成分として含有されています。

ここでは、そんなクロミフェンクエン酸塩についてまとめています。

クロミフェンクエン酸塩の効果

クロミフェンクエン酸塩は、排卵を誘発して妊娠しやすい体作りを実現する有効成分です。

そもそも妊娠は卵子と精子が結びつくことで始まるわけですが、排卵が起きなければ卵子が卵巣から外に出られず、受精ができません。
そして、体質的に排卵が起きにくく、妊娠しづらい状況にある方が少なくありません。
クロミフェンクエン酸塩は、そのようなタイプの不妊症に対して効果を発揮します。

また、クロミフェンクエン酸塩を男性が服用すると男性ホルモンの分泌が活発化されます。
精子を多く作ることがでるため、精子の数が少ない男性不妊症の場合にも応用されることがあります。

ただし、不妊症の原因には排卵障害や精子不足以外にもさまざまなものがあります。
これら以外の不妊治療においては、クロミフェンクエン酸塩は有効ではありません。
不妊症で悩んでいる方は、まず病院で何が原因になっているのか調べてもらいましょう。
不妊の原因は女性にあると思われがちですが、男性の無精子症などが原因となっていることも珍しくないので、ご夫婦で受診することをおすすめします。

Wikipedia - クロミフェン

クロミフェンクエン酸塩の副作用

クロミフェンクエン酸塩は副作用のリスクが比較的低く、安心して使用できる有効成分とされています。
しかしまれに重い症状として、卵巣に過剰に効果が現れることで卵巣が腫れ上がる卵巣過剰刺激症候群になることもあるため、下腹部の痛みなどの異変が起きた場合はただちに医師に相談しましょう。

また、軽度の副作用としてホルモンバランスの変化による倦怠感や吐き気、頭痛、イライラなどが報告されています。
我慢できないほどの副作用が出た場合は医薬成分が体質に合っていない場合があるので、他の不妊治療に変更するなどの対応が必要です。

Wikipedia - クロミフェン

クロミフェンクエン酸塩を含む医薬品

少子高齢化が深刻化している日本では、不妊症治療は社会レベルで急務といえますが、もちろん世界の国々も事情は同じです。
というわけで、日本国内ではもちろんのこと、世界中で不妊症治療薬が開発されています。
排卵障害によって起こる不妊症を治療できるクロミフェンクエン酸塩を有効成分とする医薬品も、少なくありません。

ここでは、そんな医薬品の中でも特に「クロミッド」という製品について紹介します。

クロミッド

クロミフェンクエン酸塩を有効成分とする医薬品で最も代表的なのは、「クロミッド」という排卵誘発剤です。
無排卵症排卵過小症などが原因となる不妊治療において、世界的に広く使用されています。
また、体外受精を行うために排卵を誘発する場合にも使用されているほか、性腺刺激ホルモンの分泌を促すことから男性の精子形成促進にも応用できるとされています。

1961年にアメリカのメレル社が開発して以来長らく使用されているので安全性も高く、同成分を使用したジェネリック医薬品(後発医薬品)も数多く開発されています。

服用は、ジェスタージェン(黄体ホルモン)・エストロゲン(女性ホルモン)のテストを受けた後、消退性出血があって初めて可能になります。
1クール(5日間)につきクロミフェンクエン酸塩を50mg服用し、効果が現れない場合は1日100mgを再度1クール服用します。
体調と相談しながら、医師の指示に従い正しく服用しましょう。

クロミフェンクエン酸塩のジェネリック

現在、クロミフェンクエン酸塩を有効成分とする「クロミッド」のジェネリック医薬品が数多く販売されています。
ジェネリック医薬品は、先発医薬品である「クロミッド」と同等の効果を得られると同時に、安価に購入できるのが嬉しいポイントです。

ただし以下で紹介するジェネリック医薬品は、いずれも日本では販売されていません。
医薬品専門の通販サイトを活用して個人輸入を行う、つまり海外から取り寄せるというのが基本的な入手方法となっています。

フェルトミッド

「フェルトミッド」は、ジェネリック医薬品を数多く手がけるインドのシプラ社が開発した排卵誘発剤です。
錠剤タイプの内服薬であり、「クロミッド」と同等の効果が得られます。
シプラ社は本社のあるインド国内において有名な製薬会社で、発展途上国を中心に世界中で医薬品を販売しています。
愛用者が多いので、品質も問題ないといえるでしょう。

含有量は、1錠あたりクロミフェンクエン酸塩50mgとなっております。
1箱10錠、50錠、100錠入った製品が用意されており、10錠入りパッケージの価格相場は800円程度となっています。

フェルトミッドの詳細はこちら

コダカラン

「コダカラン」は、日本人スタッフが多く活躍しているインドのスマートメディサイエンス社が開発した排卵誘発剤となります。
スマートメディサイエンス社は日本人の体質にあった配合成分と日本向けの医薬品名をつけることで使用用途のわかりやすい医薬品を販売しているのが特徴です。
より安心して使えるジェネリック医薬品を探している方におすすめといえるでしょう。
含有量は1錠あたりクロミフェンクエン酸塩50mgです。
通販での価格相場は10錠入りパッケージが790円前後となっています。

コダカランの詳細はこちら

クロメン

「クロメン」は、トルコの大手製薬メーカーであるコサックファーマ社によって開発された排卵誘発剤です。
コサックファーマ社は1971年に設立され、以来50年以上にわたってトルコ国内の産婦人科、泌尿器科、胸部疾患、心臓病、腫瘍学の領域に貢献してきた歴史を持っています。
良質な医薬品を販売し、国民的に支持されている会社なので品質に問題はありません。

「クロメン」は、1錠あたりクロミフェンクエン酸塩を50mg含有しています。
通販では10錠入りを1,900円前後で購入できます。

クロメンの詳細はこちら

クロミフェンクエン酸塩の作用機序

クロミフェンクエン酸塩は排卵障害(排卵が起きにくい状態)を解消するはたらきがある有効成分ですが、そもそも排卵障害は、性腺刺激ホルモンが不足していることが主な原因です。
クロミフェンクエン酸塩はエストロゲン受容体の阻害を行い、性腺刺激ホルモンの分泌を妨げている信号を遮断するはたらきを持っています。
その結果、性腺刺激ホルモンの分泌が促されるので、スムーズに排卵することができるようになります。

排卵障害を治療するには直接ホルモンを注入する方法もありますが、この場合、体がホルモンバランスの急激な変化に耐えられず副作用を伴うケースが少なくありません。
一方、クロミフェンクエン酸塩は自然にホルモン分泌を促して排卵誘発を行うので副作用のリスクが低く、安心して服用することが可能です。

また、男性の性腺刺激ホルモンを増幅することで、男性ホルモンの分泌が促されるというのもポイントとなります。
男性にクロミフェンクエン酸塩を投与した場合、精子形成が活発になるため、精子が少ないことが原因で起こる不妊症に対して効果的です。

クロミフェンクエン酸塩の併用禁忌薬

クロミフェンクエン酸塩の併用禁忌薬は報告されていませんが、以下の状態の方は服用してはならないとされています。

・卵巣腫瘍や多嚢胞性卵巣症候群が原因ではない卵巣腫大
クロミフェンクエン酸塩は卵巣を過剰に刺激して卵巣腫大を招く可能性があり、病状を悪化させる可能性があります。

・乳がん、子宮内膜がん、下垂体腫瘍
腫瘍が悪化する可能性があります。

そのほか、「頭蓋内に病変がある、またはその疑いがある方」「肝臓の障害または疾患がある方」「妊婦および妊娠を望んでいない方」も服用することができません。
条件に当てはまる方は注意しましょう。

Wikipedia - クロミフェン

クロミフェンクエン酸塩の併用注意薬

クロミフェンクエン酸塩の併用注意薬は報告されていませんが、以下の方は服用する前にしっかりと医師と相談するようにしましょう。
また、持病やアレルギーなどがある場合も医師に忘れず報告しておくと安全です。

  • 肝臓の疾患や障害、またはその疑いがある方
  • 子宮内膜症や子宮筋腫
  • 子宮性無月経
  • 乳房のレントゲンに異常がある方
  • 乳がん、または既往歴がある方
  • 乳房結節や乳腺症
  • 血栓症
  • 無排卵症、無精子症以外の不妊症
クロミフェンクエン酸塩は無排卵症などの排卵異常と無精子症などの精子不足を原因とする不妊症の治療に有効で、それ以外を原因とする不妊症の治療はできません。

Wikipedia - クロミフェン

最近閲覧した商品